太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

スマートエルラインライトの価格と性能

スマートエルラインライト

◆ V2Hの「2024年のCEV補助金」の申請スタート!
2024年(令和6年)のCEV補助金の申請がスタートしました。
第1期は予算わずか30億円、申請期間は1ヶ月!お急ぎください。
低価格でV2Hを導入できる大チャンスなので、お早めにご相談ください!
CEVの補助金の詳細は以下のページをご参照ください。

EV補助金

商品 補助金額
長州産業 V2X 450,000円
オムロン V2X 450,000円
ニチコン プレミアム 449,000円
ニチコン プレミアムPlus 450,000円
ニチコン トライブリッド 450,000円
長州産業 スマートPVエボ 450,000円
パナソニック eneplat 450,000円

スマートエルラインライトの基本情報

V2Hの1/3の低価格!
ハイブリッド車からも給電

スマートエルラインライトの基本情報

スマートエルラインライトの仕様

定格出力 1500W(100Vのみ)
寸法
幅×奥行×高さ
W430×D110×H320
重量 5kg
ココがポイント
  • 特定負荷型
  • 停電時は自動で給電
  • 5回路まで電力供給可能

◆ 2024年(令和6年)のV2HのCEV補助金
2024(令和6年)年のCEV補助金の申請スタート!
2024年(令和6年)のCEV補助金の詳細はこちら

◆ 自治体からのV2Hの補助金
自治体からも高額の補助金が公募されております。
自治体からのV2Hの補助金の詳細はこちら

スマートエルラインライトの特徴

1. 停電時は車両や太陽光の電力を住宅に給電!

スマートエルラインライトは、停電時は車両からの給電だけではなく、太陽光発電システムの発電電力を最大1500Wまで家電製品を使用できます。
停電時はコンセントを接続するだけで、自動的に車両の電力を自宅に給電できます。ただし使用電力の総電力量が1500Wを超えると安全ブレーカーがトリップするので停電時に使用する機器は1500W未満になるように選定してください。
▶ スマートエルラインライトの基本動作はこちら

2. スマートエルラインライトのメリット・デメリット

スマートエルラインライトの最大の導入メリットは災害時の非常用電として車両や発電機の電力を住宅に給電できることです。
デメリットは1500Wで100Vの家電しか使用できないことです。停電時に200Vも含めて家全体に電力供給したい場合はV2H家庭用蓄電池の設置の方が圧倒的に利便性が高いのでおすすめです。
▶ スマートエルラインライトのメリット・デメリットはこちら

3. 多種多様な車両から自宅に給電できる!

スマートエルラインライトは、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)だけではなく、ハイブリッド車(HEV)からも給電できます。
V2Hの場合、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)・燃料電池自動車(FCV)の一部が対象車種で、種類が非常に少ないのでテスラやBMWなどお好みの車両で使用できないケースが多いです。
▶ スマートエルラインライトの対応車種はこちら

お見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

ページ内ナビゲーション

  • スマートエルラインライトの基本情報
  • スマートエルラインライトの基本動作
  • スマートエルラインライトのメリット・デメリット
  • スマートエルラインライトの対応車種

スマートエルラインライトの基本動作

スマートエルラインライトは、停電時に車両や太陽光発電から住宅に電力を供給できます。

スマートエルラインライトの基本動作

スマートエルラインライトでは、「電力会社からの購入電力」「車両や発電機の電力」「太陽光発電の発電電力」を住宅に給電できます。
停電時は以下の優先順位で電気が供給されます。
● 電気自動車など車両からの給電
● 太陽光発電の自立運転

停電時はAC100Vのコンセントで、最大1500Wの電力を供給できます。
V2Hとは異なり、停電時は100Vの家電製品しか使用できず、エコキュートや200Vエアコンなどは使用できません。また、停電時の使用電力量が1500Wを超えた場合は、安全ブレーカーがトリップし電力供給がストップします。
安全ブレーカーがトリップした際は、接続する家電の総電力量を1500W未満に調整して安全ブレーカーを立ち上げてください。

V2Hの場合は、通常時停電時に関わらず住宅から車両に電力供給できますが、スマートエルラインライトは車両から住宅への供給のみしか稼働できず電気代や車両バッテリーの充電コスト節約はできません。

お見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

ページ内ナビゲーション

  • スマートエルラインライトの基本情報
  • スマートエルラインライトの基本動作
  • スマートエルラインライトのメリット・デメリット
  • スマートエルラインライトの対応車種

スマートエルラインライトのメリット・デメリット

スマートエルラインライトの導入メリット

スマートエルラインライトの導入メリットは、停電時の非常用電源として、車両や発電機の電源、太陽光発電の発電電力を住宅に給電できることです。
スマートエルラインライトの対応車種は後述しますが、ハイブリッド車(HEV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)・電気自動車(EV)と非常に幅広いので、車種にこだわりがあり、非常時にも備えたい方にはおすすめの商品です。

スマートエルラインライトのデメリット

スマートエルラインライトのデメリットは、停電時の供給電力が100V1500Wと非常に限定的であることと、住宅から車両に電力供給をできないことです。

 停電時の出力が100V1500W 
V2Hや一般的な家庭用蓄電池は停電時の出力電力は6000Wで200Vの家電も使用できるので、停電時も通常時とほぼ同様の生活ができます。
スマートエルラインライトは、100Vの負荷しか使用できないので、200Vのエアコンやエコキュートの湯沸かしはできず、真夏や真冬に停電した場合は非常に不便です。

 自宅から車両に給電できない 
V2Hトライブリッド蓄電システムは、住宅から車両バッテリーに給電できるので充電コストを削減できます。また、停電時は太陽光発電システムの発電電力で車両バッテリーを充電できるので、停電が長引いても移動手段を確保できます。
一般的に災害が起こると移動手段の確保ためガソリン需要が急増し、ガソリンスタンドが大渋滞となりガソリン補給に3~5時間待つこともあります。また、停電が長引くとスマートフォンを充電するためにガソリンスタンドや公民館に長蛇の列ができ、3~5時間の充電待ちとなり非常に不便な生活を強いられます。
停電時の利便性を優先する場合はやはりV2Hかトライブリッド蓄電システムがおすすめですね。

お見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

ページ内ナビゲーション

  • スマートエルラインライトの基本情報
  • スマートエルラインライトの基本動作
  • スマートエルラインライトのメリット・デメリット
  • スマートエルラインライトの対応車種

スマートエルラインライトの対応車種

スマートエルラインライトの対応車種はハイブリッド車(HEV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)・電気自動車(EV)で且つ、AC100V 1500Wのコンセントが搭載されていることです。
V2Hの方が自宅の電気を車両に充電できるなど利便性が高いですが、対応車種は電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV) ・燃料電池自動車(FCV)の一部で、非常に車種が少ないので、テスラやBMWなど車のこだわりが強い方には利用いただけません。
以下、スマートエルラインライトの対応車種です。

車種 グレード 詳細
カローラスポーツ ハイブリッド全車 オプション
52,800 円
ヤリス ハイブリッド全車 オプション
44,000円
アルファード ハイブリッド全車 標準
ヴェルファイア ハイブリッド全車 標準
ヴォクシー ハイブリッド全車 標準
ノア ハイブリッド全車 標準
シエンタ ハイブリッド全車 オプション
44,000円
カローラツーリング ハイブリッド全車 オプション
44,000円
RAV4 ハイブリッド全車 オプション
44,000円
RAV4 PHEV 標準
ハリアー ハイブリッド全車 オプション
44,000円
ハリアー PHEV 標準
カムリ WS、G オプション
44,000円
MIRAI Zなど 標準
車種 グレード 詳細
RX RX500h、RX450h+、NX450h 標準
UX300e versionL、versionC 標準
LS LS500h、EXECUTIVE
LS500h versionL
package、F SPORT
標準
ES versionL 標準
車種 グレード 詳細
アウトランダーPHEV P、Ḡ、M
BLACK EDITION
標準
エクリプスクロスPHEV P、Ḡ、M
G Limited Edition
BLACK EDITION
標準
車種 グレード 詳細
エクストレイル Ḡ、G e-40RCE 標準
ノートe-POWER
キックスe-POWER
セレナe-POWER
日産リーフ
日産サクラ
日産アリア
  オプション販売品
車種 グレード 詳細
Honda e advance 標準
車種 グレード 詳細
CX-60 PHEV S Package
Exclusive Spors
Exclusive Modern
Premium Sports
Premium Modern
標準
MX-30 EV Highest Set
EV BAsic Set
EV
標準
車種 グレード 詳細
ソルテラ ET-SS、ET-HS 標準
車種 グレード 詳細
アルティス G(2ND/E-Four) 標準
ロッキー Premium G HEV、X HEV オプション
44,000円

ページ内ナビゲーション

  • スマートエルラインライトの基本情報
  • スマートエルラインライトの基本動作
  • スマートエルラインライトのメリット・デメリット
  • スマートエルラインライトの対応車種

スマートエルラインライトのよくある質問

ニチコンV2HオムロンV2Xは、停電時に車両のバッテリー電力を自宅に給電するだけではなく、停電時に太陽光発電の発電電力を車両に充電できます。
また、通常時(停電していない時)も自宅から車両のバッテリーに充電できます。
スマートエルラインライトは、車両コンセント(100V、1500W)から住宅への給電のみとなり、車両への充電はできないので暖気料金や充電コストの削減にはなりません。
スマートエルラインライトは、出力が1500Wのみで、停電時に住宅の一部の負荷しか救済できませんが、V2Hは全負荷型で200Vの負荷にも対応しており、200Vのエアコンやエコキュートなど全ての電化製品を救済できます。
▶ V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトは、停電時に住宅に給電することしかできません。
V2Hであれば、停電時・通常時ともに住宅に給電できます。
? V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトは、設置時に特定した5回路(最大1500W)のみ給電できます。
V2Hであれば、停電時でも200Vも含めた全ての負荷に給電できます。
? V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトは、100Vの機器のみしか使用できません。
200Vのエアコンやエコキュートなど使用できないのでご注意ください。
? V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトの対応車種は、ハイブリッド車(HEV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)・電気自動車(EV)で且つ、AC100V 1500WのACコンセントを備えた車種です。ガソリン車は出力が不足しているので対象外です。
V2Hの対象車種は、プラグインハイブリッド車(PHEV)・電気自動車(EV) ・燃料電池自動車(FCV)でハイブリッド車は対象外なので、対応車種の数はスマートエルラインライトの方が多いですね。
? V2Hの対応車種はこちら

スマートエルラインライトの停電時の稼働時間は車種によって異なります。
トヨタ プリウスの場合は、400Wの負荷を使用で4~5日間は連続で使用できます。
電気自動車(EV)の場合は、バッテリー電力の充電容量が続く限り継続利用できます。 400W使用で約4.5日使用可能です。※車種によって、多少異なります。電気自動車(EV)の場合は、車載電池の充電容量が続く限りです。
? V2Hの対応車種はこちら

スマートエルラインライトは車両から住宅への給電のみしかできません。
V2Hの場合は、電気自動車(EV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)に充電できます。停電時は太陽光発電の発電電力で充電できます。
? V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトは、車載コンセントから給電します。シガーソケットからは給電できません。
V2Hの場合は、充電口からV2Hを介して住宅に給電します。
? V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトからは操作音は発生しません。
ハイブリッド車(HEV)・プラグインハイブリッド車(PHEV)を活用される場合は、車両のアイドリング音が発生します。

スマートエルラインライトは車両から住宅への給電のみしか対応しておらず、太陽光発電の発電電力を車両に充電できません。
V2Hの場合は停電時も太陽光発電の発電電力から車両に充電でき、長期間の停電でも移動手段を確保できます。
? V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトの稼働中に負荷が1500Wを超えた場合は、安全ブレーカーが作動し給電が停止します。
安全ブレーカーがトリップした場合は、負荷の稼働を1500W未満に調整のうえ、安全ブレーカーを元の位置に戻してください。
V2Hの場合は6000Wの出力なので、概ね通常と同様に家電製品を使用できます。停電時の利便性を考えると全負荷型の機器がおすすめです。
? V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトは、停電の際に以下の優先順位で電力供給します。
① 車両からの電力供給
② 太陽光発電システムの自立電源からの電力供給

スマートエルラインライトでは、太陽光発電の停電時の稼働は自立運転モードで制御され1500Wまでしか発電しません。
V2Hの場合はパワーコンディショナを擬似的に復旧させるので、パワーコンディショナの出力に応じて大容量の電力を供給できます。
? V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトは雨天時でも稼働できます。
ただし、コンセントプラグが濡れた状態だと感電する恐れがあるため、濡れた手で触らないようにご注意ください。
スマートエルラインライト機器は防水設計されておりますが、雨水が直接かからないようにご配慮ください。
V2Hの場合もプレミアムモデルなど停電時に手動配線が必要なモデルもございます。同様にプラグが雨水に濡れないようにご注意ください。
? V2Hの詳細・メリットデメリットはこちら

スマートエルラインライトを使用する場合は、人命に直接かかわる人口呼吸器、酸素濃縮装置などの医療機器を接続しないで下さい。
V2Hや家庭用蓄電池も同様に呼吸機器など人命に関わる機器の接続は不可です。

スマートエルラインライトは遠隔見守りサービスはございません。

スマートエルラインライトには非常用のコンセントカバーが付属しています。
非常用回路は、1500Wを超えると停電していない状態でもブレーカーが落ちます。
消費電力が大きい機器を誤って接続しないように、注意喚起のためコンセントカバーを付属しています。

スマートエルラインライトの稼働において、太陽光発電の発電電力と車両からの給電を同時に使用できる状況であれば、車両からの給電が優先されます。
太陽光発電の発電電力を優先して使用する場合は、車両の接続を外してください。
スマートエルラインライトの稼働の優先順位は以下となります。
優先①: 電力会社からの購入電力
優先②: 車両からの給電
優先③: 太陽光発電の発電電力

スマートエルラインライトの稼働において太陽光発電の発電量が落ちて1500Wの出力を確保できない場合、一部の家電が使用できなかったり、照明がチラつくことがあります。太陽光発電の発電量が下がったら、車両からの給電も実施してください。

スマートエルラインライトは、接続してほぼ同時に電力供給します。車両のエンジンをかけたら、30秒程度で電力供給できます。

スマートエルラインライトでは太陽光発電のメーカー指定はありません。

スマートエルラインライトは10kW以上の太陽光発電システムでも対応できます。ただし使用できる電力量は1500Wまでとなります。

スマートエルラインライトでは、太陽光発電を直接接続できるパワーコンディショナは1台に限定されております。

スマートエルラインライトは、太陽光発電が設置されてなくても稼働します。太陽光発電が設置されていない場合は車両からの給電のみで使用できます。

スマートエルラインライトはHEMSと連動しないので、HEMSのメーカーは自由です。

スマートエルラインライトでは、エコキュートは接続できないのでエコキュートのメーカーは自由です。

スマートエルラインライトは押し上げ効果はございません。

スマートエルラインライトはメンテナンスフリーなので、特に保守作業は必要ございません。

スマートエルラインライトの製品保証はお引渡し日から1年間です。

保証期間満了後に修理が必要な場合は、有償となります。

スマートエルラインライトは系統と連携しないので電力会社への申請は不要です。

JP-ACなどへの事業計画認定申請は不要です。

スマートエルラインライトの商品型番

ブランド:日東エルマテリアル
型番:SLLR

スマートエルラインライト