太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 太陽光発電システムはどのメーカーが最適なの?
  • 太陽光発電システムと蓄電池のセットがお得
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 設置までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
  • お客様からのよくあるご質問
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

バインド電池の価格・保証・性能


バインド電池4kwh、12kwh


バインド電池4kwh、12kwhの基本情報


バインド電池4kwh、12kwhはシングル発電で売電と放電

バインド電池4kwh、12kwhは大容量で低価格

バインド電池4kwh、12kwhの仕様

容量 4.0kWh
定格出力(停電時) 1.5kw
寸法
幅×奥行×高さ
W650×D300×H900
重量 110kg
発電モード シングル発電
機器保証 納品から10年間
ココがポイント シングル発電の売電単価で「売電」と「放電」を同時にできる

容量 12.0kWh
定格出力(停電時) 3.0kw
寸法
幅×奥行×高さ
W1300×D350×H1100
重量 350kg
発電モード シングル発電
機器保証 納品から10年間
ココがポイント シングル発電の売電単価で「売電」と「放電」を同時にできる



お見積りフォーム
お見積りフォーム

バインド電池4kwh、12kwhをもっと知りたい


シングル発電のまま「売電」「放電」可能!


バインド電池4kwh、12kwhはシングル発電のまま「売電」「放電」可能!

バインド電池は、シングル発電の単価のまま、太陽光発電システムで発電した電力を売電しながら、バインド電池に蓄電した電力を放電できます。

通常は、発電と放電を同時に実施すると「ダブル発電の単価(-1円)」に売電単価が変更されるので、シングル発電の単価のまま、売電と放電が同時にできる仕様は非常に費用対効果が高いです。
同様の仕様は「長州産業のへやまる」と「パナソニックのスタンドアロン」の2つの商品で備えておりメリットが大きいです。






リチウムイオン電池より安全


バインド電池4kwh、12kwhはリチウムイオン電池より安全

バインド電池は、従来のリチウムイオン電池よりも安全性が高いです。
リチウムイオン電池の長所はエネルギー密度が高く、寿命が長いことですが、上図の安全限界電圧を超えて充電すると発熱や発火の危険性があります。

バインド電池は鉛電池とリチウムイオン電池のハイブリッド構造となっており、万一リチウムイオン電池が過充電状態になり余分なエネルギーが発生したら、鉛電池が吸収する仕様になっておりリチウムイオン電池のトラブルを回避します。

また、リチウムイオン電池は鉛電池の4~5倍の費用がかかり設置費用も高価格になります。
鉛電池とリチウムイオン電池をハイブリッドで製造することで材料費を削減し、設置費用が低価格になります。






バインド電池は低温環境に強い


バインド電池4kwh、12kwhはバインド電池は低温環境に強い

バインド電池は、上図のように低温環境に非常に強く北陸や北海道でも問題なく使用できます。
従来のリチウムイオン電池は-10℃を下回ると動作が停止します。
昨今は蓄電池の大容量化で屋外設置の蓄電池が増えており、環境対応は非常に重要です。
バインド電池は-30℃まで稼働可能とされているので、極寒地域にはおすすめの蓄電池です。






バインド電池の型番


4kwh:BB0040CT2
12kwh:BB00120IS1



バインド電池4kwh、12kwh



無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所任意

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top