太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

ベンツ S580e 4MATIC LONGの価格・補助金・航続距離

トヨタ Lexus RZ450e

◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金
CEVの電気自動車(EV車)の補助金の申請を絶賛受付中です。
エコ発電本舗では補助金に詳しいディーラー様の紹介や、V2Hの補助金申請の代行など承ります。お気軽にご相談ください。

EV補助金

▶ CEVのV2H補助金、EV補助金の詳細

 ベンツ S580e 4MATIC LONGの補助金額は? 

グレード 補助金額
S580e 4MATIC LONG 44万円

ベンツ S580e 4MATIC LONGの基本情報

価格 S580e 4MATIC LONG:1978万円
容量 28.6kWh
航続距離 100km
電費 3.5km/kWh
充電時間(AC200V 6kW) 4.4時間
充電時間(急速充電) 20分
全長/ 全幅/ 全高mm 4,805 / 1,895 / 1,635

ベンツ S580e 4MATIC LONGとV2Hで災害対策

ベンツ S580e 4MATIC LONGの「バッテリー容量は28.6kWh」と日産アリアや日産リーフと比較するとバッテリーは小容量ですが、家庭用蓄電池と比較すると圧倒的に大容量で非常用電源や節約効果は絶大です。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

V2Hの価格・メリット・デメリット

トヨタ Lexus RZ450e・V2H・太陽光発電のメリット

◆ 節電と燃料コスト削減の経済メリット
【 自宅の電気料金削減 】
ベンツ S580e 4MATIC LONGとV2H・太陽光発電と併用することで、夜間帯の安い電気でベンツ S580e 4MATIC LONGを充電したり、昼間に太陽光の発電電力で充電したベンツ S580e 4MATIC LONGのバッテリー電力を家庭内に供給でき、購入電力量の削減により節約できます。

【 ベンツ S580e 4MATIC LONGの充電コストを削減 】
ベンツ S580e 4MATIC LONGのバッテリー充電を昼間のp太陽光発電でまかなうことで、充電コストを節約できます。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

◆ 停電時の災害対策
【 停電時の非常用電源 】
停電時はベンツ S580e 4MATIC LONGのバッテリー電力を自宅に給電することで、停電時も通常時と同様に電化製品を使用できます。

【 停電時のベンツ S580e 4MATIC LONGの充電 】
ベンツ S580e 4MATIC LONGのバッテリー充電は、停電時でも太陽光発電の発電電力で充電できます。

V2Hの見積りは即日メール送付いたします。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

V2Hの基本動作や性能など動画でも解説しております。

◆ ソーラーカーポートのセットも人気!
V2Hとソーラーカーポートのセットも人気です。
ソーラーカーポートは、大容量の太陽光パネルを設置できるので、高い投資対効果を実現できます。

ソーラーカーポートで収益アップ

V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

ベンツ S580e 4MATIC LONGの特徴

ベンツ S580e 4MATIC LONGの特徴

S580e 4MATIC LONG 製造はドイツの高級車メーカー「メルセデスベンツ」、です。
日本でもなじみのあるメーカーで、高級車の代名詞的存在と言っても良いメーカーです。
車名が、「S580e 4MATIC LONG」。メルセデスベンツ社の最上位クラスの高級サルーンです。
日本での発表時期は、2022年6月で、発表時点で予約受付となりました。
すでに、S5804MATICは発売されていましたが、今回は「e」、が付きプラグインハイブリッド車が新たに設定されました。
プラグインハイブリッドは、外部から電力を得て車載バッテリーに直接充電可能なハイブリッド車で、その多くのモデルが、電気モーターのみでの走行が可能になっています。
S580e 4MATIC LONGも電気モーター走行可能です。
メルセデスベンツの最上位モデルの「Sクラス」の中の1グレードであり、S580e4MATIC LONGはその中でも最上位モデルになります。
Sクラスでは他にも、ディーゼルエンジン搭載モデル、V型8気筒モデルなど複数展開があり、ユーザーの好みに合わせて選択が可能です。
今回の記事内では、S580e 4MATIC LONGに絞って紹介するので、記事内ではS580eと省略して記載します。
 車体サイズは、全長5290mm、全幅1930mm、全高1505mm、ホイールベースが3215mmと非常に大柄なボディサイズです。
ホイールベースがとても長く、車内空間の広さが想像できます。
車体価格は約2000万円となっており、VIPが乗る高級サルーンの位置付けです。

ベースラインで全てを語る究極のラグジュアリーデザインメルセデスベンツ S580e 4MATIC LONG

ベースラインで全てを語る究極のラグジュアリーデザインメルセデスベンツ S580e 4MATIC LONG

S580eのエクステリアデザインは、ラグジュアリーとは何か?をテーマに、「ラグジュアリーセダンを突き詰めた車両」として設計され、非常にシンプルで装飾や演出的な要素がほとんどありません。
車体全体は曲線を意識してデザインされており、この曲線にこだわる事で車体を構成する基本的なラインだけで充分成立するように、突き詰めて設計されています。
従来からのメルセデスベンツSクラスのイメージである、高級感と安定感を持ちつつも、時代の変化に合わせて洗練されている印象です。
20~30年ほど前のメルセデスベンツのデザインは、直線的なデザインで高級感を演出していましたが、近年は曲線を用いて流れるようなデザインになっています。
装飾要素を排除して洗練されたデザインがメルセデスベンツの魅力であり、独特の高級感をもたらしていると改めて感じました。
 フロント周りの特徴は、メルセデスベンツを象徴するフロントグリルです。
S580eのフロントグリルは、上下、左右共に大柄で前モデルよりさらに大型化しているそうです。
下部が短い台形になっており、メッキの縁取りと横のラインがメッキで装飾されています。
今モデルは、メッキの縁取りを従来より細くすることでスッキリした印象に仕上がっています。
グリルが大きくなって迫力や重厚感が増していますが、先進的であり威圧感は感じないようになっています。
グリル中央部分はプラスチックパーツでシールドされており、この部分に各種センサーやカメラが配置されています。
ヘッドライトデザインは、近年のメルセデスに共通したデザインで、外側がつり上がった形状をしています。
複雑な光源を配置しており、メインライトは3つのLEDライトの光源に分かれており、これがSクラスの特徴です。
ライトは、デジタルライトと呼ばれる方式で、130万画素のプロジェクションモジュールを瞬時に制御し、前走車、対向車や歩行者などを幻惑させずに広範囲を高精度に照射します。
オードハイビーム対応で、前走車、対向車のみを避けてハイビームを照射することも可能で、前走車などの部分を影のようにすることで、運転者が認識できるようになります。
光を壁に照射して、影絵のように絵を描くことも可能なレベルでの制御だそうです。
ヘッドライト上部には、メルセデスベンツ共通のアイコンであるドライビングライトが配置され、グリル脇からヘッドライト上部を囲むように発光します。
メインライトのLEDハウジングのサイドも点灯し、これらのライトはウインカーとしても機能します。  サイドデザインもシンプルな構成で、装飾要素はドア上部のキャラクターラインが1本通っているのみです。
キャットウォークラインと呼ばれており、車高を低く、車体を長く見せる効果があります。
格納式ドアハンドルが採用され、スッキリとした印象です。
不要なラインは全て取り払うコンセプトでデザインされ、短めのフロントオーバーハング、長いホイールベース、フロントタイヤからAピラーの付け根までの長さが長い、と言ったラグジュアリーセダンの基本デザインにのみこだわって作られたデザインです。
全てが突き詰められたデザインなので、演出的な造形が不要でシンプルですが高級感あふれるデザインです。
リア回りは、全体が前掲した形状になっており、リア、サイドから見た時に車が美しく見える形状になっています。
テールランプは、逆三角形型で上部にクロームメッキが施されています。
Sクラスとして初の2ピースタイプが採用されました。
2ピース化によりテールランプを左右に長く取る事が出来るようになり、クロームメッキ処理も手伝って車体のワイドさを強調しています。
リアに関してもシンプルなデザインですが、単調ではなく高級感と安定感が感じられます。
ボディーカラーは、標準設定色が8色で、オプションの有償設定色が3色の11色展開です。
内装カラーとの組み合わせで選択できないカラーもあります。

伝統と革新の融合メルセデスベンツ S580e 4MATIC LONG インテリア

伝統と革新の融合メルセデスベンツ S580e 4MATIC LONG インテリア

S580eのインテリアは新しいラグジュアリー空間を目指してデザインされています。
前衛的であり革新的なデザインを追求し、ラグジュアリーと利便性の両立させています。
その結果、センターパネルのタッチスクリーンが採用されています。
近年のメルセデスのインテリアの特徴的な装備と言えます。
タッチスクリーンは、アームレストから伸びたような構成で、宙に浮いたようなマウントになっており、二次元的なタッチパネルから三次元のアームレストへデザインが変化していきます。
タッチパネルはアームレストに腕を置いた状態で、操作しやすい位置にこだわり配置されています。
ダッシュボードとはつなげない配置にすることで、タッチスクリーンをインテリアアイコンとして目立たせています。
伝統的な高級車であるSクラスにこういった最新のデバイスを装備すると、浮いたような存在になりそうですが、徹底したこだわりにより雰囲気を壊すことなく装備されています。  ダッシュボードは水平貴重なシンプルなデザインで、フロントガラスから広々とした空間が広がっています。
ゆったりとフラットな空間がドアまで広がり、上質でゆとりのある空間を作っています。
水平基調のダッシュボードはセンタースクリーンのフラットなデザインと調和し、シンプルに広大な空間を演出します。
 ドアのスイッチ部分も、浮かび上がるようなデザインになり、シートのリクライニングスイッチも、物理スイッチでなくタッチ式スイッチが採用されています。
エアコン吹き出し口も四角で構成されており、これらの細かなこだわりによってタッチスクリーンを悪目立ちさせずに、ラグジュアリーさを守りつつ先進的な車内空間が作られています。
 このタッチスクリーンがもたらす新たな機能が、「メルセデス ユーザー エクスペリエンス」、通称「MBUX」と呼ばれるメルセデスベンツの最新のユーザーインターフェイスです。
車両情報の確認や設定をディスプレイの操作でで行えるシステムです。
運転席正面のメーター位置に配置される、12.3インチワイドディスプレイとインパネに配置されるセンターディスプレイからなる構成です。
12.3インチディスプレイは従来のメーターの役割になり、運転に直接関係する情報が表示されます。 センターディスプレイは、12.8インチの縦型有機ELディスプレイで、オーディオやエアコン、車両の細かい設定等が行なえます。
エンターテインメントコンテンツも表示可能です。
有機ELディスプレイは、日光がまぶしい状態でも視認が容易に出来るように、黒の表現力と、省電力性を考慮し採用されたようです。
スマートフォンでもおなじみのボイスコントロールにも対応し、「Hiメルセデス」で起動し、カーナビの目的地入力や電話通話、メッセージの読み上げ、入力にも対応、気象情報の確認も可能です。
エアコン温度設定、クライメントコントロール、ヒーターの設定、照明や車の設定変更までも対応します。
前後席どの壱からの発話かを聞き分けて該当のゾーンのみの設定変更も可能です。
ゼロレイヤーと呼ばれる、コンテンツの自動提案システムが搭載されています。
ユーザーの好みを学習し、コンテンツの提案やよく使う機能を優先的に表示させる事が出来ます。
MBUXインテリアアシスタント機能は、手のジェスチャーで操作可能な機能です。
ルーフシェードの開閉、読書用ライトのオンオフなど、直接操作せずにコントロール可能です。

運動性能と快適性を高次元で両立メルセデスベンツ S580e 4MATIC LONG メカニズム紹介

運動性能と快適性を高次元で両立メルセデスベンツ S580e 4MATIC LONG メカニズム紹介

S580eに搭載されるパワーユニットは、エンジンが直列6気筒ターボ、排気量3000cc。
最高出力270kw 367馬力。最大トルクが500N・m。
モーターユニットが、定格出力55kw 最高出力110kw。最大トルクが440N・m。
ユニット合計で最高出力375kw、510馬力。最大トルク750N・mとなり、排気量6000ccクラスのトルクを発生させます。
バッテリー容量は28.6kw。充電は6.0kwの普通充電と、60kwの急速充電に対応します。
S580eはプラグインハイブリッドなので、電気モーターのみで時速140km/h、最長100kmまで走行が可能です。
 S580eのAIR MATICサスペンションシステムを紹介します。乗り心地と運動性能を両立させるシステムで、連続可変ダンパーとエアサスペンションを電子制御します。
路面の状況に応じてダンパーを調節し、エアサスペンションの硬さを調整します。
これにより快適性と俊敏性を実現し、車両の安定性の向上を果たしています。
 E-ACTIVE BODY CONTROLシステムは、AIR MATICサスペンションをさらに発展させたシステムで、4輪のサスペンションに油圧ユニットを装備し、車体の姿勢変化を抑制します。
前方のカメラで路面の微細な凸凹と走行状況をセンサーでを認識し、車体の姿勢変化を制御しフラットな姿勢を維持。かつてない快適性と安定性を実現しています。
さらに側面衝突の危険を検知すると車高を上昇させ、頑丈な車体下部のフレーム部分で衝撃を受け止め、乗員を保護します。
快適性と安全性にも配慮したシステムです。
 S580eは複数のドライブモード設定が可能で、H「ハイブリッドモード」、S「スポーツモード」、I「インテリジェントモード」、EL「エレクトリックモード」、B「バッテリーホールドモード」、が選択可能です。
ELモードを使うと、時速140km/hまでの完全電気モーター走行が可能となります。
走行距離は100kmまでですが、日常的な移動であれば電動走行で充分まかなえるでしょう。

ベンツ S580e 4MATIC LONGのまとめ

ベンツ S580e 4MATIC LONGのまとめ

今回S580eを見て感じたのは、基本の形状にこだわりコンセプトを突き詰める事で、装飾や演出など無くても高級感や、安定感が自然に出てくる事です。
デザインを見ても特徴的な所が少なく、無を感じました。よく調べてみると、これ以上ないほどに、ベースのラインを追求し徹底的に要素を削ぎ落して完成されたものだと知り、これがメルセデスベンツの持つ魅力だと感じました。
何世代にもわたりSクラスを乗り継ぐ方がいらっしゃるは、その魅力に取りつかれた方だと思います。
伝統的でありつつも、最新の技術を積極的に取り入れていく事で、メルセデスベンツSクラスは最高峰の高級サルーンとしてさらなる進化を続けていくと思います。
今回のプラグインハイブリッド車の設定も、時代に合わせた進化です。
高級サルーンの代表的な存在として、今後の進化が楽しみです。

V2Hの価格・メリット・デメリット

▼ V2Hの価格一覧

  • 長州産業マルチV2Xシステムの価格と性能
  • オムロンV2XシステムKPEP-Aの価格と性能
  • ニチコン 系統連系型EVパワーステーション
  • ニチコン トライブリッド蓄電システム
  • パナソニックV2H蓄電システムeneplat
  • 長州産業SMART PV EVO
  • シャープV2H Eeeコネクトの価格と性能
  • ニチコン パワームーバー可搬型給電器
  • ELSEEV(エルシーヴ)の価格・お見積り