• 日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • パナソニックHIT245αPlus
  • 長州産業
  • ソーラーフロンティア
  • ハンファQセルズ
  • 東芝
  • シャープ
  • 三菱
  • カナディアンソーラー
  • 京セラ
  • どのメーカーが最適なの?
  • 3つの補助金完全サポート 国+都道府県+市町村 詳しくはこちら
  • 設置までの流れ
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • どのメーカーが最適なの?
  • オール電化導入で更に得?
  • お客様からのよくあるご質問
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

三菱SMART V2H価格・保証・性能を比較

三菱のEV用パワーコンディショナ


三菱EV用パワーコンディショナの基本情報


三菱がEV用パワーコンディショナSMART V2H
三菱がEV用パワーコンディショナSMART V2Hの商品内容


三菱EV用パワーコンディショナの仕様

EV用パワーコンディショナの仕様



お見積りフォーム


三菱EV用パワーコンディショナをもっと知りたい


このパワーコンディショナは非常に多機能で、以下3つのことができます。

● 家庭内 → 電気自動車への充電
● 電気自動車 → 家庭内への放電


似た商品ではフォーアールエナジーというメーカーのエネハンド充電器がありましたが、家庭内から電気自動車への充電のみで、電気自動車から家庭内への放電ができませんでした。

太陽光発電システムとセットで導入すると、太陽光発電システムの発電電力で電気自動車を充電することができます。
電気代の安い夜間帯に電気自動車を充電することで燃料費や光熱費を安く抑えることができます。



SMART V2Hの性能について


EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の性能をじっくりと解説いたします。


EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」


上図のように太陽光発電システムの発電電力を家庭内に供給し、EV用パワーコンディショナを通して、電気自動車に充電できます。
また、電気自動車からEV用パワーコンディショナを通して、電気自動車の電力を家庭内へ供給することもできます。

従来の家庭用蓄電池や充電器にはできなかったことですが、SMART V2Hは三菱独自の技術により、停電時に瞬時停電しません。
従来の家庭用蓄電池は停電時、蓄電池の電力に切り替わる際、瞬間的に停電してしまいます。
どちらにしても生命維持装置など命に関わる機器には使用できないので個人的には瞬間的な停電くらい構わないのでは??と思いますが、意外と気にするお客様が多いので、無停電の機能は非常に重要なのかもしれません。

2016年から、電気の自由化が始まり様々な電力料金プランがラインナップしております。
今後は更に多種多様な電力料金プランがラインナップされる予定で、例えば「夜間は10円昼間は50円」のような極端な料金プランもありえます。
新しい電気料金プランを駆使し、電気自動車や太陽光発電システムの発電電力を上手に使用することで電気自動車の燃料費を含めた光熱費を飛躍的に永続的に安くすることができるのです。

SMART V2Hは三菱の独自技術である「シームレス充放電技術」「自立運転時PV連携技術」により停電時の瞬間的な停電がなくなり、通常時と同様に太陽光発電電力を使用することができます。

「シームレス充放電技術」
電気自動車の充放電に瞬時停電なしで切り替えることができる技術です。

「自立運転時PV連携技術」
停電が継続した場合も太陽光発電電力を家庭内へ継続して供給し、電気自動車へ継続して充電でき、同時に電気自動車から家庭内に供給も可能となります。




お見積りフォーム


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」はライフスタイルに合わせて様々な運転モードを選ぶことができます。
様々な電気料金プランに合わせたり、「昼間はほとんど電気を使わない」などライフスタイルに合わせた設定をすることでメリットを最大限に引き出すことができます。

【自立運転モード】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード 自立運転モード


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード 自立運転モード

グラフのように昼間は太陽光発電システムで発電した電力を家庭内へ供給し余った電力は電気自動車に充電し、夜の太陽光が稼働しない時間帯は電気自動車に充電した電力を家庭内に供給します。
電気自動車が蓄電池と化し、自動車として機能していませんが、こんな使い方をすることでほぼ電力を購入せずに生活することができます。まさに自給自足。

詳細のイメージは以下を参照ください。

【昼間】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード 自立運転モード

昼間は太陽光発電システムの発電電力を家庭内で使用し、電気自動車に充電します。

【夜間】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード 自立運転モード

夜間は昼間に充電した電気自動車の電力を家庭内に供給します。


停電時の詳細も以下解説いたします。

【従来の場合】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード 自立運転モード

従来の太陽光発電システムでは停電時はパワーコンディショナからの非常用コンセントのみでの使用のみ可能でした。一部の電化製品しか活かすことができませんでした。

【「SMART V2H」の場合】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード 自立運転モード

「SMART V2H」は停電時にも通常時と同様の使い方ができます。従来の蓄電池と比較すると使い勝手の差が歴然です。
従来のパワーコンディショナにコンセントを差し込む仕様は面倒なうえに、供給できる負荷が小さく非常に不便でした。





お見積りフォーム


【エコノミーモード(売電最大)】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード エコノミーモード

エコノミーモードは、昼間の使用電力が多い方にぴったりのモードです。事務所や自宅で仕事をされている方、子育てなどで昼間は家にいることが多い方には非常にメリットが大きいです。


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード エコノミーモード

グラフのように電気代が安い夜間帯に電気自動車に充電し、昼間は太陽光発電システムの発電電力を使用します。
足りない分は電気自動車の充電電力を家庭内に供給して昼間は電気を購入する必要がございません。
ただし、太陽光発電システムの発電電力を売電中に同時に電気自動車の充電電力を家庭内に供給する場合は「ダブル発電」「押し上げ効果あり」となり売電単価が下がってしまいます。

10kw未満の余剰買取制度の場合、買取価格が6円ほど下がってしまいます。
理由は昼間に電気自動車の充電電力を家庭内に供給することで、太陽光発電システムの発電電力を増やしてしまうことになり、電気を購入する電力会社としては望んでないことだからです。

詳細のイメージは以下を参照ください。

【昼間】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード エコノミーモード

昼間は太陽光発電システムの発電電力を最大限売電することを目的とし、電気自動車の充電電力を優先して昼間に使用し足りない場合は太陽光発電システムの発電電力を使用します。


【夜間】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード エコノミーモード

電気代の安い夜間の電気で電気自動車に充電します。昼間に電気を使う人にぴったりのプランで昼間の使用料が少ない方にはマッチしません。




お見積りフォーム


【エコノミーモード(余剰売電)】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード エコノミーモード

エコノミーモード(余剰売電)は、昼間は太陽光発電システムの電気で賄い、余った電気は売電。夜間に電気自動車に充電しリビングタイム(朝・夕方)に電気自動車の電気を使用します。
最も経済効果が高い運転モードで最もおすすめです。


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード エコノミーモード



【昼間】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード エコノミーモード

昼間は太陽光発電システムの発電電力の余剰分を売電します。家庭内で使用する電気が足りない場合は電気自動車の電力を使用します。

【夜間】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード エコノミーモード

夜間は安い電気料金で電気自動車に充電し主にリビングタイムに充電電力を使用します。





お見積りフォーム


【グリーンモード】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード グリーンモード

グリーンモードでは、昼間は太陽光発電システムの発電電力を家庭内に供給し余った電力は電気自動車に充電します。


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード グリーンモード

グラフのように、昼間は太陽光発電システムの電力で供給と充電を行い、リビングタイムや夜間帯は充電電力を放電し家庭内に供給します。足りなくなった場合のみ電力会社から電気を購入し、極力自給自足で、補助的に電気を購入するモードです。


【昼間】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード グリーンモード

昼間は太陽光発電システムの発電電力をで家庭内の電気を賄い、余った電気は売電せずに電気自動車の充電に充てます。


【夜間】


三菱EV用パワーコンディショナ「SMART V2H」の使用モード グリーンモード

夜間は昼間に充電した電気自動車の電気で家庭内の電気を賄います。出来る限り電力会社から電気を買わない完全に自給自足を目指す方におすすめです。




三菱SMART V2Hの商品型番


EVP-SS60B-M7
EVP-SS60B-Y7
EVP-SS60B-Y7W



三菱のEV用パワーコンディショナ




無料見積・無料相談承りフォーム

0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所任意

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい