太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

メルセデスベンツEQSの価格・補助金・航続距離

メルセデスベンツEQSの特徴

◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金
2022年(令和4年)の電気自動車(EV車)の補助金の申請を絶賛受付中です。
エコ発電本舗では補助金に詳しいディーラー様の紹介や、V2Hの補助金申請の代行など承ります。お気軽にご相談ください。

EV補助金

 メルセデスベンツEQSの補助金額は? 

車種 補助金額
メルセデスベンツEQS 85万円

メルセデスベンツEQSの仕様

価格 EQS 450+:1578万円
AMG EQS 53 4MATIC+:2372万円
容量 107.8kWh
航続距離 EQS 450+:700km
AMG EQS 53 4MATIC+:601km
電費 EQS 450+:6.5km/kWh
AMG EQS 53 4MATIC+:5.6km/kWh
充電時間(急速充電) 充電時間(Chademo)48分
全長/ 全幅/ 全高 5,225mm/ 1,925mm/ 1,520mm
重量 2530kg
システム最大トルク 568N・m
ホイールベース 3.21m

メルセデスベンツEQSとV2Hで節電と災害対策を実現

メルセデスベンツEQSはV2Hや太陽光発電と併用できます。
蓄電容量が107.8kWhと極めて大容量なので、非常時の電源や節電の効果は絶大です。

▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

V2Hの価格・メリット・デメリット

メルセデスベンツEQS・V2H・太陽光発電のメリット

◆ 節電と燃料コスト削減の経済メリット
【 自宅の電気料金削減 】
メルセデスベンツEQSを太陽光発電とV2Hで連携運転することで、電気代を節約できます。
日中は太陽光発電の発電電力をメルセデスベンツEQSに充電し、朝方/夕方/夜間帯に家庭内に放電することで購入電力量を最小限に抑え電気代を大幅に節約できます。

【 メルセデスベンツEQSの充電コストを削減 】
メルセデスベンツEQSと太陽光発電、V2Hの連携により、日中は太陽光発電の発電電力でメルセデスベンツEQSを充電することができ、バッテリーの充電費用を削減できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

◆ 停電時の災害対策
【 停電時の非常用電源 】
停電時は、メルセデスベンツEQSのバッテリー電力をV2Hを介して、家庭内に供給することで停電時でも通常の生活ができます。200VのエアコンやIHクッキングヒーターも使用できます。

【 停電時のメルセデスベンツEQSの充電 】
メルセデスベンツEQSと太陽光発電、V2Hを連携運転することで、停電時もメルセデスベンツEQSに充電することができ、停電が長引いても、昼間はメルセデスベンツEQSに充電、夜間帯はメルセデスベンツEQSから住宅に放電のサイクルで、万一停電が長期化しても電気に困ることはありません。

V2Hの見積りは即日メール送付いたします。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

V2Hの基本動作や性能など動画でも解説しております。

◆ ソーラーカーポートのセットも人気!
V2Hとソーラーカーポートのセットも人気です。
ソーラーカーポートは、大容量の太陽光パネルを設置できるので、高い投資対効果を実現できます。

ソーラーカーポートで収益アップ

V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

メルセデスベンツEQSの特徴

メルセデスベンツEQSの特徴

メルセデスベンツEQS車両概要

メーカーはドイツの「メルセデスベンツ」、です。日本でもおなじみの外車メーカーですね。
日本においては、外国車の代表的な存在と言っても良いと思います。
名称は「EQS」、となり、従来のガソリン車の「Sクラス」に相当する最上級モデルです。
メルセデスベンツの車名と言えば、アルファベット1文字で、AクラスやEクラスとなり、その後に数字が加えられ、クラス内でのグレードが判別できるようになっています。
今回の、「EQS」、は3文字になっており、先頭2文字の「EQ」が、メルセデスベンツのバッテリーEVブランドを指す呼称となります。
そして最後の1文字が従来の「クラス」、を指します。
この「EQ」ブランドは、2022年現在、5車種をラインナップしており、日本国内最多のラインナップ数となっています。
今後「EQ」、が付いたメルセデスベンツの車両を見かける機会が増えてくるでしょう。

V2Hの価格・メリット・デメリット

メルセデスベンツEQSグレード紹介

メルセデスベンツEQSのグレード紹介

グレードは、2ラインナップで、通常モデルが、「EQS450+」。 よりスポーティーなモデルの「AMGEQS534MATIC+」、となっています。
今回は、EQSの中でも上位モデルの、「AMGEQS534MATIC+」、を中心に紹介していきます。
ここで、AMGについて簡単に解説します。
正式名称は、「メルセデスAMG」で、メルセデスベンツの子会社です。
かつては、「AMG」として、独立した企業でしたが、現在はメルセデスベンツのブランドになっています。
創業者3名のファミリーネームの頭文字を取って、「AMG」、となりました。
AMGは、もともと高性能なメルセデスベンツの車両を、さらに高性能化させるチューニングを行っています。
強力なエンジン、足回り、ボディーを持ち、サーキット走行も充分こなせる車両を製作しています。
ベースのメルセデスベンツは、ラグジュアリーなイメージですが、AMGはラグジュアリーな雰囲気は残しつつ、よりスポーティーな味付けになります。
車体サイズは、全長5225mm、全幅1925mm、全高1520mm、となっており、ラグジュアリーセダンとしては一般的なサイズです。
車体重量は2700kg、と一般的なミドルクラスセダンの1.5倍程度の重量になります。
EQS450+はリアアクスルに1基のモーターを搭載する、後輪駆動車です。
最高出力は、333馬力、245kw、最大トルクは、568N・m、です。
0-100km/h加速は、6.2秒です。
バッテリー容量は、107.8kw/h。航続可能距離はWLTCモードで700kmとなり、2022年9月現在で、国内最長距離を誇ります。
車両本体価格は税込み、1578万円です。
AMGEQS534MATIC+は、AMGモデル専用のモーターを前後に搭載する4輪駆動車です。
ユニット合計の最高出力は、658馬力、484kw、最大トルクは950Nmです。
0-100km/h加速は、3.8秒です。
RACESTARTモードという、出力をブーストさせるモードを使用すると、最高出力は、761馬力、560kw、最大トルク、1020Nmを発生します。
この時の0-100km/h加速は、3.4秒です。
これだけの高出力ユニットでありながら、航続可能距離は601kmです。
車両本体価格は税込み、2372万円となります。

AMGEQS534MATIC+の外観デザイン紹介

AMGEQS534MATIC+の外観デザイン紹介

AMGEQS534MATIC+の外観デザインを紹介していきます。 基本的なデザインは、EQS450+と共通です。
初見で、従来のメルセデスベンツとは、ボディーラインが異なる印象を受けますね。
バッテリーEV専用プラットホームを採用しているので、基本設計が異なります。
EQA等の従来からのEVモデルは、ガソリンエンジンモデルのプラットホームを使用していますが、今回デビューした、EQSとEQEは専用のプラットホームを使用しています。
そのため、よりEVに特化した設計やデザインが可能になり、EVに求められる性能をより発揮出来る様になりました。
エンジンやトランスミッションと言った大型の機器類が不要になるので、従来とは異なるレイアウトになっています。
車としての構成が異なるので、それらに合わせた設計でデザインされています。
サイドから見ると、1つの連続した流れるようなボディーラインになっていて、いかにも空気抵抗が少なそうなデザインです。
「ワンボウデザイン」、と呼ばれ、弓を引いた状態をイメージしたデザインになっています。
見た目の印象通り、空気抵抗低減を追及したどり着いたデザインです。
セダンタイプのボディ形状ですが、ハッチバックタイプとなり、まさに流れるようなデザインです。
サッシュレスドアを採用しているので、スッキリした印象をもたらし、合わせて、後方にスムーズな空気を流す事が可能になります。
ドアノブも通常時は格納されており、ハンドルにタッチすると外側に飛び出します。
従来のメルセデスベンツに比べて、キャビンがかなり前方に位置しています。
キャブフォワードデザインと呼ばれ、広い車内空間が確保しやすくなります。
エンジンや、トランスミッションを車体に対して縦に搭載する必要がないので、実現可能なデザインです。
前後のホイールベースは、3210mmとかなり長めで、これらも印象の違いに起因しています。
フロント周りは、グリルセンターのスリーポインテッドスターのエンブレムがしっかり、メルセデスベンツであることを主張しています。
グリル部分は、一連のブラックパネルとなっていて、一般的な車の様にエンジンルームに空気を取り込む機能は持っていません。
AMGEQS534MATIC+は従来のAMGモデル同様に、グリルにメッキのラインが縦に入ります。
冷却機器が少ないので、多くの空気を取り入れる必要がないバッテリーEV特有のデザインです。
ダクト的な機能を持っていないので、空気抵抗を低減することが可能です。
グリルパネルは、超音波センサーやカメラ、レーダー等が配置されていて、それらの機器が外部からは見えないようになっています。
ボンネットは、フロントタイヤ上部まで回り込む設計で、シームレスなデザインになっています。
スッキリした印象になるのは勿論ですが、高速域でボンネットの浮き上がりを防止します。
これらのデザインも、空気抵抗低減に貢献しています。
車体前面の空気抵抗低減は、車体全体に影響するので、細かな対策が大きな効果をもたらします。
これらの効果から、空気抵抗を表すcd値は0.20となっています。
ハイエースのcd値が0.4程度、ハイブリッドカー等のエコカーでも、0.25程度なので、0.20という値はかなり優れた数値です。

エンターテインメント性能抜群AMGEQS534MATIC+のインテリアデザイン

エンターテインメント性能抜群AMGEQS534MATIC+のインテリアデザイン

AMGEQS534MATIC+のインテリアデザインを紹介します。
全体として、メルセデスベンツだけあって、まとまりのある先進的かつ、高級なデザインです。
ダッシュボードから途切れることなくドアパネルへと接続するライン。
ハイパースクリーンからセンターコンソールへフレームが続くデザインなど、未来的なデバイスを備えながらも、車の雰囲気を壊さない仕上がりになっています。
車内で特徴的なのは、MBUXハイパースクリーンです。
ダッシュボード前面をほぼ埋め尽くす、広大な面積のスクリーンユニットです。
1枚のモニターではなく、3枚のモニターを1枚のガラスで覆い、1枚のモニターの用に構成しています。
このモニターの操作方式はタッチパネル式になっており、操作を行うと画面表面が振動し、操作感が得られるようになっています。
運転席前面のコックピットディスプレーは、12.3インチの液晶ディスプレーです。
主にメーターの役割を果たします。
車両情報や、ナビ画面、運転アシストの情報などが表示可能です。
メーター表示は、TRACKPACE、SuperSport、スポーティー、クラシック、ジェントル、ナビ、アシスト、サービス、の8種類が選択表示可能です。
スポーティーを選択すると、パフォーマンスバーが表示され、加速、減速、充電状態等が、表示されます。 
ジェントルを選択すると、静寂な雰囲気を演出し、表示内容がシンプルに絞り込まれます。
センターディスプレイは、17.7インチの有機ELディスプレーで、ナビ表示やエコンコントロール、車内環境や走行モードといった車両情報などの表示が可能です。
助手席前のディスプレーは、エンターテインメント表示が可能で、テレビ視聴はもちろん、スマートフォンやタブレットなどの通信端末と接続すれば、動画配信サービスの視聴が可能です。
こちらのモニターは、助手席に人が座っていない状態では、表示が出ないようになっています。
さらに運転手が視線を送ったことを感知すると自動的に減光し、表示が見られないようになります。
音声についても、Bluetoothイヤホンなどをペアリングし、そちらから楽しむ構成になるようです。
エンターテインメントを味わえますが、ドライビングの安全性もしっかり確保されています。
このあたりにも、メルセデスベンツの高いクオリティが感じられます。
インテリアカラーは3色で、ブラックを基調としたシンプルな雰囲気の「ブラック/スペースグレー」。
ブラック基調に、ブラウンのアクセントを加えた高級感の漂う「ブラック/バラオブラウン」。
薄いグレーを基調とした明るく未来的な雰囲気の「ネバグレー/バラオブラウン」、の設定になっています。
全てのカラーで、「AMGナッパレザー」を使用しており、高い質感のインテリアです。
EQシリーズのインテリアの特徴として、フロントセンターコンソールが2段構造になっています。
上段は、操作スイッチやドリンクホルダーなどが配置されています。
下段のフロア側は、USB充電ポートや、ワイヤレス充電機能を持っています。
この構成は、センタートンネルが不要なEVが持つ特徴の1つです。
AMGEQS534MATIC+は、ボディー形状がセダンではなくハッチバックタイプなので、ラゲッジスペースが広く使えます。 リアシートを倒しトノーカバーを外すと、広大なラゲッジスペースが確保できます。
開口部も広いので、大型の荷物の出し入れも楽に行えます。
リアシートには、マッサージ機能やリア専用リラクゼーション機能も装備可能で、リアエンターテインメントシステムなど、充実した空間を構築することが可能です。
後席の足元スペースも確保されていて、高級ラウンジの様な空間を楽しむことが可能です。

AMGEQS534MATIC+のメカニズム

AMGEQS534MATIC+のメカニズム

AMGEQS534MATIC+を紹介します。 キャッチフレーズは、「魂が震えるほどのハイパフォーマンス」、です。
AMG専用のモーターを前輪後輪それぞれに1基ずつ搭載した、AMG4MATIC+を採用。
前後輪間でトルク制御を行い、駆動力を常に最適化します。
緻密で連続的な可変分配を行い、その頻度は毎分1万回転になります。
これほどまで細かい制御は、電気モーターのなせる業で、従来の機械式4輪駆動車では不可能な領域です。
複雑な制御を行うことで、強大なトルクを余すことなく路面に伝えることが可能になります。
走行モードを切り替えられる「AMGダイナミックセレクト」、を搭載しており、5つの走行モードを選択できます。
「スポーツ」、「スポーツ+」モードはダイナミックな走行が楽しめます。
横方向のダイナミクスを高めるために、トルク配分は後輪寄りになります。
コンフォートモードは航続距離を重視し、バッテリーの効率的な使用を行います。
スポーツモデルでも電費を重視した走行が可能です。
現状の技術では、バッテリー充電には時間がかかるので、消費電力の効率化も高性能車に求められるテクノロジーの1つです。
ただ単純にハイパフォーマンスなだけでなく、実用面においても高いレベルを持ち合わせた車を作れるのは、メルセデスベンツの技術力の高さとこだわりがよく出ていると思います。
データロガー機能は、サーキット走行時に走行状態を記録、保存、検証が可能です。
エンジン回転数、車両の荷重状態(G変化)、区間タイム、タイヤ温度などの記録が残せます。
通常であれば専用の記録装置や、センサーを複数配置する必要がありますが、AMGEQS534MATIC+の場合は、元々取り付けられているので、特別な装備無しに本格的な走行記録を取れます。
今回は、メルセデスベンツのバッテリーEV、「AMGEQS534MATIC+」を紹介しました。
EVのイメージを覆す高性能を持った車です。
静寂性は、EVの中でもトップクラスを誇り、桁外れのパワーを持ち、それを制御する技術。
未来的でありつつ、上品な質感を持ったインテリア。
メルセデスベンツの、高級感と高性能は失わずに、環境に配慮した車です。
これからのフラッグシップモデルに求められる性能を一通り持ち合わせたモデル、と言えます。

V2Hの価格・メリット・デメリット

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
任意
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ