太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 太陽光発電システムはどのメーカーが最適なの?
  • 太陽光発電システムと蓄電池のセットがお得
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 設置までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
  • お客様からのよくあるご質問
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

ニチコン トライブリッドの価格・保証・性能


ニチコン トライブリッド蓄電システム


ニチコン トライブリッド蓄電池の基本情報


ニチコン トライブリッド蓄電システムは太陽光と蓄電池と電気自動車を最適利用

ニチコン トライブリッド蓄電システム


ニチコン トライブリッド蓄電システムの仕様

容量 4.0kWh
定格出力(停電時) 3.0kw
寸法
幅×奥行×高さ
W572×D239×H349
重量 51kg
機器保証 納品から10年間
出力保証 容量の50%
ココがポイント 太陽光と蓄電池とEVの最適化



お見積りフォーム
お見積りフォーム

ニチコン トライブリッドをもっと知りたい


太陽光と蓄電池と電気自動車のハイブリッド


ニチコン トライブリッド蓄電システムのハイブリッドで最適化

ニチコンのトライブリッド蓄電システムは、太陽光発電システムの発電電力で室内の使用電力と、蓄電池・電気自動車の充電をまかなうことができ、自宅の光熱費と電気自動車の燃料代を大幅に削減することができます。
さらに、「エレムーブ」によって、電気自動車の蓄電電力を家庭内に供給したり、自宅の電気を電気自動車に充電できます。






3つの組合せの効果は絶大!


【太陽光発電システム + 電気自動車】

ニチコン トライブリッド蓄電システム 太陽光発電システムと電気自動車

上図のように、太陽光発電システムと電気自動車のみの導入で、昼間に電気自動車を使用する場合、太陽光発電システムの発電電力を電気自動車の充電に充当することはできません。






【太陽光発電システム + 電気自動車 + 蓄電池】

ニチコン トライブリッド蓄電システム 太陽光発電システム + 電気自動車 + 蓄電池で光熱費を最小化

ニチコンのトライブリッド蓄電システムを導入する際、太陽光発電システムと電気自動車と蓄電池をセット導入することで、太陽光発電システムの発電電力を蓄電池に蓄電し、夜間帯にエレムーブを利用し、蓄電池の電力を電気自動車の蓄電に充当します。
電気料金が上昇している昨今、発電電力を最大限活用することで、光熱費と燃料代を大幅に削減できます。






トライブリッドで、燃料代を大幅削減!


ニチコン トライブリッド蓄電システムで燃料代を大幅削減

上図のようにニチコンのトライブリッド蓄電システムを利用することで、自動車の燃料代を大幅に削減できます。
上図シミュレーションは1ヶ月間の燃料代を算出したものですが、年間の燃料費に換算すると以下の金額になります。
◆ ガソリン: 126,852円
◆ 電気自動車: 60,000円
◆ 蓄電池利用: 0円


ガソリン車を電気自動車に変えるだけでも、燃料費は大幅に削減できますが、東日本大震災以降、電気料金は上昇傾向で、太陽光発電システムの発電電力を利用するパターンが最も燃料代を削減でき、導入費用を勘案しても費用対効果は非常に高いです。




お見積りフォーム
お見積りフォーム





トライブリッドなら、生活スタイルにマッチ!


ニチコンのトライブリッド蓄電システムの設置メリットの1つは、V2Hや蓄電池を簡単に増設できることです。
光熱費のマネジメントは一概に1つの答えがあるわけではなく、ご家族の人数や生活スタイルにより、マッチする設備は異なります。

ニチコン トライブリッド蓄電システムは生活スタイルに合わせた増設が可能

ニチコンのトライブリッド蓄電システム導入の際に注意するポイントは設置費用の総額についてです。
設置費用には設置工事代が含まれており、設置工事代のほとんどが工事スタッフ人件費となるので、一度にまとめて設置工事を実施した方が全体の導入費用は低価格ですみます。
太陽光発電システムと蓄電池とV2Hを同時に設置されることをおすすめいたします。






太陽光の売電残存期間にマッチ!


ニチコンのトライブリッド蓄電システムは、太陽光発電システムなど既存の設置設備に関わらず設置できます。
太陽光発電システムの固定価格買取制度の残存売電期間を起点に考えた設置事例を解説します。


【太陽光発電を初めて設置される方】

ニチコン トライブリッド蓄電システム太陽光発電システムも同時に設置

太陽光発電システムをこれから設置される方には、同時にトライブリッド蓄電システムを設置した方が総合的な費用対効果が高いです。
重複しますが、設置費用には設置工事代が含まれており、工事の回数が増えれば費用が増幅します。
さらに、トライブリッド蓄電システムを同時設置することで、太陽光発電システム専用のパワコンを設置する必要がなく、トライブリッドパワコンのみで運転できるので、無駄な設備を設置する必要がなく、設備費用を削減できます。
更に、トライブリッドパワコン1台での直流交流変換により、変換ロスが抑制され、効率的に発電電力を利用できます。






【10年間の売電期間が終了される方】

ニチコン トライブリッド蓄電システム 10年間の売電期間が満了される方

太陽光発電システムの固定価格買取制度の売電期間が満了に近い方は、既存のパワコンの交換時期でもあります。
トライブリッド蓄電システムの導入により、既存のパワコンをトライブリッドパワコンに交換し、蓄電池とV2Hを設置します。

売電期間を満了すると、自家消費のみの経済メリットとなり、蓄電池がなければ年間1500kwh程度の使用電気の削減にとどまり、電気代の単価を30円/kwhとすると、年間45,000円の節約効果しか享受できません。

太陽光発電システムの発電電力を蓄電池に充電することで、発電電力を最大限活かすことができ、電気自動車を導入されている場合は、V2Hの設置により光熱費だけではなく燃料代も削減でき、家計全体でのコスト削減を最大化できます。






【太陽光発電歴が短い方】

ニチコン トライブリッド蓄電システム 太陽光発電システムの設置が短い方

太陽光発電システムを設置して間もない場合、既存の太陽光発電システムのパワコンの2次側にトライブリッドパワコンを設置し、蓄電池とV2Hを設置します。

売電残存期間は十分にありますが、昨今の電力市場では、電力会社から購入する電気代単価が売電価格を上回るエリアが続出しており、売電するより自家消費に充当した方が経済メリットが大きくなります。
新電力(PPS)や夜間帯が安い電力プランに変更される場合は、太陽光発電システムの発電電力を最大限売電に充当し、低価格の夜間電力を蓄電池や電気自動車の充電に充てます。
朝方や夕方のリビングタイムに放電するか、日中に放電し太陽光発電システムの売電量を押し上げるなど、生活スタイルに合わせて電気料金を自在にマネジメントできます。






長時停電でも安心して生活できる


ニチコン トライブリッド蓄電システムで長時間停電に備える

ニチコンのトライブリッド蓄電システム導入の最大のメリットは、蓄電池と電気自動車の2つの予備電源により、災害が長期化した場合でも、通常時と遜色なく電化製品を利用できることです。
東日本大震災、熊本地震など日本列島における地震災害は生活の脅威です。
ニチコンのトライブリッド蓄電システムは光熱費、燃料費を削減だけでなく、非常時の備えとしても非常に頼りになります。






ニチコン トライブリッド蓄電システムの型番


蓄電池ユニット:ESS-BS
V2Hスタンド:ESS-V1
トライブリッドパワコン:ESS-T1 / ESS-T2



ニチコン トライブリッド蓄電システム



無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所任意

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top