太陽光発電システムの地域活用要件とは?|太陽光発電のエコ発電本舗

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
中部:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
北陸:新潟、富山、石川、福井
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知 九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2021.12.08

太陽光発電システムの地域活用要件とは?

太陽光発電システムの地域活用要件とは?


太陽光発電システムの地域活用要件とは?


太陽光発電システムの設置容量10kW~50kW未満に関しては、2020年度のFIT制度に関しては、新たに「地域活用要件」が設定されております。
地域活用要件の内容や活用事例など解説いたします。

◆ 太陽光発電システムの地域活用要件とは?
2020年度以降にFITの認定を受ける設置容量10kW~50kW未満の場合、あたらに設定された地域活用要件の制約を受けます。

地域活用要件の目的は、停電などの災害時に非常用電源として活用できることで、現地の発電設備を利用できれば、系統でトラブルがあった場合の有用性が高いです。自治体のみで利用できる配電網の「マイクログリッド」という技術も今後普及します。
マイクログリッドの詳細はこちら

 条件1 自家消費率30%以上 
10kW~50kW未満の太陽光発電は、全量売電はできなくなり、最低でも発電量の30%以上を自家消費することがFIT制度の適用条件となっております。

 条件2 自立運転機能 
地域活用要件の条件として、「自立運転機能」を有することも必須です。 自立運転機能とは、停電時に自立運転できるコンセントが設置されており、1.5kWの電力が非常時に利用できることが条件です。

◆ 太陽光パネルの価格と性能を比較
太陽光パネルの価格相場と性能一覧は以下をご参照ください。
太陽光パネルの価格相場、性能比較はこちら


◆太陽光パネルの補助金
太陽光パネルの補助金(自治体から)は以下をご参照ください。
太陽光パネルの自治体からの補助金の詳細はこちら


太陽光発電システムの商品一覧



太陽光発電の買取価格・売電価格について
自家消費型太陽光発電の補助金と仕組み
V2Hの商品比較・メリットデメリット


無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top

太陽光発電と蓄電池の見積り依頼