太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

三菱 Mini CAB MiEVの価格・補助金・航続距離

三菱 Mini CAB MiEVの特徴

◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金
2022年(令和4年)の電気自動車(EV車)の補助金の申請を絶賛受付中です。
エコ発電本舗では補助金に詳しいディーラー様の紹介や、V2Hの補助金申請の代行など承ります。お気軽にご相談ください。

EV補助金

 三菱 Mini CAB MiEVの補助金額は? 

車種 補助金額
三菱 Mini CAB MiEV 44.9万円

三菱 Mini CAB MiEVの基本情報

価格 2シーター:243.1万円
4シーター:245.3万円
容量 16kWh
航続距離 133km
電費 8.3km/kWh
充電時間(急速充電) 35分
全長/ 全幅/ 全高mm 3,395 / 1,475 / 1,915

三菱 Mini CAB MiEVとV2Hで節電と災害対策を実現

三菱 Mini CAB MiEVはV2Hや太陽光発電と併用できます。
バッテリー容量が「16kWh」と電気自動車(EV車)のバッテリー容量としては小さいですが、家庭用蓄電池と比較すると大容量で、「経済メリット」「非常用電源」として、非常に有用な電気自動車(EV車)です。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

V2Hの価格・メリット・デメリット

三菱 Mini CAB MiEV・V2H・太陽光発電のメリット

◆ 節電と燃料コスト削減の経済メリット
【 自宅の電気料金削減 】
三菱 Mini CAB MiEVとV2H、太陽光発電を併用して使用することで、自宅の電気利用量を削減でき節約できます。
昼間に太陽光の発電電力で充電した三菱 Mini CAB MiEVを朝方や夕方にV2Hと介して自宅に給電することで購入電力量を削減できます。

【 三菱 Mini CAB MiEVの充電コストを削減 】
昼間は太陽光発電で発電した発電電力を三菱 Mini CAB MiEVに充電することで、三菱 Mini CAB MiEVの充電費用を削減できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

◆ 停電時の災害対策
【 停電時の非常用電源 】
三菱 Mini CAB MiEVは容量が「16kWh」と電気自動車(EV車)の中では小ぶりですが、家庭用蓄電池の蓄電容量は概ね10kWh程度なので、自宅の非常用電源としては申し分ない容量です。 停電時には、三菱 Mini CAB MiEVから自宅に給電することで、停電時も通常時と同様に家電製品を使用できます。

【 停電時の三菱 Mini CAB MiEVの充電 】
三菱 Mini CAB MiEVと太陽光発電とV2Hを併用することで、停電時も太陽光の発電電力を活用して、三菱 Mini CAB MiEVを充電できます。
災害時は非常用電源よりも、避難するための移動手段を確保する方が需要です。

V2Hの見積りは即日メール送付いたします。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

V2Hの基本動作や性能など動画でも解説しております。

◆ ソーラーカーポートのセットも人気!
V2Hとソーラーカーポートのセットも人気です。
ソーラーカーポートは、大容量の太陽光パネルを設置できるので、高い投資対効果を実現できます。

ソーラーカーポートで収益アップ

V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

三菱 Mini CAB MiEVの特徴

三菱 Mini CAB MiEVの特徴

◆ 三菱 Mini CAB MiEVのスペック

  2シーター
4シーター
車両総重量(kg) 1,100
最小回転半径(m) 3.4
充電走行距離(km) 133
全長×全幅×全高(mm) 3,395 / 1,475 / 1,915
ホイールベース(mm) 2,390
市街地モード(Wh/km) 150
郊外モード(Wh/km) 80
高速道路モード(Wh/km) 150
動力用主電池 リチウムイオン電池
総電圧(V) 330
総電力(kWh) 16

ミニキャブMiEV概要紹介

メーカーは、日本の三菱自動車。車名は「miniCABMiEV(ミニキャブ・ミーブ)」、です。 今回の記事では、カタカナでの表記で進めます。
車体は、三菱自動車の商用軽自動車「ミニキャブ」、がベースになっています。
車名の後ろにつく、「MiEV(ミーブ)」、は三菱自動車のEVを表す表記です。
三菱自動車を表す、「M」、革新を表す「i(innovative)」と、電気自動車の、「EV」、をつなげて、「MiEV」、となります。
ミニキャブの、EV仕様車なので、ミニキャブミーブとなります。
以前同社から発売されていた、「iMiEV」、も同じような名前の付け方です。
今後、三菱自動車から発売されるEVも、同じような名前の付け方になっていくものと思われます。
2021年3月に一旦販売を終了しましたが、2022年11月から再び販売が再開されます。
車体サイズは、全長3305mm、全幅1475mm、全高1915mm、で軽自動車規格です。
最大積載量は350kgで、一般的な軽貨物自動車と同じです。
冒頭にも述べましたが、ミニキャブミーブは軽貨物自動車です。
宅配便や、出前、営業車など、主に商用用途で使用されています。
三菱自動車は、世界初の量産型完全電気自動車、「MiEV」、を発売し、さらに世界初のSUVタイプのPHEV、アウトランダーPHEVを発売してきており、先駆者としてバッテリーEVへの積極的な取り組みを続けています。
そんな三菱自動車は今後高まるであろうEV需要に答えるため、商用EVを発売しました。

V2Hの価格・メリット・デメリット

商用だから可能なEV運用ミニキャブミーブの特徴

商用だから可能なEV運用ミニキャブミーブの特徴

ミニキャブミーブのコンセプトは、「運ぶが全て電気で新しくなる」、です。
昨今求められている、環境負荷軽減対策として、エコな働き方が求められています。
特に物流での、環境負荷軽減対策は避けては通れない課題です。
化石燃料を燃焼させ、排気ガスを排出している現状を、少しでも改善するために、まずは軽貨物自動車のEV化に取り組んだようです。
世界ではカーボンニュートラル化が求められ、サステナブルな社会を実現するために、脱炭素社会を目指し、車の電動化が急速に求められています。
特に物流業界や、自治体等からの要求が大きいようです。
また、物流に関しては現在化石燃料1つに依存している状態です。
これは非常に危険な状態であり、何かの理由で化石燃料の需給バランスが崩れた際、物流業界全てが大きな影響を受けてしまいます。
複数のエネルギー源をバランスよく使用し、偏りすぎないようにしておくことが重要です。
全てをいきなり変える事は出来ないので、対応可能な部分から対策していく必要があります。
ミニキャブミーブの主要なターゲットは、法人、個人問わず、商用利用者です。
電気自動車は意外にも、近距離営業や、小口配送、近距離配達などの用途に適しています。
こういった業種の場合、拠点から管轄地域に移動すれば、その後は一回の走行距離は極端に短く、停車、荷物の積み下ろし等の時間が長いです。
1つ降ろしたら、数百メートル走ってまた停車、を繰り返すような走行も珍しくはありません。
この度にエンジンの入り切りを行ないます。これは、車にも、環境にも良くない状態です。
エンジンをかける際に、バッテリーの電力が使用されます。1回の走行時間が短い場合、充分に充電されることなく次のエンジン始動がやってきます。これの繰り返しでバッテリー寿命が短くなります。
エンジン内部も充分に温まらない状態が続くので、内部環境も悪く故障の原因になる事もあります。
必然的に修理費用がかさんだり、車両も寿命が短くなったりします。
結果的に、バッテリー交換や、修理費などメンテナンスのコストがかさむ原因になります。
エンジンは、連続してしっかり回した方が良い状態が保てます。
バッテリーEVの場合は、燃焼するものが無いので、運転、停止を繰り返しても問題ありません。
環境から見ても、燃費や排ガスが良い状態ではないので、結果的に環境負荷が高くなります。
バッテリーが早期に交換されることで廃棄物が増えたり、故障等で早期に車両が廃棄されたりと、環境負荷を高めてしまう可能性が高いです。
こういった点でも、運転、停止の繰り返しに強いバッテリーEVは近距離配送に適しています。

ミニキャブミーブEVならではのメリット

ミニキャブミーブEVならではのメリット

ミニキャブミーブがバッテリーEVであるが故のメリットを紹介していきます。
まず環境性能としては、走行中に排気ガスを出さないので、高い環境性能を持っています。
経済性に関しては、国や自治体から免税措置などがあるので、税制面でガソリン車より有利です。
ガソリン代は当然0円で、給油に出向く手間が省けるので、時間的効率が上がります。
充電にかかる電気代は、1万km走行した際に3万5千円~4万円程度です。
充電方式やプランによって変わるので、全ての方に当てはまるわけではありませんが、ガソリン車で1万km走ると、1リットルで15km走行、燃料単価が165円で仮定したとき、およそ11万円掛かります。
ガソリン車の3分の1程度の費用で走行可能です。
メンテナンス代も節減できます。エンジンが無いのでエンジンに関するメンテナンスが不要なので、オイル交換や、バッテリー交換が不要になります。ブレーキ部品もガソリン車より長持ちするようです。
走行性能は、モーター特有の力強い走りで、荷物を積載してもしっかり走ります。
エンジン音が無いので、静寂性も高く、疲労感の軽減にもつながります。
走行ノイズが静かなので、早朝や深夜帯でも静かな走行が可能です。
排気ガスを出さないので、食品や衛生面に配慮する必要のある場所でも安心して使えます。
食品や衛生用品を積載する際でも、安心して運搬できます。
積載性については、ガソリン車のミニキャブと同等なので、従来の軽貨物自動車と同様に扱えます。

ミニキャブミーブのメカニズム紹介

ミニキャブミーブのメカニズム紹介

モーターは、永久磁石式同期モーター搭載で、定格出力25kw、最高出力30kw、41馬力、最大トルクは196N・mとなっています。
出力は一般的な軽自動車と同等ですが、トルクが排気量2000cc車並みとなっており、荷物を積載してもしっかり走ります。
電気モーターの特性上、回り始めの瞬間から力強いトルクが発生し、それが連続的に続くので、スムーズな加速感が得られます。
バッテリー容量は、16.0kw/hとなっており、航続可能距離はWLTCモードで133km。
航続距離が短いように感じますが、商用車の77%は1日の走行距離が65km程度だそうで、充分な航続距離は確保しています。
ガソリンスタンドに出向く必要はないので、1日の走行距離が確保できれば運用面では問題ないでしょう。
急速充電にも対応しているので、休憩中に充電して走行を再開することが可能です。
充電時間は100v15Aの普通充電で約7時間。60A以上の急速充電器で35分で80%まで充電できます。
充電中でも空調設備が使用可能なので、快適に休憩を取りながら充電することが可能です。
1充電での航続可能距離は短い気がしますが、運用面ではさほど気にならないでしょう。
新車から8年、16万kmのバッテリー保証が付いており、安心して使用する事が出来ます。
さらに、三菱自動車ではバッテリーの点検を実施しています。
点検パッケージ次第ですが、バッテリーのSOH測定が車検時に無料で受けられます。
実使用電費は、8~9km/kwhで、航続距離は満充電で夏場で100km~120km、冬場で90~100kmで、10年10万km走行したユーザーさんの話で、劣化感は特に感じられないようです。
充電に関して、注意すべき点は電力消費量の大きさです。
家電製品で例えれば、ヘアドライヤーと同等の消費電力になります。
契約電力プランなどの見直しを行わないと、運用コストが高くなってしまう恐れがあります。
夜間電力を積極的に使って充電したいですね。
充電場所の電力容量に余裕がない場合は、元の引き込み回線から見直す必要もあります。
特に、配達用途で複数台運用する場合は、その辺りの工事についても視野に入れて導入を検討しなければなりません。
ミニキャブミーブは外部への電力給電にも対応しています。
家電製品をミニキャブミーブのバッテリーから給電を受けて使用する事が出来ます。
V2Hにも対応しており、建物へ直接給電することも可能です。
停電時にも、ミニキャブミーブから給電を行うことで、一時的に電力を確保する事が出来ます。
この辺りの機能は、災害対策として自治体等が導入するケースも多いようです。

意外な使い方ミニキャブミーブレジャー仕様

意外な使い方ミニキャブミーブレジャー仕様

ミニキャブミーブには、キャンピングカー的な使い方もあるようで、ちょっと意外な活躍シーンを紹介します。
近年4ナンバーサイズのキャンピングカーがブームになっています。
三菱自動車が公式にカスタムモデル、「ミニキャブミーブBレジャースタイル」を公開しました。
テレワークからレジャー使用まで、幅広いシーンでの活躍を想定したカスタムモデルです。
平日は移動式オフィスとして、休日はレジャー使用としてキャンピングカー的に使用できます。
エクステリアデザインは、森林をイメージしたモスグリーンカラーをベースで、ルーフ部分はアイボリーの2トーンカラーです。
電源プラグとテント、作業デスクをイメージしたデカールがあしらわれています。
カーサイドタープも装備されており、屋外でも快適に過ごす事が出来そうです。
インテリアは、作業用テーブルと座椅子、ラグマットが装備されており、デスク作業が可能になっています。
家庭用電源コンセント対応の「ミーブパワーボックス」が装備されていて、パソコンや電気ケトル等の家電製品が使用できます。
使用可能容量も家庭用コンセントと同等なので、大電力を使用する製品も使用可能です。
レクリエーション装備としては、キャンプテーブルやキャンプ用チェア、も搭載されています。
テレワークからレジャーまで充実した装備ですね。
  キャンピングカーがEV、というのは異質な感じがしますが、かなり理に適った使用です。
一般的にキャンプ場では、車両のアイドリングは禁止されています。
電気機器を使用するには、ポータブル電源などが必要です。
一般的な容量のポータブル電源では、ほとんどの家電は使用する事が出来ず、照明器具や、パソコンやスマートフォンの充電程度の使用しかできません。
大容量の物もありますが、重量が重く大型で、充電が切れてしまうと十数時間かけないと満充電できません。
EVであればエンジンを始動することもなく、電気機器を使用することが可能なので、快適なレジャーを楽しむ事が出来ます。
バッテリー切れの場合でも、急速充電器を用いれば短時間でまた給電を再開できます。
商用ベースという点でも、キャンピングカーには適しています。
キャンピングカーは、ベースの車両に対してかなり大がかりなカスタマイズを行います。
商用車は元々、荷物運搬をメインで設計されているため、車内がシンプルに仕上げられています。
その為、新たな装備を取り付けやすく、費用も抑えられます。
一般的なキャンピングカーも、ベースは商用車を用いることが多いです。

安定の積載性ミニキャブミーブ車内装備

安定の積載性ミニキャブミーブ車内装備

荷室サイズは、荷室長1830mm、荷室高1230mm、荷室幅1370mmで、助手席を倒して1名乗車に限定すると、荷室長は最大2685mmまで広がります。
スライドドアの開口部広さは、高さ1425mm、幅735mm。
テールゲートの開口部広さは、高さ1145mm、幅1585mm、地上高675mmです。
EVは車内が狭くなりがちですが、ベースのミニキャブとほとんど同じサイズなので、従来通りの積載が可能です。
最大積載能力は、350kgで標準車と同じです。
積載物の量は、ビールケースは36ケース。パンケースは72ケース。
段ボール箱大(600mm×450mm×600mm)は14個積載可能です。
車内にはフックやレールを取り付けるための、ユーティリティーナットが10箇所設けられており、荷物の量や用途に応じて適切に荷室をカスタマイズ可能です。
快適装備も充実しており、前席にはシートヒーター搭載。
ヘッドライトオートカットモードが装備されており、車両のシステム終了後も約3分間はヘッドライトを点灯させたままにしておく機能です。
運行終了後の降車確認や、充電操作、施設の施錠等を行う際に照明として使用できます。
この辺りは、実作業を想定したありがたい装備だと感じます。
コンビネーションメーターは、パワーメータがメインで、バッテリーの使用状況の表示を行います。
エコ、パワー、の目安表示が付いているので、これを目安に効率のいい運転操作が行えます。
回生充電中はチャージゾーンを表示します。

ミニキャブミーブは、日本車唯一の商用EVです。
海外市場では商用EVが、活況になってきているようです。
ミニキャブミーブは、10年以上販売しているモデルがベースになっている点と、日本純正車としての安心感を武器に海外勢と戦っていく車両です。
商用車は今日も明日も絶対に走ってもらわないと困るので、信頼と安心感が重要です。
これからも、日本製EVバン市場をけん引していく存在であってもらいたいです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

V2Hの価格・メリット・デメリット

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
任意
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ