全固体電池が電気自動車(EV車)のバッテリーの主流に?|エコ発電本舗

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • ニチコン系統連系型EVパワーステーション
  • ニチコン トライブリッド蓄電システム
  • 田淵 アイビスセブン ハイブリッド蓄電池
  • ファーウェイ
  • ニチコン蓄電池
  • エコ発電本舗の太陽光発電システムのお客様の声
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • 家庭用蓄電池の設置メリット
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
北陸:新潟、富山、石川、福井
東海:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
近畿:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

2021.09.03

全固体電池が電気自動車(EV車)のバッテリーの主流に?

全固体電池が電気自動車(EV車)のバッテリーの主流に?


全固体電池とリチウムイオン電池の違い

電気自動車(EV車)や家庭用蓄電池など、社会に普及している蓄電池は「リチウムイオン電池」が主流です。
リチウムイオン電池は、ここ数年で耐久性やサイズなど飛躍的に改善されていますが、リチウムイオン電池のリスクとして「発火」は免れません。
また、電気自動車(EV車)においては「航続可能距離」、リチウムイオン電池全体としては「寿命」「価格」が継続的な課題です。

リチウムイオンの主な原材料はコバルトで希少金属資源なので、供給量に対して需要過多になれば価格が高騰し、蓄電池の導入コストにも影響します。

リチウムイオン電池の抜本的な課題を解決しうる次世代蓄電池が「全固体電池」というわけです。


家庭用蓄電池 メリット 価格 商品一覧



全固体電池の特徴は?


全固体電池のリチウムイオン電池に対する主な特徴は以下です。
【全固体電池の原材料】
 希少金属のコバルトを使用しない。
【全固体電池の大きさ】
 発熱が少なく冷却不要なので小型化できる。
【全固体電池の出力】
 トヨタ自動車では従来蓄電池の3倍以上の出力を達成。
【全固体電池の航続距離】
 フォルクスワーゲンでは、従来蓄電池の1.8倍を達成。
【全固体電池のその他の特徴】
 引火や液体漏れのリスクが小さく安全性が高い。



◆ リチウムイオン電池と全固体電池の違い

全固体電池とリチウムイオン電池の違い

【安全性・サイズ】
リチウムイオン電池と全固体電池の違いは、上図のようにイオンが移動する媒体(電解)が、液体か個体かの違いのです。
リチウムイオン電池は媒体が電解液で液体なので、液漏れを回避する仕様や、電極にカバーが必要でどうしてもサイズが大きくなってしまいます。
一方で、全固体電池は液漏れの心配はなく、電極カバーも不要なのでリチウムイオン電池と比較すると小型化が可能です。

【出力】
リチウムイオン電池と比較すると全固体電池は、出力密度が高く、電気自動車(EV車)に搭載すると航続距離が長く、充電時間を短時間にできます。
電気自動車(EV車)にとって「航続距離」「充電時間」は極めて重要な要素なので、全固体電池の優位性は高いです。

エコ発電本舗では、家庭用蓄電池を多数販売しておりますが、現時点ではラインナップの全てがリチウムイオン電池です。
時期はわかりませんが、全固体電池が家庭用蓄電池の主流に変わるかもしれません。
新しい技術が紹介されると、現商品の導入を見合わせるお客様が一定数いらっしゃいますが、どの時期に導入しても新しい製品は開発され続けるので、次世代製品のリリースを待つことが得策とは言い切れません。得策の場合もございます。

家庭用蓄電池においては、現用品でも十分利便性が高く、価格低下によりかなり高い費用対効果も享受できます。

家庭用蓄電池導入の収益シミュレーション
家庭用蓄電池の賢い選び方
家庭用蓄電池関連のトピックス・最新情報


無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top

太陽光発電と蓄電池の見積り依頼