• 日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • パナソニックHIT P247αPlus 太陽光発電システム
  • 長州産業274w,304w 太陽光発電システム
  • ソーラーフロンティア185w 太陽光発電システム
  • カナディアンソーラー295w 太陽光発電システム
  • 三菱245w 太陽光発電システム
  • Qセルズ300w 太陽光発電システム
  • シャープ256w 太陽光発電システム
  • 東芝253w 太陽光発電システム
  • 京セラ220w 太陽光発電システム
  • Looop295w 太陽光発電システム
  • どのメーカーが最適なの?
  • 3つの補助金完全サポート 国+都道府県+市町村 詳しくはこちら
  • 設置までの流れ
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • どのメーカーが最適なの?
  • オール電化導入で更に得?
  • お客様からのよくあるご質問
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

2017.10.06

家庭用蓄電池の導入メリットと費用対効果のシミュレーション

家庭用蓄電池の設置メリット


最近、蓄電池ご要望のお問合わせが急増しております。
要因は2つ
◆ 売電単価の下落
◆ 電気料金の値上げ


ご存知の通り、太陽光発電システム設置により得られる売電収益(売電単価)は年々下落しております。
逆に、電気料金上昇については、原発停止により火力発電の稼働率が高まり、発電コストが上昇したこと。また、再生可能エネルギーの普及による「再エネ賦課金」の加算が電気料金値上げの要因となっております。

「売電単価の下落」「電気料金の値上げ」という2つの傾向は今後もどんどん進行し、太陽光発電システムによる発電電力は「売電するより、自家消費した方が得」となりつつあります。

【売電単価】
平成29年度の売電単価は余剰の場合、28円/kwh(関東、中部、関西)
【電気料金】
使用量にもよりますが、概ね30円/kwh程度

28円/kwhで売電するより、30円/kwhの購入電力を節約した方がお得なのです。

更に、電気料金の今後の値上げにより、自家消費のメリットはますます高まります。

ちなみに、固定価格買取制度満了後の売電単価は6~10円程度と予測されております。

太陽光と蓄電池のセット導入についての詳細は、以下ページをご参照ください。


家庭用蓄電池と太陽光発電システムのセット導入メリット





家庭用蓄電池の導入収益シミュレーション


「太陽光発電システムを導入する場合」と「太陽光発電システムと蓄電池の連携型を設置する場合」での実際の収益の差を比較します。

【導入設備】
◆ 長州産業274w 4.93kw
◆ 長州産業274w 4.93kw + スマートPV蓄電池6.5kwh

【比較期間】
◆ 20年間
スマートPV蓄電池の想定寿命が22年間(8000サイクル)のため。

【売電単価】
◆ 1年目~10年目:28円
◆ 11年目~20年目:10円

【電気料金】
◆ 1~5年目:30円
◆ 5~10年目:33円
◆ 11~15年目:36円
◆ 16~20年目:39円


太陽光発電システムのみ設置の場合


   年間売電収益 自家消費分 年間収益 累積収益
1年目 112,000円 45,000円 157,000円 157,000円
2年目 112,000円 45,000円 157,000円 314,000円
3年目 112,000円 45,000円 157,000円 471,000円
4年目 112,000円 45,000円 157,000円 628,000円
5年目 112,000円 45,000円 157,000円 785,000円
6年目 112,000円 49,500円 161,500円 946,500円
7年目 112,000円 49,500円 161,500円 1,108,000円
8年目 112,000円 49,500円 161,500円 1,269,500円
9年目 112,000円 49,500円 161,500円 1,431,000円
10年目 112,000円 49,500円 161,500円 1,592,500円
11年目 40,000円 54,000円 94,000円 1,686,500円
12年目 40,000円 54,000円 94,000円 1,780,500円
13年目 40,000円 54,000円 94,000円 1,874,500円
14年目 40,000円 54,000円 94,000円 1,968,500円
15年目 40,000円 54,000円 94,000円 2,062,500円
16年目 40,000円 58,500円 98,500円 2,161,000円
17年目 40,000円 58,500円 98,500円 2,259,500円
18年目 40,000円 58,500円 98,500円 2,358,000円
19年目 40,000円 58,500円 98,500円 2,456,500円
20年目 40,000円 58,500円 98,500円 2,555,000円

太陽光と蓄電池を設置の場合


   全て消費 累積収益
1年目 165,000円 165,000円
2年目 165,000円 330,000円
3年目 165,000円 495,000円
4年目 165,000円 660,000円
5年目 165,000円 825,000円
6年目 181,500円 1,006,500円
7年目 181,500円 1,188,000円
8年目 181,500円 1,369,500円
9年目 181,500円 1,551,000円
10年目 181,500円 1,732,500円
11年目 198,000円 1,930,500円
12年目 198,000円 2,128,500円
13年目 198,000円 2,326,500円
14年目 198,000円 2,524,500円
15年目 198,000円 2,722,500円
16年目 214,500円 2,937,000円
17年目 214,500円 3,151,500円
18年目 214,500円 3,366,000円
19年目 214,500円 3,580,500円
20年目 214,500円 3,795,000円

上記比較から明らかなように、20年後の収益の差は「124万円」
電気料金の上昇額は「5年毎に3円増額」と設定しておりますが、想定以上に上昇すれば、収益の差も拡大します。



お見積りフォーム
お見積りフォーム




6.5kwhの蓄電池を使い切れるのか?



お客様からのご質問で多いのが「6.5kwhの家庭用蓄電池って毎日使い切ることができるの?」という内容です。

結論は「使い切れます」

一般的な家庭の電気の使用量を以下に示します。

世帯人数 3人 3人 5人
月間電気料金 11,406円 12,152円 13,512円
月間使用量 456kwh 486kwh 540kwh
1日の使用量 15kwh 16kwh 18kwh
昼間 3kwh 4kwh 4kwh
夕方~朝方 12kwh 12kwh 14kwh

上記の「夕方~朝方」が、蓄電池を使用する時間です。
12~14kwhの電気を毎日使用しているので、6.5kwhの蓄電池であれば、毎日使い切れます。




無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
郵便番号必須
ご住所任意

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい