• 日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • パナソニックHIT245αPlus
  • 長州産業
  • ソーラーフロンティア
  • ハンファQセルズ
  • 東芝
  • シャープ
  • 三菱
  • カナディアンソーラー
  • 京セラ
  • どのメーカーが最適なの?
  • 3つの補助金完全サポート 国+都道府県+市町村 詳しくはこちら
  • 設置までの流れ
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • どのメーカーが最適なの?
  • オール電化導入で更に得?
  • お客様からのよくあるご質問
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2013.06.01

ソーラーパネルの買取価格で利益がでるように設定しましょう

買取価格の引き下げなどがありましたが、買取価格はある程度の利益がでるように設定されているため、ソーラーシステムを導入することにはメリットがあります。下がったから単純に損とはいえないようになっています。なぜならソーラーパネルなどの値段も下がっているため、システムの設置費用がトータルすると下がっているためです。新しく設定された買取価格が引き下げられていても、初期投資が小さく済むのであれば、差し引きするとやはり利益が出るようになります。 初期費用が下がってきていますので、買取価格が減ることになっても利益は出ることになり、昔導入した方に比べて最近の方のほうが損をしているとは一概にいえないことになります。そちらの影響を考えるよりも、他にもっと考えた方が良いことがあります。 まずは補助金の問題です。地方自治体によって対応は異なりますが、国とは別に補助金を出している地方自治体は沢山あります。導入しているところばかりではなく、金額もいろいろで予算の枠なども設けられています。先着順だったり、抽選だったり、システムの性能について決め事があるなどいろいろなことがあります。地方自治体の補助金を貰うためには、どのようにすれば貰えるのかを知ることが必要です。ソーラーシステムの補助金については素人では分かりにくい表現もありますので、補助金を確実に貰いたいのであれば、依頼する業者を選ぶときに補助金についても頼りになる業者を選ぶと良いです。



【 関連コンテンツ 】

太陽光発電・ソーラーパネルの価格、変換効率・保証を比較!

太陽光発電の価格・補助金・変換効率・発電量などメーカー徹底比較

家庭用リチウムイオン蓄電池(京セラ・東芝・パナソニック・NEC)の価格・補助金・保証・性能など徹底比較

無料見積・無料相談承りフォーム

0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所任意

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい