太陽光発電設置の事ならなんでも0120-999-995までお電話ください
エコ発電本舗では、24時間無料見積もり受付中!
太陽光発電設置なら信頼工事・安心ケアの「エコ発電本舗」
太陽光発電設置「エコ発電本舗」0120-099-995までお気軽にお電話ください
太陽光発電設置「エコ発電本舗」へのメールでのお問い合わせはこちら
業界NO.1の信頼技術と安心価格!太陽光の事ならエコ発電本舗

トヨタ Lexus RZ450eの価格・補助金・航続距離

トヨタ Lexus RZ450e

◆ 電気自動車とV2Hの高額補助金
CEVの電気自動車(EV車)の補助金の申請を絶賛受付中です。
エコ発電本舗では補助金に詳しいディーラー様の紹介や、V2Hの補助金申請の代行など承ります。お気軽にご相談ください。

EV補助金

▶ CEVのV2H補助金、EV補助金の詳細

 トヨタ Lexus RZ450eの補助金額は? 

グレード 補助金額
トヨタ Lexus RZ450e Version L 85万円
トヨタ Lexus RZ450e First Edition 68万円

トヨタ Lexus RZ450eの基本情報

価格 Version L:880万円
Version C:940万円
容量 71.4kWh
航続距離 494km
電費 6.9km/kWh
充電時間(AC200V 6kW) 12時間
充電時間(急速充電) 60分
全長/ 全幅/ 全高mm 4,805 / 1,895 / 1,635

トヨタ Lexus RZ450eとV2Hで災害対策

トヨタ Lexus RZ450eの「バッテリー容量は71.4kWh」と非常に大容量で、災害時の非常用電源としては非常に心強いです。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

V2Hの価格・メリット・デメリット

トヨタ Lexus RZ450e・V2H・太陽光発電のメリット

◆ 節電と燃料コスト削減の経済メリット
【 自宅の電気料金削減 】
トヨタ Lexus RZ450eとV2H、太陽光発電を併用することで、ご自宅の購入電力量を大幅に削減できます。
昼間に太陽光発電でトヨタ Lexus RZ450eを充電または、外出先の低価格の電力でトヨタ Lexus RZ450eを充電し、家庭内に給電することで、電気料金を大幅に削減できます。

【 トヨタ Lexus RZ450eの充電コストを削減 】
トヨタ Lexus RZ450eの充電に太陽光発電の発電電力を活用できます。
夜間帯が低価格の電気料金プランをご利用であれば夜間帯にトヨタ Lexus RZ450eを充電することも節約につながります。
▶ 今すぐ、V2Hの価格をチェックする!

◆ 停電時の災害対策
【 停電時の非常用電源 】
トヨタ Lexus RZ450eの71.4kWhの大容量バッテリーが非常用の蓄電池になるので、停電が数日継続しても通常通り電気を使うことができます。

【 停電時のトヨタ Lexus RZ450eの充電 】
トヨタ Lexus RZ450eと太陽光発電・V2Hを併用することで停電時も太陽光発電の発電電力を活用してトヨタ Lexus RZ450eを充電できます。

V2Hの見積りは即日メール送付いたします。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

V2Hの基本動作や性能など動画でも解説しております。

◆ ソーラーカーポートのセットも人気!
V2Hとソーラーカーポートのセットも人気です。
ソーラーカーポートは、大容量の太陽光パネルを設置できるので、高い投資対効果を実現できます。

ソーラーカーポートで収益アップ

V2Hの見積りは即日メールで送付いたします。
今すぐ、業界最安価格のV2Hの見積りを依頼する。

トヨタ Lexus RZ450eの特徴

トヨタ Lexus RZ450eの特徴

Lexus RZ450eは、レクサスより2023年3月30日に発売された、完全電気自動車、バッテリーEVです。
レクサスは、日本のトヨタ自動車の高級車ブランドで、高価格帯の車両を専門に扱っています。
RZ450eは、レクサス初のバッテリーEV専用モデルになります。
レクサスのバッテリーEVは、UX300e、というモデルが発売されていますが、こちらは既存のエンジン搭載車である、UXをベースにバッテリーEV化したもので、完全なバッテリーEV専用モデルは、RZ450eが最初となります。
車のポジションとしては、ラグジュアリーSUVタイプのバッテリーEV、となります。
デザイン、サイズ、そして「R」の文字が付くことからも、レクサスの「RX」、のバッテリーEV版と言える存在です。
車体サイズは、全長4805mm、全幅1895mm、全高1635mm、となり、レクサスRXとほぼ同等のサイズです。
駆動方式は4輪駆動で、前後に1機ずつモーターが搭載され、計2機のモータで駆動します。
1充電での走行可能距離は、WLTCモードで494km、充電時間は、普通充電スタンドで約12時間、普通充電ケーブルで、約21時間。90kwの急速充電器で約40分で80%まで充電可能です。
グレードは、「versionL」の1グレード展開になっています。
あえてグレード名を設定している事から、今後複数展開していく可能性はあると考えられます。
特別仕様車として、「FirstEdition」が500台限定で販売されます。
初期に販売される500台のみなので、後から新車で購入することは難しいでしょう。
車体カラーは、単色が6色展開。
スピンドルボディからボンネット、ルーフ部分がブラック塗装になるバイカラーが3色展開で計9色展開です。

レクサスデザイン健在Lexus RZ450e外観デザイン紹介

レクサスデザイン健在Lexus RZ450e外観デザイン紹介

Lexus RZ450eの外観デザインは、バッテリーEVのシームレスな加速と、トルクフルな躍動感を表現しています。
フロント周りは、レクサスのブランドアイコンデザインである、「スピンドルデザイン」を踏襲。
しかし、バッテリーEVのイメージや、要求に合わせて、従来のスピンドルグリルではなく、「スピンドルボディ」、へとデザインを進化させています。
デザインの大枠の形状としては、スピンドルグリルがベースになっていますが、大きな開口部は持たず、一連のパネルに変更されています。
エンジン搭載車ほど大きな冷却を要求しないため、必要な分の開口面積に調整されています。
スピンドルボディは、「塊感(かたまりかん)」、をテーマにボディと一体の造形でデザインされました。
従来の別体なデザインではなく、ボディと融合したようなラインになっています。
ボンネット、フェンダーも、スピンドル形状からの流れを受けてデザインされており、フェンダーを隆起させダイナミックな動きのあるデザインに仕上がっています。
ボンネットのプレスラインも、前方から一連の流れを受けてデザインされており、シンプルな構成でダイナミックさをアピールしています。
バンパー部分はとても力強い印象を受けます。車体下部に向かって踏ん張ったようなデザインの効果で、SUVのタフさ感を演出しています。
バンパーサイドは、ブラックアウトのガーニッシュが装着され、センターのスピンドルボディをより強調しています。
バンパーとの境目に複数のスリットが見られますが、これによりボディサイドへの気流をコントロールしています。
ヘッドライトはバンパーサイドのブラックアウト部分と一体的なデザインになっています。
こういったヘッドライトのデザインは、近年よく見られる手法で、ヘッドライトをボディデザインの一部に融合させるように設計しています。
車の前面の印象を大きく左右する重要な部品ですが、保安部品としての制約も多く難しい存在です。
ボディの一部として融合させるようにすることで、デザインへの影響を減らしています。
RZ450eのヘッドライトも、スピンドルボディの奥に潜むようにデザインされており、形状は目立ちにくいですが、発光した際には、レクサスのアイコンでもある、L字シェイプのつり上がったドライビングライトがしっかり存在をアピールしています。
サイド部分は、「躍動感」をテーマに走りの感覚を取り入れた、立体的なデザインに仕上がっています。
真横から全体を見ると、フロントタイヤを掴んで後方へ流れるようなデザインが見られます。
こういったデザインも、力強さ、トルクあふれるイメージを演出して、SUVらしさを表現しています。
フロントフェンダーから空気が流れていくようなラインと、リアタイヤを強調するようなラインが前後輪の存在感と張り出し感、抑揚を持たせるようなデザインになっています。
フロントドアからリアドアウインドーへのラインは、空気の渦を作りだし車体サイドの気流をコントロールし、空気抵抗の削減と、乗車快適性を向上させています。
リア回りは、水平基調のデザインでシンプルにまとまっています。近年SUV系の車によく見られる仕上がりです。
LEDコンビネーションランプは車体左右を横一文字に横断するデザインで、サイド部分まで回り込んでおり、よりワイドに低重心な印象を持たせています。
赤の発光部分は、端部がL字シェイプされており、レクサスのブランドアイコンが用いられています。
バンパーサイドのデザインもリアタイヤの張り出し感を強調しており、SUVの力強い走りと安定感を強調しています。
ルーフ後端のスポイラーは、サイド部分のみの装着となっており、ルーフ部分を流れてきた気流と、サイド部分を流れてきた気流を別々に制御し、車体後方で乱流を起こさないように設計されています。

車を感じられる空間Lexus RZ450eインテリア紹介

車を感じられる空間Lexus RZ450eインテリア紹介

レクサスRZ450eのインテリアデザインコンセプトは、「TaznaConcept」と呼ばれ、馬を操る際に用いられる、「手綱」がイメージされています。
車を馬に、ハンドルを手綱に見立てて、人と車が意思疎通できる事を目指したデザインです。
運転席周りの部品配置は全体的に包み込まれるような印象です。
フロントデッドアップディスプレイからメーターまでの縦方向の流れは、車速など車両走行系の情報表示部品を配置。
メーターからセンターのタッチディスプレイにかけて左右に繋がる構成は、車内快適性など走行に直接関係ない操作スイッチや、表示が配置されています。
これによりスムーズな視線移動と操作性を向上させています。
ステアリングパドルで、減速時の回生量を調整でき、シチュエーションや好みに合わせた走行フィーリングが得られます。
ステアリングスイッチは、「タッチトレーサーオペレーション」、と呼ばれるシステムが組み込まれており、スイッチに触れるとヘッドアップディスプレーやメーターに操作ガイドが表示され、手元を見ることなく操作が可能になっています。
車内全体は、バッテリーEVの特徴であるロングホイールベースを活かし、広々と開放的な空間になっています。
前席ではインパネ高を低く抑えて設計されており、前方の見晴らしをよくしています。
センターコンソールは壁的ではなく、開放的な空間を取った設計で、圧迫感の無い広々とした車内空間を実現しています。
特に後部座席のスペースが確保されており、前席と後席のカップルディスタンスが1000mmで、ゆとりのあるスペースが確保されています。
バッテリーEVなので、床面もフラットになっており、前席のセンターコンソール下の収納スペースの効果もあり、見た目以上に広々としています。
後席天井部分もゆとりがあり、ヘッドクリアランスも大人乗車でもこぶし一つ分の余裕があり、圧迫感の無い空間になっています。
パノラマルーフ仕様ではさらに開放的な空間となり、ロングドライブも快適に過ごせます。

バッテリーEVでも走る楽しさ追求。Lexus RZ450eメカニズム紹介

バッテリーEVでも走る楽しさ追求。Lexus RZ450eメカニズム紹介

走行フィーリングのコンセプトは、「TheNatural」でレクサス全体の走行コンセプト、「LexusDrivingSigneture」、を更に進化させた物になっています。
「レクサスらしい感性に訴えかける走り」、となっており、バッテリーEVというどこか「車らしさ」を感じられなさそうな車でも、車が走行している感覚を感じられる事を意識して設計されています。
RZ450eはトヨタのバッテリーEV専用プラットフォーム「e-TNGA」を採用しており、フロア下へのバッテリー搭載スペースの確保と、電動駆動ユニットの配置など、エンジン搭載車とは異なる要求に高次元で対応しています。
これにより低重心化となり、運動特性に優れた配置を実現しています。
電動4輪駆動システム「DIRECT4」を搭載しており、前後それぞれに1基ずつのモーターを搭載しています。
フロントモーター出力は、最高出力が150kw204馬力、最大トルクが266N・m。リアモーター出力が最高出力が80kw109馬力、最大トルクが169N・m、車体合計で、最高出力が230kw、313馬力、最大トルクが435N・mとなり、2トンを超える車重を駆動させるのに、充分な出力を有しています。
バッテリー容量は、714kWhで、航続可能距離が494kmなので、ドライブなどの使用でも充分な容量を持っています。
RZ450eは、ドライバーに車の状態変化を伝える音作りにもこだわっており、インテリアのTaznaConceptにもあるように、バッテリーEVでも人と車が対話できる車を目指して作られています。
運転中にドライバーが感じる音は、周囲の状況や車の状態を判断するのに大きく貢献しています。
バッテリーEVでは、車から発せられる音が少なくなり、車の状態を判断しにくくなる場合があります。
RZ450eは運転を楽しめる車を目指し、モーター音がドライバーに心地よく響く音作りを行ないました。
音色や、伝達特性にこだわり、快適性と静粛性は損なわずに、車自体の動作音を感じ取れるように仕上げられています。
RZ450eは静粛性への対策もしっかりとられています。バッテリーEVはエンジンを搭載していないので、車の騒音の発生源が減ります。メリットではありますがエンジン音がないために、タイヤノイズや他の騒音が目立ってしまいがちです。RZ450eは、ボンネットを全周にわたってシールし、モーターユニットのノイズを軽減するとともに、風切り音を抑え車体全体で騒音の発生を抑える工夫をしています。
床下のバッテリーユニット自体にも遮音性能を持たせており、床下からのロードノイズ軽減しています。 
フロア下側のアンダーカバーはフラット化されており、走行風をスムーズに流します。
前側のアンダーカバーは、ディンプル形状を持たせており、小さな渦を作り出し、気流を制御し車体安定性の向上と、空気抵抗を削減しています。
フロントバンパー部の開口部分はシャッター式になっており、冷却の必要に応じて開閉しこちらも空気抵抗の削減と騒音の軽減に繋がっています。
内燃機関搭載車に比べて、発熱量の少ないバッテリーEVだから可能な装備です。

トヨタ Lexus RZ450eのまとめ

トヨタ Lexus RZ450eのまとめ

レクサス初のバッテリーEVは今ブームの高級SUV「RZ450e」となりました。
ブラントの特徴的デザインである、スピンドルグリルをバッテリーEVのデザインに合わせて進化させてある点はさすがレクサス、と感じました。
グリルタイプではなく、パネルとして車体全体に上手くつながるデザインは、洗練されていて高級感と躍動感を感じます。
腰高で重そうなイメージになりがちなSUVですが、ボディパネルのプレスで動きを表現し、腰高感を感じさせないような仕上がりになっており、街中でも溶け込めるデザインです。
バッテリーEVの課題である航続距離も、エネルギーの効率的使用と空気抵抗の削減で実用充分なレベルになっています。
ただエコなだけの車ではなく、車として運転する楽しみ、走る楽しさをしっかり感じさせてくれるような車だと思います。
当初はバッテリーEVには消極的に見えたトヨタ自動車ですが、水面下でしっかり開発を行っており、先行社を追い越し突き放していきそうな勢いです。
今後のラインナップ拡大が楽しみです。

V2Hの価格・メリット・デメリット

▼ V2Hのラインナップ

  • 長州産業マルチV2Xシステムの価格と性能
  • オムロンV2XシステムKPEP-Aの価格と性能
  • ニチコン 系統連系型EVパワーステーション
  • ニチコン トライブリッド蓄電システム
  • パナソニックV2H蓄電システムeneplat
  • 長州産業SMART PV EVO
  • シャープV2H Eeeコネクトの価格と性能
  • ニチコン パワームーバー可搬型給電器
  • ELSEEV(エルシーヴ)の価格・お見積り