太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

太陽光発電システムの設置義務化のメリットとデメリット

投稿日:2023年10月16日

太陽光発電システムは、太陽の光を電気に変換する装置です。温室効果ガスを排出せずにクリーンなエネルギーを生み出すことができます。日本では、脱炭素社会の実現に向けて太陽光発電システムの設置を義務化する制度が創設されました。しかし、太陽光発電システムの設置には、高額な費用や技術的な課題があるのが現状です。この記事では、太陽光発電システムの設置義務化の背景や内容、メリットとデメリットについて解説します。
▶ 太陽光発電の価格、商品比較

なぜ太陽光発電システムの設置が義務化されたのか?

太陽光発電システムの設置義務化の背景にあるのは、環境問題への対応と再生可能エネルギーの推進です。地球全体の平均気温は上昇傾向にあり、海面の上昇や異常気象などが発生しています。その原因となっているのが、二酸化炭素(CO2)をはじめとした温室効果ガスの増加です。温室効果ガスは、太陽の熱を逃がすのを防いで地球を暖める役割を果たしますが、その量が増えすぎると地球の平均気温が上昇し、気候や生態系に悪影響を及ぼします。海面の上昇や氷河の融解、異常気象や一部の自然災害などは、地球温暖化の影響の一例だと言われているのです。

人類の活動により大気中に多くの温室効果ガスが放出されたり、森林破壊が進んだりする影響から、地球温暖化が進行しています。それを食い止めるためには、温室効果ガスの排出量を削減することが必須です。日本は、2020年に国連で採択されたパリ協定に基づき、2050年までに温室効果ガスを実質ゼロ(排出量と吸収量が等しくなる状態)にする目標を掲げました。

この目標を達成するためには、化石燃料に依存するエネルギー消費を減らし、再生可能エネルギーの割合を高めなければなりません。再生可能エネルギーとは、自然界で再生されるエネルギー源のことで、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなどがあります。再生可能エネルギーは、化石燃料と比べて二酸化炭素の排出量が少なく、資源枯渇や価格変動のリスクも低いのが利点です。

しかし、太陽光発電は天候や季節によって発電量が大きく変動するため、安定的な供給が課題とされています。また、太陽光発電システムの設置には、高い初期投資や適切な場所の確保が必要です。これらの課題を克服するためには、太陽光発電システムの普及と技術革新が不可欠でしょう。そこで、日本では2023年から一部の施設や地域に対して太陽光発電システムの設置を義務付ける政策を導入することになったのです。

再生可能エネルギーの中でも、太陽光発電は日本で最も普及しているエネルギー源です。しかし、まだまだ利用されていない屋根や土地は多く、太陽光パネルやパワーコンディショナーなどの設備コストも下がってきています。太陽光発電は、自家消費や売電によって電気料金を節約できるだけでなく、災害時や停電時にも電源として役立つでしょう。

太陽光発電システムの設置義務化は、再生可能エネルギーの普及促進と温室効果ガスの削減に貢献するとともに、エネルギーの安全保障や地域経済の活性化にもつながることが期待されています。

設置義務化の対象になる建物とは?

太陽光発電システムの設置義務化は、2023年6月現在、東京都と神奈川県川崎市で制度が創設されています。設置が義務付けられるのは、これらの自治体の新築住宅や公共建築物です。また、全国的にも、太陽光発電システムの出力に応じて、電気事業法上の技術基準や届出などの義務があります。ここでは、それぞれの対象と内容について詳しく見ていきましょう。

東京都では、新築住宅への太陽光発電システムの設置を2025年4月から義務化する制度が創設されました。また、断熱性能や省エネ性能も義務付けられています。対象となるのは、ハウスメーカーや工務店などが供給する新築住宅で、建築確認申請を2025年4月以降に行うものです。しかし、屋根面積が小さい建物や北向きの建物など、太陽光発電に適さない場合は設置が不要となる可能性があります。既存の住宅や自己建築住宅も対象外です。

川崎市では、新築住宅や大規模改修住宅への太陽光発電システムの設置を2025年4月から義務化する制度が創設されました。対象となるのは市内で新築または大規模改修される一戸建て住宅や集合住宅です。建築確認申請時に太陽光発電システムの設置計画書を提出する必要があります。既存の住宅や屋根の面積が小さい建物などは対象外です。

設置義務化の具体的な内容と実施時期について

太陽光発電システムの設置規模は、東京都と川崎市で異なります。東京都では、一戸建て住宅では屋根面積の50%以上、集合住宅では屋根面積の30%以上を太陽光発電システムで覆うことが求められます。川崎市では、一戸建て住宅では屋根面積の60%以上、集合住宅では屋根面積の40%以上を太陽光発電システムで覆うことが求められます。ただし、どちらの自治体でも、太陽光発電システムの設置が困難な場合は、例外的に設置規模を緩和することができます。

太陽光発電システムの設置義務化は、東京都と川崎市で2025年4月から実施される予定です。よって、この期間に建築確認申請を行った施設が義務化の対象となります。期間が終了したとしても、新たな制度が導入される可能性もあるでしょう。

太陽光発電システムの技術基準は、東京都と川崎市で共通です。太陽光発電システムは、国土交通大臣が定める技術基準に適合するものでなければなりません。具体的には、以下のような要件があります。

 ・JIS規格やIEC規格に適合するものであること
 ・耐火性能や耐風性能を有するものであること
 ・屋根に固定されるものであること
 ・屋根からはみ出さないように設置すること
 ・周囲から見える部分については色や形状を調整すること
 ・遮光物や影によって発電効率が低下しないように配置すること
 ・火災時に自動的に停止する機能を備えること
 ・定期的に点検や清掃を行うこと

費用面が不安!どのようなサポートが受けられる?

太陽光発電システムの設置は、高額な費用がかかることが多いです。しかし、国や自治体から補助金や助成金を受けることができれば、負担を軽減することができるでしょう。ここでは、太陽光発電システムの設置に向けたサポートの情報を紹介します。

国からは、太陽光発電システム設置義務化に直接関係する補助金はありませんが、太陽光発電の導入促進や価格低減に関する補助金や制度がいくつか存在します。例として次のような制度があります。

需要家主導による太陽光発電導入加速化補助金

オフサイトPPAを利用して他者の土地に太陽光発電設備を設置する場合に、1kWあたり5万円の補助が受けられます。

・ストレージパリティの達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業

太陽光発電と蓄電池を同時に導入する場合に、1kWあたり4~7万円の補助が受けられます。

・建物における太陽光発電の新たな設置手法活用事業

ソーラーカーポートなどの建物外部に設置する太陽光発電設備に対して、1kWあたり5~10万円の補助が受けられます。

これらの補助金は、令和4年度補正予算と令和5年度本予算で公募されていますが、2023年10月現在では、ほとんどの公募は終了しています。しかし、今後、追加公募が行われる可能性もゼロではありません。

東京都では、新築住宅への太陽光発電システムの設置義務化に伴い、補助金を支給する制度が創設されました。2023年10月現在で、補助金額は、1kWあたり10~12万円です。ただし、こちらの補助金の上限は36万円となっています。

川崎市でも、新築住宅や大規模改修住宅への太陽光発電システムの設置義務化に伴い、補助金を支給する制度が創設されました。2023年10月現在で、補助金額は、1kWあたり2万円です。ただし、こちらは10万円が上限となっています。

これらの国と自治体の補助金は、両方併せて申請できる場合があります。これにより、太陽光発電システムの設置費用を大幅に削減できるでしょう。ただし、補助金の予算は限られており、基本的には先着順で申請を受け付けます。もし公募が終了したとしても、追加で再開されたり、新たな制度に生まれ変わったりすることもあるため、こまめにチェックしておくとよいでしょう。

設置義務違反時のペナルティに要注意!

太陽光発電システムの設置義務化は、国や自治体が定めた法令や条例に基づいて行われます。したがって、義務化の対象となる施設や地域で設置を怠ったり、不適切な設置を行ったりすると、ペナルティが科せられる可能性が高いです。ここでは、太陽光発電システムの設置義務違反時のペナルティについて見ていきましょう。

東京都の、新築住宅への太陽光発電システムの義務化に関する条例では、設置計画書を提出しなかったり、提出した計画書と異なる設置が行われたりすると、都知事から改善命令を受けることがあります。改善命令に従わない場合は、最高で50万円の罰金です。

川崎市の、新築住宅や大規模改修住宅への太陽光発電システムの義務化に関する条例では、設置計画書を提出しなかったり、提出した計画書と異なる設置が行われたりすると、市長から改善命令を受けることがあります。改善命令に従わない場合は、最高で30万円の罰金です。

これらのペナルティは、施設オーナーや建築者などに対して科せられます。しかし、太陽光発電システムの設置義務違反は、ペナルティだけでなくさまざまな不利益をもたらすでしょう。例えば、以下のようなことが考えられます。

 ・補助金や助成金を受けられなくなる
 ・太陽光発電システムで発電した電力を売電できなくなる
 ・太陽光発電システムが不具合や故障を起こした場合に保証や保険が適用されなくなる
 ・太陽光発電システムが火災や落雷などの原因となって責任を問われる
 ・周囲から不評や苦情を受ける
▶ 太陽光発電の価格、商品比較

知っておきたい!太陽光発電システム義務化のメリットとデメリット

太陽光発電システムの設置義務化は、施設オーナーや自治体にとってメリットとデメリットがあります。ここでは、それぞれの視点から見ていきましょう。

施設オーナーの視点から見ると、太陽光発電システムの設置義務化のメリットは、以下のようなものがあります。
 ・電気代を節約できる
 ・売電収入を得られる
 ・環境にやさしいイメージを高めることができる
 ・住宅性能の向上や資産価値の向上が期待できる

一方、太陽光発電システムの設置義務化のデメリットは、以下のようなものがあります。
 ・設置費用が高額
 ・設置場所や方向に制限がある
 ・設置後の運用やメンテナンスに手間がかかる
 ・設置義務違反時にペナルティを受ける可能性がある

自治体の視点から見ると、太陽光発電システムの設置義務化のメリットは、以下のようなものがあります。
 ・温室効果ガスの排出量を削減できる
 ・再生可能エネルギーの普及率を高められる
 ・地域経済や雇用の活性化につながる
 ・災害時に自立的な電源として活用できる

一方、太陽光発電システムの設置義務化のデメリットは、以下のようなものがあります。
 ・施設オーナーや建築者から反発や抵抗を受ける可能性がある
 ・補助金や助成金などの予算や人員を確保する必要がある
 ・設置計画書や検査などの管理や監督に責任が生じる
 ・設置義務違反時に強制力を持った対応をしなければならない

世界ではどのように太陽光発電システムの義務化が進んでいる?欧州やアジアなどの事例を紹介

太陽光発電システムの設置義務化は、欧州やアジアなどで先行して実施されています。

例えば、ドイツでは、2000年から再生可能エネルギー法を施行し、太陽光発電システムに対する固定価格買取制度を導入しました。これにより、太陽光発電システムを設置すると、一定期間にわたって国から高い価格で電力を買い取ってもらえることになります。この制度は、太陽光発電システムの普及を促進し、ドイツは世界最大の太陽光発電市場となりました。

また、中国では、新築住宅や公共施設に太陽光発電システムの設置を義務付ける政策を段階的に実施しています。中国は世界最大の太陽光発電生産国であり、再生可能エネルギーの割合を高めることで、エネルギー安全保障や温室効果ガス削減に貢献しているといえるでしょう。

忘れがちだけど重要!太陽光発電システムの設置後の運用とメンテナンス

太陽光発電システムの設置義務化は、単に設置するだけではなく、その後の運用とメンテナンスが重要となります。太陽光発電システムは、長期的に安定した発電量を維持するために、定期的な点検や清掃などが必要です。

運用とメンテナンスには、以下のような内容が含まれます。 
 ・発電量のモニタリングや記録
 ・パネル、接続箱、パワコンなどの機器の点検と清掃
 ・故障や不具合の早期発見と対応
 ・草刈りや除草などの周辺環境の整備
 ・盗難や火災などのリスク対策

太陽光発電システムは、天候や季節などによって発電量が変動するため、需要と供給のバランスを調整する仕組みを考える必要があるでしょう。例えば、蓄電池やスマートメーターなどの技術を活用することで、余剰電力の貯蔵や売買が可能になります。また、点検項目や基準を明確化し、遠隔監視システムやセンサーなどを活用して運用するのもよいでしょう。これらの技術は、太陽光発電システムの効率化や経済性を高めるとともに、エネルギー管理や消費者参加を促進するのに効果的です。

無限の可能性!日本の再生可能エネルギー政策との関連について

日本では、2011年の東日本大震災と福島第一原子力発電所事故を契機に、再生可能エネルギー政策に注目が集まっています。2012年からは、ドイツと同様に固定価格買取制度を導入し、太陽光発電システムを中心に再生可能エネルギーの導入量を拡大しました。

しかし、固定価格買取制度には、買取価格の高さや長期契約の縛りなどの問題点も指摘されています。そこで、新たにフィードイン・プレミアム制度を導入し、市場価格に連動した補助金を支払うことで、再生可能エネルギーの競争力を高めることを目指すようになったのです。

一部の自治体では、先行して独自に太陽光発電システムの設置義務化に取り組んでいたところもあります。これらの自治体の目的は、太陽光発電システムの設置義務化によって、再生可能エネルギーの普及や地域のエネルギーの自立を促進することです。また、設置義務化に伴う補助金や税制優遇などの支援策も実施されています。太陽光発電システムの設置義務化は、日本の再生可能エネルギー政策の一環として、今後も検討していくべきでしょう。

今後の設置義務化の動向はどうなる?懸念点についても考察

太陽光発電システムの設置義務化は、世界的な再生可能エネルギーの推進や気候変動対策の1つとして注目されています。しかし、設置義務化にはさまざまな課題や影響が伴うのが現状です。

例えば、設置義務化によって、建築物のデザインや景観に影響が出たり、住宅価格や家賃が上昇したりすることなどが懸念されています。また、太陽光発電システムの需要が増えることで、原材料や廃棄物の問題が深刻化する可能性もあるでしょう。さらに、設置義務化によって、太陽光発電システムの技術革新や競争力が低下することも危惧されています。

とはいえ、太陽光発電システムが義務化された背景を考えると、今後は全国の自治体で太陽光発電システムの設置義務化の動きが広まっていくことが予想されます。太陽光発電システムの設置義務化は、メリットとデメリットを十分に検討し、適切な対策や調整を行う必要があるでしょう。

また、ほかの再生可能エネルギー源や省エネルギー技術との組み合わせや多様化も重要です。太陽光発電システムの設置義務化は、持続可能な社会づくりに貢献するために、今後も議論されるべき課題だといえるでしょう。

太陽光発電システムの商品一覧

家庭用蓄電池 メリット 価格 商品一覧

V2Hの価格・メリット・デメリット

エコキュートの商品一覧

▼ 太陽光発電のラインナップ

  • 太陽光発電 長州産業315w,284wが激安価格
  • 太陽光発電 カナディアンソーラー太陽光発電が激安価格!が激安価格
  • 太陽光発電 Qセルズ太陽光発電が激安価格
  • 太陽光発電 パナソニックHIT P247αPlusが激安価格
  • 太陽光発電 シャープブラックソーラーが激安価格
  • ネクストエナジー太陽光発電システムが激安価格
  • XSOL(エクソル)の太陽光発電
  • マキシオン太陽光発電
  • 太陽光発電 ループ305wが激安価格
  • サンテック太陽光発電335w、375w
  • 太陽光発電 京セラが激安価格
  • 太陽光発電システム付きカーポート
  • 自家消費型太陽光発電