• 日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • パナソニックHIT245αPlus
  • 長州産業
  • ソーラーフロンティア
  • カナディアンソーラー
  • 三菱
  • ハンファQセルズ
  • シャープ
  • 東芝
  • 京セラ
  • ループ Looop
  • どのメーカーが最適なの?
  • 3つの補助金完全サポート 国+都道府県+市町村 詳しくはこちら
  • 設置までの流れ
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • どのメーカーが最適なの?
  • オール電化導入で更に得?
  • お客様からのよくあるご質問
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2013.04.17

新しい発電システムとなりうる住宅用太陽光発電の平均価格とは

近年において2011年に起こった震災によって日本のエネルギー事情を知る機会が多くなり、それによって日本の市民レベルでのエネルギーに関する関心度が年々高まっています。その市民レベルでのエネルギーを考えるに当たり脚光を浴びているのが自家発電の仕組みを取り入れることであり、その自家発電において手軽に行えるものとして広がりを見せているのが住宅用太陽光発電システムを取り入れることです。この太陽光発電とは平面の土地に銀色もしくは黒色の光を吸収反射しやすい色のパネルを設置して、そのパネルにあたった部分の光の熱を内部に送り込みます。そして送り込んだ熱の対流によって内部に内蔵したタービンを回すことで静電気を起こし、その静電気を蓄電池にためることで自家発電が可能となる仕組みを指します。 これまでの太陽光発電は広大な土地でなければ設置できないデメリットがあったのですが、近年においては技術の進歩により住宅用として屋根の部分で設置する大きさで一つの家庭の1日分の電力を安定的に供給できるようになっています。 その住宅用太陽光発電の平均価格としては15万から20万円が相場となっていますが、近年では自家発電の仕組みが各自治体で広がりを見せていることで補助金が出るところが多いことから、購入する際には補助によって価格は安くなります。そのうえで住宅用太陽光発電を設置する際には、高い買い物であることに変わりないと言えるので、その購入の際にはパネルを設置するまでの費用や発電量の必要量、そして屋根によって設置するサイズやデザインが存在するので、長期的計画を立ててから行うことがベストと言えます。



【 関連コンテンツ 】

太陽光発電・ソーラーパネルの価格、変換効率・保証を比較!

太陽光発電の価格・補助金・変換効率・発電量などメーカー徹底比較

家庭用リチウムイオン蓄電池(京セラ・東芝・パナソニック・NEC)の価格・補助金・保証・性能など徹底比較

無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所任意

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい