各電力会社の卒FIT後の買取価格 太陽光発電の売電価格

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
中部:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
北陸:新潟、富山、石川、福井
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知 九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

2021.02.18

各電力会社の卒FIT後の買取価格 太陽光発電の売電価格

各電力会社の卒FIT後の買取価格

既存電力会社の買取価格


電力会社 買取価格・買取プラン
北海道電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、8.0円
東北電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、9.0円
東京電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、8.5円
【 買取プラン 】
FIT満了翌日から翌年度の末日まで
(以降1年毎の自動更新)
北陸電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、1~17円
【 買取プラン 】
① 固定単価プラン
 1kwhあたり、一律8円
② 安心年間定額プラン
 余剰買取量600kwh/年以上:15,000円/年
 余剰買取量1,000kwh/年以上:25,000円/年
 余剰買取量1,400kwh/年以上:35,000円/年
中部電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、7~12円
【 買取プラン 】
① プレミアムプラン
 1kwhあたり、一律8円
② Amazonギフト券プラン
 8.1円(Amazonのギフト券で付与)
③ プレミアムプラン
 1kwhあたり、一律7円
④ WAONプラン
 9円(現金7円にWAONポイントを2円分付与)
⑤ 再エネスマートプラン(オール電化導入が前提)
  デイタイム:12円
  ホームタイム:8円
  ナイトタイム:7円
⑥ 自家消費セット
 蓄電池導入で1万ポイント、エコキュート導入で6千ポイント
関西電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、8円
中国電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、7.15円
四国電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、7円
【 買取プラン 】
 ・サービス利用料:2,700円/月
 ・150kwh/月まで預かり、超過分の余剰買取は8円
九州電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、7.0円
沖縄電力 【 買取価格 】
1kwhあたり、7.5円

「お預かり」とは?
太陽光発電システムの発電電力を電力会社に預け、その分を電気料金から相殺するサービス。
お預かりサービスには利用料金がかかるので、買取価格に換算すると1kwhあたり8円程度となります。




新電力会社(PPS)の買取価格


電力会社 買取価格・買取プラン
スマートテック 【 買取価格 】
1kwhあたり、10円
エリア:東北、関東、中部、近畿、中国、九州
【 買取プラン 】
契約期間は2年間で、その後は1年毎に自動更新
昭和シェル石油 【 買取価格 】
1kwhあたり、7.5円(九州)
1kwhあたり、8.5円(九州・沖縄以外)
静岡ガス 【 買取価格 】
1kwhあたり、7円+α
エリア:静岡全域、山梨・長野の一部
積水ハウスオーナーでんき 【 買取価格 】
 1kwhあたり、11円
 エリア:清水ハウスのオーナー限定
【 買取プラン 】
買取電力はRE100達成のために自社グループで活用
スマートハイムでんき 【 買取価格 】
1kwhあたり、12円(蓄電池付)
1kwhあたり、9円(太陽光のみ)
エリア:セキスイハイムのオーナー限定
シェアリングエネルギー 【 買取価格 】
1kwhあたり、8円
エリア:東北、関東、中部、近畿、中国、九州
家庭用蓄電池 メリット 価格 商品一覧


卒FIT後の電力業界の傾向

高額買取は顧客獲得が目的


FIT満了後に大手電力会社や新電力(PPS)が、太陽光発電システムの余剰発電電力を買取る主な理由は「電気契約の新規獲得」「契約継続」です。

電力業界のみならず、通信やECなど多くの顧客をかかえるサービスはバンドル(抱き合わせ)販売で、サービスを横断させることで総合的に、多くの顧客を獲得し収益を確保します。

発電電力の買取価格が高価格でも、長期的に電気を購入してもらうことで利益を獲得できます。
将来的に新たなサービスや商品を販売することもでき、生涯に渡り顧客から多くの収益を得ることが目的です。

また、他の企業とのタイアップにより、さらに高い付加価値を提供しているプランもございます。例えば中部電力はAmazonやイオンとタイアップしています。
タイアップにより中部電力は買取価格のコストを削減でき、Amazonやイオンは顧客との接点が増え販売促進につながり、お客様は経済メリットを享受できる三方良しの仕組みです。

FIT満了後の買取ブランへの加入はお客様自身による能動的なアクションが必要です。
放置すると、最低価格で売電することになりかねないので、必ず情報収集しご検討ください。




蓄電池導入で自家消費の推進


再生エネルギーを促進させる目的は「環境改善」「エネルギーミックスによる石油依存の回避」です。

再生エネルギーの普及促進の施策として、設置者へのインセンティブとして「補助金」「固定価格買取制度」を付与しているわけです。

固定価格買取制度の原資は、電力契約をしている全ての顧客から「賦課金」という名目で徴収されています。
再生エネルギーの先進国であるドイツでは賦課金として年間3万円程度徴収されており、日本では1万円程度徴収されています。

賦課金上昇の改善策はドイツも日本も同様で、発電電力の買取価格を大幅に下げ、家庭用蓄電池の普及を促しています。
さらに、ドイツでは家庭用蓄電池の蓄電電力を顧客同士で融通できる仕組みができている。

再生エネルギーの最終的に目指すところは「ニア自給自足」で、太陽光発電システムの発電電力を家庭用蓄電池に蓄電し、夜間は家庭用蓄電池の電力を家庭内に供給して、電力会社からの購入電力量を最小化する。

家庭用蓄電池の普及促進のために、国や自治体は多額の補助金を設定しているので、このタイミングで導入すると飛躍的に費用対効果が向上します。
例えば、東京都は蓄電池導入者に最大60万円の補助金を付与しています。
補助金の活用は経済メリットが飛躍的に向上するので、必ずチェックしましょう。


家庭用蓄電池 補助金情報




電気自動車とV2Hの高額補助金!


環境省にて「電気自動車、V2Hの高額補助金」の申請受付中です。
経産省は予算満了につき受付終了いたしました。

2030年代後半には、ガソリン車の新車販売禁止をかかげており、政府が本腰をいれて電気自動車(EV車)の普及を促進させます。

今回の補助金は「電気自動車(EV車)で最大80万円」「V2Hで最大115万円」と極めて高額で、地方自治体の補助金とも併用できるので、活用しない手はないですね。

当社では補助金の代行申請を承っております。補助金の詳細については以下ページをご参照ください。

EV補助金


太陽光発電の買取価格・売電価格について
家庭用蓄電池導入の収益シミュレーション



無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top

太陽光発電と蓄電池の見積り依頼