太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!

太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

三菱 eKクロスの価格・補助金・航続距離

三菱 eKクロスの特徴

◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金
2022年(令和4年)の電気自動車(EV車)の補助金の申請を絶賛受付中です。
エコ発電本舗では補助金に詳しいディーラー様の紹介や、V2Hの補助金申請の代行など承ります。お気軽にご相談ください。

EV補助金

 三菱 eKクロスの補助金額は? 

グレード 補助金額
三菱 eKクロスM、G、T 55万円

三菱 eKクロスの基本情報

価格 T Premium:183万円
T:169万円
G Premium:175万円
G:161万円
M:146万円
蓄電容量 20kWh
航続距離 180km
電費 9km/kWh
充電時間(AC200V) 8時間
充電時間(急速充電) 40分
全長/ 全幅/ 全高mm 3,395 / 1,475 / 1,650

三菱 eKクロスとV2Hで節電と災害対策を実現

三菱 eKクロスはV2Hや太陽光発電と併用できます。バッテリーの容量は日産 サクラと同様の20kWhでご自宅で活用する電力としては十分な蓄電容量で、太陽光発電・V2Hと併用することで「経済メリット」「非常用電源」として活用できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

V2Hの価格・メリット・デメリット

三菱 eKクロス・V2H・太陽光発電のメリット

◆ 節電と燃料コスト削減の経済メリット
【 ご自宅の電気料金削減 】
三菱 eKクロスに充電した電力をご自宅に給電することができます。電気代が高額な朝方や夕方などにご自宅に給電することで、電気料金を大幅に削減することができます。

【 三菱 eKクロスの充電コストを削減 】
昼間に三菱 eKクロスが駐車している場合は、太陽光発電の発電電力を充電できます。
太陽光発電の発電電力は長期的には非常に低価格なので、三菱 eKクロスの充電費用を削減することができます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

◆ 停電時の災害対策
【 停電時の非常用電源 】
三菱 eKクロスとV2Hを連携することで、停電時に非常用電源として活用できます。
停電時は三菱 eKクロスとV2Hを接続し、給電ボタンをプッシュすることでご自宅に電気を供給できます。
V2Hは全負荷型なので、200Vを含むご自宅の全ての負荷を救済できます。

【 停電時の三菱 eKクロスの充電 】
停電時は三菱 eKクロスからご自宅への給電だけではなく、太陽光発電の発電電力を三菱 eKクロスに充電できます。
停電が長引いても、移動手段を確保できるので災害時も非常に安心です。

V2Hの見積りは即日メール送付いたします。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

V2Hの基本動作や性能など動画でも解説しております。

◆ ソーラーカーポートのセットも人気!
V2Hとソーラーカーポートのセットも人気です。
ソーラーカーポートは、大容量の太陽光パネルを設置できるので、高い投資対効果を実現できます。

ソーラーカーポートで収益アップ

V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

三菱 eKクロスの特徴

三菱 eKクロスの特徴

◆ 三菱 eKクロスEVの概要
メーカーは三菱自動車。エンジンを搭載しない完全電気自動車(バッテリーEV)です。 車名は「eKXEV(イーケークロスイーブイ)」。
三菱自動車を代表する軽自動車のeKシリーズの1車種で、車体サイズは軽自動車規格です。 eKの由来は、e(良い)k(軽)から来ています。 その中でも「クロス」が付くこの車両は、SUV的なイメージで製作されています。
従来の三菱 eKクロスをベースにバッテリーEV化したので、末尾にEVが付きます。
車体の設計、製造は「三菱自動車」と「日産自動車」の合弁会社である、「NMKV」が行っています。軽自動車を主体とする企業で2011年以降の両社の軽自動車の多くがこの会社で作られています。
eKクロス自体が、日産の「デイズ」と骨格部分を共有しており、シルエットはほぼ同じですが、見た目は大きく異なります。
今回の三菱 eKクロスEVも同様に、両車それぞれ特徴を持ったデザインです。

◆ 三菱 eKクロスEVの基本スペック
車体サイズは、全長3395㎜、全幅1475mm、全高1655mmで、ハイトールタイプではなく軽ワゴンタイプで、快適性と実用性を兼ね備えたクラスになります。
モーター出力は、最高出力47kw64馬力、最大トルク195N・mとなり、最大トルクが排気量2000ccクラスの車両と同程度です。
充電満タンでの航続可能距離は、WLTCモードで180km。
1km走行する際の電気使用量=電費は、124Wh/kmで一般的なバッテリーEVと同程度です。
グレードは2グレード設定で、充実した装備の「P」タイプと、装備を簡略化し価格を抑えた「G」タイプになります。
Pタイプは、車両価格294万円で、大半の装備は標準装備となっています。
三菱 eKクロスEVの魅力を存分に楽しみたい方向けのグレードです。
Gタイプは、車両価格240万円で、Pタイプに比べて、装備が簡略化されています。
簡略化と言っても標準的な機能は装備されているので、廉価グレード的な位置付けではありません。

インパクト大の三菱 eKクロスEVの外観紹介

トヨタ・レクサスUX300eはどんな車か

◆ 三菱 eKクロスEVのデザイン
基本デザインは、ベースのeKクロスとほぼ同じです。
最近の三菱のSUV車に用いられているデザインで、非常に個性的で、一目でそれと分かるデザインになっています。
カラー展開は、ルーフ部で塗分けの2トーンカラーが5色。
スタンダードなベーシックカラーが5色の、計10色です。
前面デザインは、後から包み込んでいるかのような印象です。
グリル部分を中心に、アルファベットの「X」を連想させるデザインです。
ガソリン車のeKクロスと異なり、グリル部分が網やスリット上になっておらず、連続したパネルで形成されている点が、EVモデルの特徴でしょう。
ガソリン車に比べて、冷却する部品少ないため可能なデザインです。
三菱 eKクロスEVに限らず、EV車では用いられることが多いデザインですね。
ライト周りのメッキパーツが、上下に開いた形状のコの字になっています。
フロント部分全体が、外側へ踏ん張るようなデザインになっていて、力強い印象を与えています。
これは、三菱 eKクロスEVがただの軽自動車としてではなく、電動コンパクトSUVとして、アウトランダーPHEVや、エクリプスクロスPHEVの下位モデル的な位置付けにある為です。
軽自動車でありながら、SUVの力強さを楽しめるデザインです。

◆ 三菱 eKクロスEVのライト
フロントバンパー中段のライトが、ヘッドライトになっています。
4段構成の特徴的なデザインです。この中にハイビーム、ロービーム、ウインカーが配置されています。
ヘッドライトの光源はLEDが使用されていて、省エネと視界確保を両立しています。
ポジションランプはボンネット下のライトです。
初見では、こちらがヘッドライトに見えますが、実際はポジションランプになります。
LED光源を採用しており、これも省エネに貢献しています。
フロントバンパー下部は、ガーニッシュのオプション設定があります。
これを装着すると、SUV車に良く装備される、バンパーバー的な印象を与えます。
これらの特徴が、eKクロスEVを力強く、無骨なSUVのイメージを持たせています。
三菱のSUVの流れを汲んだフロントデザインです。
サイドウィンドー周辺のボディーパーツは、ブラックアウトされています。
存在感を小さくする効果があるので、スッキリした印象になります。
また、ここで色が分かれるので、2トーンカラーでも違和感なく塗分けが可能です。
テールライトは、ガソリン車とは違い、ファイバー状の発行面になっていて、EVらしさを演出しています。
前面の印象とは異なりかなりすっきりしたデザインですが、ナンバー取り付け部分の底辺が、長い台形状になっていたり、テールゲートのプレスラインが「X」形状をしており、踏ん張ったような力強さを演出しています。
ホイールは、シルバーのスポークが5本と、ブラックアウトされたスポークが5本で、計10本となっています。
シルバーがスポークの外側を1筆書きするようにデザインされており、メカメカしいデザインになっています。
幾何学模様にも見えますし、花びらの様にも見える不思議なデザインです。
車体デザイン同様に、力強い印象のホイールです。
車体下部と、フェンダー周りは艶消しブラックの樹脂パーツが取り付けられていて、SUV的な印象を与えるのに一役買っています。

機能性抜群の三菱 eKクロスEVのインテリアの紹介

三菱 eKクロスEVの動力性能紹介

◆ 三菱 eKクロスEVのインテリア
インテリアのデザインは、センターに大型モニターが配置できる、近代の車に多く用いられる構成になっています。
カラーは白と黒を基調とした1色構成展開です。
軽自動車であることを忘れてしまうような、充実した装備のインテリアになっています。
ダッシュパネルは、全体が黒い樹脂製の定番の構成ですが、中段部分がホワイトのレザー調パネルになっていて、上品な印象です。
ステッチ部分がオレンジ系の色になっていて、優しい雰囲気を与えています。
天井部分もホワイト基調になっていて、車内全体が明るく広い印象を受けます。
ドアパネルも同様にホワイトのパーツを使用していて、全体の統一感と上品さを与えています。
シートはブラック基調のファブリック生地が標準ですが、Rタイプのみ合成皮革+ファブリックタイプがオプション選択できます。
カラーは白1色展開で、人が座る辺りは、ひし形のデザインが施されていて、高級感があります。
ベンチシート構造なので、前席もウォークスルー可能となっており、助手席側への移動も楽に行えます。

リアシートは広々とした前後スペースが確保されており、大人でも足を組めるほど広々としています。
足元はフルフラットで、荷物も安定しておく事が出来ます。
背もたれは、無段階の角度調整が可能で、後席でも充分リラックスして快適にドライブできます。
前後スライドも可能で、居住スペースを確保したいときは後方へ下げ、ラゲッジスペースを確保したいときは、前方へ出すことで、シチュエーションに応じて最適なポジションが作れます。
前後スライドのレバーは、シートと後席背もたれに取り付けられており、背もたれ部分のレバーはラゲッジルームからの操作が可能になり、簡単にラゲッジルームの容積確保が可能です。
人を乗せたり、荷物を載せたり、日常の様々な用途に直ぐに対応可能です。
シート背もたれを前方に倒せば、ゴルフバック2個が積載できる容積を確保できます。
快適装備として特徴的なのが、シートヒーターと、ステアリングヒーターです。
EVの特性上、寒い環境に弱く、熱を得ることが苦手です。
ガソリンエンジン車であれば、エンジンの熱が車内を温めますが、EV車の場合は強力な熱源を持たないので、暖房効率が悪いです。
その為、居住空間全体を温めるより、乗員を直接温めた方が効果が高いので、シートヒーターやステアリングヒーターが装備されています。
センターコンソール部分は、黒を基調としており、タッチ操作式のエアコン操作パネルや、ナビゲーションディスプレーとの一体感を生み出しています。
ナビゲーションシステムは、9インチサイズが選択可能で、スマートフォンとの連携、AppleCarPlayにも対応しています。
ナビ機能には、充電スポット検索機能も付いていて、出先での充電場所検索も簡単にできます。
メーターは液晶メーターが採用されていて、通常の速度表示に加えて、ナビ表示、電費情報、走行支援システムの作動状況の確認など、様々な情報を分かりやすく表示可能です。

三菱 eKクロスEVのメカニズム紹介

三菱 eKクロスEVの動力性能紹介

◆ 三菱 eKクロスEVのメカニズム
三菱 eKクロスEVの航続可能距離はフル充電で180kmと、ガソリンエンジン式軽自動車はもちろん、現在発売中のバッテリーEV車と比べてもかなり短めです。
これは、軽自動車規格でのスペース的な制限によるもので、バッテリー搭載量の限界と言えるでしょう。
航続距離の短さが気になりそうですが、自宅の充電器や、充電スタンドで充電可能なので、運転終了後や買い物中などの空き時間に充電しておけば、日常使いには大きな問題はないです。
三菱自動車の調査によると、コンパクトカーと軽自動車の内の8割が、1日の走行距離は50km未満だそうです。
大半の方の使用環境には答えられる設計なので、実用面では問題ないでしょう。
充電時間は、普通充電で約8時間。急速充電使用時は40分間で80%まで充電可能です。
ロングドライブや、メインカーとしての使用は難しいかもしれませんが、軽自動車が主として使われる環境においては、何ら問題なく使用可能です。
三菱 eKクロスEVは、重量物であるバッテリーや制御ユニットを床下に配置し、低重心化を図っています。
これにより、操縦安定性を高めています。
1080kgと、最重量級の車体重量ですが、不安定さはなくしっかりと路面をとらえて走行していきます。
モーター出力は、排気量2000ccクラス者と同等で、軽自動車とは思えない加速です。
電気モーターの特徴として、回り始めの瞬間から最大トルクを発生し、回転中はずっとトルクが掛かり続けるので出力の脈動感がなくスムーズに力強く加速していきます。
このモーター出力が、車体の重量増をカバーしています。

安心安全の三菱 eKクロスEVの先進安全装備紹介

三菱 eKクロスEVの動力性能紹介

◆ 三菱 eKクロスEVのアシスト機能
最新のEV車なので、三菱e-Assist(イーアシスト)が全グレード標準装備となっています。
全グレードがサポカーSワイド対象車となっており、交通事故の防止、被害軽減対策が取られている車と認定されています。
衝突被害軽減ブレーキシステム。
前方の車両や歩行者や自転車をフロントカメラとミリ波レーダーで検知し、警告ブザーとインフォメーションディスプレー表示により警告を行います。
ブレーキ操作も行い衝突時の被害軽減アシストします。
アクセルとブレーキの踏み間違いを防止する、踏み間違い防止アシスト。

前後方向の障害物を検知した状態で、アクセルを強く踏み込むと、警告を行います。 同時に、モーター出力やブレーキを調整することで、誤った急発進を抑制します。
車線の逸脱を防止する、車線逸脱防止支援。
フロントカメラが車線を認識し、車線内走行をアシストします。
車線を逸脱真相になると警告を行い、ブレーキを短時間操作を行い、車線内をキープできるようにアシストします。
前方衝突予想警報。
2台前の車の状況をミリ波レーダーで監視し、急な減速など前方の状況変化を検知しドライバーへ警告し、ブレーキの踏み遅れによる事故回避をアシストします。

三菱e-Assist以外の安全装備も搭載されています。
デジタルインナーミラーは、車体後方のカメラにてとらえた映像をルームミラーに映し出します。
積載物で後方視界が制限されているときや、雨天時や夜間など、後方の視界が十分に得られない状況の時に、後方の視認性を高めて、安全運転をアシストします。
上空から見下ろしているような視界を得られる、マルチアラウンドビューモニターや、運転操作アシスト技術のマイパイロットシステムも装備することが可能です。
ブレーキペダルから足を離しても、停車状態を保持できる、オートブレーキホールド機能や、アクセルペダルのみで加減速コントロール可能な、ワンペダル走行機能、も装備されています。

三菱 eKクロスEVは三菱自動車の力強さをアピールするデザインと、環境性能の高さを持つ車です。
実用性を持つインテリアは、日常の移動手段から、アクティブな使い方まで、様々な要求にこたえる事が出来ます。
安全運転支援システムも充実しているので、全ての方が安全に安心して充実したEVでのカーライフを楽しめます。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

V2Hの価格・メリット・デメリット

▼ V2H(EV用)の価格一覧

  • ニチコン 系統連系型EVパワーステーション
  • ニチコン トライブリッド蓄電システム
  • ニチコン パワームーバー可搬型給電器
  • ELSEEV(エルシーヴ)の価格・お見積り

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
任意
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ