ホンダHonda eとV2Hで電気代節約と非常用電源活用|V2Hのエコ発電本舗

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • ニチコン系統連系型EVパワーステーション
  • ニチコン トライブリッド蓄電システム
  • スマートPVマルチ
  • スマートPVプラス
  • スマートPV
  • スマートスター蓄電池
  • ニチコン蓄電池
  • エコ発電本舗の太陽光発電システムのお客様の声
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • 家庭用蓄電池の設置メリット
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

2020.08.28

ホンダHonda eとV2Hで電気代節約と非常用電源活用

電気自動車とV2Hの高額補助金!


2021年3月26日から経産省と環境省にて「電気自動車、V2Hの高額補助金」の申請受付中です。

Honda eの補助金額は66.2万と高額です。
Honda eとV2Hをセットで導入すると100万円以上の補助金額になりますので、導入予定の方は補助金をフル活用して、より割安で導入しましょう。

当社では補助金の代行申請を承っております。補助金の詳細については以下ページをご参照ください。

EV補助金


ホンダのHonda eもV2Hを接続できます!


ホンダHonda eと太陽光発電システムとV2H

ホンダの電気自動車(EV車)Honda eが、ニチコンのEVパワーステーションの対応車種に仲間入りしました。

デザイン性が高く、比較的低価格の電気自動車(EV車)なので、大きなシェアが期待できます。
バッテリー容量が35.5kwhと日産リーフほどではないですが、大容量ですので「災害用の非常用電源」としても、「節約目的」としても十分活用できます。



電気自動車ホンダHonda eの特徴


ホンダHonda e特徴

◆ ホンダHonda eの価格
 ・Honda e:4,100,000円(税抜価格)
 ・Honda e Advance:4,500,000円(税抜価格)

◆ ホンダHonda eの最新機能
ホンダHonda eは、ワンタッチで縦列駐車ができます。


ホンダHonda eでワンタッチ操作

縦列駐車が苦手なドライバーは非常に多く事故も多発しているので、ボタン一つで自動的に駐車してくれるので非常に便利です。

◆ ホンダHonda eのスペック
 全長×全幅×全高:3895mm×1750mm×1510mm
 ホイールベース:2530mm
 車重:1510kg
 バッテリー容量:35.5kwh
 走行距離:308km
 モーター最大出力 100kW
 モーター最大トルク 315Nm



ホンダHonda eとV2Hで災害対策


上述の通り、ホンダHonda eのバッテリー容量は35.5kwhと大容量なので、非常用電源としても、節約機器としても非常に有用です。

◆ Honda eとV2HHを使用する際の仕様

蓄電容量 35.5kWh
充電上限 96%未満
(蓄電容量に対する充電許容値)
放電下限 約15%
(蓄電容量に対する放電許容値)

充電上限
「充電上限」は、太陽光発電システムの発電電力や電力会社から購入した電力で、ホンダHonda eに充電する際の上限で、96%を超えると安全制御が作動し動作が停止します。

放電下限
「放電下限」は、ホンダHonda eのバッテリーを蓄電池として利用する際に、放電できる電力値の下限で、ホンダHonda eのバッテリー容量が15%を下回ると動作が停止します。
ホンダHonda eの本来の役割は電気自動車としての移動手段です。
移動に必要な最低限のバッテリー容量を確保しておく仕様になっております。
ただし、V2H機器でも下限値の設定が必要で、設定値は10%単位で選択する仕様となっているので、ホンダHonda eとV2Hを併用する場合の放電下限値は20%となります。

結果的にホンダHonda eのバッテリー容量の80%の28.4kwhを蓄電池として利用できるので、非常用電源としても節約効果としても非常に有用です。

V2Hの「導入メリット・動作の仕組み・商品の性能比較」を動画で解説しております。


V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

お見積りフォーム
お見積りフォーム


ホンダHonda eの評判と特徴


ホンダHonda e

欧州では、ガソリン車の走行が禁止となります。
各自動車メーカーは、動力源の電動シフトへの対応が急務となっております。

そんな中、本田技研工業が販売を開始した車両が、Honda eです。
「人のココロとつながるクルマ」をコンセプトに開発されました。
今回は、本田技研工業初の完全電気自動車、Honda eのグレードと、先進安全技術の紹介をしていきます。

かなり特徴的な外観なので、興味を持たれている方も多いのではないでしょうか?
外観だけでなく、中身もかなり特徴的になっています。
車に詳しい方も、そうでない方にも分かりやすく丁寧に、解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。


◆ Honda eとはどんな車?

ホンダHonda eとはどんな車?

Honda e、は日本の本田技研工業が、2020年10月に販売開始した、完全電気自動車です。
本田技研工業としては初の量産型普通電気自動車です。
販売国は日本と欧州で、価格は「450万円~」です。

「少し先の未来」をコンセプトに開発され、単なる移動手段だけではない、新たな車の価値を提案した車両です。
「人のココロとつながるクルマ」のキャッチコピーがつけられ、「人と車」「車と家」あらゆるものとつながる車となりました。

Honda eの車体サイズは、
 全長:3895mm、全幅:1750mm、全高:1510mm
 車重:1540kg

同社の「Fit」と大体同じようなサイズです。
違いは、Honda eの乗車定員が4名である点です。

ライバル車は、トヨタヤリス、BMW MINI ONE5DOOR、シトロエンC3と言ったところです。
電気自動車(EV車)では、日産リーフ、BMWi3が直接的なライバル車になります。


◆ Honda eの特徴

ホンダHonda e特徴

外観からしてかなり特徴的な車両ですが、それ以外にも特徴的な点は多数あります。
ここでは、Honda eの特徴をいくつか紹介します。

【 デザイン 】
最初に目につくのは、コンセプトカーをそのまま製品化したようなフロント部のデザインです。
高機能と親しみやすさを両立したデザインです。
愛着感のある、親和性のあるデザインで開発されていて、車の枠に収まらず、パートナー的な存在を目指した車両です。
テールランプ部も、フロント部ととても良く似たデザインになっていて、フロント、リア共にとてもシンプルな印象です。

【 コンパクト 】
Honda eの車体サイズは、とてもコンパクトに見えます。
車体の四隅に近い部分に、タイヤを配置することで車体がコンパクトに見えます。
重量があり、容積を取りがちなバッテリーを、車体の安定性や操縦性を損なうことなく、効率よくコンパクトな車体に収めるためこのレイアウトになりました。
この結果、車体の外観のバランスが軽自動車に近くなり、軽自動車のように見えます。
コンパクトカークラスの車体なので、元々コンパクトな車体ですが、カタログスペック以上にコンパクトな印象です。
さらに、まだ採用例の少ない、ドアミラーモニター車ですので、さらにコンパクトな印象を与えています。
ドアミラーの様に車体幅以上にせり出す必要もなく、最小限度の体積で構成出来ます。

【 内装・機能 】
Honda eの内装も、一般的な車とは異なった印象です。
運転席に乗り込むと、目の前には液晶モニターが並んでいます。
木目デザインも相まって「リビングのテレビボード」と形容する方もいらっしゃいます。
一般的な車両の様にメーターの類は無く、液晶モニターに必要な情報を映し出すシステムです。
表示内容はドライバーがステアリングスイッチで変更することも可能で、知りたい情報に確実にアクセスできるようになっています。
運転中で手が離せない場合でも、「OK Honda」と話しかけると、Hondaパーソナルアシスタントが起動し、人と話しているように質問に答えてくれます。
車としての技術以外でもドライバーをサポートしてくれるパートナーです。

【 車両の駆動方式 】
Honda eは車両の駆動方式も特徴的です。
コンパクトカーでは珍しい、後輪駆動を採用しています。
さらにモーターも後輪上に配置されている、リアエンジン、リアドライブ、通称「RR」の配置を採用しています。
一般的にはコンパクトカーは、フロントエンジン、フロントドライブ、通称「FF」を採用しますが、Honda eはRRになっています。

これは電気自動車である点が大きく貢献していて、電気モーターは、ガソリンエンジンに比べてコンパクトなので、車体後部への搭載も充分可能なため実現しました。
車体前側には、モーターの制御ユニットや、充電ユニットが配置されていて、高重量部品を車体全体にちらばらせて配置しています。
これにより、居住空間を犠牲にせずに、高い操舵性と安定性を得ています。
後輪駆動の採用により、タイヤの切れ角を大きく設計することが可能になり、とても小回りのききやすい車両となっています。
ハンドルを目いっぱい切った状態で、車両が一回転して元の位置に戻ってくる、最小回転半径は「4.3m」となっています。
この値が小さいほど小回りが利く車両、と言えます。
一般的な軽自動車が、「4.4m程度」ですので、軽自動車以上の小回り性能を持っていることになります。


◆ Honda eグレード紹介

ホンダHonda eグレード紹介

Honda eのグレードを紹介します。
設定は2グレードで、フル装備仕様と、スタンダード仕様となっています。
従来の車種の様に、欲しいオプションを選んで追加する事が出来ないので、充実した装備や、先進安全運転技術をフルに堪能したい方は、上級グレードを選択するしかありません。

【 Honda eAdvance 】
「Honda eAdvance」こちらが上級グレードとなります。
選択した時点で、全ての装備が標準装備となっているので、Honda eをフルに楽しみたい方は、こちらをお勧めします。
 ・モーター最高出力:113kw154PS
 ・最大トルク:315n・m32.1kgf・m
 ・航続可能距離:WLTCモードで259km
 ・価格は約450万円


【 Honda e 】
「Honda e」こちらがベースグレードとなり、特にグレード名は存在しません。
 ・モーター最高出力:100kw136ps
 ・最大トルク:315N・m32.1kgf・m
 ・航続可能距離:WLTCモードで283km
 ・価格は約495万円
※自動駐車システム、AC電源用コンセントは未装備


ライバルの電気自動車と比べると、Honda eは航続距離が短めですが、これはバッテリー容量をコンパクトに抑えているためです。
元々セカンドカー的な役割での開発コンセプトとなっています。
大容量のバッテリーを搭載すれば、航続距離は伸びますが、その分充電時間も長くなります。
満充電で長く走れても、充電が次の乗車までに間に合わなければ意味がありません。
Honda eは、一晩で満充電に出来るサイズのバッテリーを搭載し、日常の足として使いやすい電気自動車を目指して開発されました。
Honda eは生産台数が限られているので、時期を分けてオーダーを受け付けています。
この時期を外れると受付自体が一旦ストップしてしまうようなので、購入される際は要確認です。
納期も一般的な車両よりは、長納期でお考え下さい。


◆ Honda eの先進安全運転支援技術

ホンダHonda eの先進安全運転支援技術

コンパクトでかわいらしい車体ですが、安全運転技術はしっかりと、先端の技術を搭載しています。

【 サイドカメラミラーシステム 】
Honda eでは、従来の鏡を用いたドアミラーではなく、カメラ技術を用いたカメラミラーシステムを採用しました。
高級車での採用事例はありますが、コンパクトカーでは珍しい装備で、カメラで後方の様子をとらえ、ダッシュボード脇のモニターに映し出します。

鏡を用いた方式では、夜間や雨天時に視界が不明確になりがちですが、カメラを用いれば、捉えた映像を見やすく調整しモニターに映すことが可能です。
視界が悪い条件でも、ハッキリと後方確認が可能になり、悪条件時の運転を補助します。
通常のミラーでは死角になる位置も映すことが可能なので、死角を大きく減らす事が出来ます。
駐車時など、シチュエーションに応じて映す範囲を変更できるので、より確実な確認を行ない、安全運転に貢献します。
さらに、ミラー本体を車幅内に収める事が可能なので、狭い場所でも安心して走行することが可能です。

【 センターカメラミラーシステム 】
こちらは、後方の様子をカメラでとらえてルームミラーに映し出すシステムです。
テールゲートセンターにカメラが設置されていて、車両後方の確認を補助します。
通常の鏡を用いた方式では、車内から見える範囲でしか、映すことはできません。
車体後方下部等に死角が発生してしまいます。
カメラを用いた方式では、テールゲートから直接後方を映すことが可能なので、死角を大きく減らす事が出来ます。
通常の鏡式のミラーと切り替えることも可能なので、好みや状況に応じて使い分けが可能です。

【 Honda SENSING 】
Honda eは本田技研工業の安全運転支援システムを搭載しており、衝突を事前に予測し、ブレーキを掛けたり、前走車との車間を調整しながら追従走行したり、多彩な技術で安心、安全、快適な運転を支援する技術です。
以下では、Honda SENSNGの機能を解説していきます。

【 衝突軽減ブレーキ 】
前走車や、対向車、歩行者を検知し、衝突の危険がある場合、車両側で警告や減速を行い被害を軽減するシステムです。
ブザーや振動、シートベルトの締め付け、ブレーキ作動による減速を行ない衝突時の被害を軽減します。

【 誤発進抑制機能 】
車両前方、もしくは後方に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを大きく踏み込んだ場合、警告表示とブザーで警告を行い、車両の急激な加速を抑制します。
歩行者事故軽減ステアリングHonda eが、車道を外れ歩行者の方に向かって進行して、歩行者との衝突の可能性を検知すると、車道側へ戻るように、ハンドル操作をアシストします。

【 車線維持支援機能・路外逸脱抑制機能 】
Honda eが車線を認識し、その車線内を走行するように、ハンドル操作をアシストします。
また、車線から逸脱しそうになると、ディスプレー表示とハンドルの振動、ハンドル操作のアシストを行ない、車線内への復帰をアシストします。

【 アダプティブクルーズコントロール 】
設定された速度で定速走行、前走車との車間が縮まると車間を調整、適切な車間を維持し追従走行が可能。
高速道路でのドライバーの負担を軽減します。

【 標識認識機能 】
Honda eが道路標識を認識し、ディスプレー表示を行いドライバーに注意を促します。

【 マルチビューカメラシステム 】
Honda eを上空から見たような映像で車両周囲を確認できます。
駐車場や、見通しの悪い交差点などで、状況に応じた映像をナビ画面に表示し、安全確認が可能です。

【 Hondaパーキングパイロット 】
縦列駐車や、並列駐車を、より簡単にスムーズに行なうようアシストします。
ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト切り替え、をHonda eが自動で行い、ドライバーは必要に応じて適切な速度に減速操作が行えます。

駐車枠無しの状況では、並列駐車、縦列駐車、縦列出庫が可能で、ドライバーは、マルチビューカメラの映像で駐車場所を指定します。
その後は、車両が周囲の状況を判断し、駐車操作を行います。
ドライバーは、周囲の安全確認に集中できるので、より安全に駐車操作を完了できます。

【 後退時出庫サポート 】
駐車スペースからバックで出る際、側方の見えにくい部分から接近してくる車両をセンサーで検知。
警告音と、画面表示でドライバーに警告を行い、後退時の接触事故被害を軽減します。
これらの安全運転支援技術により、Honda eは、安全かつクリーンな車となっています。

特徴的なデザインを持つHonda eは、技術的な面でも特徴的な車両です。
単なる移動手段ではなく、人の生活とつながる事が出来るHonda eは、未来のカーライフを提案できる車両です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

V2Hの商品詳細については、以下をご確認ください。

「V2H」と「蓄電池」を併用する際の最適な運転モード

V2Hの価格・メリット・デメリット

ニチコン系統連系型EVパワーステーション



無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top