太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

アリア電気自動車の口コミ評価

投稿日:2024年05月14日

アリア電気自動車は、日産がEVの旗艦モデルと位置付けるCセグメントのSUV(多目的スポーツ車)です。日産の技術を結集した高クオリティな電動4WDを実現するなど、性能や機能、装備性、その他で高評価を受けており、国内外で高い人気を誇っています。この記事では、アリア電気自動車の特徴や性能、口コミ評価を徹底リサーチ。他のEVとの違いやコストパフォーマンス、保証やメンテナンスの事まで幅広く解説しました。アリア電気自動車の購入を検討している方や、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてください。
▶ V2Hの商品比較・メリットデメリット

アリア電気自動車の総合評価

アリア電気自動車は、日産自動車がEVの旗艦モデルに据えるだけあって、総合力の高い車種です。例えば、下記のような口コミ評価があります。

アリアの口コミ総合評価

● 「渋滞以外の車速域でもハンズオフのレーンキープが使えて、160kwの大型モータを採用したパワフルなEV SUVは他にないと思います」
● 「初めてのEVなので未知な部分が多いですが、走り、静粛性、室内と十分以上の満足は得られてます」
● 「部品不足や生産体制の安定具合など色々と課題があるようですが、もっと多くの人に、この車の出来の良さと凄さを知ってほしいと個人的に思います」
● 「先進性あるデザインと日本車の伝統が融合され、エンジンはパワフルだが誰にでも運転できる」
● 「和のイメージは素晴らしい選択、高級感もあってテスラかアリアの二択も国産メーカーのEVでアリアが魅力的?過激な加速のテスラも魅力ありでも一時的、アリアの上品さは快適ソノモノ」

アリア電気自動車はオールマイティなEV車

口コミ評価を見てもわかるとおり、アリア電気自動車は総合力の高いオールマイティなEV車です。電力のみで走行するクロスオーバーという先進性を提案しつつ、走りは実用的で、スポーツカーにも引けをとらないパワフルな加速と滑らかな走りを披露します。とりわけ4WDタイプの上位グレードは、より高いクオリティを備えており、誰もが納得するパワーと最高の乗り味をEV特有の静粛性とともに体感できます。
アリア電気自動車の総合力は世界も認めるところです。2022年4月に開かれた世界最大のデザイン賞「レッド・ドット・デザイン賞」において、アリア電気自動車は見事にプロダクトデザインカテゴリーで受賞しました。デザインの美しさだけでなく、機能性や品質、耐久性、革新性などあらゆる要素が総合評価されています。

アリア電気自動車の性能と耐久性

アリア電気自動車は、2WD・4WDの2タイプと、それぞれB6、B9(2WD)、B6 e-4ORCE、B9 e-4ORCE、B9 e-4ORCE プレミア、NISMO B6 e-4ORCE、NISMO B9 e-4ORCE(4WD)の7グレードがラインナップされています。ここでは、アリア電気自動車のタイプごとのスペック表と性能評価を紹介していきます。

アリア電気自動車のスペック表

アリア電気自動車の基本スペックは以下のとおりです。

 2WDモデル 

グレード B6、B9
価格 6,590,100円~7,382,100円
交流電力量消費率(電費) 166Wh/km~169Wh/km
一充電走行距離 470km~640km
駆動方式 2WD
最大出力 160kW(218PS)/5950-13000rpm~178kW
(242PS)/6600-7200rpm
0-100km/h加速:7.5秒~7.6秒
0-100km/h加速 5.1秒~5.4秒
最高時速 160km/h
寸法 全長4595mm、全高1850mm、全幅1655mm
車両総重量 1900kg~2200kg
乗車定員 5名
充電能力 普通充電能力/6kWkW
急速充電能力/130kW

 4WDモデル 

グレード B6 e-4ORCE、B9 e-4ORCE、B9 e-4ORCE プレミア
NISMO B6 e-4ORCE、NISMO B9 e-4ORCE
価格 7,987,100円~9,441,300円
交流電力量消費率(電費) 169Wh/km~187Wh/km
一充電走行距離 460km~610km
駆動方式 4WD
最大出力 160kW(218PS)/5950-10320rpm
0-100km/h加速 5.1秒~5.4秒
最高時速 200km/h
寸法 全長4595mm、全高1850mm、全幅1655mm
車両総重量 2050kg~2210kg
乗車定員 5名
充電能力 普通充電能力/6kWkW
急速充電能力/130kW

アリア電気自動車の性能評価

アリア電気自動車の性能について、複数のトピックに分けて概説します。

 走行性能 

全グレードを通じて走行性能は良好です。パワフルな加速を見せるだけでなく、走行が滑らかで軽快な乗り味が満喫できます。EVの持ち味でもある静粛性にも注目です。ハイレベルな走りを「静かに」味わうことができます。特に4WDモデルの最上位グレードでは、カタログ記載で最高出力290kW・最大トルク600Nm・0-100㎞/h・加速5.1秒を誇るなど、スポーツカー顔負けのハイスペックです。

 操縦性能(運転性能) 

アリアの運転性能は多彩な便利機能が支えています。例えば「ドライブモード」では、SPORT、STANDARD、ECOなど、状況に応じてアクセル操作に対する加減速の強さを好みに調節することが可能です。また、運転支援機能「e-Pedal Step」では、回生ブレーキの強度を上げることで、アクセルペダル操作のみの速度調整を可能としています。

 電費 

アリア電気自動車の電費は、2WDモデルで「166Wh/km〜169Wh/km(交流電力量消費率)」、4WDモデルで「169Wh/km〜187Wh/km」となっています。km/kWhに変換すると、それぞれ1kWhあたり約6km、1kWhあたり約5km〜約6kmです。航続距離(一充電走行距離)は、2WDモデルで「470km〜640km」、4WDモデルで「460km〜610km」となります。

 バッテリー性能 

アリア電気自動車に搭載しているリチウムイオンバッテリーは、バッテリー温調システムを備えています。バッテリー温度の過熱を自動で防止することができ、急速充電を繰り返し行った際にも、充電性能の低下を抑えることが可能です。気温が極端に上昇したり下降したりしたときにも、温調システムが働き性能低下を防ぎます。

 耐久性 

アリア電気自動車は、延べ500人以上、確認項目5000項目以上、3年以上の月日をかけて地球5周分の走行テストを実施しています。適切な耐久性評価を行うために、世界中の路面を模した凸凹道や悪路、縁石、冠水などさまざまな路面・状況を設定し、昼夜を問わず走り続けてタフな実験をクリアしました。耐久性に関しては相当な自信を持っていることがうかがえます。

アリア電気自動車の充電時間とバッテリー寿命

アリア電気自動車の充電時間

日産アリアの充電時間は電力容量と仕様(普通/急速)によって異なります。アリアの充電時間に関するスペック表は以下のとおりです。

 急速充電にかかる時間 

バッテリー容量 充電時間
66kWh 高出力急速充電器(90kW)/約45分
急速充電器(50kW)/約65分
91kWh 高出力急速充電器(90kW)/約60分
急速充電器(50kW)/約90分

アリア電気自動車のバッテリー寿命

日産自動車ではリチウムイオンバッテリーに関して、安心の容量保証を行っています。保証期間は「8年160,000km」です。一般的なEVのバッテリーの寿命も「8年または走行距離16万km」となっているため、標準をクリアしていることになります。日産ではバッテリー容量低下の抑制&耐久性向上などにより、バッテリーの長寿命化を実現しました。走り方次第では8年以上、16万km以上に寿命を伸ばすことも可能でしょう。

アリア電気自動車の安全性機能の評価

アリア電気自動車の安全性能の口コミ評価

アリア電気自動車の安全性機能のクオリティは、ユーザーによる口コミ評価でも上々です。例えば以下のような口コミ評価がありました。
● 「アリアは静粛で安全、そしてハイパワー」
● 「アリアの最大の特徴は、その安全性能にあると言っても過言じゃない」
● 「日産アリアの360°セーフティアシストはより安全性を高める」
● 「運転支援システムが数多く搭載されており、車の全方位=360度の安全を確保できる」
● 「日産アリアの魅力ポイントは、なんといっても多数のカメラを用いた安全性能にある」
アリア特有の性能というより、運転支援システムや360度全方位カメラなど、日産がこれまで築いてきた安全技術のクオリティがユーザーによって高く評価されています。

アリア電気自動車の多彩な安全機能

アリア電気自動車の安全性能は多彩なシステムや機能によって支えられています。例えばe-4ORCEにおける「360°セーフティアシスト」。最先端の全方位運転支援システムにより文字通り360度全方位を常時モニタリングし、あらゆるリスクを素早く検知してドライバーに知らせ、危険を回避します。
また「前方運転支援」では、ヘッドアップディスプレイ(グレード別設定)を活用することで、少ない視線移動で必要な情報を確認し、長距離ドライブでも疲れることなく安全運転することが可能です。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」では、前方のフロントカメラが車両や歩行者を検知し、衝突のリスクが高まるとドライバーにブザーで知らせ、回避操作を促します。
他にも、2台前の車両の急な減速を検知して知らせる「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)や、車両進入禁止標識や最高速度標識などを検知する「標識検知機能」など、前方から側方、後方に至るまで全方位にわたって安全機能や運転支援システムを備えています。アリアの安全機能は重厚です。

アリア電気自動車の内装と快適性

アリア電気自動車の内装と快適性の口コミ評価

アリアの内装と快適性に関しては、以下のように多くの好意的な口コミ評価が散見されました。
● 「内装はとても洗練されていてスタイリッシュです」
● 「安っぽさは感じません。かといって単に高級というのでもなく、上質感を感じさせる空間です」
● 「車内はとても静かで遮音性も良く、高速で走っても静かな音楽が快適に聞けます」
● 「外観から内装、走行も含めて国産の宝です」
● 「内装は文句なし。上品で高級感のあるデザインは快適な移動空間を提供します」
口コミはユーザーの主観となりますが、客観的に見てもアリアの内装・快適性は良好です。

アリアの内装と快適性が高クオリティな理由

アリアの車内は余裕のある広さとフラットなフロアを有しており、快適に走れるだけでなく、快適に過ごせる居住性も備えています。かつ先端技術と伝統美を融合させたハイセンスなデザインや、360°インテリアビュー(ナイトインテリア)、荷物に合わせてアレンジ可能なラゲッジルーム、便利な室内収納、多種多様な便利アイテム(USB電源ソケット・電源ソケット・HDMI端子・グローブボックス・携帯電話用トレー・ワイヤレス充電器/小物入れ・カップホルダー他)配置して、至れり尽くせりです。視認性と操作性に優れたNissanConnectナビゲーションシステムを含めて、あらゆる内部機能と装備が快適なEVドライブをサポートします。

アリア電気自動車の価格とコストパフォーマンス

アリア電気自動車の電費

EVのコストパフォーマンスといえば、電費をチェックするのが定番です。すでに上述しましたが、アリアの電費(交流電力量消費率)は、2WDモデルで166Wh/km〜169Wh/km、4WDモデルで169Wh/km〜187Wh/kmとなっています。km/kWhに変換すると、全体で1kWhあたり約5km〜約6kmとなります。
前提条件として、月間走行距離を500km、1kWhあたりの電気代を30円と仮定した場合のアリアの一ヶ月の充電代は、約2,500円〜約3,000円程度です。ガソリン車と比較して、初期費用はともかく、走行コストはかなり安く抑えられることがわかります。

アリア電気自動車の総額費用(再販価値)

自動車の総額費用は、「車の購入価格」+「維持費」-「車の売却価格」の式によって求められます。この計算は、購入した車を手放すときにトータル的な費用対効果が分かる大事な指標です。総額費用が高いほどコスパが悪い、総額費用が低いほどコスパのいい車ということになります。
アリアの2WDモデル「B6」をモデルにして上記総額費用を計算してみました。前提条件として、車の購入価格を660万円、保有期間を3年、維持費を約40万円(年間約13万円)、車の売却価格を300万円とします。この条件で計算したときの総額費用は以下となります。
 総額費用=660万円(購入価格)+40万円(維持費)-300万円=400万円
アリアの総額費用におけるコストパフォーマンスは、購入価格が高い分、ガソリン車と比べて良好とはいえません。しかし維持費はガソリン車より安いため、売却価格を高めることができれば、コスパをアップすることが可能です。

アリアは他のEVとどう違う?

EV業界における日産アリアの差別化政策は、さまざまな「技術」に見られます。ここでは、アリア電気自動車ならではの優れた搭載技術を紹介します。

快適な長距離ドライブが楽しめる4WDモデルの技術

日産アリアのなかでも特に高スペックなのが、e-4ORCEの名を冠する4WDモデルです。e-4ORCEは最大で640kmの航続距離を誇り、4WDのパワーはもちろん、優れた走行性能と耐久性、居住性などにより、快適な長距離ドライブが楽しめます。日産はすでにGT-Rにおいてパフォーマンス四駆の技術を実現しているため、その経験を活かしてハイクオリティな4WDモデルを作りやすいのです。

高度できめ細やかな車両制御技術

運転時に車両を制御して走行性や制動性を高める、車両制御技術もアリアの差別化ポイントの一つです。シャシー制御技術や、ステアリングバイワイヤー、インテリジェントトレースコントロール(コーナリング安定性向上システム)など、さまざまな制御技術を惜しみなく搭載して車両の走行安定性を支えています。

ハンズオフ機能搭載の運転支援技術

アリアは、ハンズオフ機能搭載の運転支援技術「プロパイロット2.0」を備えています。プロパイロット2.0高速道路の同一車線内において、コンピューター制御によるハンズオフ走行が可能な技術です。アクセルやブレーキ、ステアリングといった運転操作を自動制御できるほか、長時間走行におけるドライバーの負担を軽減できるメリットがあります。来たる完全自動運転時代を見据えた日産ならではの技術です。

アリア電気自動車のアフターサービスと保証内容

アリア電気自動車のアフターサービス

アリア購入後のアフターサービスはメニューが多彩です。6ヶ月ごとの点検とオイル交換をお得料金でパックにした「メンテプロパック」や、日産が独自開発したメンテナンス機器で車両の状態を丁寧に診断する「コンピューター診断」、車のプロが検査と点検と整備を実施する「車検」、その他、日常点検、法定12ヶ月点検、新車無料1・6ヶ月点検などに対応しています。

アリア電気自動車の各種保証サービス

日産アリアの保証も充実しています。「8年160,000km」を保証するバッテリー容量保証をはじめ、少ない負担でメーカー保証後も保証を延長できる「グッドプラス保証」(延長保証)、OBC(オンボートチャージャー)やDC/DC(DC/DCコンバータ)などEVのパワートレインに相当する部品を保証(5年または10万kmのいずれか早い方)する電気自動車特有部品の特別保証などがあります。メニューが豊富で内容も手厚く安心です。

アリア電気自動車の市場での位置づけ

日産初の「クロスオーバーSUV」

アリア電気自動車の市場での位置づけには、さまざまな要素があります。一つは、日産初の「クロスオーバーSUV」ということです。クロスオーバーとは、異なるジャンルや要素を掛け合わせることを意味しています。自動車においては、SUV+軽自動車、SUV+乗用車といった事例が挙げられるでしょう。日産アリアはまさに後者のSUVと乗用車の要素を兼ね備えたオリジナルのEV車ということができます。SUVのタフさと、乗用車の利便性を併せ持った独特の一台です。

CセグメントにおけるEVの旗艦モデル

日産アリアは、いわゆる「Cセグメント」の車として位置づけられています。Cセグメント=Cセグは、あらゆる自動車の類型の一つです。プリウスやカローラ(トヨタ)、リーフ(日産)、インプレッサ(スバル)などを代表車種として、コンパクトカーや小型セダンが同ジャンルに含まれます。Cセグは特にニーズの多い車種が集中している激戦区です。そこにおいてEVの旗艦モデルと目されているアリア電気自動車は主戦として活躍しています。

アリア電気自動車の購入前に知っておくべきこと

アリア電気自動車を購入する際は、いくつかの注意点を知っておく必要があります。特に重要なポイントをピックアップしましたので、チェックしてみましょう。

自宅充電の導入を検討する必要がある

自宅に充電器がなくてもEVは購入できますが、利便性を考えると不安が残ります。なぜなら、日本国内の充電スポットは数が少なく、ガソリンスタンドと肩を並べるためには今しばらく時間がかかるからです。自宅近くに充電スタンドがあったとしても、先客がいると待たなければなりません。こうした不便やリスクを解消する方法として、自宅充電設備の導入は大変有効です。購入前に検討してみるのが良いでしょう。

一定の納車期間を要する

アリアを購入しても、すぐに乗れるとは限りません。現状では、部品の不足や流通の遅れなどさまざまな要因により、アリアの納車期間は数ヶ月〜かかるのが一般的です。そのため、納車されるまでの期間を計算の上、種々の計画やスケジュールを立てる必要があります。ただし、納期が必要となるのはアリアだけでなく、新車全般に及んでいるのが現在の特徴です。

修理代が高額になる可能性がある

アリアに限った話ではありませんが、EV車には駆動用モーターをはじめバッテリーやインバーター、EV用エアコンなどEVならではの部品を数多く搭載しています。ガソリン車の部品では代用できない部品が多いため、これらの部品が故障した場合は、修理代や交換代が高くなる可能性があります。対策として、アフターメンテナンスの状況や、保険の選び方について十分に検討しておくことが大切です。

日々の運用とメンテナンスの簡便性

アリア電気自動車運用のポイントは自宅充電

アリアだけではありませんが、EV運用のポイントは自宅充電にあると言っても過言ではありません。上述したとおり、公共充電ステーションだけに依存すると充電リスクが増してしまいますが、自宅に充電スタンドがあると、リスクを解消して利便性を向上できます。導入費用はかかりますが、補助金も活用できるため、運用性向上のためぜひ導入を検討したいところです。

アリア電気自動車はメンテナンスフリー!?

アリアに限らず、一般的にEV車はガソリン車と比べて機械部品の数が少なく、メンテナンスにかかるコストや手間が少ないのが利点と言われています。モーターを中心としてシンプルな構造となっているため、メンテナンスの簡便性が高いというわけです。実際、EVではオイル交換やフィルター交換などガソリン車では普通に行うメンテナンスは必要ありません。大きな事故や破損がなければ、費用や手間も最小限に抑えられるでしょう。
ただし、日常点検やメンテナンスが全く不要というわけではありません。モータールームやブレーキフルード、ステアリング、サスペンション、ライト・ウィンカー、ワイパー、タイヤなどは、定期的なチェックとメンテナンスが必要です。また点検整備に関しては、「道路運送車両法」という法律で定期的な点検整備が義務付けられています。日常点検やセルフメンテを行う場合は、メーカーの取扱説明書に従って実施しましょう。

アリア電気自動車でユーザーが感じる問題点と改善提案

日産のEVにおける旗艦モデルとしてオールマイティさを発揮するアリア電気自動車ですが、ユーザーからは、下記のような問題点や改善提案がなされています。
● 「ロードノイズがやや気になります。遮音性をもう1ランクアップさせて欲しいです」
● 「走行性は良好ですが、モーターの力感は思ったより少ない印象です。」
● 「全項目で及第点ですが、電気だけで走る純粋なバッテリーEV車としての突出した魅力に欠けています。もっとメリハリのきいた味付けをしても良かったと思います」
● 「リアシートの頭上高が少なめなため、リアシートからの眺めはそれほど良くありません」
● 「力不足は感じませんが、力感は普通だと感じました。短時間でもいいので、ターボモードのように早くなる仕組みが欲しいです」
● 「乗り心地が少し気になります。速い速度域において、ゆすられる感覚とピッチング方向への揺れを感じます」
静粛性やモーターの力感、差別化できる個性、リヤシートの頭上高と後方からの眺め、乗り心地などに関してユーザーから鋭い指摘と改善提案がなされています。いずれも性能や快適性にかかわる重要なコメントですが、全ユーザーの声を代表するものではないため、参考程度にとどめておくのが賢明でしょう。

V2Hの価格・メリット・デメリット