V2H が業界最安価格!ニチコンV2H EVパワーステーション|エコ発電本舗

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
中部:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
北陸:新潟、富山、石川、福井
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知 九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

ニチコンV2H EVパワーステーションの価格

ニチコンV2H 系統連系型EVパワーステーション

ニチコンV2H EVパワーステーション「プレミアムPlus」「プレミアム」「スタンダード」の性能比較を動画解説しております。



◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金

2021年度(令和3年度)は環境省から電気自動車(EV車)とV2Hに高額補助金が交付されます。
経産省は予算満了につき受付終了いたしました。

ニチコンのV2Hも補助金の対象商品で、商品と工事に対して以下の補助金が交付されます。

V2H 補助金額
商品
補助金額
工事
補助金額
総額
プレミアムPlus 75万円 20~30万円 95~105万円
プレミアム 39.9万円 20~30万円 59.9~69.9万円
スタンダード 22.4万円 20~30万円 42.4~52.4万円
トライブリッド 55万円 20~30万円 75~85万円
パワームーバー 21.6万円 なし 21.6万円

当社では補助金の代行申請を承っております。補助金の詳細については以下ページをご参照ください。

電気自動車(EV車)の補助金



ページ内ナビゲーション

ニチコンV2H EVパワーステーションの基本情報 ニチコンV2H EVパワーステーションの特徴ニチコンV2H EVパワーステーションの対応車種 ニチコンV2H EVパワーステーションのデメリット

EVパワーステーションの基本情報


連係型なので、停電時も
EVに充電できる!

ニチコン系統連系型EVパワーステーションV2Hの商品内容


ニチコンV2H EVパワーステーションの仕様

型式 プレミアムPlus:VCG-666CN7K
プレミアム:VCG-666CN7
スタンダード:VCG-663CN3
停電時の定格出力 プレミアムPlus:6.0kw
プレミアム:6.0kw
スタンダード:3.0kw(通常時:6.0kw)
寸法
幅×奥行×高さ
W809×D337×H855
重量 88kg
ケーブル長 プレミアムPlus:7.5m
プレミアム:7.5m
スタンダード:3.5m
発電モード シングル発電
保証期間 プレミアムPlus:5年間(UPS:3年間)
プレミアム:5年間
スタンダード:2年間
特徴 【プレミアムPlus】
・全負荷型(200v)
・停電時にEVに充電可能
・スマホで本体操作可能
・停電時はワンクリックで放電

【プレミアム】
・全負荷型(200v)
・停電時にEVに充電可能
・スマホで本体操作可能
・停電時はシガーソケットから配線

【スタンダード】
・特定負荷型(100v)
・停電時にEVに充電は不可
・停電時はシガーソケットから配線

◆ 他のV2Hと比較

V2Hの性能一覧、V2Hの価格相場は以下をご参照ください。
V2Hの性能比較、V2Hの価格相場はこちら


◆ V2Hの補助金

V2Hの補助金(自治体から)は以下をご参照ください。
V2Hの自治体からの補助金の詳細はこちら





ニチコンV2Hの特徴・ココがおすすめ



1. 電気代の節約と非常用電源の確保


ニチコンEVパワーステーションを導入することで「電気代の節約と非常用電源を確保」できます。
スタンダード・プレミアム・プレミアムPlusで動作内容が異なるので、以下の基本動作をご参照ください。
▶ ニチコンV2Hの基本動作と特徴




2. プレミアムPlusの新機能


新商品のプレミアムPlusは、従来必要だった停電時の配線作業が不要で、停電時は「放電ボタンをワンプッシュするだけ」で電気自動車から家庭内に給電できます。
▶ プレミアムPlusの新機能の詳細




3. ニチコンV2Hのデメリット・懸念点


ニチコンEVパワーステーションの導入により、ご自宅に電力供給する懸念点は「電気自動車のバッテリーの劣化」です。
想定される劣化の詳細や解決策は以下をご参照ください。
▶ ニチコンV2Hの劣化・解決策について

お見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

お見積りフォーム





ページ内ナビゲーション

ニチコンV2H EVパワーステーションの基本情報 ニチコンV2H EVパワーステーションの特徴ニチコンV2H EVパワーステーションの対応車種 ニチコンV2H EVパワーステーションのデメリット

ニチコンV2H EVパワーステーションの基本動作

停電時も発電電力で充電できる!


ニチコンV2H EVパワーステーションのプレミアムとプレミアムPlusは、停電時に太陽光発電の発電電力を電気自動車(EV車)に充電できるので、停電時の利便性が非常に高いです。
スタンダードモデルは停電時は、太陽光発電の発電電力を電気自動車(EV車)に充電できません。

ニチコンV2H EVパワーステーション プレミアムとプレミアムPlusの基本動作を解説します。
▶ まずは、界最安価格のV2Hの見積りを依頼する!




◆ 昼間の動作(通常時)

ニチコンV2H EVパワーステーションに電気を充電

 ① 発電電力を自家消費
 ② 余剰発電電力を電気自動車(EV車)に充電
 ③ さらに余剰発電電力があれば、電力会社に売電


ニチコンのV2Hを使って、発電電力を電気自動車(EV車)に充電することで「バッテリーの充電費用を削減」できます。




◆ 夜間の動作(通常時)

ニチコンV2H EVパワーステーションで電気を供給

 ① 電気自動車(EV車)の充電電力を自宅に放電
 ② 電力が足りない場合、電力会社から電力を購入
 ※低価格の夜間電力を使って充電することもできます。


電気自動車(EV車)のバッテリー電力を家庭内に放電したり、夜間の低価格の購入電力で電気自動車(EV車)を充電することで、ご自宅の「電気料金や充電費用を大幅に削減」できます。




◆ 昼間の動作(停電時)

ニチコンV2H EVパワーステーションは停電時も電気自動車(EV車) 昼間

 ① 電気自動車(EV車)の充電電力を自宅に放電
 ② 太陽光発電のパワーコンディショナが復旧
   太陽光発電の発電電力を自家消費
 ③ 余剰発電電力で電気自動車(EV車)を充電


プレミアムとプレミアムPlusの機能ですが、電気自動車(EV車)から太陽光発電のパワーコンディショナに通電することで、擬似的に停電を復旧させ「発電電力をフル活用」できます。




◆ 夜間の動作(停電時)

ニチコンV2H EVパワーステーションは停電時も電気自動車(EV車) 夜間

 ① 電気自動車(EV車)の充電電力を家庭内に供給

停電時のニチコンEVパワーステーションの出力電力は以下です。
 ● スタンダード:3kw(通常時は6kw)
 ● プレミアム:6kw
 ● プレミアムPlus:6kw

一般的な家庭用蓄電池の出力電力は3kw程度なので、プレミアムの出力電力6kwは非常に大きく、停電時も安心です。

まずは、お見積りとカタログで仕様をご比較ください。
▶ まずは、ニチコンと三菱V2Hの業界最安見積りを依頼する!





家庭用蓄電池とV2Hの併用


家庭用蓄電池をすでに設置されている方は、蓄電池とニチコンV2H「それぞれの運転モード設定」が必要です。

設定方法・基本動作など動画で解説しております。



お見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、ニチコンV2Hのお見積りとカタログをご参照ください!

お見積りフォーム




ページ内ナビゲーション

ニチコンV2H EVパワーステーションの基本情報 ニチコンV2H EVパワーステーションの特徴ニチコンV2H EVパワーステーションの対応車種 ニチコンV2H EVパワーステーションのデメリット

停電時の操作とその他の機能

スタンダードとプレミアムの停電時の操作


ニチコンV2H スタンダードモデルとプレミアムモデルは、停電時の放電操作が非常に面倒です。
停電時は下図の「電源ケーブル」「車内のシガーソケット」から「V2H本体機器」に接続する必要があります。


V2Hスタンダードとプレミアムの停電時の操作

スタンダードとプレミアムの場合、停電時に電気自動車(EV車)からご自宅に電気を供給するために以下の手順が必要です。
 ① 自立運転用の切替スイッチを切替
 ② 付属の12v電源ケーブルを車内のシガーソケットに接続
 ③ 電源ケーブルをV2H機器に接続し電源を確保
 ④ V2H機器の「放電ボタン」で電力供給開始」


V2H機器が電気自動車(EV車)の近くに設置されている場合はケーブル配線作業は容易ですが、物理的に距離が離れている場合や、停電が夜中や大雪・大雨などの環境下で発生した場合の配線作業はかなり大変かと思います。
ご主人が不在時に停電が発生する可能性もありますので、ご家族で電源ケーブルの保管場所や停電時の操作手順などご共有ください。





プレミアムPlusの停電時の操作


ニチコンV2HプレミアムPlusは、停電時はワンタッチ操作で電気自動車(EV車)からご自宅に電力供給できます。


V2HプレミアムPlusの停電時の操作

ニチコンV2HプレミアムPlusは、UPS(無停電電源装置)が実装されており、停電後約2時間V2Hの電源を確保できます。
UPSのサイズは小型のデスクトップ程度でコンパクトです。


V2HプレミアムPlusのUPS

停電後2時間内であれば、V2H本体機器の「放電ボタン」をワンプッシュするだけで、電気自動車(EV車)のバッテリーの充電電力をご自宅に供給できるので非常に利便性が高いです。

停電から2時間以上経つとUPSの電池が切れ、従来のプレミアムモデルと同様に電源ケーブルの配線が必要となります。
▶ 今すぐ、プレミアムPlusの見積りを依頼する!





倍速充電でスピーディに充電


系統連系型EVパワーステーションで倍速充電でスピーディに充電

ニチコンV2H EVパワーステーションは、200vの普通充電設備より「2倍のスピード」で充電できます。
また、自宅内の消費電力をリアルタイムでモニターし、充電可能な電力量を自動的に制御します。





スマートフォンで遠隔操作!


系統連系型EVパワーステーションのスマートフォンで遠隔操作が可能

ニチコンV2H プレミアムとプレミアムPlusに限られますが、専用のアプリを利用することで、遠隔操作ができます。
具体的にはスマホで「充放電のスタート時間の設定」「メンテナンス状態の確認」ができます。

お見積りは、即日メールで送付いたします。
▶ 今すぐ、業界最安価格の見積りを依頼する!






ページ内ナビゲーション

ニチコンV2H EVパワーステーションの基本情報 ニチコンV2H EVパワーステーションの特徴ニチコンV2H EVパワーステーションの対応車種 ニチコンV2H EVパワーステーションのデメリット

ニチコンV2H EVパワーステーションの設置事例

ニチコン系統連系型EVパワーステーションの設置事例

ニチコンのEVパワーステーションはコンパクトなので、駐車場のちょっとしたスペースにも難なく設置できます。

まずは、ニチコンV2Hの価格と性能をご比較ください。
お見積りは、即日メールで送付いたします!

お見積りフォーム






ページ内ナビゲーション

ニチコンV2H EVパワーステーションの基本情報 ニチコンV2H EVパワーステーションの特徴ニチコンV2H EVパワーステーションの対応車種 ニチコンV2H EVパワーステーションのデメリット

EVパワーステーションの対応可能車種

ニチコンV2H EVパワーステーションの対応車種


ニチコン系統連系型EVパワーステーションの対応車種

上図が、ニチコンV2H EVパワーステーションに対応可能な電気自動車(EV車)で、「車種によって充放電の許容値が異なる」ので、ニチコンV2Hのご購入前にご確認ください。

以下のページにて仕様の違いなど解説しております。
V2H|電気自動車(EV車)の対応車種



ニチコンV2Hの対応車種の比較は動画でもご確認いただけます。




電気自動車(EV車)の残存容量設定


ニチコンV2H EVパワーステーションを導入することで、電気自動車(EV車)を節電や非常用電源として活用できますが、バッテリーを全て使い切ったら、車として活用できず本末転倒です。

ニチコンV2H EVパワーステーションは、電気自動車(EV車)に残す残存容量を設定できます。
 ●残存容量の初期設定:30%
 ●残存容量の下限:10%


残存容量は電気自動車(EV車)の車体にも設定されており、V2Hの設定より車体の設定が優先されます。
車体の残存容量の一例ですが、
 ●日産リーフ:30%
 ●ホンダHonda e:15%
 ●三菱エクリプスクロス:20%
 ●三菱アウトランダー:20%

と、バッテリーの残存容量の下限値は車種によりさまざまです。
V2H|電気自動車(EV車)の対応車種






ページ内ナビゲーション

ニチコンV2H EVパワーステーションの基本情報 ニチコンV2H EVパワーステーションの特徴ニチコンV2H EVパワーステーションの対応車種 ニチコンV2H EVパワーステーションのデメリット

EVパワーステーションのデメリット

バッテリーの劣化が最大の懸念


ニチコンV2H EVパワーステーションのみならず、V2H機器を利用する最大のデメリットは「バッテリーの劣化」です。

電気自動車(EV車)のバッテリーは、家庭用蓄電池より圧倒的に大容量で耐久性も高いので、急激に劣化することは考えにくいですが、リチウムイオン電池はサイクル数(充放電回数)に連動して機能が低下します。
電気料金や充電費用を節約しても、肝心の電気自動車(EV車)が使えなくなったら、経済メリットは皆無です。

◆ バッテリー劣化の解決策
停電時の手動配線やバッテリー劣化を回避したい方には、「ニチコンのトライブリッド蓄電システム」がおすすめです。

トライブリッド蓄電システムは「太陽光発電システム」「家庭用蓄電池」「電気自動車」の3つのエネルギーを最適に運転できるマネジメントシステムです。

災害時は蓄電池の電力を優先して放電し、電気自動車(EV車)の電力は極力使用しない設定なので、バッテリーの劣化を最小限に抑制できます。

トライブリッド蓄電システムの詳細は以下よりご確認ください。

ニチコンのトライブリッド蓄電池





ニチコンV2H EVパワーステーションの口コミ・評判


ニチコンV2H EVパワーステーションを設置されたお客様からの口コミ・評判をいくつか紹介いたします。



「太陽光発電システムの発電電力で電気自動車(EV車)を充電できるので燃料代を節約できた」


「停電時の操作は思っていたよりも簡単だった」


「夜間帯は電気自動車(EV車)の電力を家庭内で使うことで電気代を削減できた」


「リーフはバッテリーの容量が大きいので、家庭内で使っても充電量はたいして減らない」


「フル充電までの時間がかなり短い」



意外だったのはプレミアムモデルの「停電時の操作は簡単」というご意見です。
停電時の手動配線は非常に面倒かと予想しておりましが、実際は「シガーソケットとV2H本体をつなぐだけ」なので、電気自動車(EV車)とV2Hの設置場所が近ければ配線の手間は微々たるものかもしれません。




ニチコンV2H EVパワーステーションの商品型番


スタンダード:VCG-663CN3、VCG-663CN7
プレミアム:VCG-666CN7
プレミアムPlus Wi-Fi 30m:VCG-666CN7Kー1HW30
プレミアムPlus Wi-Fi 50m:VCG-666CN7Kー1HW50
プレミアムPlus LAN 30m:VCG-666CN7Kー1HL30
プレミアムPlus LAN 50m:VCG-666CN7Kー1HL50



▶ 三菱SMART V2Hが業界最安価格!

▶ ニチコン トライブリッドが業界最安価格!

▶ ニチコンV2Hと三菱V2Hを徹底比較!



ニチコンV2H 系統連系型EVパワーステーション




無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top

V2Hの見積り依頼