カナディアンソーラー、PLATINUMハイブリッド蓄電システムが最安価格!│家庭用蓄電池の【エコ発電本舗】

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 太陽光発電システムはどのメーカーが最適なの?
  • 家庭用蓄電池の設置メリット
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • エコ発電本舗の太陽光発電システムのお客様の声
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

PLATINUMハイブリッド蓄電システムの価格・性能


カナディアンソーラー、PLATINUMハイブリッド蓄電システム


PLATINUMハイブリッド蓄電システムの基本情報


12,000サイクルの
長寿命で低価格


カナディアンソーラーPLATINUMハイブリッド蓄電システムの基本情報

PLATINUMハイブリッド蓄電システムの仕様

容量 7.04kWh
14.08kwh(2台セット)
定格出力 5.5kw(停電時も同様)
寿命 12,000サイクル
寸法
幅×奥行×高さ
W580×D370×H1070
重量 130kg以下
機器保証 納品から15年間
ココがポイント ・低価格で高寿命
・全負荷型
・200v対応(エコキュート可)



お見積りフォーム
お見積りフォーム

PLATINUMハイブリッド蓄電池をもっと知りたい


フレキシブルに容量を選べる


カナディアンソーラーPLATINUMハイブリッド蓄電システムは、蓄電容量を7.04kwhと14.08kwhの2タイプから自由に選べます。

最適な蓄電池の容量は、電気の使用状況や太陽光発電システムの設置容量に応じて、各家庭で異なります。
カナディアンソーラーPLATINUMハイブリッド蓄電システムは、蓄電池1台の容量が7.04kwhで、2台に増設することで14.08kwhの大容量を実現しております。

蓄電池を増設できるメリットは、生活スタイルの変動に対応できることです。
例えば、お子様が生まれたり、ご両親と同居するなど、ご家族が増えると使用電力も増加します。
カナディアンソーラーPLATINUMハイブリッド蓄電システムは、ご家庭内の使用電力が増えてから、蓄電池の容量を増設できるので、生活スタイルにフレキシブルに適応できます。

「では、太陽光発電システムの容量に対して、7.04kwhと14.08kwhの蓄電池のうち最適な蓄電池はどのように選べば良いのでしょうか?」

細かい条件は、個々のご家庭で異なるので、詳細はエコ発電本舗にお問合せください。

以下は、4人家族のケースで試算します。
昼間の使用電力量を4kwhと仮定します。



ソーラーパネル容量:3kwhの場合

 年間発電量:3,300kwh
 1日の発電量:9kwh(3,300kwh ÷ 365日)
 余剰発電量:5kwh(9kwh – 4kwh)

太陽光発電システムの余剰発電電力で家庭用蓄電池に充電する場合、蓄電容量は6kwh程度が最適となり、カナディアンソーラーPLATINUMハイブリッド蓄電システムであれば、7.04kwhのタイプで十分です。



ソーラーパネル容量:5kwhの場合

 年間発電量:5,500kwh
 1日の発電量:15kwh(5,500kwh ÷ 365日)
 余剰発電量:11kwh(15kwh – 4kwh)

太陽光発電システムの余剰発電電力で家庭用蓄電池に充電する場合、蓄電容量は12kwh程度が最適となり、カナディアンソーラーPLATINUMハイブリッド蓄電システムであれば、14.08kwhのタイプがマッチします。

上記の蓄電容量の試算は、太陽光発電システムの設置容量を中心に算出しましたが「夜間帯の電気料金」「朝方や夕方の電気使用量」も勘案すると、よりマッチ精度の高い蓄電容量がわかります。

例えば、夜間帯の電気料金が大幅に安い価格の電気料金プランをご利用の場合は、太陽光発電システムの余剰発電電力だけではなく、夜間帯の安い価格の購入電力も蓄電池の容充電に充当した方がお得なケースもあります。
ただし、夜間帯にも蓄電池に充電する場合は、朝方夕方のみに蓄電電力を放電することになるので、導入する蓄電池の容量は朝方夕方の使用電力量が上限値となります。
朝方夕方の使用電力量が12kwhであれば、容量が12~14kwh程度の蓄電池が最適で、それ以上に大容量の蓄電池を導入しても活用できずオーバースペックとなります。



増設の注意点

蓄電池をのちのち増設する場合は別途設置工事代もかかりますので、将来的に増設する可能性が高そうな場合は、初期導入時点で14.08kwhのPLATINUMハイブリッド蓄電システムを導入されることをおすすめいたします。

経済メリットで考えると、電気代金の節約だけでなく、導入費用を抑えることも極めて重要です。






カナディアンソーラー、PLATINUMハイブリッド蓄電システムの型番


【蓄電池】
・LIB-CST-L70GF

【パワーコンディショナ】
・5.5kw:PWC-CST-H55GSF
・9.9kw:PWC-CST-H99GSF



カナディアンソーラー、PLATINUMハイブリッド蓄電システム




無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top