太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

【蓄電池の補助金】子育てエコホーム支援事業とは?

投稿日:2024年02月01日

子育てエコホーム支援事業の補助金依頼

エコ発電本舗は「住宅省エネ支援事業」の登録事業者なので、子育てエコホーム支援事業を活用できます。家庭用蓄電池の導入に対して64,000円の補助金を享受できます。
▶ 子育てエコホーム支援事業を活用した見積りを依頼!

子育てエコホーム支援事業の蓄電池の補助金額は?

子育てエコホーム支援事業の「蓄電池の補助金」の概要

予算総額 令和5年度補正予算:2,100億円
令和6年度予算:400億円
申請期間 2024年3月下旬 ~ 2024年11月30日
※蓄電池の設置工事後に申請
工事の着手期間 2023年11月2日以降
補助金額 64,000円(定額)
交付条件 「住宅省エネ支援事業」の登録業者が申請
「SII」に登録されている蓄電池が対象

◆ 自治体の蓄電池の補助金との併用は?
蓄電池の子育てエコホーム支援事業の補助金は、自治体の補助金と併用できます。
「子育てエコホーム支援事業・都道府県・市区町村」全ての補助金を併用することで、低価格で蓄電池を導入いただけます。
▶ 自治体の蓄電池補助金の詳細はこちら

◆ V2Hの「2024年のCEV補助金」の申請スタート!
2024年(令和6年)のCEV補助金の申請がスタートしました。
第1期は予算わずか30億円、申請期間は1ヶ月!お急ぎください。
低価格でV2Hを導入できる大チャンスなので、お早めにご相談ください!
CEVの補助金の詳細は以下のページをご参照ください。

EV補助金

商品 補助金額
長州産業 V2X 450,000円
オムロン V2X 450,000円
ニチコン プレミアム 449,000円
ニチコン プレミアムPlus 450,000円
ニチコン トライブリッド 450,000円
長州産業 スマートPVエボ 450,000円
パナソニック eneplat 450,000円

蓄電池やV2Hのお見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご覧ください。

子育てエコホーム支援事業とは?

子育てエコホーム支援事業とは?

子育てエコホーム支援事業の目的は?

電気料金やガス代など、エネルギー価格高騰の影響を受けやすい「子育て世帯・若者夫婦世帯」に、高い省エネ性能を有する住宅設備の導入や省エネ改修に対して支援する制度です。
 子育て世帯とは? 
2005年4月2日以降に出生した子を有する世帯
 若者夫婦世帯とは? 
申請時点で夫婦であり、夫婦のいづれかが1983年4月2日以降に生まれた世帯

◆ 新築の補助金
基準を満たす住宅に対して、高額の補助金が交付されます。
 ・長期優良住宅:最大100万円
 ・ZEH住宅:最大80万円
 新築住宅の条件 
 ・住宅の所有者が自ら居住する住宅で、投資物件は対象外
 ・住居の床面積が50㎡以上
 ・土砂災害特別警戒区域外に設置
 ・住宅の竣工から1年以内の住居で、人が居住したことがない新築
 ・高い省エネ性能を証明書などのエビデンスが確認できる
 ・交付申請時点で、一定以上の工事完了の出来高を報告できる

◆ リフォームの補助金
基準を満たす省エネ改修リフォームに対して、最大30万円の補助金が交付されます。
 住宅のリフォームの条件 
 ・子育てエコホーム支援事業に登録済の販売施工店と契約すること
 ・リフォームする住宅の所有者

同一のリフォーム工事に対して、重複して国からの補助金を受けることはできません。自治体からの補助金は基本的には併用できます。
また、子育てエコホーム支援事業者の補助金振込みを受けたあと、10年間は国の承認なしに譲渡、交換、取り壊しはできません。

エコ住宅設備の補助金

子育てエコホーム支援事業を活用すると、エコ住宅設備の導入に対して補助金が交付されます。
エコ住宅設備の補助金は設置台数によらず、設置設備の種類に対しての補助額となります。

エコ住宅設備の種類 補助金額
太陽熱利用システム 30,000円
高断熱浴槽 30,000円
高効率給湯器 30,000円
家庭用蓄電池 64,000円

蓄電池やV2Hのお見積りは、即日メールで送付いたします。
お見積りは全て無料です。まずはお問合せください!

子育てエコホーム支援事業と併用できる自治体の補助金

◆ 東京都の蓄電池の高額補助金
多数の自治体から蓄電池導入に対して高額補助金を交付しておりますが、東京都は別格で最大120万円の超高額補助金で、DRやDERなど国の補助金よりも圧倒的に高額です。
子育てエコホーム支援事業と併用できるので、ぜひご活用ください。

家庭用蓄電池の東京都の補助金

◆ 各自治体の高額補助金情報
東京都以外の自治体からも高額補助金が公募されております。
子育てエコホーム支援事業と併用できますので、お住まい知育の補助金情報は必ずチェックしましょう。

自治体からの蓄電池とV2Hの補助金

蓄電池の関連記事