太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

SUBARU ソルテラの価格・補助金・航続距離

SUBARU ソルテラの特徴

◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金
2022年(令和4年)の電気自動車(EV車)の補助金の申請を絶賛受付中です。
エコ発電本舗では補助金に詳しいディーラー様の紹介や、V2Hの補助金申請の代行など承ります。お気軽にご相談ください。

EV補助金

 SUBARU ソルテラの補助金額は? 

車種 補助金額
SUBARU ソルテラ 85万円

SUBARU ソルテラの仕様

価格 EW1A5BV-AX:594万円
EW2A5BV-AX:638万円
EW2A5CV-BX AWD:682万円
容量 71.4kWh
航続距離 FWD:567km
AWD:542km
電費 FWD:7.9km/kWh
AWD:7.6km/kWh
充電時間(急速充電) 30分
全長/ 全幅/ 全高 4,690mm/ 1,860mm/ 1,650mm
重量 FWD:2,205kg
AWD:2,295kg
ホイールベース 2,850mm
最小回転半径 5.7m
駆動方式 FWD:前輪駆動方式
AWD:全輪駆動方式

SUBARU ソルテラとV2Hで節電と災害対策を実現

SUBARU ソルテラは太陽光発電システムとV2Hと併用できます。
SUBARU ソルテラのバッテリー容量71.4kWhと非常に大容量で、家庭用の非常用電源としては申し分ないです。
節電や非常用電源として活用できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

V2Hの価格・メリット・デメリット

SUBARU ソルテラ・V2H・太陽光発電のメリット

◆ 節電と燃料コスト削減の経済メリット
【 自宅の電気料金削減 】
SUBARU ソルテラをV2Hと接続することで、家庭内にバッテリー電力を供給することができ、ご自宅の購入電力量を大幅に削減できます。

【 SUBARU ソルテラの充電コストを削減 】
日中は太陽光発電の発電電力でSUBARU ソルテラに充電することで、車両の充電費を削減できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

◆ 停電時の災害対策
【 停電時の非常用電源 】
SUBARU ソルテラはバッテリー容量が71.4kWhと非常に大容量で、長期間停電が続いても難なくご家庭内で電気を利用できます。
一般的なご家庭では電気の使用量は15kWh程度なので、SUBARU ソルテラの電力だけで4日ほどまかなえます。
日中は太陽光発電の発電電力で自宅内の使用電力をまかない、SUBARU ソルテラに充電することで、半永久的に電気の自給自足を実現できます。

【 停電時のSUBARU ソルテラの充電 】
停電時も太陽光発電の発電電力をV2Hを介して、SUBARU ソルテラに充電できます。
災害時は移動手段の確保が最優先で、ガソリンスタンドなど大渋滞となるので、自宅で充電できる機器が備わっているのは非常にありがたいですね。

V2Hの見積りは即日メール送付いたします。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

V2Hの基本動作や性能など動画でも解説しております。

◆ ソーラーカーポートのセットも人気!
V2Hとソーラーカーポートのセットも人気です。
ソーラーカーポートは、大容量の太陽光パネルを設置できるので、高い投資対効果を実現できます。

ソーラーカーポートで収益アップ

V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

SUBARU ソルテラの特徴

SUBARU ソルテラの特徴

SUBARU SOLTERRAの概要

SUBARU SOLTERRAは、2022年に販売が開始された新型バッテリーEVです。
メーカーは、日本の「SUBARU」、車名は、「SOLTERRA(ソルテラ)」、です。
この後、本文中ではカタカナ表記で進めます。
名前の由来は、「太陽」、を意味する、「SOL」、と「大地」を意味する、「TERRA」、を合わせた造語です。
キャッチコピーは、「太陽と走る。この大地を走る。」、で化石燃料に頼らずとも、大自然を駆け抜けることが出来る車、をアピールしています。
トヨタ自動車と共同開発された車で、トヨタ自動車は「bZ4X」、の名称です。
こちらは、リース契約専門ブランドの「KINTO(キント)」、専用車両となっています。
ソルテラとは姉妹車両になりますが、両車それぞれのメーカーの特色を強く打ち出しており、似て非なるもの、といった存在です。
ソルテラの車両形状はクロスオーバーSUV型になります。
スバルと親和性が高く、スバルが得意とする北米市場で特に人気の形状です。
ミドルクラスのSUVなので、シーンを選ばず使いやすい車です。
車両サイズは、全長4690mm、全幅1860mm、全高1650mm、車両重量は約2000kg、乗車定員は5名です。
ホイールベースが2850mm、とかなり長めに設計されおり、これにより広いインテリア空間を実現しています。
駆動方式は、4WDと前輪駆動(FWD)、が設定されています。

V2Hの価格・メリット・デメリット

力強いEVSUBARU SOLTERRAの外観

力強いEVSUBARU SOLTERRAの外観

初見で感じるのは、ガッチリ踏ん張った車だな、という印象です。
これは、ホイールベースが長く、タイヤが車体の4隅に近い部分に配置されているためです。
EVではよく見られるデザインですが、理由は大きく2つあります。
1つは、バッテリー搭載スペース確保のためにフロアの面積を大きく取る必要があるので、必然的にホイールベースが長く設計されます。
2つ目は、室内空間の確保のため、タイヤをなるべく車両の端に配置しよう、という発想からです。
EVの場合は、エンジンやトランスミッションと言った、比較的大柄な機器を搭載する必要が無いので、レイアウトの自由度が高まります。
その特性から、従来とは違ったバランスを持ったデザインが生まれやすいです。
いわかんを感じたりしますが、使い勝手が良かったり、性能的にもメリットがあります。
シルエットとしては、空力効率の良さを追求したデザインで、EVらしいスムーズな印象です。
全体的に、シームレスで、空気がスムーズに流れそうなデザインです。
その中でもソルテラは、スバルのアイデンティティである、「安定性」、を印象付けるようにデザインされています。
一般的に「スバル=4WDラリーオフロード」、と言った印象です。
メーカー的にもそのイメージは打ち出していて、「力強さ」、「安定感」、「オフロード走破性」、と言ったイメージをEVでも継承していけるようにデザインされています。
車両の軸が高い位置にあるような印象で、これが力強さを印象付けています。
サイドからフロント、フロントグリルに向かってラインが集まるようなデザインで、前進感を持たせるデザインです。
  フロント部分は空力効率の良さを追求したデザインで、フロントグリルは従来のスバル車に用いられているような印象ですが、ダクト機能は無く1連的なパネルになっています。
フロントバンパーサイドのダクトは、空気を取り入れてフロントフェンダーに吐き出す構造になっています。
これにより、タイヤ付近の乱流を抑え、空力効率向上と、車内の静寂性に効果があります。
フェンダーデザインが独特で、デザインの段階でも全体の大きなモチーフになるように、新しさを演出するようにデザインされたそうです。
スバルとしては珍しく大きく主張した「フェンダークラッディング」、を採用しています。
フェンダー周囲にボリュームを持たせた、オーバーフェンダーのような黒い樹脂系パーツです。
これにより、SUVらしさを強く印象付け、「アウトドアでも使えるEV」、を演出しています。
フロントバンパー下部はスバルらしさを主張しています。
フォグランプ装着と、下回りを保護するようなデザインになっており、力強さとSUVらしさが現れています。
ヘッドライトは、近年のスバル車を連想するようなデザインですが、かなりシャープな印象です。
フェンダーグラッディングから伸びたラインがヘッドライト上辺からグリルにまで連続してつながっています。
グリルから帰ってきた下辺のラインが、フェンダーグラッディングへと合流し、バンパー下部へ連結しています。
複雑な要素が多いデザインですが、それぞれのパーツのラインが1連的に処理されているので、まとまりのあるデザインに仕上がっています。
ヘッドライト外側はウインカー兼用の、コの字型のシグネチャーライトが配置されており、スバル車であることを主張しています。
ヘッドライトの光源は、4連LEDが採用されており、これらのデザインが、EVであることと、スバルらしさをしっかり表現しています。
リア回りは、センター部分が切り取られたルーフスポイラーが特徴的です。
ルーフから流れてきた空気を、車両後方の遠い部分へ落とし込むのが目的です。
早い段階からなだらかに傾斜したテールゲートと、テールランプ上部の小型のスポイラーとあいまって、空気の乱流を抑制しています。
テールライトは、左右が連結した近年流行りのデザインになっていて、外側下端の黒いパーツが大きく下方へ下がるのが特徴的なデザインです。
リアバンパー下部の跳ね上げと、リアフェンダーのグラッディングと一体的なラインを引いており、全体のまとまり感と、後方の跳ね上げ感を強調しています。
ポジションランプはフロントと統一されたコの字型のデザインが採用されています。
リア回りにも、下段部分を保護するようにブラック処理の樹脂系パーツが採用されています。
この辺りも、フロント同様にSUVらしさと力強さを印象付けています。

車との一体感を感じられる場所SUBARU SOLTERRAのインテリアデザイン

車との一体感を感じられる場所SUBARU SOLTERRAのインテリアデザイン

インテリアはパネル全体を低めたデザインで、全体の空間が回り込むような印象になっています。
未来的な印象とEVのイメージを意識してデザインされています。
運転席自体が全体的に囲まれているような印象で、運転の楽しさを演出しつつ、広々とした空間を感じられる両面を持ったデザインです。
運転席で特徴的なのは、ドライバーから遠くに配置された7インチの液晶メーターです。
トップマウントメーターと呼ばれており、ステアリングホイール上面からメーターを見る状態になります。
安全性向上のため、前方から視線移動を少なくするためにたどり着いたデザインです。
前方から目をそらさずにメーターを確認する方法として、ヘッドアップディスプレーがありますが、見えにくいシチュエーションがあり、万能とは言えないので、従来のメーターを見やすくすることにこだわりました。
メーターが遠くに配置されているので、ドライバーは広々とした空間を感じられます。
助手席前のインパネには表皮を巻き、リラックスできるような空間に仕上がっています。
未来的でありながら、落ち着いた印象も感じられるデザインです。
スバルソルテラには従来のシフトノブは存在せず、シフトスイッチ方式です。
スイッチには機械的な接続はなく、電気信号で指令を出すバイワイヤ方式がとられています。
これは、自動駐車支援システム使用時に、ドライバーによるシフトノブの操作を排除するために選択されました。 コンソールのレイアウトも自由度が高まり、二段階構造が可能になっています。
操作方式はダイヤル式で、EVらしさを演出しインテリアにもなじむ事と、操作性を担保するためにダイヤル式がセレクトされました。
  センターコンソールには、12.3インチのディスプレーが装備され、ナビ情報や、オーディオ操作、車両の設定などが行えます。
ディスプレーと一連でエアコンの操作パネルが配置されています。
こちらは、タッチスクリーンと物理ボタンの構成となっていて、使用頻度の高いスイッチはトグルスイッチが採用されています。ブラインドタッチで操作できるので、確実な操作が可能です。
タッチスクリーンの操作部は静電スイッチになっており、見切りのないシームレスなデザインになっていてスッキリした印象です。

SUBARU SOLTERRAのグレード紹介

SUBARU SOLTERRAのグレード紹介

スバルソルテラは2グレード展開で、ベースグレードは「ET-SS」、上位グレードは「ET-HS」、です。
ベースグレードのET-SSのみ、前輪駆動車が設定されており、上位グレードのTE-HSは4WDタイプのみの設定です。
ET-SSは、18インチホイール装備で、インテリアが基本的にファブリック系素材になります。
2WDタイプの価格が約594万円、4WDタイプが、約638万円です。
ET-HSは、20インチホイール装備で、レザーシートとインテリアにもレザーが採用されています。
快適装備が充実しており、ソルテラの全てを体感できるモデルです。
価格は約682万円です。
両グレード共に、基本的な安全運転支援システムには大きな違いはなく、どちらを選択しても最先端の安全運転支援システムは体験できます。
ルーフ全体がウインドー仕様のパノラマムーンルーフと、スバルの悪路走行安定化技術の「X-MODE」は4WDタイプのみの設定になります。
2WDタイプのモーター出力は、定格出力73kw、最高出力150kw、最大トルク266N・m。
4WDタイプのモーター出力は、定格出力が59kw、最高出力80kw、最大トルク169N・m、で前後にそれぞれ1基ずつ搭載されています。
そのため、4WDタイプは車全体で、定格出力118kw、最高出力160kw、最大トルク338N・m、となります。

EVでもSUBARUはSUBARUSUBARU SOLTERRAメカニズム紹介

EVでもSUBARUはSUBARUSUBARU SOLTERRAメカニズム紹介

スバルソルテラは、安定した走行感に重点を置いて作られています。
ガソリン車の4WDで評価の高い走行安定性を、EVでも継続していくスバルの方向性が現れています。
スバルらしい走りは安定感、と言うことで、どんな状況でもドライバーが安心して運転操作を行えるように設計されています。
加速感は、EVとしてはややマイルドな味付けで、電気モーター特融の加速感より、運転しやすさに重きを置いています。
とは言え、回り始めから最大トルク近くを発生できる電気モーターの力強さは健在で、アクセルの踏みだし時点から力強さは感じられるようです。
4WD車にはスバルのSUV車でおなじみの、X-MODEが搭載されています。
モードを選択するだけで、路面状況に応じて4輪の駆動力やブレーキ等を適切にコントロールし、悪路からの脱出をアシストする機能です。
ソルテラにはさらに、X-MODE+グリップコントロール機能も搭載されました。
荒れた路面や滑りやすい路面を走行する際に、車速を一定に保ちタイヤのグリップ力を維持します。
ドライバーはステアリング操作に集中でき、悪路走行時でも安心感が高まります。
バッテリー容量は、71.4kwhで同クラスの他車と比べると搭載量は少なめです。
航続距離は他車と同等なので、電費の良い車両であると言えます。
航続可能距離は、ET-SSの2WDタイプで567km、4WDタイプで542km。ET-HSでは、487kmとなります。
CHAdeMO規格の急速充電に対応しているので、150kWの充電器を使用すると30分で約80%まで充電が可能です。

SUBARU SOLTERRAの先進安全運転支援システム紹介

SUBARU SOLTERRAの先進安全運転支援システム紹介

スバル車と言えば、「アイサイト」、という方も多いと思います。
スバルが、他社に先駆けて市販車搭載した緊急時ブレーキアシストシステムです。
しかしそのシステムは、最新EVのソルテラには搭載されていません。
理由としては、アイサイトは内燃機関車両を制御する前提の設計であり、EVに関しては未経験です。
そのため、安全性と安定性を考慮し、「SUBARUSaftySense」、を採用しています。
基本的な働きはアイサイトと同じで、自動車や、二輪車、歩行者との衝突事故回避をアシストします。
さらに運転時の疲労軽減を支援し、より質の高い運転が続けられるようにアシストします。
前方の監視は、ミリ波レーダーと単眼カメラで行います。
駐車支援システムの、「AdvancedPark(アドバンスドパーク)」、システムにより、ディスプレーの指示に従ってスイッチ操作をするだけで、カメラや超音波センサーなどで周囲の状況を検知し、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト操作を車両が制御し、駐車操作をアシストします。
衝突の危険性を検知した場合は警告音と共に、ブレーキを制御し、衝突回避をアシストします。
ET-HSは、専用アプリからの操作で、車外から遠隔で駐車、出庫が可能なリモート機能を設定しています。
狭い駐車スペースでの乗り降りや、カーゴスペースへ荷物の積み下ろしのために、少し車を移動させたいときに便利な機能です。

今回は、スバル初のEV、ソルテラを紹介しました。
スバルの得意とする、SUVと4WDのジャンルを、うまくEVという新しいスタイルに落とし込んで作られた車だと思います。
EV=街中をクリーンに走る、というイメージから脱却し、大自然の中をクリーンに駆け抜けるEV、という新しい楽しみ方を提案した1台です。
運転を楽しんで欲しい、というスバルの願いも込められていると感じました。
今後も、スバルにはこのようなEVを開発し続けてほしいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

V2Hの価格・メリット・デメリット

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
任意
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ