太陽光発電の出力抑制に収入を補填する|太陽光発電のエコ発電本舗

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
中部:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
北陸:新潟、富山、石川、福井
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知 九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

2021.09.29

太陽光発電の出力抑制に収入を補填する

太陽光発電の出力抑制に収入を補填する


太陽光発電の出力抑制に収入を補填する

経済産業省は、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの出力抑制の対策を検討する。

◆ 出力抑制の現状
現状では、需要以上に発電した再生可能エネルギーは「出力抑制」となり、発電電力は活用されない状況だ。
これは、政府が掲げる「脱炭素、火力発電の削減、再生可能エネルギーの拡大」に逆行しており、再生可能エネルギーの発電量が多い場合、再生可能エネルギーの出力を抑制し、火力発電を利用する仕組みとなっている。

結果的に、発電事業者は事前のシミュレーション通りの収益を享受することができない結果となり、太陽光発電の普及拡大にも悪影響となる。

とはいえ、再生可能エネルギーは変動が激しく、主力電源としての活用は難易度が高い。電力のマネジメントにおいて需給が一致させることが前提で、実現できないと停電や設備の故障を引き起こす。
需給バランスを優先すると、火力発電をベース電源とする方がオペレーションは簡単なわけだが、昨今の環境問題を鑑みると、火力発電を優先するオペレーションは時代錯誤で、目的に矛盾している。

◆ 各エリアの電力需要と、再生可能エネルギーの発電量


エリア 最低需要
万kw
太陽光と風力
万kw
比率
北海道 292 252 86.3
東北 724 817 112.8
東京 2945 1670 56.7
中部 1031 994 96.4
北陸 219 126 57.5
関西 1143 631 55.2
中国 495 600 121.2
四国 229 321 140.2
九州 688 1088 158.1
沖縄 74 37 50.7

◆ 補填の財源は?
出力抑制が発生した際は、その分の収益を補填するらしいが、財源は「電気料金で賄う」と記載されている。 送配電会社が発電事業者に支払う立て付けのようだが、結局のところ電気料金の値上げにつながる可能性もあり、再エネ賦課金として国民から搾取される可能性もありそうだ。

◆ 再生可能エネルギーの普及に向けて
再生可能エネルギーを普及拡大させることは番長一致で周知の事実ですが、具体的には電力会社向けのガイドラインで「最低出力を50%以下に抑制する」と名言している。

火力発電の発電量を削減することで、再生可能エネルギーの活用量を増やし、それでも余る場合は余剰分を他のエリアに配電する。
今後は、蓄電池も普及拡大するので、蓄電して太陽光発電が発電しない夕方以降の活用にも期待できる。


太陽光発電システムの商品一覧



太陽光発電の買取価格・売電価格について
自家消費型太陽光発電の補助金と仕組み


無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top

太陽光発電と蓄電池の見積り依頼