太陽光発電の買取制度を知っておきましょう

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 太陽光発電システムはどのメーカーが最適なの?
  • 太陽光発電システムと蓄電池のセットがお得
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 太陽光発電システムの設置までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
  • お客様からのよくあるご質問
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2011.07.11

太陽光発電の買取制度を知っておきましょう

 


太陽光発電の買取制度を知っておきましょう

太陽光発電で生みだした電力は電力会社に売ることが可能です。

その価格は、住んでいる都道府県や市町村に関わりなく一定で、
年度ごとに見直され、2011年度は1キロワット時あたり42円と決
まっています。
補助金と組み合わせてこの制度を利用すれば、非常に短い期間で
初期投資の元をとることが可能です。

すでに太陽光発電を導入した人も、今、検討中の人も、また導入
済みで将来の増設を考えている人も、買い取り制度について
知っておきましょう。


自宅に太陽光発電システムを導入しているすべての人は、自宅で
発電した電力のうち、自分で使わなかった電力(余剰尾力)を電力
会社に売ることができます。2011年7月現在、日木ではこの「新
たな買い取り制度」が施行中です。

 

 

★2011年度の買い取り価格は42円/kVVh

この制度は2009年11月に始まりした。この制度のポイントは、以
下の2点です。

1.太陽光発電システムでつくられた電力のうち。「余熹電力」が
 買い取りの対象になる。

2.買い取り価格は、120か月(10年)の間、固定される。

 

 

★2011年度の買い取り価格は42円/kVVh

2009年の制度開始時からの変化の一つとして、買い取り額の変化
があげられます。一般住宅用の場合、2009年11月~2011年3月ま
でに設置した場合の買い取り額は、1キロワット聘あたり48円
(10年固定)でいした。その後、買い取り額が見直され、2011年4
月から2012年3月に導入した場合の買い取り額は、1キロフット
時あたり42円(10年固定)と、約12パーセント低下しました。

この買い取り額の低下は、もともと予定されていたものでした。
資源エネルギー庁はこれからも買取り額を少しすつ下げていき、向こう3~5年で1キロワット時あたり24円にまで下げることを目標としているらしいです。

1キロワット苛24円という数値は、-般的な電気料金(貝毎価格)と一致します。
つまり将来的には、売電も買電も同価格になることを目指しているのです。

したがって、太陽光発電システムを設置するメリットが年々減少することになるので、検討中のお客様は少しでも条件が良いうちに設置された方が、生涯投資収益が大きくなります。

 

 

★増設するならば、早い時期が得??

売嘸価格の低下は、太陽光発電システム自体の価格の低下にあわ
せたものです。

資源エネルギー庁によると、買取り制度のはじまった2009年11月
の時点で、1キロワットあたりの住宅用太陽約光発電システムの
平均価格は61.4万円でした。
2011年末にはこの価格が56.1万円にまで低下しました。

太陽光発電システムが普及したことで、システムも安くなったの
です。
この買い取り制度は、最終的にシステムの価格を施行前の半額に
することを目指しているのです。

なお、買取価格の固定は、最初にシステムを導入した年度で決定
されます。すなわち、2011年3月までに導入をした場合は1キロ
フット時48円で固定されています。仮にこのシステムの容量を増
設した場合、その時期にかかわらす、1キロワット時48円が適用
されます。

ただし、その適用期間は最初の導入時期から10年間に限定されます。

2009年11月~2011年3月までに既に導入済みのお客様は、増設を
するなら早い時期ほど、お得と言えます。

なお、工場や亭業所などにもこの余剰電力買取制度は適用されて
います。制度開始時は、一般住宅とはことなり1キロワット時24円
ではじまりました。しかしこの1年4か月で、工場や事業所への
普及は想定ほど伸びなかったのです。そのため、2011年4月から
は1キロワット時あたり40円に増額されました。

 

 

★2011年4月から「太陽光発電促進付加金」が開始しました

買取の財源は、電力会社がボランティアで負担しているというわ
けではなく電力需要家全員、つまり太陽光発電を設置している家も
、設置していない家も等しく財源を負担しているのです。

毎月、電力会社が発行している検針票が手元にあれば、ぜひご覧
ください。
検針票とは、毎月の使用量と、電気料金を知らせる紙のことです。
その紙に「太陽光発電促進付加金」という項目があるはすです。
1か月の電気便用量が約300牛ロワット時の一般的な家庭では、
この促進付加金として月3円~21円の請求がなされているはずです。

促進付加金として請求される金額に差があるのは、電力会社によ
る差ですので、例えば九州電力と東京電力では異なります。
太陽光発電の普及が進んでいない北海道電力ではこの価格は最も
安く、普及が進んでいる九州電力ではこの価格は最も高く設定さ
れております。
こうした価格は、専門家による政府の小委員会の分析にもとづいて決定されているのです。


さて、政府は2010年6月に定めた新成長戦略で、2020年までに太
陽光発電を含む再生可能エネルギーの国内一次エネルギーに占め
る比率の目標を10パーセントに定めたとのことです。

さらに2012年4月から非住宅用の電力買い取りを余剰電力ではな
く、全量買い取りに変更する法案が国会に提出されております。

これにより、企業が積極的にメガソーラー(大規横な太陽光発電
)を展開するようになると予想されます。
実際、2011年3月の震災以降、そうした動きは活発化しています。

もっとも買い取りの財源にあたるのはやはり全家庭の電気代です。
現在の太陽光発電促進付加金にかわる新たな付加金が加わることに
なっているようです。

特に、民意を問われるわけではなく政府が勝手に決めることなので、
太陽光発電システムを設置していない方からの不満も多いようです。


国は、国民全員で太陽光発電の負担を追うことで、太陽光発電の
積極的な導入を促し、純国産のニネルギー比率を少しでも高めた
い考えなのです。

また同時に、とくに一般家庭に対しては、買い取り額を調整する
ことで、太陽光発曙を導入する時期がいつであっても損得が生じ
ないようにする方針を示しています。

資源エネルギー庁は、現状をまとめたホームベージや問い合わせ
窓□が開設しており、各電力会社のホームページでも情報を集め
ることが可能です。
お客様にとっては、わかりずらいことも多々あるかと思いますので
、不明点は不明なままにせす、お客様自身にも確実に理解してい
ただくことが大切ですので、些細な事でも何なりお問い合わせ
ください。
なお、2012年度の買い取り額は、2012年2月~3月に発表される
みこみです。

 

 

 

 

無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top