電力の地産地消のメリットは?|太陽光発電システムのエコ発電本舗 |

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • スマートスター蓄電池
  • ニチコン蓄電池
  • 田淵 アイビスセブン ハイブリッド蓄電池
  • ニチコン系統連系型EVパワーステーション
  • 三菱SMART V2H
  • パナソニックHIT P247αPlus 太陽光発電システム
  • カナディアンソーラー295w 太陽光発電システム
  • 長州産業274w,304w 太陽光発電システム
  • ソーラーフロンティア185w 太陽光発電システム
  • シャープ256w 太陽光発電システム
  • Looop295w 太陽光発電システム
  • Qセルズ300w 太陽光発電システム
  • 東芝253w 太陽光発電システム
  • 京セラ220w 太陽光発電システム
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • 家庭用蓄電池の設置メリット
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • エコ発電本舗の太陽光発電システムのお客様の声
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

2018.11.03

電力の地産地消のメリットは?

電力の地産地消とはなんでしょうか?


「電力の地産地消」とは、地域で発電した太陽光発電システムや風力発電、地熱発電などの電力をその土地で消費することをいいます。
2016年にスタートした「電力自由化」により、大手電力会社の他にさまざまな事業者が電気事業の小売市場に参入してきました。
その結果、一般家庭でも電気の購入先の選択肢が広がり、多様なサービスプランを選べるようになるなど多くのメリットが生まれています。
さらに、自分の住む地域の自治体や企業が運営する電力事業者から電気を購入することができるようになったことで、電力の地産地消が可能になったのです。
どうせ電力を購入するなら、多少高価格でも地元から購入したいと考える方も一定数いらっしゃいます。
環境にも良いですので、良い取り組みだと思います。




電力の地産地消のメリット


では、何故「電力の地産地消」がこれほどまでに話題になっているのでしょうか?
電力の地産地消のメリットについてみて解説します。

 1.送電ロスの低減
大手電力会社からの電力供給では、それぞれの電力会社の発電所で作られた電力を、電力系統を通して各地域に送電していました。
電力は発電場所と消費場所の距離が長いほど送電する際のロスが大きくなります。
大手電力会社からの電力供給は、安定して大量の電力が作り出すことができる反面、電力のロスが大きく、省エネという観点からは問題もありました。

 2.環境負荷の低減
既存の電力会社による電力の大量生産モデルでは、化石燃料を使う火力発電がメインとなります。
化石燃料は、電力を生み出す際に二酸化炭素を排出します。
そのため、地球温暖化の原因ともなり、環境への負担が大きくなるのです。
一方、地産地消モデルの場合、電源となるのは太陽光発電システム風力発電をはじめとした再生可能エネルギーやエネファーム、ごみ処理場などの発電システムなどといった自家発電システムですので、環境負荷の低減につながります。

 3.省エネの普及促進
電力の地産地消は、地域で生み出した電力をその土地で消費します。
発電場所と消費場所の距離が短く、それほど大規模な発電設備が必要ないため、太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーの普及も促進されます。
電力の地産地消は、送電ロスを減らして省エネに貢献すると共に、再生可能エネルギーを有効利用し、環境への負荷を軽減できる方法なのです。




地産地消型の新電力が地域活性化につながる?


「電力の地産地消」は、電力自由化によって電気事業に参入してきた新電力を中心に進められており、地産地消型の新電力には地域の自治体主導の新電力や、地域内で発電した電力を買い取って販売する新電力などがあります。
新電力は、地域で生み出された電力をその土地で小売りし、得た利益を地方自治体や事業者に還元するため、電力の地産地消による地域の活性化も見込むことができるのです。
現在、日本のエネルギーは外国からの輸入に頼っているのが現状です。
日本の各地域で作り出されたエネルギーをその場所で消費する「地産地消」の促進は、地方自治体や事業者への還元だけでなく、雇用の創出など様々な形で地域を活性化し、地域経済を豊かなものにしていくことが期待されています。




電力の地産地消のまとめ


電力の地産地消には、省エネや環境への負荷の軽減などたくさんのメリットがあります。
電力の地産地消が普及することは、日本さらには各地域がエネルギー自立をしていく鍵となり得るのではないでしょうか。
太陽光発電システムの買取単価も年々安くなっているので、地域で高額で買い取ってもらえるなら、設置者にとっても経済メリットが大きく、まさに三方良しですね。



無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top