電気自動車の充電には太陽光発電システムがお得

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 太陽光発電システムはどのメーカーが最適なの?
  • 太陽光発電システムと蓄電池のセットがお得
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 太陽光発電システムの設置までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
  • お客様からのよくあるご質問
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

2018.09.05

電気自動車の充電には太陽光発電システムがお得

電気自動車の充電には太陽光がお得


電気自動車の普及が本格化しそうな昨今、太陽光発電システムの設置が以下の2点でお得です。

メリット1
電気自動車の充電を太陽光発電システムの発電電力で賄うことで燃料費を大幅削減!

メリット2
駐車中は電気自動車を充電器として家庭内に供給でき、光熱費を大幅削減!


電気自動車には太陽光発電システムがお得




電気自動車のメリット・デメリット


電気自動車を導入するメリット:
電気自動車を導入する一番のメリットは「燃料費の削減」


電気自動車には太陽光発電システムがお得

上記シミュレーションのように、電気自動車を導入することでガソリン車より月間の燃料費が5000円も安くなります。 この差は非常に大きいです。
年間で60000円も剰余金を生み出すことができるのです。

電気自動車を導入するデメリット:
電気自動車の一番のデメリットは、供給スタンドのEVステーションが整備されておらず、充電切れのリスクが高いことです。
軽減策としては、毎日家で電気自動車を充電することで充電切れのリスクを最小限に抑えることができます。

もう一つのデメリットは電気代の上昇リスクです。
電気代上昇の主な要因は2つ。
1つ目は原発停止による発電コストの上昇です。
現状では火力発電が主な発電元となっていますが、化石燃料のコストがかさみ電気料金を押し上げています。

2つ目の要因は「再エネ賦課金」の上昇です。太陽光発電システムを筆頭に、風力発電、バイオマス発電、水力発電などの再生可能エネルギーが急速に普及しております。
地球温暖化の緩和や、電力の国内自給率を高めるために再生可能エネルギーの普及は欠かせない課題となっていますが、発電コストが高額で、消費者が「再エネ賦課金」として強制的に負担しています。
具体的な再エネ賦課金の金額は、電気の使用量に連動しますが、概ね月に800~1000円で、年間に10000円程度負担しています。

回避策:
電気料金の削減策としては、太陽光発電システムの設置が非常に有効です。
太陽光発電システムを設置することで、電気自動車への充電はもちろん、駐車中は蓄電池として家庭内に電気を供給することもでき、家庭内の電気代を大幅に削減することができます。


電気自動車には太陽光発電システムがお得

太陽光発電システム導入のシミュレーション:
【条件】

家族構成:4人
太陽光発電システムの設置容量:5kw
昼間の電気代単価:30円/kwh

月間電気料金:13000円/月
月間電気使用量:480kwh
1日の電気使用量:15.5kwh
昼間の使用量:5kwh
朝夜の使用量:10.5kwh

電気自動車のバッテリー容量:20~25kwh程度
太陽光発電システムの1日の発電容量:16kwh/日

昼間は、太陽光発電システムの発電電力を家庭内に供給し、昼間の使用電力5kwhをまかなう。
余った発電電力を電気自動車に充電し、朝夜は電気自動車から家庭内に10.5kwhを供給する。
電力会社からの電気の購入がほぼ不要となり13000円/月の電気料金を削減できます。

日中の電気自動車の利用率が高い方には、太陽光発電システムの発電電力を充電に充てることで、充電費が削減でき、電気自動車の利用率が少ない方には、電気自動車を蓄電池代わりに利用し、家庭内の電気代を削減できます。
どちらのパターンでも概ね13000円/月程度の電気代を削減できるのです。

年間の電気料金削減効果はなんと15万円
5年間で75万円
10年間で150万円も剰余金を捻出することができます。

現状では電気自動車の普及は限定的で、家庭用蓄電池が普及しつつあります。
しかし、家庭用蓄電池は容量が7kwh程度で150万円ほどの設置価格となり、節約のみを目的として導入する場合は、効果は限定的で導入費用の回収までに相当の期間を要します。

一方で、電気自動車の場合は、移動手段が主な利用目的なので、電気代の削減効果は全て利益と考える事ができます。





太陽光パネルの比較


太陽光発電システムのメーカーは多数あります。
一昔前は「品質重視であれば国内メーカー」「価格重視であれば国外メーカー」というイメージでした。
昨今は、低価格で高水準の商品製造が可能になり、国内メーカーは低価格になり、国外メーカーは高性能になり、性能と価格ともに国内外での差はほとんどありません。

以下に、主な太陽光発電システムメーカーの「変換効率、1kwあたりの価格、出力保証、機器保証」を比較しました。
売れ筋から紹介すると、品質重視であればパナソニックのHITシリーズ、価格重視であればカナディアンソーラーがおすすめです。

商品 変換効率 kw単価 出力保証 機器保証
パナソニックHIT P247αPlus 19.3% ¥224,000 25年 15年
ソーラーフロンティア185w ¥185,000 20年 10年
長州産業274w,304w 18.5% 非掲載 25年 15年
東芝265w 21.3% ¥245,800 25年 15年
シャープ256w 19.1% ¥310,000 20年 15年
三菱245w 19.2% ¥248,800 20年 10年
Qセルズ305w 18.3% ¥208,000 25年 10年
カナディアンソーラー300w 19.86% ¥184,000 25年 10年
京セラ243w 16.6% 非掲載 20年
(有料)
15年
(有料)
Looop295w 20.1% 非掲載 30年 15年
サンテック300w 20.4% 非掲載 25年 15年
ジャパンソーラー275w 20.1% 非掲載 25年 10年


太陽光発電システムの価格 1kwあたりの価格
無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意
太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top