太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!

太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

脱炭素。欧州発の「緑ルール」

投稿日:2021年11月18日

脱炭素。欧州発の「緑ルール」

フランス、ドイツ、イギリス、アメリカの連合で、南アフリカの脱炭素を支援する枠組みを宣言しました。
予算は85億ドルで、基本的には再生可能エネルギーの導入により、石炭火力発電の閉鎖を前倒しする。

◆ 南アフリカ支援の経緯は?
COP26で、環境改善の取り組みが緩い国からの輸入には「国境炭素税」を付加する案が公表された。 国境炭素税の目的は、脱炭素への取り組みにかかるコストを勘案した上での公平な対策です。
途上国は、公平な取引をさまたげる「緑の壁」と認識している。
途上国の立場では、インパクトのある脱炭素施策が取れる状況ではない中で、先進国に都合のよいルールを制定されると先進国のメリットになり、途上国には損失となる。

◆ 日本は流れに乗り遅れている?
日本はこの件においては完全に乗り遅れている。
世界標準に乗り遅れているのは自動車の件でも同様で、欧州は2035年までにphvも含めたエンジン車の新車販売を廃止する。
日本車を欧州などに輸出するためには、EVへのシフトが余儀なくされる。
やりようによっては、phv(ハイブリッド車)は環境に良いと提唱することもできたかもしれない。まぁハイブリッドの時点で排気ガスは発生するので、EVや燃料電池自動車の方が良いわけだが。。。

太陽光発電システムの商品一覧

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
必須
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ