太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

関西電力の値上げの理由と影響は?節電のコツも解説!

投稿日:2023年01月24日

関西電力の値上げの理由と影響は?節電のコツも解説!

電気料金の値上げが頻繁に行われ、ネットなどでも不安の声が多く上がっています。電気は生活に欠かせないものの1つです。電気料金が上がると毎月の負担が増えるため、生活にどのような影響が出るのか気になる人もいるでしょう。関西電力でも、2023年4月から電気料金の値上げが行われました。今回は関西電力の値上げに関して、理由や家計に与える影響、どのように節約すればよいのかなどを解説していきます。

なぜ関西電力が電気料金値上げ?背景とは

石炭や液化天然ガスの価格高騰

関西電力が電気料金の値上げを決断した理由の1つが、石炭や液化天然ガスの価格が高騰しているということです。燃料価格の高騰には、ウクライナ情勢が大きく関係しています。ロシアのウクライナ侵攻後には原油価格が一気に上がり、関西電力だけではなく様々な電力会社が値上げに踏み切りました。石炭や液化天然ガスも高騰しましたが、電気と何が関係しているのか疑問に感じる人もいるかもしれません。日本は電気の多くを火力発電から得ています。火力発電には石炭や液化天然ガスを使用しているため、燃料価格が上がり電気料金を値上げせざるを得ない状況になったのです。

託送料金の見直し

関西電力は、託送料金の見直しも行いました。託送料金というのは、電気を送るために必要な送配電網の利用料金のことです。普通に電気を使っていると意識しない人が多いですが、託送料金は電気料金に含まれています。「再生可能エネルギーを普及し拡大させるためのインフラ強化を行う」という目的で託送料金の見直しを行った結果、電気料金も値上がりしたというわけです。

関西電力の値上げに耐えられるのか?家計の影響とは

関西電力の値上げは2023年4月1日から始まりましたが、すべての料金プランが値上げされています。一般家庭向けに提供されている規制料金プランが、従量電灯Aと言われるものです。基本料金はなく、使用電力量によって電力量料金の単価が上昇していきます。電力料金の単価自体は値上げされていませんが、最初の15kWhまでの最低料金が値上げとなりました。従来は1契約341.01円だったものが、433.41円に増えています。飲食店や家庭などで使用されている従量電灯Bに関しては、最初の15kWhまでの基本料金が369.00円から416.94円の値上げとなりました。
従量電灯Aを契約しており、1ヶ月の使用電力量が260kWhの家庭であれば、電気料金が100円増える程度の影響が出るでしょう。関西電力は他にも様々な料金プランを提供していますが、おおよそ毎月の電気料金は100円から250円程度の値上げとなります。

関西電力の値上げでネットの反応は?

関西電力が2023年4月1日から電気料金を値上げすることが決まり、ネットでは様々な反応がありました。年々電気料金が値上がっていることを受けて、「ここまで電気料金が上がると生活が不安」、「色々な節電をしてきたけれどもうできることがない」など、困り果てている人も多いです。一方で、「燃料費高騰を考えると仕方ない」、「この程度の値上げであれば我慢する」といった反応も少なくありません。
関西電力が行った2023年4月1日からの値上げは、一般家庭の場合は93円程度の上乗せとそれほど大幅な値上げではありませんでした。個人差はありますが、負担があまり大きくないということで、燃料費高騰などの状況も踏まえ、我慢して受け入れるという意見も多くなったのでしょう。

関西電力の値上げで節電は必要?節約のコツを紹介

2023年4月に行われた関西電力の値上げは、それほど大きなものではありません。しかし、毎月の電気料金の負担が増えるのは事実です。中には電気料金の値上げによって、生活に支障が出てしまうのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。ここからは、電気料金の節約のコツを紹介していきます。

エアコンの設定温度を見直す

節電をする時にまず見直したいのが、エアコンの設定温度です。夏場と冬場はエアコンが欠かせないという人も多いでしょう。家電の中でもエアコンの消費電力は大きく、夏場と冬場は電気料金が高くなりがちです。エアコンの消費電力というのは、設定温度によって大きく変わります。環境省によれば、夏場は設定温度を1℃上げると13%、冬場は1℃下げると10%削減できるとされています。無理のない範囲で設定温度を見直すことで、年間の電気料金を抑えることができます。

冷蔵庫の設定温度を変える

一般的な冷蔵庫は、「強」や「中」など設定温度を変更できるようになっています。設定を変える機会があまりないため、知らなかったという人もいるかもしれませんが、設定温度を「強」から「中」に変えるだけでも節電が可能です。使っている冷蔵庫によって変わりますが、年間で1,500円以上電気代を節約できるケースもあります。夏場は中のものがしっかり冷えるように「強」、周囲の温度が低くなる冬場は「中」に設定するなど、季節に合わせて温度設定を変更して電気料金を節約しましょう。

極力待機電力を抑える

待機電力を抑えるというのも、電気料金を節約するコツの1つです。家電の中には、使っていなくてもコンセントに繋いでいるだけで、電力を消費するものが多くあります。これを待機電力と言うのですが、年間の消費電力のうち約5%を待機電力が占めています。例えば毎月平均で10,000円程度電気代を支払っている家庭であれば、年間で6,000円程度は待機電力に使っているということになります。すべての家電をコンセントから抜いておくわけにはいきませんが、長期間使わないようなものはこまめにコンセントを抜くことで、電気代の節約になります。

他社と比較した場合

電気料金の値上げを行っているのは、関西電力だけではありません。東京電力や北海道電力などの大手電力会社でも、燃料価格の高騰や託送料金の見直しなどを理由に、値上げを行っています。大手会社の一般家庭向けのプランを比較した場合、以下のようになります。

関西電力(従量電灯Aの最低料金) 341.01円→433.41円
東京電力(従量電灯Bの15Aの基本料金) 429.00円→442.86円
北海道電力(従量電灯Bの15Aの基本料金) 511.50→561.00円
中部電力(従量電灯Bの15Aの基本料金) 429.00円→445.50円
中国電力(従量電灯Aの最低料金) 336.87円→496.91円

上記は2023年4月1日に各社が行った値上げ幅になります。東京電力のように、6月以降値下げが予定されている電力会社もあるので注意してください。

関西電力の値上げは原発再稼働と関係している?

関西電力は、多くの原発を再稼働しているため、火力発電の比率はそれほど高くありません。火力発電の依存度が低いということは、天然ガスなどの燃料費の高騰の影響を受けにくいということです。2023年4月に値上げを行いましたが、各電力会社が値上げを予定している6月に関しては、値上げをしない方向と発表しています。ウクライナ情勢の影響を受けた燃料費の高騰も4月に値上げを行った理由の1つですが、託送料金を見直したという理由が大きく、値上げ幅はそれほど大きくありません。原発の稼働率が高い関西電力においては、原発再稼働と電気料金値上げの関係性は低いと言えるでしょう。

契約プランやメニューを見直したほうがよい?

関西電力は、一般家庭向けの従量電灯A以外にも、エコキュートを設置している人が加入できる「はぴeタイムR」や「はぴeタイム」など様々なプランを提供しています。しかし、2023年4月1日の値上げに関しては、すべてのプランで値上げが行われています。はぴeタイムに関してはエコキュートを設置している必要がありますし、その他のプランは商店や事務所向けとなっているため、節約のために契約プランやメニューを変更する必要性はそれほどないでしょう。

電気料金の値上げに対する消費者庁や経産省の対応は?

関西電力や東京電力など、大手電力会社の値上げを受けて、消費者庁と経産省は協議を本格化する予定です。各社からの値上げの申請に関しては、7社中6社の値上げ幅を平均28.1~40.9%から平均17.6~38.2%に圧縮するという対応をとっています。これは、燃料価格や為替などの状況を踏まえた結果です。また、消費者の負担を考え、さらなる縮減を求める対応を行うことが予定されています。

電気料金の値上げによって家計と節電はどうなる?

2023年4月に各電力会社が電気料金の値上げを行いましたが、6月にはさらなる値上げが予定されています。しかし、関西電力に関しては液化天然ガスの価格が落ち着いてきている、原発の稼働率が高いなどを理由に、値上げは行わない方向です。そのため、関西電力を利用している家庭では、電気料金の値上げが家計に与える影響は少ないと言えるでしょう。しかし、以前に比べれば毎月の電気料金の負担は大きくなっています。消費電力が増える夏場に向けて、エアコンの設定温度を上げるなど節電を心がける必要性は出てくるでしょう。

原発再稼働と再生エネの行方はどうなる?

再生エネとは再生可能エネルギーのことで、太陽光や風力、地熱など再生可能な自然界に存在するエネルギーを指します。石油や石炭のように有限ではなく、枯渇しない、どこにでも存在するエネルギーということで、注目を集めています。しかし、現状では再生エネだけで電力を賄うのは不可能とされています。
再生エネは気候や時間などの条件によって発電量が異なるといった理由から、安定供給が難しいためです。現時点では原発に頼らざるを得ないということで、原発再稼働を望む声も少なくありません。しかし、原発は安全性が問題視されているという面もあります。今後多くの企業が再生エネの普及に取り組み、安定供給させる技術が高まれば、原発に頼らなくても済む日が来るのではないかと期待されています。

他社に乗り換える時のポイントは?

関西電力の値上げを理由に、他社への乗り換えを検討しているのであれば、まずプランを比較してみることが大切です。関西電力の一般家庭向けのプラン、従量電灯Aを利用している家庭が多いですが、これは最低料金が決まっており、それ以降は電力量に応じて料金単価が上がるタイプのプランになっています。他社のプランには、従量電灯Aのようなプラン以外にも、単価が一定のプラン、時間帯によって電気料金が変わるプランなどがあります。
どの時間帯に多くの電気を使うかは家庭によって変わってくるので、自分達の生活スタイルに合ったプランを選ぶことが大切です。多くの電力会社が電気料金のシミュレーションを用意しているので、まずはどの程度の電気料金がかかるかシミュレーションをし、色々な電力会社を比較してみましょう。

電気料金の値上げに対して太陽光発電や自家発電は有効?

関西電力でも電気料金の値上げが行われているということで、太陽光発電や自家発電に興味を持つ人が多くなっています。太陽光発電の大きなメリットは、自分の家で電気を生産できることです。太陽光発電によって得た電力で家庭の電気を賄うことができれば、電力会社から電気を買う必要がなくなるため、高い経済効果が見込めるでしょう。しかし、太陽光発電は基本的に作り出した電力を貯めておくことができません。
そこで役に立つのが蓄電池です。太陽光発電で作った電力を蓄電池に貯めておくことで、必要な時に利用することができます。太陽光発電と蓄電池を用いて自家発電すれば、電気料金の節約になるだけではなく、災害時などに停電してしまった時にも役立ちます。電気料金の値上げに対して、太陽光発電と蓄電池を取り入れることは有効な手段と言えるでしょう。

家庭用蓄電池 メリット 価格 商品一覧

V2Hの価格・メリット・デメリット