• 日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • パナソニックHIT P247αPlus 太陽光発電システム
  • 長州産業274w,304w 太陽光発電システム
  • ソーラーフロンティア185w 太陽光発電システム
  • カナディアンソーラー295w 太陽光発電システム
  • 三菱245w 太陽光発電システム
  • Qセルズ300w 太陽光発電システム
  • シャープ256w 太陽光発電システム
  • 東芝253w 太陽光発電システム
  • 京セラ220w 太陽光発電システム
  • Looop295w 太陽光発電システム
  • どのメーカーが最適なの?
  • 3つの補助金完全サポート 国+都道府県+市町村 詳しくはこちら
  • 設置までの流れ
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • どのメーカーが最適なの?
  • オール電化導入で更に得?
  • お客様からのよくあるご質問
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2017.08.10

平成29年度の家庭用蓄電池の補助金は?価格と各メーカーの性能を比較!

蓄電池情報


平成29年度の蓄電池の補助金は?

平成29年度の家庭用蓄電池の補助金について、多数のお問合わせをいただいておりますが、平成29年度は蓄電池に対する国からの補助金は出ません。

平成30年度は蓄電池の補助金として84億円の予算を盛り込むと発表されました。執行時期は平成30年4月以降です。
現段階での補助金詳細は以下の通りで、対象者は極めて限定的なので注意が必要です。

【 注意事項 】
今回の補助金対象は「CO2削減効果が高い方」が優先されます。
例えば「断熱材、LED照明、HEMS」などの省エネリフォームに点数がつけられ、高得点の方が優先される仕組みのようです。

84億円の低予算なので、新築購入時に太陽光発電システムと蓄電池を導入される方だけで、ほとんどの予算を消化するのではないでしょうか。
既築住宅に設置される方にとっては、リフォーム費用が膨大になり、ハードルが高い補助金制度です。

【 補助金額 】
以下2つの合計額が適用されます。
 ◆ 3万円✕蓄電池容量(上限は総額の1/3)
 ◆ 工事費に対して1台あたり5万円


例えば、7kwhの蓄電池を設置する場合、以下の金額となります。
 3万円 ✕ 7kwh + 5万円 = 26万円



自治体からの蓄電池の補助金

平成29年度は、多くの各都道府県や市区町村で多額の補助金が設定されておりますので、検討中の方は自治体にご確認いただくか、エコ発電本舗にお問合せください。

平成29年度の東京都の補助金については以下参照下さい。


東京都の家庭用蓄電池の補助金


自治体からの蓄電池の補助金は太陽光が必須?

都道府県や市区町村の補助金支給条件は、自治体毎にローカルルールが存在します。
例えば東京都の補助金支給条件は太陽光発電システムを同時期に設置する方に限られます。

【 補助金額 】
以下3パターンの中で安い方が適用されます。
 ◆ 商品金額の1/6
 ◆ 1kwhあたり40,000円
 ◆ 240,000円

要するに満額で24万円となります。
家庭用蓄電池と工事代を合わせると144万円(24万円×6)より高額でしょう。
家庭用蓄電池は概ね6kwh以上なのでこの場合も24万円以上となります。
したがって殆どの場合満額の24万円を受領できるかと思います。

【 対象者 】
以下が補助金の支給対象条件となります。
 ◆ 都内に新規設置されたもの
 ◆ 未使用であること(中古品ではない)
 ◆ 住宅の住居用に使用されていること
 ◆ 太陽光発電システムと同時期に設置すること

最後の条件が重要です。
太陽光発電システムを既に設置されている方は対象外となり、新たに太陽光発電システムと蓄電池を設置される方限定のプレミアムです。

どの地方自治体の補助金の予算は非常に限られているので、ご検討中の方はお早めにご相談ください。




ダブル発電って何??

蓄電池と太陽光発電システムの両方を設置すると「ダブル発電orシングル発電」を選ぶ必要があります。

・「ダブル発電」は通称「押し上げ効果あり」
・「シングル発電」は通称「押し上げ効果なし」
と呼ばれております。ダブル発電は蓄電池を設置する上で基本的な知識ですので、必ずご理解のうえご購入ください。
以下に解説いたします。

 ダブル発電モード 

蓄電池情報

ダブル発電(押し上げ効果あり)とは簡単に言うと「太陽光発電電力の売電と、蓄電電力の放電を同時に行うこと」です。
通常、太陽光発電システムで発電した電力はまず自家消費で使用し余った電気を売電します。

この時蓄電池の充電電力を自家消費に使用すると、太陽光の発電電力をより多く売電できるようになります。
売電量を押し上げてしまいます。だから「押し上げ効果あり」と呼ばれているのです。
設置者としてはたくさん売電したいので、発電電力を売電中に蓄電池を放電させたいところですが、そうするとたくさん収益が出てしまうので、買取価格が下げられてしまいます。
平成29年の買取価格の場合、28円が25円(抑制対象地域は30円が27円)になります。

高額な蓄電池を購入しているので、売電量を押し上げても28円のままでいいんじゃないか?と個人的には思うのですが、国の政策だから仕方がないんです。
因みに、ダブル発電モードを選択することで経済効果が高くなるケースはほとんどありません。
著しく昼間に電気を使う家庭か、太陽光発電システムの設置容量が2kw未満の小容量の環境の場合くらいなものです。
経済メリットを考えるとダブル発電はおすすめできません。

 シングル発電モード 

蓄電池情報

シングル発電(押し上げ効果なし)とは簡単に言うと「太陽光発電電力の売電中には、蓄電電力は放電しない」です。
ダブル発電と逆の内容です。太陽光発電システムの発電電力をまずは自家消費に使用し、余った余剰電力を売電します。
蓄電電力は売電していない時間帯のみ使用します。

発電と放電を同時にできないので、ダブル発電に較べて売電量は少ないですが、売電単価は通常の28円のままで、経済メリットはシングル発電の方が圧倒的に高いです。

運転モードの内容は商品によって多種多様なので、詳細は以下の商品一覧からご確認ください。


蓄電池情報


蓄電池のラインナップを紹介

商品の特徴を紹介いたします。
パナソニック創蓄連携システム、長州産業スマートPV、パナソニック5kwh、ニチコン11.1kwh、東芝エネグーン7.4kwh、フォーアールエナジー12kwhをラインナップしております。
まずは商品の仕様・性能・特徴を一覧をご覧ください。



蓄電池のメーカー比較1

各商品の詳細の仕様はこちら↓を参照下さい

蓄電池情報


パナソニック5kwh蓄電池



パナソニックの蓄電池5kwh


パナソニック5kwh蓄電池の特徴


独立型の家庭用蓄電池では京セラ7.2kwhや東芝エネグーンが主流ですが、パナソニック5kwhスタンドアロン型の方が「使い勝手」「経済面」でメリットが大きいです。

 価格が安い 
京セラも東芝エネグーンも総額200万円ほどですが、パナソニック5kwhはなんと総額90万円弱!!

 コンパクトで設置が簡単 
サイズが小さいのでパソコンのデスクトップのように机の下や、リビングの端、玄関などに簡単に設置できます。

 経済メリットが高い 
電力会社と連系しないので、ダブル発電やシングル発電のモードが存在しません。
太陽光発電システムと併用する場合、太陽光発電システムの発電電力を通常買取価格28円で売電しつつ、蓄電池の電気を自家消費に使用することが可能です。

パナソニック5kwhスタンドアロン型蓄電池は家庭用蓄電池で唯一、シングル発電のまま売電と放電を同時にできる非常にお得な蓄電池なのです。

旧型は長期出力保証がありませんでしたが、現用商品7年間の長期保証がつきます。

パナソニック5kwh蓄電池の商品詳細は以下よりご確認下さい。

パナソニック 5kwhスタンドアロン



メールや電話でのご相談は、以下よりお問合せください。

お見積りフォーム
お見積りフォーム


ニチコン11.1kwh蓄電池



ニチコンの蓄電池11.1kwh

ニチコン蓄電池11.1kwhの特徴


家庭用リチウムイオン蓄電池では売れ筋は京セラ7.2kwhの蓄電池です。関東では7割のシェアを誇るそうです。
京セラはお抱えの販売代理店の訪問販売部隊の営業力が非常に強く、シェアを拡大しているようです。

京セラの7.2kwh蓄電池の中身はニチコンの蓄電池です。
ニチコンの商品に京セラのカバーをかけて京セラのロゴを印字した商品が、最も売れ筋の京セラ7.2kwhなのです。
なので、ニチコン7.2kwhがオリジナル商品となり、その後継機がニチコン11.1kwhます。

では、大きなシェアを誇るニチコン11.1kwhのセールスポイントはなんでしょうか?

 多彩な生活スタイルに合わせてモードが選べる 
多数のモードが準備されているので設置者のニーズによって選択肢が多数あることです。
経済メリットが高いのは「タイプB(シングル発電)の経済モード」で、それ以外のモードは経済面ではメリットは小さいです。

 10年間の機器保証 
10年間の出力保証がついていますので、放電する電力量が定格の80%の50%を下回ったらメーカーが無料で修理します。「定格の80%の50%」という表現がややこしいですね…。
ニチコンの蓄電池は定格容量をフルに使用することはできず「定格の80%以上は維持」と明記されております。
要は定格11.1kwhに対して実際に使用できる稼働域は80%なのです。さらに出力保証はその50%のということになります。

 便利で安心な半年に1度の自動メンテナンス 
きめ細やかなサポートがあり、半年に1度自動でメンテナンスモードが始動し、蓄電池の残量をチェックしてくれます。メンテナンスで異常があればメーカーか販売店に問合せればよいのです。
なので半年に一度は電池の状態をチェックできます。

他社の太陽光発電システムと併用して使用しても出力保証は適用されるので、パナソニックHITにニチコン11.1kwhの蓄電池。というお客様も多くいらっしゃいます。

ニチコン11.1kwh蓄電池の商品詳細は、以下よりご確認ください。

ニチコンのリチウムイオン蓄電池



メールや電話でのご相談は、以下よりお問合せください。

お見積りフォーム
お見積りフォーム


東芝エネグーン7.4kwh

東芝エネグーン7.4の蓄電池7.2kwh

東芝エネグーン7.4kwhの特徴


性能が非常に高く、耐用年数が圧倒的に長いです。
京セラやパナソニックと比較すると、導入費用は割高ですが、長期的には費用対効果が高い高性能な商品でおすすめです。

 驚愕の持久力10,000サイクル 
東芝エネグーンは想定寿命が圧倒的に長いです。
各メーカーの想定寿命は、パナソニックが3,650サイクル、京セラが6,000サイクル、NECが4,000サイクルに対して、なんと!東芝は10,000サイクルです。
1回の充放電で1サイクルですので、想定寿命は1日に1サイクル使用するとしてパナソニックが10年間、京セラが16年間、東芝はなんと!東芝は28年です。
長期使用する商品なので非常に安心ですね。

 なんと!稼働領域100%! 
定格容量7.4kwhを丸々使用できます。
京セラは定格容量に対して実稼働は80%程度なので、丸々使用できる東芝エネグーンの技術はすごいです。
因みに東芝の実証実験によると1万サイクル使用後も約90%以上の稼働率を維持しているそうです。

 自動メンテナンスで安心&楽ちん 
京セラと同様に自動メンテナンスが始動します。東芝の場合は年に1回9月に行われます。
東芝エネグーンも京セラと同様に、他の太陽光発電システムとの併用でも出力保証されます。

東芝6.6kwh蓄電池の商品詳細は、以下よりご確認ください。

東芝の蓄電システム-エネグーン6.6kwh



メールや電話でのご相談は、以下よりお問合せください。

お見積りフォーム
お見積りフォーム


蓄電池の導入時期はいつがベスト?


パナソニック5kwh、京セラ7.2kwh、東芝エネグーン7.4kwhの特徴について特徴を簡単に説明いたしました。詳細は商品ページを参照下さい。どういう設定が最適なのか細かく解説しております。

家庭用蓄電池の商品詳細はこちら


家庭用蓄電池はいつが買い時か??


家庭用蓄電池について解説いたしました。検討中の方は補助金があるうちに購入された方が得です。補助金がなくなっても補助金がなくった分だけ商品が安くなることはありえないので、検討中であれば補助金が残っているうちが賢明です。

現状では国からの補助金はございませんが、高額の補助金額を設定している県や市区町村も非常に多いです。
地方自治体の補助金は宣伝がないので市民は知らないことが多いです。ご相談いただけましたら補助金の有無や最もお得に設置できる方法をご案内いたします。お気軽にご相談ください。


蓄電池情報


無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所任意

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい