太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!

太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

日産 サクラの価格・補助金・航続距離

日産 サクラの特徴

◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金
2022年(令和4年)の電気自動車(EV車)の補助金の申請を絶賛受付中です。
エコ発電本舗では補助金に詳しいディーラー様の紹介や、V2Hの補助金申請の代行など承ります。お気軽にご相談ください。

EV補助金

 日産 サクラの補助金額は? 

グレード 補助金額
日産 サクラS、X、G 55万円

日産 サクラの基本情報

価格 S:233万円
X:240万円
G:294万円
蓄電容量 20kWh
航続距離 180km
電費 9km/kWh
充電時間(AC200V) 8時間
充電時間(急速充電) 30分
全長/ 全幅/ 全高mm 3,395 / 1,475 / 1,655

日産 サクラとV2Hで節電と災害対策を実現

日産 サクラはV2Hや太陽光発電と併用できます。バッテリーの蓄電容量は20kWhと電気自動車(EV車)の中で小さめですが、家庭用蓄電池と比較すると非常に大容量で「経済メリット」「非常用電源」として、非常に有用な電気自動車(EV車)です。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

V2Hの価格・メリット・デメリット

日産 サクラ・V2H・太陽光発電のメリット

◆ 節電と燃料コスト削減の経済メリット
【 ご自宅の電気料金削減 】
日産 サクラとV2H、太陽光発電を連携することで、ご自宅の使用電力量を削減できます。
昼間に太陽光発電など割安な電力で充電した日産 サクラのバッテリー電力を朝方や夕方など電気料金単価が高額な時間帯にご自宅に給電することで、購入電力量を削減し電気料金を削減できます。

【 日産 サクラの充電コストを削減 】
昼間は太陽光発電の発電電力で日産 サクラを充電できます。
また、夜間帯など電気料金単価が安い時間帯の電力で日産 サクラを充電することで充電費を削減できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

◆ 停電時の災害対策
【 停電時の非常用電源 】
日産 サクラはバッテリー容量が20kWhと家庭用蓄電池と比較すると大容量で、災害時の非常用電源として活用できます。
停電時には、日産 サクラからV2Hを介してご自宅に電力供給することで、ご自宅の全ての負荷(200Vも含む)を救済でき、停電時も通常時と遜色ない生活をおくることができます。

【 停電時の日産 サクラの充電 】
停電時にご自宅で電力が使えることも便利ですが、災害時は何よりも移動手段が重要です。
日産 サクラとV2H、太陽光発電システムを併用することで、停電時も太陽光発電の発電電力を日産 サクラに充電することができます。

V2Hの見積りは即日メール送付いたします。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

V2Hの基本動作や性能など動画でも解説しております。

◆ ソーラーカーポートのセットも人気!
V2Hとソーラーカーポートのセットも人気です。
ソーラーカーポートは、大容量の太陽光パネルを設置できるので、高い投資対効果を実現できます。

ソーラーカーポートで収益アップ

V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

日産 サクラの特徴

日産 サクラの特徴

◆ 日産 サクラの開発
メーカーは日産自動車。開発や製造は「NMKV」という日産自動車と三菱自動車の合弁会社が行っています。
三菱自動車からは「ekクロスEV」の名前で、同等の車両が販売されています。
両車は、車体骨格やパワーユニットは同じですが、コンセプトが異なります。
そのため外観や、内装デザインが大きく異なり、基本骨格を共有しているとは思えないほど特徴が異なります。
車体は軽自動車規格となり、車体全長は3395mm、全幅1475mm、全高1655mmで、全高以外は軽自動車規格目一杯の車体サイズです。
最大の特徴は、バッテリーEVである点です。
内燃機関などを搭載せず、外部の電力によりバッテリーにエネルギーを蓄える完全電気自動車となります。
2022年現在、新車販売されている軽自動車規格のEVは、「日産 サクラ」と「ekクロスEV」のみです。
「今までにない、電気自動車の価値を提供する」をコンセプトに開発がすすめられ、低重心からの安定性、電気自動車特有の静寂性と、先進的な洗練されたデザインを持つ日産 サクラは、車と過ごす日々に新たな価値を提供できる車です。
特徴的な車名の「日産 サクラ」は日本を象徴する花「桜」から来ており、日本の電気自動車時代をいろどり、その中心となって欲しい、との願いが込められてます。
イントネーションは、植物のサ(→)ク(→)ラ(→)と一本調子ではなく、人名などに使われる時の様に、サ(↑)ク(↓)ラ(→)と抑揚を付けて呼ばれているようです。
グレードは2タイプ展開で、装備が充実していて、ボディーカラー設定も豊富な「Gタイプ」。
手軽に日産 サクラの魅力を堪能できる「Xタイプ」の設定です。
こだわりの装備だけを選んで装備したい方はXタイプがおススメですが、Gタイプのみの設定もあるので購入前によくご確認の上選択してください。
車両価格は、Gタイプが294万円。Xタイプが234万円、です。
軽自動車としてはかなり高額ですが、国や地方自治体の補助金もあるので、実際の購入金額はもっと抑えられます。

EVをしっかり主張した日産 サクラの外観紹介

日産 サクラは、名前の通り「和」を意識した車両です。
日本の古来の文化である、「水引き」をデザインに取り入れています。
それらを踏まえ、デザインの解説をしていきます。
基本骨格は、従来からの「日産デイズ」がベースとなっています。
シルエットはほぼ同じですが、コンセプトが異なるので、デザイン面は相違点が多いです。
カラーリングは、大きく分けて3パターンから構成されています。
シーズンカラーと呼ばれるラインナップは、日本の四季を連想させるカラーとなり、全4色設定です。このラインナップを選択すると、桜色をイメージしたカッパーカラーのストライプが、Aピラーからルーフにかけて入ります。
他車ではあまり見かけない特徴的な配色なので、インパクトは大きいでしょう。
定番となりつつあるルーフでの塗分けの2トーンカラー。
オーソドックスなベーシックカラーの設定があり、合わせて15色から選択可能です。
お好みに合ったカラーで、新時代のEVを楽しんでください。
フロント部分のデザインは、近年の日産車に用いられているデザインを踏襲しており、グリルは上辺が長い台形型で、左右の片がライト下のアクセントにつながっています。
バンパー下部は底辺側が長い台形になっていて、グリルを上下反転させた状態になっています。
グリル自体はブラックアウトされ、フラット形状でエアインテーク機能をほぼ持ちません。
シグネチャーライトがグリルの縁に沿うようなデザインで、複数の細いファイバー形状の発光面を持っています。

◆ 日産 サクラのライトのデザイン
メインのヘッドライトは、左右に細長い形状で、3連のLEDプロジェクターランプを採用。
ポジションランプはヘッドライト下部から外側にかけて、細いファイバー形状となっていて、とても軽自動車とは思えない細かい作り込みです。
ヘッドライト全体がグリルと一体化しているようなデザインになっています。
この手法は近年よく取り入れられていて、ヘッドライトを他の造形物と一体化させて溶け込ませる様なデザインです。
リア部分にも、日産の電動車に用いられているデザインを採用しており、テールゲートを左右に横断するテールランプで、ファイバー形状の発光面など、日産の電動車であることをしっかりアピールしています。
フロントのシグネチャーライトと、テールライトのデザインは、水引を連想させるようなデザインです。
ホイールデザインも独特で、スポークではなく面で構成され、そこにラインが走るようなデザインになっています。
このラインは水引をイメージしていて、センター付近は水引の結び目の様になっています。
金属製部品なので、機械的な印象になりがちなホイールですが、内部の機械部品が見えにくいデザインなので、洗練され未来的な印象に仕上がっています。
水引のデザインは、充電ポートやフロントバンパー下段にも採用されていて、特徴的ながらも過度な主張はないバランスの良いアクセントだと感じます。

日産 サクラこだわりのインテリア紹介

トヨタ・レクサスUX300eはどんな車か

◆ 日産 サクラのインテリアのコンセプトは?
日産 サクラのインテリアにも、「和」のテイストが用いられています。
コンセプトカラーのカッパー色をアクセントに使用し、外装と同様に「水引き」、もデザインされています。
パネルの一部には、桜の花びらのデザインをワンポイントで配置しています。
インテリアカラーは全3色展開で、全てのタイプに桜色のアクセントカラーが用いられています。
ダッシュボードの一部は、ファブリック素材が用いられていて、質感を向上させています。
軽自動車のインテリアとしては、かなりこだわった作りになっています。
この辺りも、「今までにない電気自動車の価値」、に繋がってきていると感じます。
天井周りはベージュ系で、落ち着きと優しさが感じられます。
開放的な印象にもなり、車内を広く感じさせる効果もあります。
インテリアの下部のパーツは、ブラック基調で仕上げられていて、汚れが目立ちにくくなる配慮です。

◆ 日産 サクラのインテリアカラーの特徴
各インテリアカラーの特徴を解説していきます。
プレミアムカラーは、上位モデルのGタイプのみで選択可能なオプション設定です。
このインテリアを選択する場合は、他グレードでは選択できないので注意してください。
基本の色はネイビーとなっていて、カッパー色のイメージカラーがダッシュパネルと、パワーウインドースイッチカバー、合皮のステッチに用いられています。
ダッシュボードとドアパネル上部はファブリック素材が用いられています。
ドアパネルは合皮も使用されていで、軽自動車の内装としてはかなり贅沢な仕上がりになっています。
シートはベージュ基調となって、合皮とトリコットのコンビ仕上げとなっています。
高級感と快適性を両立させる仕様です。
ブラックカラーは、Gタイプ、Xタイプでの標準仕様となります。
ブラックメインの仕上げで、落ち着いた雰囲気の仕上がりになっています。
シート生地は、トリコット地でカラーはブラック基調となっています。
クールな落ち着いた雰囲気がお好みの方におススメです。
ベージュカラーはXタイプのみで選択可能になります。
ベージュがメインとなっていて、明るくカジュアルな雰囲気を演出します。
シートはトリコット地で、ベージュ基調となっています。
オプション設定などではないので、好みに合わせて気軽に選択できます。
日産 サクラのインテリアで珍しい仕様となっているのが、シートベルトです。
カラーがネイビー仕上げとなっていて、全体的に見てもかなり珍しい仕様です。
シートベルトと言えばほとんどの車がブラック系の色を採用しています。
インテリアの仕様によっては、ベージュやブラウン系の色も採用されていますが、ブラック系が多いです。
これには理由があって、装着した時に服の色と合わなかったり、外から見た時に「タスキ」を掛けているように見えてしまうことを嫌って、ブラックが多く採用されます。
ネイビーはどの色とも比較的合わせやすく、あまり目立つこともないですが、ワンポイントとしてしっかり主張します。
シートベルトは保安部品なので、無機質な装備ですが、少し色を変えることで楽しい気分にさせてくれます。
かなり細かいこだわりですが、普通の軽EVでないことを感じさせる部分です。

◆ 日産 サクラのインテリアの機能性
日産 サクラのインテリアは、機能性にも優れています。
床部分はフラットフロアとなっていて、低床設計です。
通常EV車の場合は、バッテリーや制御機器を配置するので床が高くなりがちですが、設計や部品配置の工夫で低床フロアを実現しています。
ベンチシート構造なので、車内での移動も楽に行え、広々とした空間を楽しめます。
後席はシートスライド機構を備えていて、ラゲッジスペース優先で使いたいときも、乗員スペース優先で使いたいときも、簡単にポジション変更が可能です。
シートスライドは、ラゲッジルームからも操作可能で、室内に回り込む必要はありません。
後部座席を倒せば、ゴルフバッグが2個積載可能な容積を確保することが可能です。
荷物に関して、日常用途で困るシチュエーションはほとんど無いでしょう。
快適なドライブをサポートするために、運転席周りも充実した装備となっています。
メーターは液晶ディスプレー仕様で、高級感や未来的印象、EV車らしさを主張しています。
機能的にも充実しており、航続可能距離や電費などの車両情報や、ナビのルート案内を選択して表示することが可能です。
ギアシフトは電制シフト、と呼ばれる方式で、従来の様にレバーを大きく上下左右に操作する方式ではありません。
上下、左右には操作しますがとても小さい動きで、スイッチ的に操作する感覚です。
軽いタッチで操作可能なので、快適なドライビングをサポートします。
メーターにポジション表示されるので、選択間違いも起こりにくいです。
快適装備としては、シートヒーターとステアリングヒーターが装備されています。
節電しつつ、快適性を向上させるための装備です。
乗員を直接温めるので、エアコンより効率的に暖を取る事が出来ます。
真冬の朝でも、比較的早く温まるのでかなり快適です。
スマホ等の置くだけ充電を装備することも可能です。
Qi規格に対応しており、対応機種であればケーブルを用いなくても充電可能です。
通常のUSB充電ポートもGタイプは標準で装備しており、タイプA、タイプCポートをサポートしています。
従来の軽自動車では考えられないような、充実した装備です。
日常の移動時間を、特別な時間に変えてくれそうな気がしますね。

日産サクラの充実した先進安全装備紹介

日産 サクラの動力性能紹介

日産サクラには、日産自動車の最先端の安全運転支援システムが搭載されています。
一部機能になりますが、紹介します。
日産プロパイロットはGタイプに標準装備されています。
高速道路での車間距離キープと車線中央キープをアシストします。
前走車両を検知し、アクセルとブレーキ操作をアシストし、車間距離キープをアシストします。
フロントカメラにて白線を認識し、白線内を走行するようにステアリング操作をアシストし、車線内キープ走行をアシストします。
プロパイロット追加機能として、プロパイロット緊急停止支援システムが装備可能です。
この機能は、プロパイロット走行中にドライバーに緊急事態が発生し、一定時間ステアリング操作がない、警告音などにも反応なしの状態をシステムが認識した場合、ハザードを点灯させ、徐々に減速、停止操作をサポートします。
日産コネクトに加入であれば、緊急通報センターに音声接続が行われ、場合によっては警察や救急車両の出動を要請できます。
万一の際の被害を、最小限に止められる可能性が大きく向上するシステムです。

◆ 日産 サクラのアシスト機能
他にも、駐車操作を車両がアシストしてくれるプロパイロットパーキングや、アクセルの踏み間違い衝突防止をアシストする、踏み間違え衝突防止アシスト機能、車両の周辺状況を上空から見下ろすように確認できる、
アラウンドビューモニター等、先進安全運転支援システムも充実です。
環境性能だけでなく、安全性能もとても高い日産 サクラです。
日産 サクラは、今までにない、電気自動車の価値を提供する、のコンセプトの通り、環境性能だけでなく和テイストを多く取り入れたデザインや、軽自動車の枠を超えた仕上がりのインテリア等、新たな価値を提供できる車になっています。
装備面も充実しており、足りないものはもうないんじゃないか?と思えるほどです。 軽自動車の規格の中でも、これだけの事が出来るのは驚きです。
気になった方はぜひ、新時代の軽EVに直接触れて体感してみてください。

V2Hの価格・メリット・デメリット

▼ V2H(EV用)の価格一覧

  • ニチコン 系統連系型EVパワーステーション
  • ニチコン トライブリッド蓄電システム
  • ニチコン パワームーバー可搬型給電器
  • ELSEEV(エルシーヴ)の価格・お見積り

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
任意
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ