気候リスクの情報開示の国際基準が制定?! |太陽光発電のエコ発電本舗

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
中部:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
北陸:新潟、富山、石川、福井
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知 九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2021.11.04

気候リスクの情報開示の国際基準が制定?!

気候リスクの情報開示の国際基準が制定?!


気候リスクの情報開示の国際基準が制定?!


先日も記載しましたが、大手企業を中心に気候リスクへの取り組みや温室効果ガスの排出量などの開示が義務化されます。
2022年6月までにIFRSが世界の共通基準をつくります。
現状は、環境関連の開示基準は乱立しており、使い勝手が悪い状況でした。
国際会計基準のIFRSが定めるルールであれば、投資家も安心して企業の取り組みを判断できます。

◆ IFRSが公表している国際基準の骨子
 ・ガバナンス:監督組織と経営者の役割
 ・戦略:複数シナリオによりリスクと事業機会を検討し影響を開示
 ・リスク管理:リスクの特定や重要性評価のプロセス
 ・指標と目標:スコープ1~3の排出量、リスクにさらされる資産や事業の割合や経営者の報酬

◆ 従来の投資基準は?
気候変動を含むESGの情報開示は民間団体が独自基準で指標を作成している。
情報の偏りや正当性の担保が乏しく、投資家のリスクが高まり、連動して資金調達にも影響し、結果的に企業の温暖化対策に悪影響となる。

◆ スコープとは?
 ・スコープ1:工場の燃料燃焼など直接的な排出量
 ・スコープ2:他社から供給される電力の発電による排出量
 ・スコープ3:部品調達など取引網全体の排出量

業界に関わらず、スコープ3までの開示が求められます。


太陽光発電システムの商品一覧



太陽光発電の買取価格・売電価格について
自家消費型太陽光発電の補助金と仕組み


無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top

太陽光発電と蓄電池の見積り依頼