2022年(令和4年) 、DER(VPP)の蓄電池とV2Hの補助金

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
中部:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
北陸:新潟、富山、石川、福井
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知 九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2022.01.18

2022年(令和4年) 、DER(VPP)の蓄電池とV2Hの補助金

2022年(令和4年) 、DERの蓄電池とV2Hの補助金、最新情報!


DERの蓄電池とV2Hの補助金依頼

◆ 蓄電池・V2Hの「他の補助金」との併用
DERの蓄電池・V2Hの補助金は自治体の補助金と併用できます。
「国・都道府県・市区町村」の全ての補助金を活用することで、極めて低価格で蓄電池・V2Hを導入できます。
蓄電池の補助金のまとめ情報
自治体からのV2Hの補助金の詳細

2021年(令和3年)のDER補助金の詳細ですが、動画で解説しております。
DER補助金の募集要件、DER実証事業の概要や電力市場の現状など映像の方がわかりやすいかと思いますので、ご活用ください。




ページ内ナビゲーション

DERの補助金の詳細 DERって何をやらされる? DERのメリットは? DERと併用できる補助金

2022年(令和4年) DER(VPP)の補助金

DER(VPP)の構築実証事業に参加することで、蓄電池やV2Hの設置に対して高額補助金が交付されます。

◆ DER(VPP)とは?
 DER: 分散型エネルギーリソース
 VPP: 仮想発電所


工場や家庭内に設置した「太陽光発電システム・家庭用蓄電池・電気自動車(EV車)」などの電力を「需給調整用」として、活用する仕組みのことで、従来型の大規模電源への依存を分散させることを目的としています。


DER(VPP)の仮想発電所

現在はDER(VPP)構築を実現するための実験期間で、実証事業に多くの参加者を募るために、siiが高額な補助金を交付してます。




ページ内ナビゲーション

DERの補助金の詳細 DERって何をやらされる? DERのメリットは? DERと併用できる補助金

DER(VPP)による補助金の詳細

DER(VPP)構築実証事業に参加すると、sii(環境共創イニシアチブ)から補助金が交付されます。
DER補助金の「仕組み・スケジュール・補助金額」など詳細を解説いたします。

2022年(令和4年)は、「6月頃に申請開始予定」で詳細は未定ですが、おそらく昨年と同様の募集要件となります。
以下は、昨年のDER(VPP)補助金の補助金額と募集要件です。ご参照ください。


DER(VPP)の補助金の概要


予算総額 45億2000万円
販売目標価格
(蓄電池が対象)
蓄電池商品・工事代の総額が、
1kWhあたり16.5万円
※目標価格以下での購入が補助金の条件です。
蓄電池の
補助金額
【蓄電池】以下、低い方
 ・初期実効容量1kWhあたり4万円
 ・蓄電池商品工事代の1/3以内
【HEMS】以下、低い方
 ・HEMS商品工事代の1/2以内
 ・10万円
V2Hの
補助金額
【V2H本体】以下、低い方
 ・75万円
 ・V2H商品代の1/2以内
【V2H工事】
 ・定額40万円
【HEMS】以下、低い方
 ・HEMS商品工事代の1/2以内
 ・10万円

蓄電池・V2Hの補助金額


長州産業 蓄電池 補助金額
スマートPV 6.5kWh 312,000円
スマート e-ストレージ 6.5kWh 316,000円
スマート e-ストレージ 9.8kWh 428,000円
スマートPVプラス 7.04kWh 348,000円
スマートPVプラス 14.08kWh 596,000円
スマートPVマルチ 9.8kWh 432,000円
スマートPVマルチ 16.4kWh 664,000円
伊藤忠商事 蓄電池 補助金額
スマートスターL 9.8kWh 400,000円
スマートスター3 13.16kWh 508,000円
ニチコン 蓄電池 補助金額
ニチコン 4.1kWh 232,000円
ニチコン 11.1kWh 476,000円
ニチコン 12.0kWh 508,000円
ニチコン 16.6kWh 672,000円
スマートソーラー 蓄電池 補助金額
スマートソーラー 11.5kWh 480,000円
ニチコン V2H 補助金額
スタンダードモデル 699,000円
プレミアムモデル 899,000円
プレミアムPlus 1,250,000円
トライブリッド蓄電システム 1,050,000円

DER(VPP)の補助金のスケジュール


DER(VPP)の補助金のスケジュール

申請期間 2021年6月初旬~
系統連系の期限 2021年12月24日
実証事業の時期 2022年1月頃(事業期間は1週間程度)
実績報告期限 2022年2月10日

蓄電池やV2Hのお見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご覧ください。

お見積りフォーム
お見積りフォーム



ページ内ナビゲーション

DERの補助金の詳細 DERって何をやらされる? DERのメリットは? DERと併用できる補助金

DERって、何をやるの?


DER(VPP)って何をやらされるの?

DER(VPP)構築実証事業では、何をやらされるの?


DER(VPP)構築の実証事業に参加し、sii(環境共創イニシアチブ)から補助金を受けることで、どんな制約があるのでしょうか?

◆ DER(VPP)構築実証事業期間は何をされる?
 蓄電池 
DER(VPP)構築実証事業に参加すると、ご自宅の蓄電池をアグリゲーターが遠隔で以下のように充放電操作します。
 ・電力需要が多い時間帯に、蓄電池を放電
 ・電力需要が少ない時間帯に、蓄電池を充電

実証事業の期間は、ヘムスを24時間インターネットに接続することが必須で、期間中は「蓄電池の設定変更は禁止」されております。

実質的なデメリットとしては、意図しないタイミングで蓄電池の充放電が行われ、「経済的な損失が発生」する可能性があります。
ただし、実証期間は1年間に1週間程度で、実質的な損失額は微々たるものです。損失に比べると補助金額の方が圧倒的に高額なので、実証事業に参加する経済メリットは非常に大きいです。

 V2H 
V2Hの場合は、現時点では遠隔監視されるだけで、制御は行われません。
蓄電池と違って、電気自動車(EV車)は移動が本来の目的で、V2Hと常時接続していないので、現時点では最適な操作プランが策定できないのでしょう。
まずは、電気自動車(EV車)の使用状況を把握することを目的としており、できる限り電気自動車(EV車)とV2Hを接続することが推奨されています。

◆ DER(VPP)構築実証事業の参加期間は?
DER(VPP)構築の実証事業の期間は、現時点では「2024年までの3年間程度」予定されており、全てに参加する義務があります。
とはいえ、実証事業の期間は「1年間のうち1週間程度」なので、設置者の負荷は非常に小さいです。
ちなみに、2021年度(令和3年度)の実証事業の時期は、2022年1月下旬頃と予定されております。
実証事業期間の満了前に設置した家庭用蓄電池やV2Hを処分する場合、sii(環境共創イニシアチブ)の事前承諾が必要となり、享受した補助金の返還を求められることもあります。

◆ DER(VPP)の本格稼働後は?
DER(VPP)の仕組みが本格的に市場に導入される場合、DER(VPP)に参加するにはDER(VPP)企業との契約が必須となります。
DER(VPP)構築実証事業に参加したことで、本格稼働後も強制的にDER(VPP)に参加させられることはなく、家庭用蓄電池を遠隔操作される期間はあくまで実証実験の期間だけです。




ページ内ナビゲーション

DERの補助金の詳細 DERって何をやらされる? DERのメリットは? DERと併用できる補助金

DERのメリット・よくある質問


DER(VPP)が社会にもたらすメリット


上述の通り、VPPはVirtual Power Plantの略で「仮想発電所」を意味します。
従来の大規模発電システムの依存度を下げるために、工場や家庭に設置した「太陽光発電システム・家庭用蓄電池・電気自動車(EV車)」の電力を活用する仕組みのことです。


DER(VPP)の仮想発電所


◆ 電力システムの課題
電力システムの最大の課題は、「季節や時間帯による需給の変動が大きく、コントロールが難しいこと」です。
以下は1日の電力の需給変動を示したグラフです。


電力需要の1日の変動

赤い線は、電力の需要を表しています。
昼間は太陽光発電の発電電力を電力需要に充当させていますが、過剰に発電した電力は行き場がなく、「出力抑制(売電の制限)」で対処されることもあります。

一方で、多くの方が帰宅する「17~19時頃は電力需要が上昇」
今後、電気自動車(EV車)が普及すると、夕方のバッテリー充電需要が高まり、夕方の電力需要がさらに高まります。

電力需要が著しく高い時間帯に滞りなく電力を供給するために、「インフラ強化」「化石燃料の需要」が高まり、夕方の需要に対応するためだけに莫大なコストがかかります。

◆ DER(VPP)で課題解決!
DER(VPP)により工場や一般家庭などで使っていない蓄電電力を活用し、電力需給を平準化できる効果は?
 ● 発電コストの大幅削減
 ● 化石燃料の輸入依存の抑制
 ● 再生エネルギーの活用


具体的には、朝方や夕方など電力需要が高く太陽光発電システムが稼働していない時間帯に家庭用蓄電池の放電操作を行います。
また、昼間の太陽光発電システムの余剰発電電力で家庭用蓄電池に充電します。




DER(VPP)の補助金受領のQ&A


◆ DER(VPP)の購入代金の支払い条件に制約があるか?
現金支払い、ローン支払いともに可能です。
現金の場合は振込に限定されます。

◆ 支払いが契約者以外でも問題ないか?
支払い者と契約者は同一人物に限られます。

◆ 住宅ローンとの併用について
住宅ローンやリフォームローンに組み込むと切り分けができないため利用不可となっているようです。

◆ 家庭用蓄電池の保有期間の制限は?
DER(VPP)構築実証事業期間が満了するまで処分できません。
期間内に処分した場合は、補助金を返還する必要があります。

お見積りは全て無料です。まずは、お問合せください!

お見積りフォーム
お見積りフォーム



ページ内ナビゲーション

DERの補助金の詳細 DERって何をやらされる? DERのメリットは? DERと併用できる補助金

DERと併用できる自治体の補助金

◆ 東京都の高額補助金
上限42万円の東京都の高額補助金がスタートしました。
補助金についての詳細は以下のページをご参照ください。
東京都の補助金はDERの補助金と併用できます。

家庭用蓄電池の東京都の補助金

◆ 各自治体の高額補助金情報
東京都以外の自治体からも、蓄電池やV2Hの導入に対して高額補助金が付与されます。補助金についての詳細は以下のページをご参照ください。
地自体次第でDERの補助金と併用不可なのでご注意ください。
自治体からの蓄電池の補助金の詳細
自治体からのV2Hの補助金の詳細


◆ 電気自動車(EV車)とV2Hの高額補助金
2022年度(令和4年度)早々に公募開始される「電気自動車・V2Hの補助金」の先行予約を受付開始しました!
次年度は多数の電気自動車(EV車)がリリース予定で、さらに短期間で補助金の予算満了が予想されます。
電気自動車・V2Hの購入検討の方はお早めにご相談ください。

EV補助金



ページ内ナビゲーション

DERの補助金の詳細 DERって何をやらされる? DERのメリットは? DERと併用できる補助金

DERとDER(VPP)のその後の展開は?


DER(VPP)のその後の展開

DER(VPP)は、これまでにも実証実験を重ねており、そろそろ実証フェーズに突入しそうです。

DER(VPP)の導入目的は、上述の通り需給バランスを調整する取り組みです。
電力は常に需給と供給を一致させる必要があり、一致できなければ停電や電気設備の故障の要因となります。
DER(VPP)は「再生可能エネルギー」の導入拡大を目的とした、電力の需給調整を行う取り組みで、実現すれば太陽光発電の発電電力を無駄なく利用できるようになり、再生可能エネルギーの促進に貢献する取り組みとなります。

現状は太陽光発電の発電電力が余ったら、出力抑制で発電電力は捨てられ、電力供給が不足すれば火力発電を追い焚きすることで電力を供給しています。
昨今の脱酸素の取り組みでは、再生可能エネルギーの普及が不可欠で、本来なら太陽光発電の発電電力は余すことなく活用し、電力需要が多い時間帯も再生可能エネルギーを優先して使用する仕組みを作るべきですが、現状では火力発電が主力電源で、再生可能エネルギーは補助電源的な立ち位置です。

DER(VPP)により、太陽光発電の発電電力が余ったら、各家庭などに設置されている蓄電池に充電し、電力需要が多い時間帯には、蓄電池の電力を放電させて、再生可能エネルギーを主力電源として活用します。



企業がDER(VPP)に参画するメリットは?


DER(VPP)の調整電力を提供する側は経済メリットを享受でき、当然ですが供給した電力は供給者に還元されます。電気代の割引か、売電収益としての収益かは未確定です。

他にも期待できる効果はCSR効果で、脱炭素の取り組みに参画することで企業価値が向上し、資金調達や採用活動などで有利にはたらく可能性があります。



太陽光発電と家庭用蓄電池の関連記事


太陽光発電の買取価格・売電価格について
家庭用蓄電池導入の収益シミュレーション
家庭用蓄電池とV2Hを併用する場合の最適な運転モード
家庭用蓄電池の賢い選び方
家庭用蓄電池関連のトピックス・最新情報



無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top

蓄電池の見積り依頼