太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!

太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」

太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

東京都で、戸建て新築住宅に太陽光発電の設置義務化が現実的に?!

投稿日:2022年08月10日

東京都で、戸建て新築住宅に太陽光発電の設置義務化が現実的に?!

東京都の太陽光発電システム設置義務化の課題は?

東京都にて「新築住宅に太陽光発電システムを設置することを義務化する」という宣言の良し悪しが議論されています。

◆ そもそもの課題・目的は?
東京都のみならず脱炭素の推進は世界全体の大きな課題です。
日本の場合、CO2の排出量ワースト3は、「工場、火力発電所、自動車の排気ガス」です。
太陽光発電システムや風力発電など再生可能エネルギーの発電量を増やすことで、電源構成の見直すことは必須の取り組みです。
一昔前は、メガソーラーなど大量の太陽光パネルを設置することで大規模に発電していましたが、日本国土でメガソーラーを設置できる新たな用地は限られています。
今後は住宅や施設の屋根が太陽光パネルの主要な設置場所となります。建物の屋根はデッドスペースなので国土を削ることなく合理的に脱炭素を取り組めます。

東京都で、戸建て新築住宅に太陽光発電の設置義務化が現実的に?!

以下、太陽光発電システムの設置における懸念点を、業界紙のスマートハウスの情報を元に紹介します。

◆ 今更、太陽光発電システムを設置しても元が取れるのか?
太陽光発電システムの発電電力は、まずは自宅で自家消費し、余剰発電電力は電力会社に売電できます。
売電収益や電気代の節約分で導入費が「回収できるか?」「経済的に得か?」が経済面での購買決定要素となります。
2012年にFIT制度(固定価格買取制度)が始まりましたが、当時の売電価格は42円/kWhと高額で、年々下落し2023年度は16円/kWhと激減しております。

年度 売電価格 前年度との差分
令和4年度 17円/kWh 前年の売電価格-2円
令和3年度 19円/kWh 前年の売電価格-2円
令和2年度 21円/kWh 前年の売電価格-3円
令和元年度 24円/kWh 前年の売電価格-2円
平成30年度 26円/kWh 前年の売電価格-2円
平成29年度 28円/kWh 前年の売電価格-3円
平成28年度 31円/kWh 前年の売電価格-2円

しかしながら、太陽光発電システムの設置コストも飛躍的に低下しており、一部の訪問販売店の価格を除けば、概ね10年前後で元が取れる相場となっています。

昨今の電気料金の値動きを勘案すると、長期的な経済効果は高く、「元が取れない」という心配はないかと思います。
さらに、停電時は太陽光発電システムの発電電力で電力を利用でき、その経済価値は甚大です。冷蔵庫やスマートフォンの充電など生活インフラを確保できるだけでも、停電の不便はかなり解消されます。

◆ 太陽光発電システム設置による災害リスクは?
太陽光パネルの地震による倒壊リスクや、洪水など水害時の感電リスクなど懸念があります。
太陽光発電システムの規格は「JIS C 8955」が定められており、風圧や積雪の厳格な規格が定められており、通常の台風や積雪には問題なく耐えられます。
しかしながら水害による感電リスクはありますので、水没した太陽光パネルには近づかないようにしましょう。

◆ 太陽光発電システムは、本当に脱炭素に貢献しているの?
太陽光発電システムの発電電力を自家消費・売電することで、本来なら火力発電でまかなっていた電力量を削減でき、火力発電により発生していたであろうCO2を削減できます。
しかしながら、削減できるCO2よりも太陽光発電システムの製造時に発生するCO2の量が多く、結果的には脱炭素にはならないのでは?という懸念があるようです。
前提条件により結果は異なりそうですが、NEDOの発表によると製造時に発生するエネルギーは、太陽光発電システム設置後2年ほどで回収できる。とのことです。
生産技術やリサイクルの技術も日進月歩で進歩し、実際に太陽光パネルやパワーコンディショナの寿命も長期化しています。連動して削減できるエネルギーも削減できるので、脱炭素への貢献度はさらに大きくなります。

◆ リサイクル処理の問題は?
FIT制度が開始された2012年から太陽光発電システムが爆発的に普及しており、設置から30年後の2040年あたりで大量の産業廃棄物が発生することが大きな課題となっております。
特に有害物質の鉛・カドミウム・セレンなどの処理が懸念されておりますが、リサイクル技術も進歩しているので、多くの太陽光パネルが寿命を迎えるころには、より環境に良い処理方法が開発されているはずです。

東京都の太陽光発電システム設置義務化に至る背景は?

2021年9月に、「東京都で戸建て新築住宅に太陽光発電の設置義務化を検討」を検討がリリースされました。2022年に入り、小池都知事は本気で東京都の太陽光発電システムの導入義務化を目指しており、「新築建築物への太陽光発電設備の設置を標準化し、ゼロエミッション東京の実現を目指す」と小池都知事が宣言しております。

一時は、「国全体で、新築住宅への太陽光発電の設置を義務化」も検討されましたが、住宅価格の上昇や消費者のニーズを勘案し見送られました。
東京都は太陽光発電の設置義務化へ向けて有識者検討会を行い、2022年4月には中間報告がなされるようです。

東京都で、戸建て新築住宅に太陽光発電の設置義務化が現実的に?!

◆ ゼロエミッションの具体的な目標は?
ゼロエミッションとは、温室効果ガスの排出量をゼロにする。という意味ですが、具体的には2030年の温室効果ガスの排出量を2000年比で50%削減(日本全体の目標は46%削減)し、2050年には実質ゼロを目指します。
温室効果ガスの排出の30%は家庭からの排出なので、各家庭で太陽光発電を設置し、再生可能エネルギーを活用することで、温室効果ガスの削減にインパクトのある取組ができます。

◆ 太陽光発電設置義務の対象は?
新築の戸建住宅が対象ですが、具体的には建売の購入者ではなく、住宅の供給メーカーなどの事業者に義務付けられます。
具体的には大手ビルダー50社に新築一戸建て住宅に太陽光発電を設置して販売することを義務付けます。
日照条件や屋根の状況などを勘案して、販売数の85%に太陽光発電を設置する目論見で、未達の場合は業者名の公表などペナルティを科す予定です。

上記の取組により、年間43,000戸の新築戸建住宅の約50%に太陽光発電設備が設置される見通しです。
現時点では中小零細ビルダーは対象外なので、価格重視のローコストホームなどは太陽光発電システムの搭載は義務化されないようです。3階建ての狭小住宅に太陽光発電を設置するのは至難の業なので、妥当な施策ですね。

地球温暖化の施策は喫緊の課題で、CO2の削減量の多くを占める火力発電への依存を緩和するためには、原子力発電所の再稼働か再生可能エネルギーの普及が必須で、原発再稼働は制約が多くハードルが高いので、再生可能エネルギーを早急に普及する必要があります。
メガソーラーのような大規模太陽光発電システムは理想的な用地が限られており、現実的にはビルなどの施設、住宅の屋根、農地でのソーラーシェアリングなどへの設置が効果的でしょう。

◆ 太陽光パネルの価格と性能を比較
太陽光パネルの価格相場と性能一覧は以下をご参照ください。
太陽光パネルの価格相場、性能比較はこちら

◆ 太陽光発電の補助金
太陽光発電の補助金(自治体から)は以下をご参照ください。
太陽光パネルの自治体からの補助金の詳細はこちら

太陽光発電システムの商品一覧


自家消費型・太陽光発電

無料見積り・無料相談承りフォーム

エコ発電本舗は価格に自信があります。
万が一他社の方が安かったら更にお値引きのご相談も承ります。
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
エコ発電本舗はお電話0120-099-995でもご相談やお見積りを承っています
必須
必須
任意
必須
必須
任意
郵便番号から、住所が自動入力されます
必須
任意
任意
任意

個人情報の取り扱い」について

ページの先頭へ