太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

BYD ATTO3の価格・補助金・航続距離

BYD ATTO3の特徴

◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金
2022年(令和4年)の電気自動車(EV車)の補助金の申請を絶賛受付中です。
エコ発電本舗では補助金に詳しいディーラー様の紹介や、V2Hの補助金申請の代行など承ります。お気軽にご相談ください。

EV補助金

 BYD ATTO3の補助金額は? 

車種 補助金額
ヒョンデ IONIQ 5 Lounge AWD 85万円

BYD ATTO3の仕様

価格 440万円
容量 58.56kWh
航続距離 485km
電費 8.3km/kWh
全長/ 全幅/ 全高 4,455mm/ 1,875mm/ 1,615mm
重量 1,750kg
ホイールベース 2,720mm
モーター出力 150kw
最大トルク 310N.m

BYD ATTO3とV2Hで節電と災害対策を実現

BYD ATTO3はV2Hや太陽光発電と併用できます。
BYD ATTO3のバッテリー容量は「58.56kWh」と非常に大容量で、非常用電源や節電効果は申し分ないです。
ご家庭での電力使用量は概ね15kWh前後なので、停電が数日続いても十分賄えます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

V2Hの価格・メリット・デメリット

ヒョンデ IONIQ5・V2H・太陽光発電のメリット

◆ 節電と燃料コスト削減の経済メリット
【 自宅の電気料金削減 】
BYD ATTO3とV2H、太陽光発電を併用することで、日中は太陽光発電の発電電力でBYD ATTO3を充電し、朝夕夜間はBYD ATTO3の充電電力を自宅に送電することで、ご自宅の購入電力量を削減できます。

【 BYD ATTO3の充電コストを削減 】
太陽光発電とV2Hを連携させ、太陽光発電の発電電力でBYD ATTO3を充電することで、充電費用を削減できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

◆ 停電時の災害対策
【 停電時の非常用電源 】
BYD ATTO3の充電電力を停電時にV2Hを介して、ご自宅に供給することで、停電時も通常と変わらず電気を使用できます。

【 停電時のBYD ATTO3の充電 】
BYD ATTO3と太陽光発電、V2Hを併用することで、停電時にも車両に充電でき、移動手段を確保できます。

V2Hの見積りは即日メール送付いたします。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

V2Hの基本動作や性能など動画でも解説しております。

◆ ソーラーカーポートのセットも人気!
V2Hとソーラーカーポートのセットも人気です。
ソーラーカーポートは、大容量の太陽光パネルを設置できるので、高い投資対効果を実現できます。

ソーラーカーポートで収益アップ

V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

BYD ATTO3の特徴

BYD ATTO3の特徴

BYD ATTO3の概要紹介

BYDATTO3は、中国の電気自動車です。 メーカー名が「BYD」。名前の由来は、「BuildYourDream」、の頭文字をとってBYDです。
聞き馴染みのないメーカーですが、BYDは、2022年1~10月期で電気自動車販売台数世界一の座についており、電気自動車においては世界各国で人気のあるメーカーである事がうかがえます。
車名が「ATTO3(アットスリー)」。ATTOはインターネットで使われる、「@(アットマーク)」、ではなく、物理学で測定可能な最短の時間単位、「アト秒」、に由来します。
日常的に聞き慣れない単位ですが、100京分の1秒と、非常に短い時間です。
非常に細かい制御が可能なEVであることを、感じさせるようなネーミングに感じます。
日本での販売時期は、2023年1月31日からで、納期予定は、3月となっています。
新車の納期遅延が慢性的に発生している中で、この納期は素晴らしいです。
ATTO3は海外ではすでに販売されており、中国をはじめ、オーストラリア、タイなど、アジア太平洋地域中心に販売台数を伸ばしています。
2022年10月末現在で、14.3万台が販売されています。
BYDの様に日本で馴染みの薄いメーカーの場合、アフターサービスが心配だと思います。BYDジャパンでは2025年末までに日本国内に100店舗以上の販売ネットワークを構築し、販売やアフターサービスを提供する計画になっています。

V2Hの価格・メリット・デメリット

BYDATTO3はシンプルな1グレード設定で迷いようがない

BYD ATTO3シンプルな1グレード設定で迷いようがない

BYDATTO3は、100%電動のミドルクラスSUVです。
全長が4455mm、全幅が1875mm、全高が1615mm、で乗車定員は5名。
同クラスには、国産では、マツダCX-5、レクサスUX、トヨタRAV4、等が挙げられます。
海外では、ボルボXC-40、アウディQ5、フォルクスワーゲンティグアン、が近いサイズです。
ボディーカラーは5色展開となっており、イメージカラーは鮮やかなブルー系のサーフブルー。
明るく鮮やかでスポーティーな印象ですが、上品さが感じられます。
BYDATTO3は1グレード展開となっており、ほぼすべての機能が標準搭載となっています。
車両価格は、440万円、となり、EVの補助金などを受けると、実質的車両価格は360万円程度、自治体によっては、350万円を切る可能性もあります。
他メーカ車においてはエントリーモデルのみ安めの価格設定で、あとは上位モデルやオプション設定、といった車両もありますが、ATTO3はほぼすべての機能がこの価格で手に入ります。
バッテリー容量は58.56kW/h。バッテリーフル充電状態での航続可能距離は、WLTCモードで485kmです。
日常使いしても不自由ない航続性能を持っていると言えます。
モーター性能は、最高出力150kw、203馬力。最大トルク310N/m、とガソリン車では排気量2000cc~2500ccクラスと同等の性能を持っています。
駆動方式は前輪駆動のみです。

BYDATTO3のエクステリアはスポーティで高品質

BYDATTO3のエクステリアはスポーティで高品質

BYDATTO3のエクステリアデザインは、スポーティーさを前面に押し出したデザインになっています。
加えて、SUVの力強さと、市街地でもうまく溶け込めるようなスタイリッシュさを兼ね備えています。
フェンダー周りと、ボディー下部をマットブラックの樹脂パーツで仕上げてあり、SUVらしさをしっかり演出しています。
デザイナーチームは、プレミアムブランド出身者が多く在籍しており、デザインダイレクターは「アルファロメオ」や「アウディ」、出身のデザイナーが担当しています。
スポーティーで精悍なフロントマスクのデザインはプレミアムブランド由来のデザインです。
シャープなウエストラインは、日本の金型メーカーが製作した、金型によってプレスされています。
力強くスタイリッシュな印象は、精度の高い加工技術で成立していると言えるでしょう。
ATTO3のフロントフェイスは、鋭い目つきをした人の顔のように感じられます。
鋭く大きく吊り上がったヘッドライトは、鋭い目つきで力強い印象を与えています。
怒っているように感じる方もいると思います。
それでいて、「怖さ」、といった印象を感じないのは、細かな部分にこだわり、先進的でスタイリッシュなデザインに仕上がっているからだと思います。
ヘッドライトの光源は、2眼のLED光源となっています。
それぞれのLEDプロジェクターの下部に、青のカラーアクセントを配置しています。
ヘッドライト上部のライトはウイカーとドライビングライト兼用になっており、細目のデザインがシャープさを演出。
ハウジングのグリル寄りのライトはポジションライトとしての役割だと思われます。
鳥の翼の様なデザインで、青みがかったレンズが採用されておりLEDライトのカラーアクセントと共にスポーティーな印象です。
フロントバンパーは、キャラクターラインが多用され、立体的な造形になっています。
デザインがまとまっているので、力強さを演出していますが洗練されています。
バンパー左右の樹脂パーツはダクト風のデザインですが、一部のみがダクトとして機能しており、多くの部分がダミーダクトになっていると思われます。
バンパー中央下部は開口部が設けられており、モーターや制御機器の冷却風を取り入れ部として機能しています。
グリルデザインも1連のメッキパネルになっていて、開口部はないようです。
アクセントとしてメッキパーツを使用することで、高級感をもたらしていますが、面積が比較的少ないので重くなりすぎずに、スポーティーな印象を壊さないように工夫されています。
EVの場合は、ガソリンエンジン車に比べて、発熱量が少なく冷却装置が小型に設計できるので、開口部に関する制約が少ないです。
デザイン的に自由度が高いのは勿論ですが、空気抵抗を削減できるので、航続距離を伸ばす事が可能です。
風切り音も少なくなるので、ドライビングの快適度が高まります。
ATTO3のサイドデザインは、スタイリッシュさにこだわったデザインです。 サイドから見るとかなり立体的に仕上がっています。
ドア中央部と下部のキャラクターラインが躍動感を与え、立体的な動きを感じさせます。
SUVの宿命である、ドアの縦長さを上手く隠すような仕上がりです。
ドアの低い位置と、中間位置に大きな動きを見せているので、立体感が出てドアの縦長さを感じさせません。
このキャラクターラインは、リアフェンダーのボリューム感を演出し、車体の安定感を強調しています。
リアクオーターガラスの後部は、シルバーのパネルが配置される。
無地ではなく3角形の型で、進行方向向きの矢印の様な装飾が施されていて、車の印象が重くなり過ぎないようにデザインされています。
ATTO3のリアデザインは、どっしり構えた安定的な印象です。
ハッチ中央部分がくぼんだデザインで、立体感が強調されており、腰高感が出ないようにデザインされています。
テールランプは左右を連結する横1連のデザインになっており、近年のトレンドをしっかり取り入れています。
ウインカーはシーケンシャル方式で、ランプハウジング下端に、Lを寝かせたようなデザインで配置されています。

BYDATTO3のインテリアデザイン紹介 イメージはフィットネスジム×音楽

インテリアデザイン紹介 イメージはフィットネスジム×音楽

ATTO3はインテリアにおいても、スポーティーさを強調したデザインになっています。
フィットネスジムをモチーフにデザインされており、シフトノブやドアハンドルは、フィットネスマシーンのグリップを連想させます。
最新のEVですが、物理スイッチを多用しており、従来車からの乗り換えでも違和感がないように工夫されています。
「遊び心」、も入れられており、ドアトリムには弦が配置されており、弾くと音が鳴るギミックが搭載。
おそらく世界初採用でしょう。
カラーはブラック基調で、シートやダッシュボード周りにネイビーとホワイトの2トーンカラーが使われています。 差し色としてステッチにはレッドを使用。
高級感とスポーティーさを両立した配色になっています。
フロントシートは、ネイビーとホワイトの2トーンカラー。スポーツシートを意識したデザインで、アクセントのレッドステッチと、背もたれ部分のシートベルトホールがさらにスポーティーさを強調します。
着座位置が高めな設定になっており、車体サイズを感じさせない広い視界を確保しています。
全幅1875mmのワイドボディーですが、車両感覚がつかみやすく街乗りでの取り回し性も良さそうです。
インパネ周りで目に付くのがステアリングで、下部が平らな「Dシェイプ型」、のデザインを採用しています。
スポーツ走行を意識した車両や、アフターパーツで交換するスポーツステアリングに、採用されることが多い形状です。
おそらく、高めに設定された着座位置を考慮し、運転席の足元スペースの確保が目的だと思いますが、車両コンセプトのスポーティーさをしっかりアピールするデザインです。
カラーはネイビーとシルバーが使われており、スポーティーになり過ぎず、落ち着いた雰囲気を演出しています。
メーターは、ステアリング奥のディスプレーになります。車速や、バッテリー充電状態、走行モード、回生モード、運転アシスト機能の警告や、車両の情報など、必要に応じて切り替え表示が可能です。 
センターパネルには、12.8インチのインフォメーションディスプレーが配置されており、このディスプレーはステアリングスイッチの操作で、縦表示と横表示が切り替え可能です。
エンターテインメント視聴や、オーディオコントロール、エアコンコントロール、車両の設定の他に、バックカメラ表示や、アラウンドビューモニターも表示されます。
センターコンソールには、車両コントロール系のスイッチ類が配置されており、シフトレバーはグリップタイプが採用されています。
上下操作で前後進等の切り替えを行う方式で、従来から多く採用されている方式なので、初めてEVに乗られる方も違和感なく操作可能です。
走行モード切り替えや、回生モード調整なども物理スイッチを多用しており、走行に関する操作系は従来から使われている方式で行なわれます。

バッテリーの安全性と信頼性は折り紙付き

バッテリーの安全性と信頼性は折り紙付き

BYDATTO3は、安全性の高いバッテリーを搭載しています。
ブレードバッテリーと呼ばれる新しい技術が採用されており、個々のバッテリーが薄く長い形状なのが特徴です。
この技術により、バッテリーパック内に効率よくバッテリーを敷き詰める事が出来ます。
車というスペースに制約のある環境では、大きな強みです。
バッテリーを車体フレームの一部として使用する事が出来るようになり、車両の安全性を高めることに貢献し、広い車内空間の実現と、車両デザインの自由度が向上します。
従来のバッテリーパックより、安全性、強度、航続距離、長寿命化、を達成しています。
この辺りはバッテリーメーカーの技術を存分に発揮、と言った感じです。
車両駆動系制御システムは、8Inパワーシステムアッセンブリと呼ばれる技術が搭載されています。
バッテリーの温度を一定に保つヒートポンプシステムを搭載し、エネルギーの効率的な出入りを可能にしています。
バッテリーは、熱すぎても冷えすぎても性能を発揮できない上に、寿命を縮めてしまう要素にもなります。
車両の駆動、制動、ステアリング操作を統合制御し、効率の良いエネルギー使用を実現し、航続距離を伸ばすことに貢献しています。
非常にコンパクトな設計になっており、ボンネット内の低い位置に収まっています。
重量物を車両の低い位置に搭載できるのは、車両の走行性能、安定性、安全性能において非常に有利になります。
EVなので家庭用電気器を使用する事が出来る、「V2L」、建物への給電が出来る「V2H」、に対応しています。
V2Lは、電力の無いアウトドア環境での使用。
V2Hは、停電時の電力確保、電力使用ピーク時間帯の使用を避けるピークシフト、と言った使い方が可能です。
充電に関しては、CHAdeMO規格に対応しているので、専用充電器を使用すれば急速充電が可能です。

ミドルクラスSUVタイプのEVで、440万円という価格はかなり安いです。
それでいて装備が他車のミドルクラス並みに充実している事に驚きです。
スタイリングも街中にフィットするデザインで、インテリアにもこだわりが感じられます。
安全運転支援装備も、同一車線内走行支援、自動緊急ブレーキシステム、車線逸脱防止支援システム、など現在主流の装備は一通り搭載されています。
タイヤ空気圧のモニターシステムも搭載されているので、安全にドライブする事が出来ます。
日本ではまだメジャーではありませんが、2023年以降徐々にその姿を見る機会が増えていくと思います。

V2Hの価格・メリット・デメリット

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
任意
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ