太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

エコ発電本舗によくある質問

太陽光発電の機器関連

太陽光発電システムの主な導入目的は、売電収益による投資です。
売電価格は年々下落しており、昨今は電力会社からの購入電力を下回りつつあります。
一方で、電気料金は年々上昇傾向で、太陽光発電の発電電力は「売電するより、自家消費」する方が経済メリットが大きいです。

太陽光発電システムの販売価格も年々下落しているので、導入による費用対効果はまだまだ高い状況です。

太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合のことです。
定格出力(理論値)は高いのに、実発電量(実測値)はあまり高くないケースもございますので、販売店に必ずご確認された方が良いです。

晴れの日よりは少ないですが発電します。
曇の日は、晴れの日の1/3~1/10程度、
雨の日は、晴れの日の1/5~1/20程度になります。
各メーカーの技術進歩により、パナソニックやソーラーフロンティアなど曇の日でも発電率の低下を最小限に抑えた商品もございます。

停電しても日照していれば発電します。
自動運転が切断されますので手動で自立運転に切り替える必要があります。

外気温や日照時間によって変化します。
外気温が1℃上がると発電効率が約0.5%下がるといわれています。
気温が高い夏よりも5月が最も発電に適しています。

海辺にお住まいの方は塩害対応用の太陽光パネルや架台などを使用しパワーコンディショナを屋内に設置するなどの塩害対策を施し、太陽光発電システムの設置致します。

太陽光発電システムで発電した直流電力を、家庭で使える交流電力に変換する機器です。

自動で運転・停止しますので、お客様の操作は不要です。

太陽光パネルについた汚れやほこりなどは風雨によって流されるため、掃除の必要はありません。

太陽光発電システムの日常点検としては、発電量を確認するだけで十分です。

太陽電池だから雷が落ちやすいということはありません。

太陽光発電の設置工事関連

太陽光発電システムの設置工事期間は、太陽光パネルの設置容量にもよりますが、通常1~2日で完了致します。

太陽光パネルの設置工事は屋根の形状によっては、穴を空けずに設置できます。
メーカーにより設置方法が異なりますので、エコ発電本舗までご相談下さい。

屋根の方向は南面が最適です。東面・西面は発電効率が南面に比べ13%程度低下します。
北面は50%以下になってしまうのでおすすめできません。
角度は陸屋根では30度がおすすめです。
屋根によって最大の発電量が得られる角度に設置致します。

太陽光パネルや金具の重さは、陶器瓦の3分の1から4分の1程度なので特に問題はありません。

大きなベランダがあるマンションであれば効果的に設置できる可能性があります。
現地調査をさせて頂いてからの判断となります。

太陽光発電の売電・補助金関連

太陽光発電システムの売電収益の入金は銀行振り込みです。
買電と売電は相殺されず別々に処理されます。

太陽光発電システムや家庭用蓄電池の補助金の募集要項は、市区町村によって異なります。
自治体によって補助金の金額も受領条件も異なりますので必ず管轄の自治体をチェックしましょう。

現在、環境改善のために国・自治体をあげて太陽光発電システムを普及促進させている状況です。
一般的に普及率が10%を超えたら、補助金制度なしで自然と普及すると言われておりますので、補助金は徐々に減少し、最終的には廃止されると思われます。

電力会社の配電線網の事を系統と言います。
売電と買電を接続する技術を系統連系と言います。
売電を行うためには電力会社との契約が必要ですが当社が代行致しますのでご安心下さい。

太陽光発電のその他の質問

メーカーとの信頼関係により、安価での大量購入が可能であること、また、訪問販売や店舗費用等の経費を最大限削減することにより、全メーカー最安値でご提供できるように努力しております。

当社には太陽光発電システムを知り尽くした熟練の職人達が多数在籍しており、「施工技術」や「お客様へのご対応」に非常に定評があり、口コミで工事のみの依頼が後を絶たない程です。
雨漏り等の不具合は一切なく、お陰様でクレーム0件を継続しております。
当社の施工技術はお客様が当社を選ぶ最大のメリットと言えます。

4.0kWのHIT太陽光発電システムを設置した場合、全国平均では年間約4,500kWhの発電量が期待できます。
これを火力発電所の代替と仮定すると、地球温暖化の原因であるCO2の年間発電量を炭素量に換算すると年間約1,415kg-CO2の二酸化炭素排出削減となります。

太陽光発電のセルは20~30年経過しても使用可能な場合が多く、中古引取り業者に任せることもできます。