太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!

太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

2022年(令和4年) 、DP(ダイナミック プライシング)のV2Hの補助金

投稿日:2022年08月20日

2022年(令和4年) 、DP(ダイナミック プライシング)のV2Hの補助金

◆ V2Hの「自治体の補助金」との併用
DP(ダイナミック プライシング)のV2Hの補助金は、自治体の補助金と併用できます。「国・都道府県・市区町村」の全ての補助金を活用することで、極めて低価格でV2Hを導入できます。
▶ 自治体からのV2Hの補助金の詳細

2022年(令和4年)のDP(ダイナミック プライシング)の詳細を動画で解説しております。募集要項など映像の方がわかりやすいかと思いますので、ご活用ください。

2022年(令和4年) DPの補助金の詳細

DP(ダイナミック プライシング)の「電気自動車の充電シフト実証事業」に参加すると、sii(環境共創イニシアチブ)から高額の補助金が交付されます。
「申請要件・スケジュール・補助金額」など補助金の詳細を解説いたします。
▶ DPのV2H補助金の申請依頼はこちら

DP参加によるV2H補助金の概要

主催 Sii(一般社団法人環境共創イニシアチブ)
予算 9億円(かなり少ないです!!)
申請要件 ・EV、PHV、PHEVのいずれかを所有
・電力プランを指定メニューに変更(2ヶ月間)
・充放電や電力使用状況などのデータ収集に承諾
・実証事業後のアンケートに回答する
補助金額 ・V2H本体: 商品代の1/2(上限75万円)
・V2H工事: 上限40万円
・実証協力金: 6万円

V2Hの補助金額

商品 補助金額
ニチコン プレミアムモデル 859,000円
ニチコン プレミアムPlusモデル 1,090,000円
ニチコン トライブリッド(一体型) 1,110,000円
ニチコン トライブリッド(セパレート型) 1,210,000円

DP補助金のスケジュール

DP補助金のスケジュール

申請期間 2022年7月1日~
系統連系の期限 2022年10月31日
実証事業の時期 2022年11月~2022年12月
実績報告期限 設置後1ヶ月以内
最終締切:2023年2月17日

DP(ダイナミック プライシング)補助金は予算が限られております。
お見積りは無料ですので、お早めにご相談ください。
▶ DPのV2H補助金の申請依頼はこちら

ページ内ナビゲーション

  • DERの補助金の詳細
  • DP(ダイナミック プライシング)って何をやらされる?
  • DP(ダイナミック プライシング)のメリットは?
  • DP(ダイナミック プライシング)と併用できる補助金

DP補助金の仕組みは?

DP(ダイナミック プライシング)による「電気自動車の充電シフト実証事業」に参加することで、V2Hの設置に対して高額補助金が交付されます。

2022年(令和4年) DP(ダイナミック プライシング)の使用電力のピークシフト

DP(ダイナミック プライシング)による「電気自動車の充電シフト実証事業」「使用電力のピークシフト」が目的です。

◆ 電力プランの変更が必須?
実証事業の期間中(2ヶ月間)は、電力プランが以下のように変更されます。
 ● 1ヶ月目:市場連動型の電力プラン
 ● 2ヶ月目:固定型の電力プラン

電力プランの違いが、「電気料金」「ピークシフト」に及ぼす影響を確認することが目的です。実証事業の終了後は、電力プランは自由に変更できます。

◆ 実証事業期間中の「充放電操作」は?
実証事業期間中は、電気料金が最も安くなるように、以下の操作が行われます。
 ● 電気料金が高い時間帯:EVを充電しない(または放電する)
 ● 電気料金が安い時間帯:EVを充電する

実証事業中は、停電時以外は基本的にHEMSの制御による充放電に従う必要があります。明確な規定はありませんが、週に1回程度はV2Hと電気自動車(EV車)を接続することが推奨されます。
電気料金を安くする目的で制御するので、V2Hと電気自動車(EV車)の接続時間が長い方が、電気代の節約効果も高まります。

市場連動型の電気料金は電気の需給に応じて価格が変動するので、安い電力を購入することで、自動的に使用電力のピークシフトが実現できます。

2022年(令和4年) DP(ダイナミック プライシング)の遠隔操作

上図のように、自宅に設置するHEMSからV2Hに電気自動車(EV車)の充電放電の制御指示を出します。
V2Hの稼働状況や電力の使用状況など小売電気事業者にデータ送付します。

現時点では、使用電力のピークシフトを実現するための実験段階で、実証事業に多くの参加者を募るために、siiが高額な補助金を交付してます。

DP(ダイナミック プライシング)補助金は予算が限られております。
お見積りは無料ですので、お早めにご相談ください。
▶ DPのV2H補助金の申請依頼はこちら

ページ内ナビゲーション

  • DERの補助金の詳細
  • DP(ダイナミック プライシング)って何をやらされる?
  • DP(ダイナミック プライシング)のメリットは?
  • DP(ダイナミック プライシング)と併用できる補助金

DPのメリット・よくある質問

「電気自動車の充電シフト実証事業」が社会にもたらすメリット

DP(ダイナミック プライシング)による「電気自動車の充電シフト実証事業」は、上述のように市場連動型の電力プランを活用し、電力需要に応じて電気自動車(EV車)を充放電させ、「電気代の節約」「電力の需給調整」の両方を実現します。

◆ 電力システムの課題
電力システムの最大の課題は、「季節や時間帯による需給の変動が大きく、コントロールが難しいこと」です。
以下は1日の電力の需給変動を示したグラフです。

電力需要の1日の変動

赤い線は、電力の需要を表しています。
昼間は太陽光発電の発電電力を電力需要に充当させていますが、過剰に発電した電力は行き場がなく、「出力抑制(売電の制限)」で対処されることもあります。
一方で、多くの方が帰宅する「17~19時頃は電力需要が上昇」しております。

◆ 電気自動車(EV車)の普及がネック?
電気自動車(EV車)の爆発的な普及が予測されますが、電気自動車が普及すると、多くの方が夕方に自宅で電気自動車を充電することになり、今以上に「夕方の電力需給が逼迫」します。
夕方の時間帯は太陽光発電が稼働していないので、電力供給を増やすためには既存の火力発電の稼働を増やす必要があります。
実現には「送電線などインフラ設備強化」と、火力発電の燃料となる「石炭やLNGの輸入量の増加」が必須で、コスト面でも環境面でもマイナスです。

DP(ダイナミック プライシング)の実証事業や、DER(VPP)の実証事業は再生可能エネルギーを利用して電力需給を調整する仕組みで、脱炭素に貢献する非常に重要な取組みです。

◆ DP(ダイナミック プライシング)で問題解決!
DP(ダイナミック プライシング)により、電気自動車(EV車)の充電時間をシフトする効果は?
 ● 発電コストの大幅削減
 ● 化石燃料の輸入依存の抑制
 ● 温暖化対策

DP(ダイナミック プライシング)の実証事業は、電力需給に応じて電気自動車(EV車)を充放電操作を行います。
V2Hを導入されている多くの方は太陽光発電システムも導入しており、HEMSの制御により発電電力を最大限活用して電気自動車(EV車)を充電することで、電力の購入量を最小限に抑え、より「電力需給の逼迫抑制効果」「電気代の節約効果」が高まります。
▶ DPのV2H補助金の申請依頼はこちら

DP(ダイナミック プライシング)の補助金受領のQ&A

◆ DP(ダイナミック プライシング)の購入代金の支払い条件に制約があるか?
現金支払い、ローン支払いともに可能です。
現金の場合は振込に限定されます。

◆ 支払いが契約者以外でも問題ないか?
支払い者と契約者は同一人物に限られます。

◆ V2Hの保有期間の制限は?
DP(ダイナミック プライシング)実証事業期間が満了するまで処分できません。
期間内に処分した場合は、補助金を返還する必要があります。

DP(ダイナミック プライシング)補助金は予算が限られております。
お見積りは無料ですので、お早めにご相談ください。
▶ DPのV2H補助金の申請依頼はこちら

ページ内ナビゲーション

  • DERの補助金の詳細
  • DP(ダイナミック プライシング)って何をやらされる?
  • DP(ダイナミック プライシング)のメリットは?
  • DP(ダイナミック プライシング)と併用できる補助金

DP補助金と併用できる自治体の補助金

◆ 東京都の高額補助金
上限42万円の東京都の高額補助金が絶賛受付中です。
補助金についての詳細は以下のページをご参照ください。
東京都の補助金はDERの補助金と併用できます。

家庭用蓄電池の東京都の補助金

◆ 各自治体の高額補助金情報
東京都以外の自治体からも、V2Hの導入に対して高額補助金が交付されます。補助金についての詳細は以下のページをご参照ください。

V2Hの自治体の補助金

V2Hと電気自動車(EV車)の関連記事

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
任意
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ