太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

プラグインハイブリッド車(PHV)を徹底分析

投稿日:2024年02月01日

電気自動車にはいくつかのバリエーションがありますが、なかでもプラグインハイブリッド車(PHV)に注目が集まっています。PHVは、エンジンと電動モーターの両方を搭載し、外部からの充電が可能な次世代の自動車です。この車両は、環境にやさしい移動手段として注目され、多くのメリットを持っています。ここでは、PHVについてさまざまな側面から徹底分析していきます。
▶ CEVのV2H補助金、EV補助金の詳細

プラグインハイブリッド車(PHV)の基礎知識:構造と走行モード

プラグインハイブリッド車(PHV)は、エンジンと電動モーターの両方を動力源として活用し、外部からの充電が可能な次世代の自動車技術です。このシステムは、日常の短距離移動では電動モーターのみを使用し、長距離移動や電池残量が少なくなった場合にはエンジンを活用することで、航続距離の不安を解消し、より広範囲の用途に対応できるように設計されています。PHVシステムの基本構造は、主に高性能なリチウムイオンバッテリー、前後のモーター、発電用エンジン、そしてジェネレーターです。このシステムは、エンジンによる発電と外部充電器(Plug)を通じた直接充電の双方に対応しており、従来のハイブリッド車(HEV)に比べて、電動走行の範囲と時間を大幅に拡大しています。

PHVは走行状況に応じて、自動でEV走行モードとHEV走行モードを切り替えます。EV走行モードでは、車はバッテリーに蓄えられた電力を使用してモーターを駆動し、ガソリンの消費や二酸化炭素の排出がゼロです。このモードは、市街地の短距離移動や渋滞時などに適しており、静かでクリーンな走行を楽しむことができます。一方、HEV走行モードには、シリーズ走行モードとパラレル走行モードの2つのサブモードが選択可能です。シリーズ走行モードでは、エンジンは発電用として稼働し、その電力でモーターを駆動します。パラレル走行モードでは、主にエンジンの駆動力を使用しながら、必要に応じてモーターがアシストすることで、効率的な走行を実現します。特に高速走行時には、エンジンの効率が最も良いため、パラレル走行モードを使用するのが一般的です。

このようなPHVシステムは、環境に配慮した持続可能な移動手段を提供するだけでなく、ユーザーのライフスタイルに合わせて多様な利用シーンに対応する柔軟性を持っています。PHVは今後も自動車業界における重要な役割を担っていくことでしょう。

プラグインハイブリッド車(PHV)以外の電気自動車の特徴

電動化が進む現代の自動車業界では、電気を動力源とする車両が多様な形態で登場しています。これらは広義で電気自動車(EV)と称され、その中にはバッテリー電動車(BEV)、ハイブリッド車(HEV)、燃料電池車(FCEV)が含まれます。プラグインハイブリッド車(PHV)もEVの一種ですが、ここではPHVを除く他の種類に焦点を当て、それぞれの特徴を探ります。

バッテリー電動車(BEV)

BEVは、外部から充電した電力を蓄えたバッテリーを動力源として使用します。従来の内燃機関が一切ないため、排気ガスの排出がなく、環境に優しいのが最大の特徴です。さらに、静かな走行音と瞬間的な加速力が魅力です。しかし、航続距離や充電ステーションの整備状況は、使用にあたっての検討ポイントとなります。近年の技術進歩により、一部のBEVモデルでは600kmを超える長距離走行が可能となっていますが、全体としてはまだ発展途上です。

ハイブリッド車(HEV)

HEVは、ガソリンエンジンと電動モーターの両方を搭載し、これらの組み合わせによって効率的な走行を実現します。HEVは外部からの充電を必要とせず、走行中にエンジンや回生ブレーキから電力を生成してバッテリーを充電します。このシステムにより、都市部での低速走行時には電動モーターを主に使用し、高速走行時や加速時にはガソリンエンジンを活用することで、燃料効率を最大限に高めます。

燃料電池車(FCEV)

FCEVは、水素を燃料とし、燃料電池で化学反応を起こすことにより電力を生成し、その電力でモーターを駆動します。排出物が水のみなので、CO2排出削減に大きく貢献します。また、充電時間が短く、数分で燃料補給が完了するため、長距離走行にも最適です。ただし、水素ステーションの設置は初期投資が大きく、インフラ整備が課題となっています。

プラグインハイブリッド車(PHV)の特徴:メリットとデメリット

プラグインハイブリッド車(PHV)は、現代の自動車市場において、燃料効率の良さと環境性能の高さで注目されています。PHVシステムの最大の魅力は、エンジンと電気の組み合わせで走行可能な点です。都市部の短距離移動では、ガソリンを一切消費せずに済むため、走行コストを大幅に削減できます。さらに、災害時には大容量バッテリーを活用して、家庭用電源としても利用可能です。加えて、ガソリンを補助燃料として使用できるため、長距離運転も安心です。特に、電気のみでの走行距離が長いことは、短距離移動が多いユーザーにとって大きなメリットです。

PHVの走行特性については、静かでスムーズな加速に定評があります。電源の供給に関しては、外部からの充電が可能であるため、充電時間も一般的なEVに比べ短く済みます。この点は、忙しい日常生活の中で充電時間が気になるユーザーにとっては大きな利点です。

一方で、PHVを選択する際にはいくつかのデメリットも考慮する必要があります。最も顕著なのは、車両価格の高さです。たとえば、トヨタのプリウスモデルでは、PHVとHVの間に約80万円の価格差があるのです。この初期投資の高さは、多くの消費者にとって購入を決める際の壁になるでしょう。また、PHVの電気走行がメインであることから、ガソリンの使用頻度が低い場合、ガソリンの劣化が進みやすいという問題を指摘する意見もあります。従来からのガソリンエンジン車と比べると、車内スペースがバッテリーによって狭くなる傾向があり、居住性の面では気になるユーザーもいるようです。PHVの利点である、自宅での充電を可能にするには充電のための設備が必要になり、車両とは別の出費になります。この点も、PHV導入の障壁となることがあるのです。

PHVは燃費の良さ、環境性能の高さ、そして電気走行の利便性を備えた先進的な車両です。しかし、車両価格の高さやガソリンの劣化、車内スペースの制限など、いくつかの検討すべき事項もあります。これらのメリットとデメリットを総合的に考慮し、個々のライフスタイルやニーズに最適な選択をすることが重要です。

国内市場で人気のプラグインハイブリッド車(PHV)ラインナップ

プラグインハイブリッド車(PHV)は、エコフレンドリーな走行とガソリンエンジンの長距離走行能力を併せ持つ、今日の自動車市場で重要な位置を占める車種です。国産車から輸入車まで、多岐にわたるメーカーがPHVモデルを提供しており、その特徴はバッテリー容量の大きさと長いEV走行距離にあります。ここでは、国内市場で人気のあるPHV車種とその主要なスペックを紹介します。

トヨタは、クロスオーバーSUVセグメントで「RAV4 Z」を提供しており、このモデルはオフロード車のスタイリッシュなデザインと306PSのシステム最高出力、95kmのEV走行距離を特徴としています。価格は560万円台からです。また、「ハリアー Z」は都会的なデザインで知られ、同じく306PSのパワーと93kmのEV走行距離を誇り、価格は620万円台からです。さらに、プリウスのPHVモデル「プリウス Z」は223PSの出力と87kmのEV走行距離で、価格は460万円台からとなっています。

マツダからは、「CX-60 PHV」が発売されています。このモデルは、後輪駆動ベースのPHVシステムと75kmのEV走行距離を持ち、価格は610万円台からです。三菱は、PHVのSUVセグメントにおけるパイオニアであり、「アウトランダー PHV」は、高出力なモーターと20kWhの大容量バッテリーにより、83~87kmのEV走行距離を実現しています。価格は480万円台から購入可能です。レクサスは、ラグジュアリーブランドとして「NX450h+」と「RX450h+」の2つのPHVモデルを市場に提供しています。これらの車種は、約18kWhのバッテリー容量と80km以上のEV走行距離を特徴とし、それぞれ約730万円台と870万円台からの価格設定です。

輸入車のPHVラインナップは、アルファロメオの「トナーレ プラグインハイブリッド Q4」やシトロエンの「C5 X プラグインハイブリッド」、ジープの「レネゲード 4xe」など、多岐にわたります。これらの車種は、ユニークなデザインと組み合わせたPHVテクノロジーにより、EV走行のメリットを追求しながら、幅広いライフスタイルに対応可能な選択肢を提供しています。

このように、PHVは環境への配慮と長距離走行の柔軟性を兼ね備えた先進的な選択肢であり、日本国内でのラインナップも多様化しています。PHVユーザーは自身のライフスタイルやニーズに最適なモデルを選択することで、エコフレンドリーなドライビング体験を楽しむことができるでしょう。

PHV購入時のイニシャルコストを下げるには:EV補助金について

プラグインハイブリッド車(PHV)はその環境性能と経済性により、多くのドライバーから注目されています。しかし、これらの車種は従来のガソリン車やハイブリッド車(HEV)に比べて購入価格が高めです。この価格差を緩和するため、国や地方自治体からの補助金制度が設けられており、これらを活用することで、プラグインハイブリッド車の購入費用を大幅に軽減することが可能です。

国の補助金制度では、「クリーンエネルギー自動車導入促進補助金」が提供されており、PHVの購入に対して最大55万円の補助が受けられます。この補助金の申請先は、一般社団法人次世代自動車振興センターです。また、地方自治体によっては補助金制度が利用可能な場合もあり、プラグインハイブリッド車の購入者に対して、費用の一部を助成するプログラムを設けています。自治体によって補助金の額や対象となる条件が異なるため、購入を検討している地域の補助金制度の詳細については、事前に確認することが重要です。

例として、東京都に住む人が三菱アウトランダーPHV(グレードP)を購入する場合、国の補助金55万円に加えて、東京都の補助金45万円、自動車メーカー別の上乗せ補助額10万円、再エネ電力導入の場合は15万円の特別補助金が利用可能となっています。さらに、自動車重量税3万7500円、自動車税最大3万9800円、自動車環境性能割で非課税の税制優遇を受けることができます。これら全ての補助金制度を活用することで、合計最大132万7300円の優遇を受けられるのです。

とはいえ、これはあくまで試算による金額であり、補助金制度の利用には期限やルールがあったり、予算の上限に達すると受付が終了したりするため、もし利用するのであれば早めに申請したほうがよいでしょう。これらの補助金制度の詳細については、経済産業省や地方自治体の窓口だけでなく、車の販売ディーラーでも情報提供を受けられる場合があります。このような補助金制度を活用すれば、PHVをより手頃な価格で入手できます。購入を検討している方は、積極的にこれらの制度の活用を検討してみましょう。

PHV運用時のランニングコスト:電費と減税優遇

プラグインハイブリッド車(PHV)は、その環境への配慮と燃料効率の良さで知られています。特に、燃料費に関しては、ガソリン車や従来のハイブリッド車(HEV)と比較して、長期的に見てコスト削減になることが期待できます。しかし、維持費全体で考えると、バッテリーの寿命や交換費用も含まれるため、ランニングコストを下げるにはトータルな側面から考える必要があります。PHVを含む電気自動車の燃費は「電費」と呼ばれ、そのエネルギー効率を示す重要な指標です。一般的に、ガソリン車の燃費は「km/L」で表されますが、EVやPHVでは「km/kWh」または「Wh/km」で表示されます。

「km/kWh」は1キロワット時の電力で走行できる距離を示し、この数値が大きいほど効率的です。一方、「Wh/km」は1キロメートル走行するのに必要なワット時を示し、この数値が小さいほど効率が良いとされます。具体的な例として、トヨタのプリウスPHVを取り上げてみましょう。プリウスPHVの電費は約7.46km/kWhと報告されています。この数値を基に、年間1万km走行した場合の電気代を計算すると、電気代が1kWhあたり27円とすれば、年間の電気代は約3600円となります。これは、ガソリン代が1リットルあたり150円であると仮定した場合のガソリン車と比較して、はるかに経済的といえるでしょう。さらに電費を最適化するためには、エコドライブモードの利用や、急加速をしないこと、エアコンの適切な使用、タイヤの空気圧の定期的なチェックなど、運転習慣を見直すことも効果的です。

さらに、PHVの維持費を考慮する際には、エコカー減税や自動車税のグリーン化特例など、政府や地方自治体による税制の優遇措置も重要な要素です。これらの措置を活用することで、PHVのランニングコストのさらなる削減が可能となります。ただし、PHVの維持費を検討する際には、バッテリーの寿命や交換費用も忘れていはいけない要素です。車種にもよりますが、一般的にPHVを含む電気自動車のバッテリーは、車両が寿命を迎える間に1度は交換が必要になると言われています。この交換コストは数十万円に上る可能性があるのです。

WLTCモードとPHVの燃費及び電費

ここで、電気自動車の燃料効率を図る指標として「WLTC」を紹介しておきましょう。プラグインハイブリッド車(PHV)を含む電気自動車のWLTCモード燃費は、車両が実際の運転状況に近い条件下でどの程度のエネルギー効率を発揮するかを示します。このモードは、「Worldwide harmonized Light vehicles Test Cycle」の略で、国際的に認められた走行パターンに基づいて計測される指標です。WLTCモードは、都市部の低速走行から郊外や高速道路の走行までをカバーし、実際の走行環境をより正確に反映した数値を提供することを目的としています。

PHVのWLTCモード燃費は、車両が電動モーターのみで走行する際の電力消費率(km/kWhまたはWh/km)と、内燃機関を使用した際の燃料消費率(km/L)の両方を含みます。これにより、消費者は電動走行モードとハイブリッド走行モードの両方での車両性能を評価することができるわけです。たとえば、あるPHVのカタログなどでWLTCモードに基づく電力消費率が15.5kWh/100km(6.45km/kWh)で、燃料消費率が25.0km/Lとのスペック表示があったとします。これは、電動モードでは1kWhの電力で約6.45kmを走行でき、ハイブリッドモードでは1リットルの燃料で25kmを走行できることを意味します。この情報があれば、PHVとガソリン車や従来のHVなどとの燃料効率を比べることができるのです。

さらに、PHVのWLTCモード燃費は、電動モードでの1回の充電あたりの走行可能距離(等価EVレンジ)も知ることができます。たとえば、等価EVレンジが60kmであれば、完全に充電された状態からバッテリーが空になるまでの平均的な走行距離が60kmであることを示します。このようなWLTCモード燃費の数値は、車両のカタログや店頭での展示、広告宣伝資料で確認可能です。ただし、実際の燃費は走行条件や運転方法、車両の状態などによって異なるため、表示されている数値はあくまで参考値として扱う必要があるでしょう。

PHVのWLTCモード燃費を理解することで、自動車購入予定者は自分が選ぶべき車種について最適な車両を選択するための重要な情報を得ることができます。とくにPHVに関していえば、電動モードの使用が多い市街地中心の運転であれば、電力消費率の低いPHVが有利です。一方で、長距離のハイブリッド走行が多い場合は、燃料消費率の低いPHVが適しています。

非常用電源やアウトドア電源として有望なPHV

プラグインハイブリッド車(PHV)は、災害時の非常電源として、またアウトドア活動での電源供給として高いポテンシャルを持っています。これは、PHVが搭載する大容量バッテリーを活用し、外部に電力を供給できる外部給電機能によるものです。この機能により、PHVは単なる移動手段を超えて、巨大なモバイルバッテリーとしての価値を提供します。災害時、特に大規模な自然災害が発生した際には、発電所からの架線による電力供給が途絶えることがあります。

このような状況では、PHVの外部給電機能が非常に役に立つのです。家庭用の電化製品や医療機器、通信機器などを稼働させるための電力を、車両から直接供給することが可能だからです。以上のような防災力の観点から見ると、PHVがあれば電力供給の面の不安が和らぎます。できれば総電力が大きく、充電時間が短い車種が理想的です。V2H(Vehicle to Home)対応車種であれば、より幅広い用途での電力供給が可能になります。

どの程度の電力供給が可能かについては、搭載するバッテリー容量などで異なります。たとえば、三菱のアウトランダーPHVは、総電力20kWhという大容量バッテリーを搭載しており、一般的な家庭の電力消費の場合、最大12日分の電力を供給できる可能性があります。これは、電力供給が復旧するまでの間、家庭での基本的な電力ニーズを賄うのに十分な量です。また、アウトドア活動においても、PHVの外部給電機能は大きなメリットを提供します。キャンプや野外イベントなどで、電源が確保しにくい環境下でも、PHVがあれば住宅内と同様に電化製品が使えるのです。音楽再生機器や照明、調理器具など、快適なアウトドアライフをサポートするための電力を提供できます。

PHVを選ぶ際には、このようなアクティビティを可能にするための外部給電機能のスペックのチェックが重要です。総電力容量、充電時間、コンセントの種類と数など、自身のニーズに合った車種を選ぶことが大切です。オプションについても確認しましょう。トヨタのプリウスPHVは、オプションで大型ソーラーパネルを搭載でき、晴天時には最大5.5km/日の発電が可能です。PHV自体で給電できる電力が途絶えても、天候が良ければさらに電源として使えます。

PHVのバッテリーについての基礎知識

プラグインハイブリッド車(PHV)のメンテナンスにおいて最も注目すべき部分は、車両の心臓部にあたるバッテリーの状態です。特にPHVのバッテリーは、その性能と寿命が車両の使用価値に直結するため、定期的な点検と適切なメンテナンスが不可欠です。バッテリーの交換時期や費用については、その種類や使用状況、さらには選択する交換バッテリーのタイプによって大きく異なります。

PHVには主に駆動用バッテリーと補機バッテリーの二種類が搭載されています。駆動用バッテリーは車の主要な動力源となり、一方、補機バッテリーは車内の電装品や制御システムの動作に必要な電力を供給します。

駆動用バッテリー

駆動用バッテリーのメンテナンスは、車両の性能維持のために極めて重要です。駆動用バッテリーの寿命は走行距離や使用年数によって異なりますが、目安としては約10年または15万kmが挙げられます。交換費用はそのバッテリーの種類や容量、さらには新品かリビルト品かによっても変わりますが、大体10万円から20万円程度が一般的です。ディーラーや信頼できる整備工場での交換を選択した場合、17万円から20万円程度の費用が掛かります。このようなところで主に使われる純正品であれば15万円前後が相場ですが、リビルト品を選択することでコストを下げることもできるでしょう。

補機バッテリー

プリウスなどのPHVの場合、モデルによって異なるバッテリーモデルが指定されています。たとえば、50系や60系プリウスではLN1タイプが使用され、価格は一般的に1万円から2.5万円程度です。補機バッテリーの交換費用はバッテリーの価格に加えて工賃を含めると、大体2万円から4万円程度となります。PHVの補機バッテリー交換時期は、一般的には4~5年が目安です。

交換時期の目安と技術的な問題

バッテリーの性能低下や警告メッセージの表示など、交換が必要なサインには注意を払い、適切なタイミングでの交換が推奨されます。なお、バッテリー交換は車両の性能や安全性に直結するため、専門の知識を持つ整備士による点検と交換が推奨されます。自分で交換を行う場合には、適切な知識と工具、そして正しい手順を理解していることが前提です。特に駆動用バッテリーの交換は専門的な技術が必要とされるため、一般的には整備工場に依頼すべき作業です。

PHV購入の際のチェックポイント

プラグインハイブリッド車(PHV)の購入を検討する際には、まずはその多面的な特性と利点を総合的に理解することが重要です。その上で、PHV購入の主なポイントを挙げるとすれば、環境への配慮、運用コスト、走行性能、補助金制度の有無などがあります。PHVは、エンジンだけで走行するガソリン車やHV車と比較して、二酸化炭素排出量を大幅に削減できる点が特徴です。また、充電による電動モーターのみでの運転の際には、特に都市部での短距離移動において燃料費を削減できることから、運用コストの面でも魅力的といえます。

さらに、PHVの走行性能は、電動モーターによる即応性の高い加速と、エンジンの提供する持続的な動力により、平滑かつ力強いドライブ体験を実現します。多くのモデルでは、高度な運転支援システムや快適な室内空間も提供されており、ドライバーと乗員はリラックスした移動時間を過ごせるのです。購入時には、国や地方自治体が提供する補助金制度の有無も重要なチェックポイントとなります。この補助金によって、PHV導入時のコストを軽減し、より手頃な価格での入手が可能となるでしょう。

しかしながら、PHVの購入を検討する際には、バッテリーの寿命や交換費用などのランニングコストや、充電インフラの整備状況、ユーザーのニーズに合った車両のサイズやスペックかどうかも同時に検討しなければなりません。バッテリーは消耗品であり、数年後には交換が必要となることも予想されますが、その費用はかなりの金額になることが一般的です。メリットとデメリットのバランスを考えて、メーカーや車種を決めるとよいでしょう。

V2Hの価格・メリット・デメリット