• 日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • パナソニックHIT P247αPlus 太陽光発電システム
  • 長州産業274w,304w 太陽光発電システム
  • ソーラーフロンティア185w 太陽光発電システム
  • カナディアンソーラー295w 太陽光発電システム
  • 三菱245w 太陽光発電システム
  • Qセルズ300w 太陽光発電システム
  • シャープ256w 太陽光発電システム
  • 東芝253w 太陽光発電システム
  • 京セラ220w 太陽光発電システム
  • Looop295w 太陽光発電システム
  • どのメーカーが最適なの?
  • 3つの補助金完全サポート 国+都道府県+市町村 詳しくはこちら
  • 設置までの流れ
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • どのメーカーが最適なの?
  • オール電化導入で更に得?
  • お客様からのよくあるご質問
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

屋根の形状別工事工程

太陽光発電システム設置工事の概要をイメージ頂くために、
屋根の形状別に工事工程を解説致します。

和瓦の工事工程


  • 一階平屋のお住まいです。
    この場合は、足場設置は行
    いません。

  • 左側から、瓦上げ機を使って太
    陽光パネルや部材を屋根の上
    に運びます。

  • お客様のお住まいを傷付けない
    ために、施工前の養生作業は
    徹底的に行います。

  • アンカー位置を確認し、墨出し
    をします。

    右下の写真は、アンカーボルト
    を固定する瓦を一度取り外して
    おります。

  • アンカーボルトを固定する箇所
    の瓦を取り外しました。

  • 左の写真がアンカーボルト(支
    持金具)です。

    右の写真はアンカーボルトの
    裏側。黒くなっている部分は
    ブチルシートといわれる特殊
    なゴムシートです。ダムなどの
    防水処理にも使用されます。

  • 垂木の位置確認を行い、アン
    カーボルトを固定します。

    (今回は屋根強度がしっかりと
    していたので、補強板は使用し
    ていません。)

  • アンカーボルトに固定するビス
    です。メーカーの10年保証が適
    用されるように、指定の部材を
    使用します。

  • 垂木に向かって、11箇所にビス
    を固定します。
    台風などの強風にもびくともし
    ません。

  • 雨漏りを防ぐためにシリコンで
    コーキングを行います。

  • アンカーのピンが通る箇所の瓦
    に穴をあけます。
    和瓦の場合、瓦の高い位置に
    穴をあけます。

  • 瓦を被せるとアンカーのピンだ
    けが、瓦の下から出ててきます。
    雨漏りしないように防水処理を
    行っていきます。

  • まずボンドシールプライマーを
    塗ります。
    あらかじめ施工面に塗布する
    ことにより、各種シーリング材
    の接着性を向上させます。

    当社は、耐久性・耐候性に非
    常に優れた「瓦をまもる君」と
    いうシリコンを使用しておりま
    す。

    ゴムキャップを被せ、更にコー
    キングを行います。
    徹底した防水処理の完成です。

  • 固定したボルトが水平になって
    いるか確認のため、赤色の水
    糸をボルトに巻きます。

    次に、アンカーボルトと架台を
    固定します。

  • ★★配線瓦とは??★★

    和瓦・洋瓦の場合(一部瓦を除
    く)、当社は配線瓦というものを
    使用しています。
    太陽光パネルから出たケーブ
    ルを瓦の中を通して、屋根裏
    にそのまま配線できる施工方
    法です。

    瓦を外した状態で、アスファル
    トシーリングに穴をあけます。
    穴に付属部品を配線し、防水
    対策のために周辺を特殊ゴム
    シートで覆います。
    そこに、配線瓦を取り付けます。

  • 配線瓦を設置しました。
    ここから、太陽光パネルのケー
    ブルを配線するので、お住まい
    の壁などへの配線は不要で、
    景観も損ないません。

  • 太陽光パネルのケーブルを配
    線瓦に通します。

    右上の写真の配管パテを使用
    し、一切の隙間をなくし、害虫
    などの侵入を防ぎます。

  • いよいよ太陽光パネルを取り
    付けます。パネルの一枚の重
    さは15kg程度です。

  • 太陽光パネルを取り付けていま
    す。

  • ★★要チェック!!★★

    太陽光パネルと瓦の間の写真
    です。太陽光パネルのケーブ
    ルが瓦に全く接触しておりませ
    ん。

    配線がゆるく、瓦に接触すると、
    落ち葉などがつまり雨漏りなど
    の原因になります。

    当社は見えない箇所も、徹底
    的にこだわって施工致します。

  • 化粧カバーを取り付けることで、
    下から見たときに、配線などが
    隠れて景観を損ないません。

  • 太陽光パネルの設置完了です。配線瓦を使用しているので、
    見た目が綺麗です。

    日当たりも良く、発電量が期待できます。

洋瓦の工事工程


  • 2階建ての輸入住宅のお住ま
    いです。

    通常は、安全対策のために足
    場設置を行いますが、今回は
    工事モデルのため足場は設置致
    しません。

  • 右側の瓦上げ機でパネルや部
    材を屋根の上に運びます。

  • 瓦を列ごと取り外します(屋根
    の上は撮影者である私が登れ
    ず、別の写真を掲載しておりま
    す。)

  • 瓦を外した列に補強板を固定
    します。補強板は垂木にビスを
    打ち込みしっかり固定致します。
    (強度に問題がない場合は補
    強板は不要です。)

  • 長さは15cmの支持金具を使用
    致します。

    右上の写真が支持金具の裏面
    です。黒い部分はブチルシー
    トと言われる部材で、ダム工事
    にも使用される防水シートです。

    左下の写真が使用するビスで、
    11本支持金具に固定します。
    右下写真が支持金具を固定し
    た写真です。

  • 支持金具を固定し、シリコンで
    コーキング致します。

    当社は部材に徹底的にこだ
    わっており、瓦用コーキングは
    耐久性・耐候性に非常に優れ
    たものを使用しています。

  • 支持金具を通す瓦に穴をあけ
    ます。

    右上の写真は瓦の裏面です。
    シリコンコーキングが漏れない
    ように裏面にはバックアップ材
    を取り付けします。

    瓦を取り付け、シリコンでコーキ
    ングし、ゴムキャップを取り付け
    ます。

    更に、シリコンでコーキングし、
    徹底して防水対策を施します。

    ※濡れているように見える部分
    (コーキングの周り)はプライ
    マー(密着材)を使用しています。

  • 支持金具が全て設置完了しまし
    た。工事前半終了。
    時刻は13時です。

  • 後半スタート。
    支持金具に架台を設置します。
    架台にはZAMといわれる高耐
    食性処理鋼板を採用。
    亜鉛めっきに比べ耐食性が10
    ~20倍優れています。

  • ケーブルを固定するために架
    台にワイヤーを張ります。ワ
    イヤーを張ることでケーブルの
    たるみを無くします。

    ケーブルがどこにあるのか分
    からないくらい綺麗な施工です。

  • 太陽光パネルを設置していきま
    す。

  • 太陽光パネルを一つ一つ架台
    にしっかりと固定していきます。

    ケーブルをワイヤーに固定し、
    台風などの風圧にもしっかり対
    応致します。

支持瓦の工事工程


  • 通常の屋根工事は瓦に穴をあ
    けるアンカー施工が主流です。

    アンカー施工においても雨漏り
    の心配は一切ございませんが、
    瓦に穴をあける事に抵抗があ
    るお客様もいらっしゃいます。

    瓦に穴をあけず、金具と瓦が
    一体式になった支持瓦工法を
    ご紹介します。

  • 太陽光パネルの設置場所の位
    置確認を行います。

  • 架台を設置する箇所の瓦を取り
    外します。

  • 支持瓦を設置する場合は、専用
    の補強木板を使用します。

    支持瓦は4本のビスを垂木に打
    ち込んで固定しますが、4本全
    てが垂木にあたらないため、補
    強木板を使用し強度を確保しま
    す。

  • 補強木板に隙間が出来ないよう
    に、シリコンで周辺をコーキング
    します。

    すべての設置箇所に、補強木板
    を設置しました。

  • 支持瓦です。
    瓦自体に金具が取り付けてあ
    り、こちらに架台を固定します。
    瓦に穴をあける必要がありま
    せん。

  • 架台を固定するための金具を
    取り付け、屋根に設置します。

  • 支持瓦を設置しました。

  • 当社ではご相談により落し瓦を
    使用しております。

    落し瓦を使用することで、太陽
    光パネルから出る配線をその
    まま、屋根裏に配線できます。
    配線が見えず、景観が損なわ
    れません。

  • 支持瓦に架台を設置し、ワイ
    ヤーを取り付けます。

    ワイヤーと太陽光パネルのケー
    ブルを固定することで、ケーブ
    ルのたるみが無くなります。
    このひと手間が非常に大事です。

  • 太陽光パネルを設置します。

  • PV押え(押え金具)でしっかりと
    太陽光パネルを固定します。

陸屋根の工事工程


  • 事務所2階の屋上に太陽光パ
    ネルを設置します。
    陸になっている屋根なので「陸
    屋根」といいます。

    まずは、架台設置のための基
    礎工事を行います。

    基礎工事は太陽光パネル設置
    工事前に行いますので、工事期
    間は合計で2日です。

  • コンクリートを流し、基礎が出
    来上がった状態です。

    金属部分には、ケミカルアン
    カーを打ち込んでいます。
    (ケミカルアンカーとはビルの設
    置工事などでも使用される手
    法で、耐震性などに非常に優
    れた施工方法です。)

  • 基礎部分に太陽光パネル架台
    を設置した状態です。
    ここに太陽光パネル3段3列が
    設置されます。

    ケーブルをたるみなく固定する
    ために架台にワイヤーを取り付
    けます。

  • 基礎部分と架台の設置写真で
    す。

    陸屋根への設置は、風による影
    響を受けやすいので、メーカー
    指定のボルトでしっかりと固定
    する必要があります。

  • 電気配線の工事を行っていま
    す。
    太陽光パネルの主要ケーブル
    をPF管といわれる配管で前
    後のパネルをつなぎます。

  • 左の写真がPF管です。
    PF管とは耐熱性のある合成樹
    脂管で、耐久性に非常に優れ
    ています。
    (右写真は通常の配線配管で
    す。)

  • 架接続箱を設置します。
    接続箱は屋内外どちらも設置
    可能です。

地面設置の工事工程


  • お住まい敷地内の土地に太陽
    光パネルを設置致しました。

    この土地がどのように変わるの
    でしょうか? お客様も非常に
    楽しみにされています。

  • まず、コンクリート基礎工事を行
    い、太陽光パネルを設置します。

    フェンスが影になるので、取り
    外すことになりました。

    左の写真は、フェンスを取り外
    し、コンクリート基礎工事のため
    の溝を掘ったところです。

  • 基礎の高さが水平になるように、
    オートレベルで計測を行ってい
    ます。

  • コンクリート基礎工事前の写真
    です。

  • 雨水などで基礎が崩れないよう
    に、しっかりと防水工事も完了し
    ています。

  • 排水溝に石を敷き詰めています。
    雨水が石の隙間を通って、排水
    溝に流れる仕組みになっていま
    す。

  • 基礎工事の完了後、コンクリー
    トの基礎部分に太陽光パネル
    を設置するための穴をあけます。

  • ここにケミカルアンカーを打ち込
    みます。
    (ケミカルアンカーとはビルの設
    置工事などでも使用される方法
    で、耐震性などに非常に優れた
    施工方法です。)

  • 架台設置からパネル設置までは
    陸屋根と同じ工程ですので、「陸
    屋根の工事工程」をご参照下さ
    い。

  • 後側からの写真です。
    中心に設置している白い箱が
    接続箱です。

  • 「太陽光パネルを導入したいけど、屋根には設置したくない。」
    「庭が広く、有効に使いたい」など、是非当社にご相談ください。
    お客様のご要望に合った最適なプランをご提案致します。

パワーコンディショナの工事工程


  • 室内にパワーコンディショナを
    設置致します。

    パワーコンディショナは太陽光
    パネルで発電した電気を、家
    庭用の交流電流に切替える装
    置です。

    通常は、既存のブレーカーの
    近くに設置致します。
    今回掲載させて頂きますお住
    まいは輸入住宅なので、設置
    後のメンテナンスを考慮して、
    点検口の設置をお勧めしまし
    た。
    (点検口の工事が必要な場合
    別料金となります。)

  • ブレーカーの近くに点検口を
    設置致します。

  • 点検口の設置のため、天井を
    切り込みます。

    切り取った化粧板は、使用しま
    すので丁寧に取り外します。

  • 化粧板と下地ボードを取り外す
    と、天井裏が見えてきました。

    次に、パワーコンディショナの配
    線工事を行います。

  • 左の写真が点検口のフレーム
    です。

    右の写真がフレームにボードを
    取り付けた状態です。

    更に、化粧板を取り付けます。

  • 点検口の設置が完了致しまし
    た。見た目はどうでしょうか?
    お客様も工事者も、十分に納
    得されていました。

    いよいよ、パワーコンディショナ
    を設置致します。

  • 左の写真は、パワーコンディショ
    ナのカバーを外した状態です。
    基盤が確認できます。

  • パワーコンディショナの設置が
    完了致しました。
    稼動音も非常に微量で気になり
    ません。

    非常用のコンセントが装備され
    ているので、停電時でも日照時
    であれば電気を使用することが
    できます。
    1.5kvaの使用が可能ですので、
    携帯電話の充電や冷蔵庫など
    が使えますね。

  • 接続箱の写真です。
    太陽光発電システムで発電した
    電気を家庭内に引き込む装置
    です。
    天井裏や押入れなどに設置致
    します。



無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所任意

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい