太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

メルセデスベンツEQEの価格・補助金・航続距離

メルセデスベンツEQEの特徴

◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金
2022年(令和4年)の電気自動車(EV車)の補助金の申請を絶賛受付中です。
エコ発電本舗では補助金に詳しいディーラー様の紹介や、V2Hの補助金申請の代行など承ります。お気軽にご相談ください。

EV補助金

 メルセデスベンツEQEの補助金額は? 

車種 補助金額
メルセデスベンツEQE 85万円

メルセデスベンツEQEの仕様

価格 EQE 350+:1248万円
AMG EQE 53 4MATIC+:1922万円
容量 90.6kWh
航続距離 EQE 350+:624km
AMG EQE 53 4MATIC+:549km
電費 EQE 350+:6.88km/kWh
AMG EQE 53 4MATIC+:6.06km/kWh
充電時間(急速充電) 充電時間(Chademo)49分
充電時間(AC200VP):14時間
全長/ 全幅/ 全高 4,955mm/ 1,905mm/ 1,495mm
重量 EQE 350+:2360kg
AMG EQE 53 4MATIC+:2525kg
0-100km/h加速 6秒
最高速度 160km/h

メルセデスベンツEQEとV2Hで節電と災害対策を実現

メルセデスベンツEQEはV2Hや太陽光発電と併用できます。
メルセデスベンツEQEは、太陽光発電システムやV2Hと連携運転ができます。
メルセデスベンツEQEは、バッテリー容量が「90kWh」と非常に大容量ですので、災害時の非常用発電や自宅の節電において高い効果を享受できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

V2Hの価格・メリット・デメリット

メルセデスベンツEQE・V2H・太陽光発電のメリット

◆ 節電と燃料コスト削減の経済メリット
【 自宅の電気料金削減 】
メルセデスベンツEQEを太陽光発電とV2Hで連携運転することで、電気代を節約できます。
昼間は太陽光発電の発電電力でメルセデスベンツEQEを充電し、発電しない時間帯にバッテリーの電力を自宅に供給することで、電力会社からの購入電力を削減できます。

【 メルセデスベンツEQEの充電コストを削減 】
上述のように昼間は太陽光発電の発電電力をメルセデスベンツEQEに充電することで、充電コストを大幅に削減できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

◆ 停電時の災害対策
【 停電時の非常用電源 】
メルセデスベンツEQEはバッテリーが90kWhと一般的な家庭用蓄電池の約10倍も大容量で、災害時の非常用電源としても非常に頼りになります。
一般家庭の電力使用量は1日に15kWh程度なので、メルセデスベンツEQEであれば停電が長引いても安心です。

【 停電時のメルセデスベンツEQEの充電 】
メルセデスベンツEQEと太陽光発電、V2Hを併用することで、停電時にも太陽光発電の発電電力からバッテリーに充電でき、災害時の移動手段を確保できます。

V2Hの見積りは即日メール送付いたします。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

V2Hの基本動作や性能など動画でも解説しております。

◆ ソーラーカーポートのセットも人気!
V2Hとソーラーカーポートのセットも人気です。
ソーラーカーポートは、大容量の太陽光パネルを設置できるので、高い投資対効果を実現できます。

ソーラーカーポートで収益アップ

V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

メルセデスベンツEQEの特徴

メルセデスベンツEQEの特徴

EQE概要紹介

メーカーは、ドイツの「メルセデスベンツ」。車名は「EQE」、です。
メルセデスベンツの車名は、車両のクラスを表すアルファベット1文字と、クラス内での大小を識別する、数字の組み合わせで付けられることが一般的です。
今回は従来とは異なり「EQE」、と3文字構成になっています。
先頭の「EQ」はメルセデスベンツのバッテリーEVのブランドです。
最後の「E」、が従来と同じくクラスを表しています。「EQE」の場合は、「Eクラス」に相当します。
車体サイズは、全長4955mm、全幅1905mm、全高1495mm、でミドルサイズセダンになります。
ガソリン車のサイズより、全長全幅共に50mmほど大きくなっていますが、ほとんど同サイズと考えていいでしょう。
メルセデスベンツとしては、100年に1度の変革期を迎えている自動車業界の中で、新しい自動車の在り方を提案する車としての役割を与えています。
ラグジュアリーと快適性の理想を実現しており、電気自動車の最高峰を革新する、それがEQEです。

V2Hの価格・メリット・デメリット

メルセデスベンツEQEのグレード紹介

メルセデスベンツEQEのグレード紹介

メルセデスベンツEQEはスタンダードモデルの「EQE350+」、と「AMGEQE534MATIC+」、の2つのグレードで展開されています。
EQE350+は、1モーターの後輪駆動車で、最高出力は215kw292PS。
最大トルクは、565N・mです。
90.6kw/hのバッテリーを搭載しており、航続距離はWLTCモードで624kmです。
価格は約1250万円~となっています。
AMGEQE534MATIC+は上位グレードになります。
頭につくAMGは、メルセデスベンツのハイパフォーマンスブランドの名前です。
元々高級、高性能車のメルセデスベンツを、さらに性能を向上させるチューニングが施された証です。
AMGは創業者3名のイニシャルからつけられており、主にサーキット走行をターゲットにしたチューニングになっています。
スタンダードモデルより、スポーティーな味付けになっている、と考えていただければ良いです。
AMGEQE534MATIC+は2つのAMG専用モーターを前後輪に搭載した、4WD車です。
最高出力は460kw、625PS。最大トルクは950N・mです。
サーキット走行時に使用する、「RACESTART」モードでは、最高出力が505kw687PS。
最大トルクが1000N・mに達します。
この時の0-100km/h到達タイムは、3.5秒です。
これは高性能スポーツカーと同等のタイムです。
価格は約1920万円~となっています。
今回の記事では、スタンダードモデルの「EQE350+」、を中心に紹介していきます。

空力にこだわったメルセデスベンツEQEの外観デザイン

空力にこだわったメルセデスベンツEQEの外観デザイン紹介

メルセデスベンツEQE350+の外観デザインは、ボディ上面が1連の弧を描く様なデザインです。
これは、「ワン・ボウデザイン」、と呼ばれていて、弓を引いた状態をイメージしてデザインされています。
この形状は、空力性能を追及した結果たどり着いたデザインです。
サイドから見たデザインも、従来のメルセデスベンツとは異なる印象を受けます。
最も印象的なのは、ホイールベースの長さです。3120mmと、かなり長めになっています。
これは、キャブフォワードデザインと呼ばれ、電気自動車独自のパッケージングを活かすデザインです。
キャビンを広く取れるので、広大な車内空間を持たせることが可能です。
エンジン搭載車とは異なり、エンジンやトランスミッションなどの大型の機器を、車体に縦置きする必要がないからこそのレイアウトです。
トランク付きのセダンタイプですが、流線型のボディラインを持っているので洗練されたデザインです。
窓枠がないサッシュレスドアを採用しているので、スッキリした仕上がりになっています。
クーペタイプの様な印象も感じられます。
ドアノブは、シームレスドアハンドルが採用されていて、キーを持った人が近づくとドアノブがポップアップして操作可能になります。
見た目のスッキリした印象はもちろんですが、空気抵抗の低減にも効果があります。 
フロント部分は、従来のメルセデスベンツのセダンとは異なる印象です。
ヘッドライトは横方向に伸びて、上下方向は短くなっています。
ウインカーを兼ねたシグネチャーライトも、従来のLを倒したようなデザインに似ていますが、長辺と短辺が離れていて鋭角を付けて配置されています。
近年のメルセデスベンツの特徴を踏襲しています。
メインのヘッドライトはデジタルライトと呼ばれ、片側約130万画素のプロジェクションモジュールが発光します。
これを瞬間的に連続した制御を行い、周囲への幻惑を抑え照射範囲を最大化させて、より広く明るい視野を確保しています。
フロントグリルは、センター部分にメルセデスベンツのアイコン、「スリーポインテッドスター」、がしっかり配置されています。
スリーポインテッドスターを並べた、スターパターングリルとなっており、従来グリルのように空気を取り入れる機能は持っておらず、1枚の連続したパネルになっています。
バッテリーEVなので、冷却する機器が少なくガソリンエンジン車の様に大きな開口部が不要です。
このパネル内に、超音波センサーやカメラ、レーダーと言った前方を監視するデバイスが配置されています。
表からは見えないようになっていて、メルセデスベンツの高級感を損なわないデザインになっています。
ボンネットはサイド部分に継ぎ目がなく、タイヤ上部まで回り込むデザインになっています。
これにより、高速度域でのボンネットの浮き上がりが防止でき、空気抵抗の低減にもつながります。
見た目の印象としても、スッキリした印象を受けます。
リア回りは、ルーフからトランク、リアバンパーと1連で繋がっているようなデザインで、段差を少なくしたデザインです。
空気抵抗の低減はもちろんですが、空気をスムーズに流すことで風切り音の低減につながります。
テールライトは、全体が左右で繋がったデザインになっていて、ポジションランプが横断して発光します。
このデザインはメルセデスベンツEQシリーズの特徴です。
左右外側の発光部は、らせん状のデザインになっていて、電球のフィラメントをイメージしてデザインされています。 

メルセデスベンツEQE350+のインテリアデザイン

メルセデスベンツEQE350+のインテリアデザイン

インテリアカラーは3色展開になっており、「ブラック/バラオブラウン」、「ブラック/スペースグレー」、 「ネパグレー/スペースグレー」、から選択可能です。
明るく開放的な印象から、高級感あふれるカラーまで好みに応じて選択できます。
表示系と操作系は、ディスプレーがメインになっています。
コックピットディスプレーは、12.3インチの液晶ディスプレーになっていて、車両情報やアシスト機能、道路情報等の表示が可能です。
シーンによって選択することで、ドライバーが必要な情報をより確認しやすくなっています。
センターに配置されるメディアディスプレーは、12.8インチの有機ELディスプレーです。
こちらは、エアコン操作や、ナビの表示や操作、車両情報などの確認、設定が可能です。
ARナビゲーション機能により、路上の映像に案内を立体的に表示することが可能で、より分かりやすいルート案内が可能です。
このディスプレーはタッチパネル式ですが、触覚フィードバック機能が付いており、実際のボタンを押したような感覚が得られるので、誤操作などを起こしにくい仕様になっています。
運転席前フロントウインドーには、ヘッドアップディスプレーが装備され、ガラス面に車速や、ナビ情報、車間距離アシスト機能の情報、その他運転に関する情報を表示できます。
前方から目をそらさずに情報を確認できるので、より安全な走行をサポートします。
快適機能としては、エナジャイジングエアコントロールプラス、を装備するとエアコンフィルターにHEPAフィルターが採用されます。
これにより、花粉やPM2.5~0.3までの微粒子を99.65%まで除去する事が出来ます。
アクティブアンビエントライトは、ダッシュボード縁からドアパネルに帯状のライトが点灯します。
夜間は幻想的な雰囲気を演出します。エクスクルーシブパッケージは、快適性、静寂性、シートサポートをさらに向上させるオプションです。
マルチコントロールシートパッケージにより、標準よりさらに細かくシートポジションを設定できます。
シートに内蔵されたエアチャンバーの収縮により、乗員の体格に合わせてシートのサポート性を調節可能です。
クライメートコントロール機能により、それぞれの座席で独立した空調設定が可能です。
赤外線反射・ノイズ軽減ガラス、が装備され、遠赤外線反射効果が直射日光の暑さを軽減し、ノイズ軽減ガラスによりさらに静かなドライビングを楽しむ事が出来ます。

メルセデスベンツEQE350+のメカニズム紹介

メルセデスベンツEQE350+のメカニズム紹介

メルセデスベンツEQE350+のメカニズムを紹介します。
電気自動車専用のプラットフォームを採用し、大容量のリチウムイオンバッテリーと高効率モーターを搭載したモデルで、現行の最高峰の性能を誇ります。
走りの印象は、上位モデルのEQSに比べるとダイレクト感があり、車本来のドライビングが楽しめるバッテリーEV、といった印象のようです。
発進時や、ごく低速域では、トルクの立ち上がりがマイルドに調整されており、走行しやすさを重視されています。
電気モーターは1回転目からほぼ最大トルクを発生させるので、状況に応じた適切な制御を行わないと扱いが難しくなってきます。
人間の操作でのコントロールには限界があるので、車両のシステムが状況に応じた出力特性を選択、判断し必要なトルクを発生させます。
リアアクスルステアリング機構により、車体サイズを感じさせない取り回しの良さを実現しています。
通常リアタイヤは舵角が発生しませんが、EQE350+はリアタイヤにも舵角を与えられます。
時速60km以下では前後逆方向に舵が切れ、小回りのききやすい取り回し重視の設定になります。
60kmを超えると、前後同方向に舵が切れ、車両安定性重視になります。
高速度域でのコーナリングや、レーンチェンジの際に効果を発揮します。 
サスペンションシステムはエアマチックサスペンションにより、快適性と安定感を高次元で両立させています。
これはメルセデスベンツのエアサスペンションシステムで、ダンパーの強さとエアサスペンションを連動制御し、ドライビングや路面状況に応じて可変させて最適な状況を瞬時に作り出します。
通常走行時はエアサスペンション特有の、しなやかな乗り心地を実現し、コーナーやブレーキング時などにはサスペンションの設定を硬くし、ロールやピッチングを抑制します。
高速度域では車高を下げ、空気抵抗軽減と安定感のある走行を可能にしています。
充電時間は、80%充電するのに最短49分で完了します。
急速充電規格の「CHAdeMO」、を使用すると、いずれも10~80%まで150kwタイプで49分、90kwタイプで54分、50kwタイプで105分となります。
自宅などでの充電の際は、純正の充電ユニットを使用して、16時間で100%まで充電できます。

従来のメルセデスベンツとは異なるデザインを持つEQE350+は、徹底した空力へのこだわりから生まれたデザインです。
空気抵抗を軽減させることにより航続可能距離を伸ばし、より遠くへより少ないエネルギーで移動できます。
同時に、移動時間中の快適性を実現し、静寂の中景色楽しみドライビングが可能です。
エンジンを搭載していないので、車両自体が発生する騒音が少ないですが、環境音や走行ノイズ等が目立ってしまいます。
空力に優れたデザインと、騒音を少しでも減らす細かい工夫が各所に施されています。
メルセデスベンツのブランドを活かしたバッテリーEVと言えます。
コンパクトで、エコなイメージのバッテリーEVですが、メルセデスベンツEQE350+は、高級さと運転する楽しさを両立できる車です。
メルセデスベンツの、「新しい自動車の在り方」、を提案した車だと思います。

V2Hの価格・メリット・デメリット

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
任意
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ