蓄電池の価格相場!どこで買うと安い?最新補助金情報も掲載

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
中部:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
北陸:新潟、富山、石川、福井
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知 九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

蓄電池の価格相場・メリット・デメリット


家庭用リチウムイオン蓄電池

家庭用蓄電池の価格相場と設置費用について解説いたします。
商品比較において「価格」を重視される方が非常に多いですが、蓄電池の価格相場は「販売店・容量・寿命・仕様」によって大きく異なります。


◆ 営業マンに要注意!!

住環境や目的によって最適な蓄電池は異なります。
よくわからないまま営業マンがすすめる蓄電池を「法外に高い価格」で購入し、後悔されている方が非常に多いです。

「販売店・容量・寿命・仕様」によって、価格相場はどう変わるのか?
また、太陽光パネルの設置状況や電力使用量など住環境に応じて「重視すべきポイント」を、「価格」を中心に蓄電池のプロがしっかり解説いたします。

「蓄電池の価格・性能・保証の比較」「あなたに最適な蓄電池の選び方」を動画解説しているので、商品比較にお役立てください。


全商品、即日お見積りをメールで送付いたします!
まずは、業界最安価格のお見積りをご依頼ください。

お見積りフォーム
お見積りフォーム






ページ内ナビゲーション

家庭用蓄電池の価格相場 家庭用蓄電池 メーカーのメリット比較 家庭用蓄電池かしこい選び方 家庭用蓄電池の導入メリット

家庭用蓄電池の価格相場は?


蓄電池の価格・設置費用について


家庭用蓄電池の価格相場


家庭用蓄電池の設置費用の目安は概ね以下の範囲です。
※エコ発電本舗の販売価格の平均(工事価格、税金込)

 ● 販売価格総額:100~250万円程度
 ● 1kWhあたりの単価:15~20万円/kWh程度

※各商品の販売価格はメーカーの以降で表記不可なので、お手数ですが当社にお問合せください。
▶ まずは、業界最安価格の見積りを依頼する!

蓄電池の購入において「失敗しない秘訣」「低価格で購入する秘訣」は、「相見積もり」です。
複数社から相見積りを取得することで、簡単に蓄電池の「価格」「保証内容」などを比較できます。
面倒かもしれませんが、必ず複数社に見積りを依頼しましょう。
▶ まずは、業界最安価格の見積りを依頼する!






容量・仕様・販売店・種類による価格相場の違いは?


蓄電池の価格は「蓄電容量」「仕様」「販売店」「種類」次第で異なります。




◆ 「蓄電容量」による価格相場の違いは?

家庭用蓄電池の蓄電容量は概ね「4.0kWh~16.6kWh」で、販売価格は上述の通り「100万円~250万円」程度です。
家庭用蓄電池の製造コストのほとんどが原材料のリチウムイオンで、リチウムイオンはレアメタルの一種で希少素材なので、蓄電容量が大きくなっても割安にはなりません。




◆ 「仕様」による価格相場の違いは?

家庭用蓄電池の機能は大きく分けて「単機能蓄電システム」「ハイブリット蓄電システム」に分類され、単機能蓄電システムの方が性能が劣後し低価格です。
ハイブリッド蓄電システムは高価格ですが、特に停電時の利便性が高いです。動作の違いは後述いたします。




◆ 「販売店」による価格相場の違いは?

家庭用蓄電池の販売チャネル

販売店は、おおむね「インターネット」「訪問販売」「量販店」「新築工務店」に分けられます。
蓄電池に限らず、同じ商品でも販売店次第で、価格相場は大きく異なります。

 「インターネット」の価格相場  
エコ発電本舗のようなインターネット販売の場合、人件費や店舗費用など最小限に抑えることで、「販売価格は低価格」になります。
他社との比較が容易なので、価格は安くなります。
▶ エコ発電本舗の見積りをメールでもらう!

 「訪問販売」の価格相場  
訪問販売は営業スタッフの人件費が高額です。
その分、販売価格に転嫁されるので、訪問販売で購入すると「価格は高くなりがち」なので、即決しないように注意しましょう。

 「量販店」の価格相場  
量販店はの価格相場は、ネット販売より若干高価格な相場です。
量販店は太陽光発電や蓄電池の設置工事を工事会社に劇的に低価格で委託しており、「工事品質が懸念」です。

 「新築工務店」の価格相場  
新築工務店の価格相場は、インターネットの販売価格と訪問販売の販売価格の中間くらいかと思われます。
新築工務店は、住宅の建設費用を最小限に抑えるため、太陽光発電や蓄電池を高価格にすることは考えにくいですが、住宅価格に組込まれており、「商品単体の価格がわかりにくい懸念」があります。

太陽光発電や蓄電池は「経済メリットが最大の導入価値」になるので、極力安い価格で導入すべきです。
エコ発電本舗の場合、大量販売によるスケールメリットで商品の仕入れ価格を最小限に抑え、業界最安価格を実現しております。
万一、他社の価格が安かった場合、徹底対抗いたしますのでお気軽にお申し付けください。




◆ 「蓄電池の種類」による価格相場の違いは?

主な蓄電池の種類として「リチウムイオン蓄電池」「鉛蓄電池」「NAS蓄電池」「ニッケル水素電池」などが、あげられます。

蓄電池の種類 kWh単価 特徴
リチウムイオン
蓄電池
13~20万円/kWh 家庭用・スマホ・EVに使用され、
昨今は需要過多で価格高騰
鉛蓄電池 5万円/kWh 安価で安全性が高いが、
寿命が短くエネルギー効率が低い
NAS蓄電池 4万円/kWh 工場など大規模設備向けで、低価格大容量
ニッケル水素電池 10万円/kWh 安全性が高いが、寿命が5年程度で短い

現状では、家庭用蓄電池の主役はリチウムイオンです。
普及がすすむにつれて、kWh単価は20万円/kWhから13万円/kWh程度にまで低下しておりますが、電気自動車(EV車)が爆発的に普及したことで需要過多となり、直近では価格が上昇傾向です。


◆ 「DER(VPP)補助金」を活用する際の価格相場は?

2021年6月よりDER(VPP)実証事業がスタートしております。
本年度の補助金は予算満了ですが、来年度も同条件で公募がありそうなので、公募条件など以下に解説しておきます。

DER(VPP)補助金の交付条件は「目標価格以下で、購入すること」という販売価格の制約があります。
 目標価格 = 蓄電容量1kWhあたり16.5万円

逆に言えば、DER(VPP)補助金を活用すれば必ず「目標価格の16.5万円/kWh以下」で、蓄電池を導入することができます。
目標価格の狙いは、蓄電池を低価格で普及させることです。

ネット販売店は通常時でも目標価格と同様の価格相場で販売しており、DER補助金を活用する際に特別な価格調整は不要です。
訪問販売店の多くは高価格で販売しているので、目標価格以下での販売は難しく、目標価格が設定されている補助金は利用できないケースが多いです。

DERの蓄電池補助金については、以下をご参照ください。

DER、蓄電池の高額補助金


お見積りは全て無料で、即日メールで送付いたします。
▶ エコ発電本舗の「業界最安」の見積りをメールでもらう!






家庭用蓄電池の価格は値下がりする?


家庭用蓄電池も太陽光発電システムと同様に「将来的に価格が安くなる」と考えているお客様が多くいらっしゃいます。

家庭用蓄電池が将来的に「低価格になる可能性は低い」です。
理由は、家庭用蓄電池の製造コストの大部分が材料費で、材料に希少性が高いリチウムイオンが用いられているからです。

リチウムイオンの材料であるコバルトは、家庭用蓄電池だけではなく、スマートフォンや電気自動車(EV車)のバッテリーにも採用されており、需要の急増により、コバルト価格の推移は急上昇しています。


家庭用蓄電池の価格相場 値下がり

上記グラフのように、2016年から2018年の2年間で「コバルトの価格は、4倍」に高騰しております。
電気自動車の現状はまだ導入期で、世界的な普及に連動してリチウム電池の需要高まり、家庭用蓄電池の価格が上昇する可能性もございます。

以下は、経産省が公表しているリチウムイオン蓄電池のkWh単価(1kWhあたりの価格)の推移で、スマートフォンや電気自動車(EV車)など全てのリチウムイオン蓄電池が包含されているデータです。

  kWh単価
(kWh/万円)
販売総容量
(kWh)
販売総価格
(十億円)
2015年 11.3 3,194,389 360
2016年 9.3 4,127,349 385
2017年 9.8 4,319,904 422
2018年 10.1 4,570,056 462
2019年 11.4 3,584,531 409
2020年 12.2 3,643,962 444

2017年までは、生産効率の向上と規模の原理によりkWh単価の推移は下降しておりますが、2018年以降は需要が急増し、特に2019年、2020年とkWh単価の推移は上昇しており、今後も電気自動車(EV車)の急激な普及によりリチウムイオン蓄電池の価格推移はしばらく上昇トレンドが続きそうです。

昨今、家庭用蓄電池の導入に対して、国や自治体から高額の補助金が付与されているので、「補助金の予算満了までが、低価格で導入する最大のチャンス」です。
▶ 業界最安価格の蓄電池の見積りを依頼する!






ページ内ナビゲーション

家庭用蓄電池の価格相場 家庭用蓄電池 メーカーのメリット比較 家庭用蓄電池かしこい選び方 家庭用蓄電池の導入メリット

家庭用蓄電池の補助金


国や自治体からの高額補助金


太陽光発電システムや家庭用蓄電池の普及促進として、国や自治体から高価格の補助金が出ております。
補助金の最新情報は以下をご参照ください。

家庭用蓄電池の補助金


家庭用蓄電池に対する補助金は、都道府県や市区町村などの地方自治体からも、「国の条件を上回る高価格の補助金」が設定されておりますので、居住地域の補助金情報は入念にご確認ください。

東京都を筆頭に、各自治体から家庭用蓄電池導入に対して高価格の補助金が交付されております。
自治体の補助金についての詳細は以下のページをご参照ください。

家庭用蓄電池の各自治体の高額補助金


家庭用蓄電池の導入における最大の障壁は高額な導入価格です。
数十万円の高額補助金が設定されているうちに導入した方が圧倒的に経済メリットが大きいです。
自治体の予算は少ないので、お早めにご検討ください。

お見積りは全て無料です。
全商品、即日お見積りをメールで送付いたします!

お見積りフォーム
お見積りフォーム





ページ内ナビゲーション

家庭用蓄電池の価格相場 家庭用蓄電池 メーカーのメリット比較 家庭用蓄電池かしこい選び方 家庭用蓄電池の導入メリット

蓄電池の価格とメリットを比較



家庭用蓄電池の種類は多種多様です。
「価格・蓄電容量」だけを重視される方が多いですが、「停電時の動作・リチウムイオンの寿命・性能」も比較すべき重要事項です。

※蓄電池の販売価格は、メーカーの意向でサイトに掲載できません。価格についてはメールかお電話でお問合せください。

全商品、即日お見積りをメールいたします。
▶ 今すぐ、蓄電池のお見積りを依頼する!




家庭用蓄電池 5kWh以上を比較


メーカー 田淵アイビス7
長州スマートPVプラス
ニチコン
商品 ダイヤゼブラ電機(田淵電機)アイビス7住宅用蓄電ハイブリッドシステム ニチコンの蓄電池
容量 14.08kWh
7.04kWh
11.1kWh
12kWh
16.6kWh
蓄電池の
入出力
5.5kW
(停電時も同様)
【単機能 特定負荷】
11.1/16.6kWh:3.0kW
停電時:2.0kW
【単機能 全負荷】
11.1/16.6kWh:3.0kW
【ハイブリッド全負荷】
12kWh:5.9kW
想定寿命 12,000サイクル
幅×奥行×高さ W580×D370×H1070 W1060×D300×H1250
重量 130kg 11.1kWh:182kg
12kWh:257kg
16.6kWh:234kg
機器保証 15年間 11.1/16.6kWh:10年間
12kWh:15年間
ココがポイント ・低価格で長寿命
・全負荷型200v対応
・低価格で大容量
・AIで最適運転
・V2Hと連動
メーカー ファーウェイ蓄電池
LUNA2000
シャープ クラウド
商品 ファーウェイ蓄電池LUNA2000 シャープ クラウド蓄電池
容量 5kWh/10kWh/15kWh 【全負荷型】
13/9.5/8.4/6.5kWh
【特定負荷型】
8.4/6.5/4.2kWh
蓄電池の出力 5kWh:1.5kW
10kWh:3.0kW
15kWh:4.5kW
【全負荷型】
13/8.4kWh:4.0kW
9.5kWh:3.0kW
6.5kWh:2.0kW
【特定負荷型】
8.4kWh:4.0kW
6.5/4.2kWh:2.0kW
想定寿命 12,000サイクル 12,000サイクル
幅×奥行×高さ W670×D150×H600 9.5:560×470×685
8.4:700×360×605
6.5:560×320×575
4.2:500×360×605
重量 67kg 9.5:120kg
8.4:135kg
6.5:74kg
4.2:77kg
機器保証 10年間 15年間
ココがポイント ・全負荷と特定負荷を選べる
・直流アークによる火災を回避
・2台設置で13kWhに増設可
・200v機器に対応
メーカー オムロン マルチ蓄電
長州スマートPVマルチ
スマートスターL
スマートスター3
商品 オムロン マルチ蓄電プラットフォーム スマートスターL蓄電池
容量 16.4kWh
9.8kWh
6.5kWh
9.8kWh
13.16kWh
蓄電池の
出力
16.4kWh:5.9kW
9.8kWh:4.0kW
【9.8kWh】
3.0kW(停電時も同様)
【13.16kWh】
出力:5.5kW(停電時も)
入力:5.0kW(停電時も)
想定寿命 11,000サイクル 6,000サイクル
幅×奥行×高さ W490×D295×H1009
W490×D295×H740
W490×D147×H847
W762×D440×H1145
W118.2×D39.2×H100.8
重量 16.4kWh:153kg
9.8kWh:102kg
6.5kWh:65kg
195kg
265kg
機器保証 15年間 10年間
ココがポイント ・3つの仕様から選べる
・大容量なのにコンパクト
・全負荷で家全体に供給
・AI制御で電気代削減
メーカー iedenchi-Hybrid パナソニック創蓄連携
商品 いえでんちiedenchi-Hybrid蓄電池 パナソニックの創蓄連携蓄電池
容量 10.24kWh 屋内:3.5/5.6/7/9.1/11.2kWh
屋外:5.6/6.3kWh
停電時の出力 パワコン:4.0kW
蓄電池の入出力:3.0kW
【屋内】
3.5/5.6kWh:2.0kW
7/9.1/11.2kWh:2.75kW
トランス有:4.0kW
【屋外】
5.6/6.3kWh:2.0kW
11.2/12.6kWh:2.75kW
トランス有:4.0kW
想定寿命 6,000サイクル  
幅×奥行×高さ W870×D350×H870 3.5kWh:W480×D139.2×H660
5.6kWh:W480×D230×H610
6.3kWh:W649×D333×H646
重量 148kg 3.5kWh:46kg
5.6kWh:68kg
6.3kWh:85kg
機器保証 10年間 10年間
ココがポイント ・全負荷型ハイブリッド
・200v対応
・太陽光とセット購入がお得
・多様な容量で住環境にマッチ
メーカー スマートソーラー 京セラ エネレッツァ
商品 スマートソーラー 京セラ クレイ型エネレッツァ
容量 11.5kWh
11.8kWh
5kWh/10kWh/15kWh
停電時の出力 3.0kW
3.75kW
特定負荷型:2.0kW
全負荷型:2.0kW
想定寿命 6,000サイクル 推定12,000サイクル
幅×奥行×高さ W770×D280×H942
W861×D276×H882
W485×D280×H562
重量 11.5kWh:151kg
11.8kWh:155kg
64kg
機器保証 10年間(有償15年) 15年間
ココがポイント ・全負荷ハイブリッド型
・発火しないので安心
・重塩害にも対応
・スタック構造で工事が簡単
・設置後に増設できる
・燃えにくく高安全
・特定負荷と全負荷が選べる
メーカー ループ エネブロック オムロン フレキシブル
商品 ループ エネブロック オムロンフレキシブル蓄電池
容量 2.4~14.4kWh 9.8kWh
停電時の出力 全負荷:3.0kW
特定負荷:2.0kW
2.0kW
想定寿命 6,000サイクル  
幅×奥行×高さ W440×D410×H89 W452×D226×H542
重量 24kg 78kg
機器保証 10年間 10年間
ココがポイント ・発電電力からのみ充電
・1~6台を選べる
・クローゼットに設置可
・単機能型
・大容量なのにコンパクト

小型蓄電池 5kWh未満を比較


5kWh未満の小型蓄電池は以下をご参照ください。

小容量の家庭用蓄電池


V2H(電気自動車用)を比較


メーカー ニチコン V2H ニチコン トライブリッド
商品 ニチコン V2H ニチコン トライブリッド蓄電システム
容量 EV車次第 4.0/8.0kWh
停電時の出力 プレミアムPlus:6.0kW
プレミアム:6.0kW
スタンダード:3.0kW
3.0kW
幅×奥行×高さ W809×D337×H855 W572×D239×H349
重量 プレミアムPlus:91kg
プレミアム:91kg
スタンダード:88kg
51kg
機器保証 プレミアムPlus:5年間
(UPS:3年間)
プレミアム:5年間
スタンダード:2年間
10年間
ココがポイント ・停電時も発電電力を充電可
・EVからご自宅に給電
・EVも蓄電池も両方使える
メーカー ニチコン パワームーバー パナソニック ELSEEV
商品 ニチコン パワームーバー ニチコン パワームーバー
定格出力 標準:4.5kW
ライト:3.0kW
充電出力:6kW
幅×奥行×高さ W631×H500×D305
W553×H456×D292
W132×H115×D350
重量 38kg
21kg
6kg
ココがポイント ・可搬式でどこでも使える
・4.5kWの大容量出力
・充電時間が従来の半分
・コンパクトで低価格

V2Hのメリットデメリット、商品詳細は以下をご参照ください。

V2Hの商品一覧





ページ内ナビゲーション

家庭用蓄電池の価格相場 家庭用蓄電池 メーカーのメリット比較 家庭用蓄電池かしこい選び方 家庭用蓄電池の導入メリット

価格だけじゃダメ!蓄電池の「かしこい」選び方

家庭用蓄電池のラインナップ


上図のように家庭用蓄電池の種類は非常に多く多種多様です。
エコ発電本舗にご相談いただくお客様の多くは、「価格」「蓄電容量」「訪問販売から勧められた商品」だけで商品を選定されます。

最適な蓄電池は、お客様個々の住宅環境や理想とする使い方によって異なり、価格や蓄電容量だけで選定するべきではないです。

エコ発電本舗では、多種類の家庭用蓄電池をラインナップしており、住宅環境やニーズにマッチする商品を選定して提案します。
▶ 今すぐ、蓄電池の価格をチェックする!

ご自宅に最適な家庭用蓄電池の簡単な選び方を紹介いたします。
基本的に以下のポイントをチェックすることで、ご自宅にマッチする蓄電池を選定できます。

家庭用蓄電池の選定基準



蓄電池の仕様(特定負荷型・全負荷型)


家庭用蓄電池は商品によって、停電時の動作が異なります。
特定負荷型と全負荷型の違いを以下に解説します。

◆ 特定負荷型蓄電池

家庭用蓄電池の特定負荷型

特定負荷型蓄電池は、停電時に特定の家電製品(100vのみ)しか使用できず、停電時は非常に不便です。
特に、IHクッキングヒーターやエコキュート、200vのエアコンを導入されている方は停電時に使えないので不便です。

◆ 全負荷型蓄電池

家庭用蓄電池の全負荷型

全負荷型蓄電池は、全ての負荷(200vの電化製品も)使用できるので、停電に気づかないくらい快適に過ごせます。

当然、性能が劣後する特定負荷型蓄電池が低価格ですが、よほどの理由がなければ、全負荷型蓄電池がおすすめです。
▶ 今すぐ、全負荷型蓄電池の見積りを依頼する!





蓄電池の仕様(単機能型・ハイブリッド型)



◆ 単機能蓄電システムの特徴

家庭用蓄電池の仕様、単機能蓄電システム

 単機能蓄電システムのメリット  
単機能蓄電システムのメリットは、分電盤やパワーコンディショナの2次側に接続するので、「どのメーカーの太陽光発電システムにも適合」します。
ハイブリッド蓄電システムと比較して、単機能蓄電システムは価格が安いことも導入メリットの1つです。

 単機能蓄電システムのデメリット  
デメリットは「停電時に十分な充電ができないこと」です。
停電時は太陽光発電のパワーコンディショナは自立運転モードとなり、出力電力は最大1.5kW(自家消費と充電含めて)です。
停電中はほとんど充電できないので、停電が長引くと不便です。

◆ ハイブリッド蓄電システムの特徴

家庭用蓄電池の仕様、ハイブリッド蓄電システム

 ハイブリッド蓄電システムのメリット  
ハイブリット蓄電システムのメリットは、「停電時も十分に蓄電池に充電できること」です。
上図はアイビス7の事例ですが、停電時でも太陽光発電の発電電力5.5kWを利用でき、自家消費・充電ともに十分に行えます。
停電が夜まで長引いても、蓄電池の蓄電電力で十分まかなえます。

 ハイブリッド蓄電システムのデメリット  
デメリットは、既設の太陽光発電との適合性です。
特に古いソーラーパネルの場合、蓄電池設置後に太陽光発電の発電量が大幅に下がるPID現象が発生するケースもあります。

販売店によっては「適合性の調査を省略」するようなので、必ず適合性の調査を依頼しましょう。

単機能蓄電システムの方が低価格ですが、よほどの理由がなければハイブリッド蓄電システムがおすすめです。
▶ 今すぐ、ハイブリッド蓄電システムの見積りを依頼する!





家庭用蓄電池の価格相場


エコ発電本舗の家庭用蓄電池の設置費用の価格相場の目安は以下です。
 販売価格総額:100~250万円(工事価格、税金込)

蓄電池の価格相場を把握する効果的な方法は「相見積り」です。
面倒かもしれませんが、2~3社程度は見積もりを依頼し、設置費用を比較することで価格相場を簡単に把握できます。
1社だけの見積りで即決するのは危険です。
そもそも1社だけの提案から、その提案の妥当性を判断するのは極めて困難で、比較する方が簡単です。
価格だけでなく、保証内容や工事内容を比較するうえでも相見積りは極めて効果的で「失敗しない販売店選び」の鉄則です。

蓄電池の「販売店の選び方」を動画解説しております。




あなたに最適な蓄電容量は?


家庭用蓄電池の蓄電容量は、概ね「4~16.6kWh」です。
最適な蓄電容量は「ご自宅の電力使用量」「太陽光発電のソーラーパネルの設置容量」から試算できます。

電力使用量は、家族構成や生活習慣より変動するので「太陽光発電のソーラーパネルの設置容量」から試算する方が簡単で確実です。

◆ ソーラーパネル3kWの事例
 ● ソーラーパネルの設置容量:3kW
 ● 太陽光発電の年間発電量:3,300kWh
  = ソーラーパネルの設置容量 x 1,100
 ● 1日の発電量:9kWh
  = 年間発電量 ÷ 365日
 ● 余剰発電電力:5kWh(自家消費分4kWhを控除)
  = 1日の発電量 – 自家消費分(4kWh)

ソーラーパネル3kWに最適な蓄電容量は「5~7kWh」です。
余剰発電電力で、充電できる容量の蓄電池がおすすめです。
▶ 今すぐ、最適な蓄電池の見積りを依頼する!

以下は、太陽光発電のソーラーパネルの設置容量に対する、余剰発電電力(最適な蓄電容量)の早見表です。

太陽光発電
設置容量
年間発電量
kWh
1日の発電量
kWh
余剰発電電力
(4kWh自家消費)
3kW 3,300 9 5kWh
5kW 5,500 15 11kWh
6kW 6,600 18 14kWh
7kW 7,700 21 17kWh



リチウムイオン電池の寿命と費用対効果



家庭用蓄電池の寿命と経済メリット

蓄電池の寿命は「投資効果に大きく影響」するので、補助金の申請前に以下に解説する「寿命と経済効果の関係」をご一読ください。

家庭用蓄電池はリチウムイオン電池の寿命を「サイクル数」で表現します。
 サイクル = 1充電 & 1充電
1回充電して1回放電する1セットで1サイクルです。

概ね1日に1サイクル使用するので、リチウムイオン電池の想定寿命は「サイクル数 ÷ 365日」で試算できます。
経年劣化などを考慮してない概算となりますが、商品比較の目的では有効な試算方法です。

◆ 家庭用蓄電池の「想定寿命」は?
各蓄電池メーカーが公表している、リチウムイオン電池のサイクル数から試算した想定寿命を以下に比較します。
想定サイクル数が非公開の商品は、保証期間から寿命を予測します。

  蓄電容量
kWh
想定寿命
サイクル
想定寿命
アイビス7 7.04 12,000 33年
シャープクラウド 8.4 12,000 33年
オムロンマルチPF 16.4 11,000 30年
スマートスターL 9.8 6,000 16年
エネブロック 2.4~14.4 6,000 16年
ニチコン 11.1,16.6 非公開
10年保証
15年程度
テスラ
パワーウォール
13.5 非公開
10年保証
15年程度

サイクル数6,000と12,000では、リチウムイオン電池の想定寿命が10年以上も異なります。
家庭用蓄電池は長期的に利用することで、大きな経済メリットを享受できるので、リチウムイオン電池の寿命は極めて重要です。

サイクル数を公開していない商品(ニチコン、テスラ パワーウォールなど)は、機器保証期間から想定寿命を予測できます。
基本的には保証期間より寿命の方が長いはずなので、以下のように推測できます。
 ● 蓄電池の機器保証が10年:想定寿命は15年程度
 ● 蓄電池の機器保証が15年:想定寿命は20年程度


◆ 蓄電池の想定寿命から経済効果を試算
リチウムイオン電池の想定寿命と蓄電容量から、蓄電池導入による経済効果も試算できます。
経年劣化や電気料金の上昇は勘案していないので目安としてご参照ください。

 算定根拠  
 ・電気料金単価を1kWhあたり27円とする。
 ・蓄電池の充電は全て太陽光発電の発電電力で行う。

  蓄電容量
kWh
想定寿命
サイクル
総放電量
kWh
節電総額
万円
アイビス7 7.04 12,000 84,480 228
シャープクラウド 8.4 12,000 100,800 272
オムロンマルチPF 16.4 11,000 180,400 487
スマートスターL 9.8 6,000 58,800 158
ニチコン 11.1 5,500 61,050 164
テスラ
パワーウォール
13.5 5,500 74,250 200

蓄電容量と想定寿命より、経済効果を試算しました。
蓄電池導入の費用対効果は、「導入価格と節電総額の差分」で試算できます。
経済性だけの視点では、節電総額より導入価格が高額なら赤字です。
停電時などプライスレスな価値もあるので、表面的な経済性だけで判断するのは早計ですが、商品選定の判断材料としては重要なポイントですね。

◆ 蓄電池の寿命が尽きたらどうなる?
リチウムイオン電池の寿命が尽きたら、以下のような対応が必要です。
 ● 家庭用蓄電池を一式買い換え
 ● リチウムイオンのみユニット交換
 ● 蓄電池を撤去し原状復帰

家庭用蓄電池を一式交換する場合、再度100万円以上の導入価格がかかるうえに、既存の蓄電池の撤去費用がかかります。
リチウムイオン電池は産業廃棄物として処理する必要があり、処理費用は現時点では非常に高価格です。
リチウムイオン電池のユニット交換においては、メーカーの対応方法やユニットの価格は現時点では確定しておりません。
極力、長寿命の家庭用蓄電池を導入されることをおすすめします。
▶ 今すぐ、長寿命蓄電池の見積りを依頼する!





家庭用蓄電池の「かしこい」選び方のまとめ


◆ 停電時の仕様
 ・全負荷型
 ・ハイブリッド蓄電システム

◆ 設置費用
 ・価格は2~3社の相見積もりで価格相場を把握する
 ・1社だけの提案で即決しない

◆ 蓄電容量
 ・太陽光発電システムの設置容量から最適な蓄電容量を試算
 ・余剰発電電力で充電できる容量の家庭用蓄電池を選ぶ

◆ リチウムイオン電池の寿命
 ・極めて重要要素で、極力長寿命の商品を選ぶ
 ・サイクル数非公開の商品は保証期間から試算する

上記の選定条件をプロットすると以下のようになります。

家庭用蓄電池のかしこい選び方。まとめ

スマートスターLとテスラのパワーウォールは厳密には単機能蓄電システムですが、擬似的にハイブリッド蓄電システムと同様に動作するので掲載しております。

お見積りは全て無料です。業界最安価格でご提案いたします!

お見積りフォーム
お見積りフォーム





ページ内ナビゲーション

家庭用蓄電池の価格相場 家庭用蓄電池 メーカーのメリット比較 家庭用蓄電池かしこい選び方 家庭用蓄電池の導入メリット

家庭用蓄電池のメリット

蓄電池の設置メリットは?


蓄電池の設置メリットは「電気代の節約」「災害時の非常用電源の確保」です。

「太陽光発電システムの売電価格の下落」「電気料金の価格上昇」という2つの要因から、発電電力は売電するより自家消費した方が経済メリットが大きくなり、太陽光発電システムと共に家庭用蓄電池を導入される方が増えています。

 売電価格  
 2021年度(令和3年度)の余剰買取価格:19円/kWh
 電気料金  
 電力プラン次第:25~30円/kWh

上記の売電価格は「経済産業省 資源エネルギー庁」が公表している売電価格で、2022年度は17円/kWhと決まっております。
電気料金が売電価格より高価格なので、自家消費がお得です。





卒FITで蓄電池の経済メリットが増大!?


◆ 買取期間満了後は経済メリット増大

「卒FIT後の売電価格は6~10円程度」なので、さらに自家消費の経済メリットが増加します。
太陽光発電の発電電力を無駄なく自家消費するためには、家庭用蓄電池の設置が効果的です。




◆ 今後も電気料金は価格上昇傾向

電力会社から購入する電気料金は年々価格上昇傾向です。
電気料金が売電価格を上回る地点を「グリッド・パリティ」と呼びます。


発電電力の売電より電力会社からの買電の方が高額になるグリッド・パリティ



◆ 家庭用蓄電池の経済効果を比較

以下に、太陽光発電の発電電力を「電力会社に売電」「蓄電池を設置し、全て自家消費」で、20年間の収益を比較しました。

 前提条件  
 ・売電価格:19円/kWh(売電期間満了後は8円/kWh)
 ・電気料金:30円/kWh
 ・ソーラーパネルの設置容量:5kW(年間発電量5,500kWh)



発電電力の売電と蓄電池を用いて家庭内使用の比較

収益の差は「1,815,000円」
家庭用蓄電池の導入費用を差し引いても、自家消費する方が圧倒的に経済メリットが大きいです。

蓄電池全商品、即日お見積りをメールいたします。
▶ 今すぐ、蓄電池の見積りを依頼する!






災害時における、蓄電池のメリットは?



蓄電池の本来の導入目的は、停電時の非常用電源です。
非常用電源の経済価値は人それぞれですが、その効果は絶大です。

家庭用蓄電池の停電時の効果

例えば、2019年の千葉県の台風では最長2週間も停電しました。
家庭用蓄電池を導入されていない多くの方々は、近くのガソリンスタンドまでスマートフォンを充電するために毎日5時間も並んだそうです。
毎日5時間スマートフォンの充電に並ぶコストや機会損失は人それぞれですが、ご自身の時間の価格価値はなんとなく試算できるのではないでしょうか。
当然、停電中は照明やエアコンも使えません。
体調不良やお子様の受験など重要な時期と停電が重なることもあり、家庭用蓄電池の非常用電源としてのメリットは絶大です。

◆ 停電時の蓄電池の稼働時間は?

家庭用リチウムイオン電池・非常時

「停電時に上図の家電製品(合計消費電力約430w)を同時に何時間使用できるか?」という観点で比較してみます。

アイビス7 容量7.04kWh 出力5.5kW
 ➔ 約13.3時間使用できます。
スマートスターL 容量9.8kWh 出力3.0kW
 ➔ 約18.5時間使用できます。

アイビス7やスマートスターLは「全負荷型蓄電池」で、停電中にエコキュートやIHクッキングヒーターなど200vの家電も使えるので、非常に便利です。

お見積りは全て無料です。即日メールでお届けします。
まずは、業界最安価格のお見積りをご依頼ください。

お見積りフォーム
お見積りフォーム





ページ内ナビゲーション

家庭用蓄電池の価格相場 家庭用蓄電池 メーカーのメリット比較 家庭用蓄電池かしこい選び方 家庭用蓄電池の導入メリット

家庭用蓄電池のデメリット


家庭用蓄電池のデメリット

ソーラーパネルとの適合性


蓄電池の懸念点として、「電力使用量」「ソーラーパネルの設置容量」を蓄電容量と適合させないと、費用対効果が低減します。

また、太陽光発電システムのメーカーやソーラーパネルの製造時期によっては、PID現象(太陽光発電システムの発電量が大幅に低減)などの不具合が発生する可能性もあります。





リチウムイオン電池の寿命は?


リチウムイオン電池の寿命はメーカーや商品ごとで異なりますが、さらに経年劣化により充放電可能な蓄電容量が以下グラフのように低減します。


家庭用蓄電池のデメリット-リチウムイオン電池の寿命

蓄電池の商品ごとの寿命は、以下のリンクからご確認ください。
▶ 商品ごとのリチウムイオン電池の寿命はこちら





販売店・工事業者の選定は極めて重要!


昨今、太陽光発電システムや家庭用蓄電池の工事不良が問題になっており、分電盤からの発火などニュースにもなっております。

家庭用蓄電池のデメリット-工事手抜き

そもそもなぜ、工事品質が悪い施工業者が多いのでしょうか?

理由は昨今の「家庭用蓄電池ブーム」「建設業界の人材不足」によるものです。
工事業者は、多数の太陽光発電システム設置工事や家庭用蓄電池設置工事を受託しており、短時間で工事を完了させる必要があり、人材不足の工事業者は経験不足の職人を割り当てる傾向にあります。
結果的に配線の接続ミスなど、工事起因によるトラブルが多発しています。

優良販売店・工事店の簡単な見極め方は、「口コミのチェック」が効果的です。

工事品質に自信があるから「15年間の施工保証」を提供します。
お見積りは全て無料です。まずは、お問合せください!

お見積りフォーム
お見積りフォーム





ページ内ナビゲーション

家庭用蓄電池の価格相場 家庭用蓄電池 メーカーのメリット比較 家庭用蓄電池かしこい選び方 家庭用蓄電池の導入メリット

ダブル発電で売電価格が下落?



「シングル発電・ダブル発電」とは?


太陽光発電システムと家庭用蓄電池の組合せ次第では、運転モードが「ダブル発電」になります。
太陽光発電システムの設置年数が古い場合、売電価格が大幅に低価格になるので家庭用蓄電池の導入前に要チェックです。




◆ シングル発電(押し上げ効果なし)


蓄電池シングル発電

シングル発電とは「太陽光発電の売電中は、家庭用蓄電池は放電できません。」
シングル発電の場合、太陽光発電システムの発電電力をまずは自家消費に使用し、余った余剰電力を売電します。

 ①ナイトタイム(23~7時)  
 電力会社から購入した電力を蓄電池に充電

 ②リビングタイム(7~11時、17~23時)  
 家庭用蓄電池の充電電力を家庭内に放電

 ③デイタイム(10~17時)  
 太陽光発電の発電電力を自家消費し、余剰発電電力を売電




◆ ダブル発電(押し上げ効果あり)

蓄電池ダブル発電

ダブル発電とは「太陽光発電の売電と、蓄電池の放電を同時に行うこと」です。
本来、太陽光発電の発電電力は家庭内で自家消費し、「余った余剰発電のみを売電に充当」できます。
ダブル発電の場合、蓄電池の充電電力で自家消費をまかない、太陽光発電の「発電電力は全て売電」できます。
売電量を押し上げるので「押し上げ効果あり」と呼ばれています。

 ①ナイトタイム(23~7時)  
 電力会社から購入した電力を蓄電池に充電

 ①リビングタイム(7~11時、17~23時)  
 電力会社から購入した電力を家庭内で使用

 ②デイタイム(10~17時)  
 家庭用蓄電池の充電電力を家庭内に放電

ダブル発電の場合、売電価格が減額されます。
以下は太陽光発電システムの設置時期に対する、売電価格の値下げ価格です。

ダブル発電の減額価格一覧





家庭用蓄電池の関連記事



▶ 家庭用蓄電池のトピックス一覧

▶ 家庭用蓄電池の補助金と価格相場

▶ 各電力会社の卒FIT後の買取価格

▶ 家庭用蓄電池導入の経済効果





▼ 家庭用蓄電池 5kWh以上


ニチコン11.1kWh/12kWhリチウムイオン電池
ファーウェイ蓄電池LUNA2000
田淵 アイビス7 7.04khw、14.08kWhは低価格で12,000サイクルの長寿命
長州産業 スマートPVプラスハイブリッドタイプ蓄電システム
シャープのクラウド蓄電池システム8.4kWh、4.2kWh
スマートスターL9.8kWh
オムロン16.4kWh/9.8kWh/6.5kWhマルチ蓄電プラットフォーム
長州産業スマートPVマルチ
パナソニック 創蓄連携システムが激安価格
パナソニック スマートソーラー蓄電池が激安価格
iedenchi-Hybrid 10.24kWh
オムロンのフレキシブル蓄電システム
looopループ エネブロック
京セラ クレイ型エネレッツァ

▼ V2H(EV用)の価格一覧


ニチコン 系統連系型EVパワーステーション
ニチコン トライブリッド蓄電システム
ニチコン パワームーバー可搬型給電器
ELSEEV(エルシーヴ)の価格・お見積り


家庭用リチウムイオン蓄電池



無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top

太陽光発電と蓄電池の見積り依頼