• 日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • パナソニックHIT245αPlus
  • 長州産業
  • ソーラーフロンティア
  • ハンファQセルズ
  • 東芝
  • シャープ
  • 三菱
  • カナディアンソーラー
  • 京セラ
  • どのメーカーが最適なの?
  • 3つの補助金完全サポート 国+都道府県+市町村 詳しくはこちら
  • 設置までの流れ
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • どのメーカーが最適なの?
  • オール電化導入で更に得?
  • お客様からのよくあるご質問
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2013.06.26

パナソニックHIT240αと東芝250wの価格・発電量・保証を徹底比較

     パナソニックHITの新商品HIT240αとHIT245αが、ついに登場!

パナソニック240

 

 

 

 

パナソニックHIT240



パナソニック240

パナソニックHITは「優れた温度特性」を有し、モジュール変換効率、実発電量ともにナンバーワンのメーカーでしたが、HIT240α、HIT245αは更にモジュール変換効率がアップしました。
・HIT233のモジュール変換効率:18.2%
・HIT240αのモジュール変換効率:18.7%
・HIT245αのモジュール変換効率:19.1%

モジュール変換効率が0.5~0.9%アップすることは非常にすごいことで、当然実発電量、売電収益に大きく関わってきます。

 

 

 

 

パナソニックHIT240


パナソニック240

ハーフサイズのモジュールもHIT116w→HIT120wに容量アップしました。
従来のHIT116wの場合、施工可能な屋根が限定的でしたが、今回のHIT120wは陶器瓦や金属屋根にも設置可能となりました。
HIT116wの設置可能範囲があまりにも限定的だっただけじゃないか?という気もしますが、結果的には増えたのでよかったです。因みに施工方法は以下の通りです。

【瓦屋根】
野地ぴたFタイプ、アンカーH方式、支持瓦方式

【スレート屋根】
野地ぴたFタイプ、アンカーH方式
スレート架台方式、スリムマウント方式


【アスファルトシングル】
アンカーH方式、スレート架台方式、スリムマウント方式

【金属屋根】
野地ぴたFタイプ、アンカーH方式

 

 

 

 

パナソニックHIT240

他社に追従して、パナソニックもついにモジュール保証を20年に延長しました。
対象商品は今回ラインナップした「HIT240αHIT245α、HIT120α」です。もちろん無料です。

モジュール保証の内容は、公称最大出力に対して10年目まで81%未満、10年~20年目まで71%未満となった場合保証します。
他社のモジュール20年保証と全く同様の内容です。





お見積りフォーム
お見積りフォーム

 

 

 

 

パナソニックHIT240


パナソニックHIT233は非常に人気のある商品で、価格は高額でしたが、三洋電機時代からの技術の追求により、優れた温度特性を実現し、非常に高い変換効率を達成いたしました。

設置したお客様からの評判も非常に高く「シュミレーションより多く発電してる」という声を多くいただいております。
お客様からの評判も高く、性能も良く、実発電量も高いのでエコ発電本舗も、全面的に応援しておりました。

しかしながら、ここ最近では東芝の250wをご希望されるお客様が急増し、インターネットを媒体とした反響型の販売においては東芝の方がシェアが高いです。

お客様から見たらパナソニックの233wより東芝の250wの方がkwあたりの価格が安く、パネルサイズも小さく、明確に定格出力が17w高いわけですから、東芝250wの方が買いやすいですよね。
温度特性や実発電量は中々実感できない要素ですので「選ぶ決め手」までに至らないのかもしれません。
また、東芝は商売が非常にうまく、販売店が売りやすいような配慮もパナソニックより強いように思います。
東芝の場合、自社では一切生産せず、アメリカのサンパワーやアジアのどこかの製品をOEMで販売しています。
一方、パナソニックは自社で技術追求し生産しております。

研究開発費や生産にかかる費用に利益を上乗せする必要があるので、価格を下げるにも限界があります。
東芝は売りやすさやお客様が買いやすい内容に特化しているように感じます。

 

 

 

 

パナソニックHIT240


今回、満を持してHIT233の後継版、HIT240α、HIT245αをラインナップしたわけですが、まずHIT245に関しましては受注生産なので価格が高いです。
HIT240αに関しましては、非常にリーズナブルな価格で販売されています。定価がHIT233の場合145,000円に対して、HIT240の場合133,000円と新商品なのに非常に魅力的な価格を設定しています。

しかし、パナソニックが240wに対して東芝は250w。更にパネルのサイズが小さく、価格が安い。この条件の中でどのように戦っていくか、両メーカーのマーケティングや販促次第ですね。
太陽光発電システムの価格がどんどん安くなり、且つ、お客様の情報収集能力も飛躍的に高くなっていますので、質さえ良ければ売れる時代ではないですからね。

新商品のパナソニックHIT240α、HIT250α、HIT120αにおいても激安価格の最安値でご提案したします。
万一、他社の見積もりが安かった場合は必ずお値引きいたしますので、お問い合わせお待ちしております。








【 関連コンテンツ 】

パナソニックHIT244αの費用対効果

太陽光発電 パナソニックHIT244α、HIT250α、N120αが新登場!価格・変換効率を東芝250wと比較

パナソニック太陽光発電の光熱費をシミュレーションで試算し、検討しましょう

東芝とパナソニックの太陽光発電を徹底比較

発電効率が高い単結晶シリコン太陽電池

無料見積・無料相談承りフォーム

0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所任意

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい