太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!

太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

COP26温室効果ガスの排出枠取引のルール確定?!

投稿日:2021年11月17日

COP26温室効果ガスの排出枠取引のルール確定?!

COP26にて、温室効果ガスの排出枠取引のルールが決まりました。
先進国が途上国で取り組んだ温室効果ガスの削減量を先進国と途上国で分ける仕組みとなった。
このルールが機能すれば、世界の温室効果ガスの削減量の3割に匹敵する「90億トン」を削減できる見込みです。
何事においても、アクションの動機づけとなるインセンティブやペナルティの設定は重要で、特に導入期はインパクトのあるインセンティブの設定が求められる。
軌道に乗れば、インセンティブやペナルティの補助輪は徐々に不要になる。

◆ 排出枠取引の枠組みは?
排出枠取引は「市場メカニズム」と呼ばれており、過去のCOPで妥結できなかった最後のピースです。
今回のCOP26で枠組みが確定したことで、各国で活用がすすみ、予定より早く目標の削減量を実現できる可能性があります。
先進国がの具体的な取り組みは、途上国に再生可能エネルギーの設置、省エネ設備の導入などがあげられます。
途上国で削減した温室効果ガスの一部を制度を活用した先進国の温室効果ガスの削減量に加算できる。
削減量の配分は個々の国同士で取り決めるが概ね50%程度になりそうです。

◆ 二国間クレジット制度(JCM)とは?
二国間クレジット制度(JCM)は、アジアなど17カ国の197事業で活用されている排出枠取引の制度です。
日本では2030年までに総事業費1兆円規模を投じており、累積1億トンを温室効果ガスの削減目標とする。

太陽光発電システムの商品一覧

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
必須
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ