太陽光発電システムの歴史とは

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 太陽光発電システムはどのメーカーが最適なの?
  • 太陽光発電システムと蓄電池のセットがお得
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 太陽光発電システムの設置までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
  • お客様からのよくあるご質問
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2011.11.06

太陽光発電システムの歴史とはVo.1



改めて太陽光発電システムの歴史について考えてみたいと思います。




今からちょうど60年前の1952年に、単結晶シリコンのp-n接合が開発
されました。私は単結晶シリコンは最近の技術とばかり思っていまし
たが、太陽光発電システムが開発された当初から存在してたんですね。

実は、日本メーカーがリーディングカンパニーとして太陽光発電シス
テムを牽引していたのです。



日本メーカーの太陽電池開発の歴史を年表で見てみましょう。

1959年にシャープが日本メーカーで先立ち太陽電池の研究を始めました。

1975年に三洋電機(今のパナソニック)が、アモルファス・シリコン太陽電池
の研究開発を開始しました。

1975年に京セラも太陽電池の開発に着手しました。

1980年に三洋電機が世界で最初のアモルファス・シリコン太陽電池内蔵
の電卓を開発しました。

1993年に京セラが日本初の住宅用太陽光発電システムを発売しました。

1998年には、京セラが太陽電池生産量で世界一のメーカーになりました。

1999年には、日本の太陽電池生産量が、アメリカを抜いて世界一位に
なりました。

2000年には、シャープが太陽電池生産量で世界一のメーカーになりました。

2001年には、住宅用システムの普及により、日本が太陽電池導入量世界一
となりました。




世界中が高度成長していた1970年台、先進国は未来の地球のことを
考えて、1974年にサンシャイン計画を打ち出しました。
サンシャイン計画とは、エネルギー源の多様化の推進と石油に代わる
クリーンな国産エネルギーを開発することです。

サンシャイン計画は、資源問題と環境問題の2つの重要課題の解決に
向けて、オイルショックの翌年にスタートしました。

サンシャイン計画の発足によって民間企業、大学、公的研究機関が
こぞって、太陽電池の開発研究を開始しました。

サンシャイン計画の重要なテーマの一つが太陽エネルギーの活用
でしたが、この時代には「太陽光」よりも「太陽熱」の方が、有効活用
できると思われていました。

この頃は結晶シリコンを用いる太陽電池しかなかったため原材料が
高く、発電コストが1wあたり数万円と、非現実的な発電コストで、
太陽光による発電を商品化する道筋が有効ではなかったのです。


70年代は太陽電池の用途開発が進んだ時代でもありました。
シャープや京セラは先駆けて、用途開発を行なっていました。
シャープは、1967年に宇宙用太陽電池の開発に着手し、1976年には、
実用衛星「うめ」に搭載されました。

また、電卓メーカーの最大手カシオは三洋電機の太陽電池を使って、
ソーラー電卓を開発しました。




1990年代に入ると、太陽電池のモジュール変換率が10%を超え、
住宅の電力用に使用することが可能となりました。
また、同時期に地球環境問題が注目されるようになり、太陽電池の
実力が再認識されるようになりました。

【当時の問題】
★一般住宅に取り付ける太陽光発電システムは、当時の法律では
 国の許可が必要な「発電所」と見なされていました。

★トラブル時に復旧作業社の安全を確保するための発電停止や、
 電圧の許容範囲内制御など、安全にかかわる課題の検証と解決
 が必要でした。

★一般的に家庭用途に必要な出力は3kw程度で、価格は600万円
 程度するので、この価格では普及が難しいため補助金が必要
 となりました。



1990年代になると、住宅用の太陽光発電システムの需要が急激
に伸び、1997年には太陽電池の累積導入量でばアメリカを上回り
さらに1999年には、年間生産量においても日本は世界一の生産国
となりました。



1993年に京セラが日本発の住宅用太陽光発電システムを発売しま
した。
1999年には、シャープと京セラが年間生産量で世界1位、2位とな
りました。
日本勢の勢いは止まらず、2005年にはシャープ、京セラ、三洋電
機、三菱電機が世界の総線量のうち46のシェアを占めていました。

日本がまさに太陽電池生産の世界一となった瞬間でした。



無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top