電気自動車の補助金・V2Hの補助金。EV車80万円・V2H115万円

お電話でのお問合せはこちら 0120-099-995 年中無休で営業中 10:00~20:00 まずは簡単お見積り
太陽光発電 エコ発電本舗
  • エコ発電本舗は太陽光発電システムで日本一の最安価格!簡単お見積りフォーム
  • 3つの安心長期保証-機器保証-自然災害保証-施工保証
  • エコ発電本舗の3つの強み
  • 設置するとどのくらい得?
  • 太陽光発電システムの仕組みって?
  • 固定価格買取制度ってどんな制度?
  • オール電化導入で更に得?エコキュートメリット
  • 太陽光発電の価格と費用
  • 太陽光発電投資の正しい利回りとIRR
  • お客様からのよくあるご質問
  • 設置から工事までの流れ
  • エコ発電本舗トピックス
施工エリア

関東:東京、千葉、埼玉、神奈川
   茨城、栃木、群馬
東北:青森、岩手、宮城、秋田
   山形、福島
中部:愛知、岐阜、長野、山梨
   静岡、三重
北陸:新潟、富山、石川、福井
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀
   奈良、和歌山
中国:鳥取、島根、岡山、広島
   山口
四国:徳島、香川、愛媛、高知 九州:福岡、長崎、佐賀、大分
   熊本、宮崎、鹿児島

  • 太陽光発電のことなら何でもご相談ください

エコ発電本舗 トピックス

カテゴリー:

2021.12.01

電気自動車の補助金・V2Hの補助金。2021年度(令和3年度)のCEVの補助金

2021年度(令和3年度)電気自動車の補助金、V2Hの補助金、CEV補助金の最新情報!


2022年早々に「電気自動車・V2Hの高額補助金」の公募が開始されます。
エコ発電本舗では、前回好評いただいた先行予約受付を開始いたします。
▶ 電気自動車・V2Hの補助金事前予約はこちら

◆ 2022年(令和4年)は、早期で予算満了見込み?!
2021年度(令和3年度)は半導体の供給不足により、電気自動車の販売数が半減したにも関わらず、前回の補助金は応募殺到により締切期日前に「経産省・環境省ともに予算満了」となりました。

2022年(令和4年)は、多数の電気自動車のリリースが予定されており、前回以上に短期間で予算満了となる見込みです。
補助金を活用さられる方は、お早めにお申し付けください。


V2Hの見積もり




ページ内ナビゲーション

2021年度(令和3年度)の電気自動車(EV車)の補助金 車とV2Hの補助金額一覧 太陽光発電とV2Hで経済メリットUP! V2H対応の電気自動車(EV車)の対応車種

2022年の電気自動車とV2Hの補助金は?


2021年(令和3年度)の補正予算として、前回の倍以上の「375億円」が計上されており、2022年早々から電気自動車などCEVの補助金公募が開始されます。
経産省から公表されている、現時点での最新情報を掲載いたします。
(環境省からの補助金の詳細は未定)

◆ 2022年度(令和4年度)の補助金

予算総額 375億円
対象商品 令和3年11月26日以降に新車新規登録
・電気自動車(EV車)
・プラグインハイブリッド車(PHV車)
・燃料電池自動車(FCV車)
・充電設備
補助金額
車両
・EV車:上限60万円
・軽電気自動車:上限40万円
・PHV車:上限40万円
・FCV車:上限225万円
・超小型モビリティ:一律20万円

以下、どちらかの条件を満たす場合
 A.車載コンセントから電力供給できる
 B.外部給電器やV2Hを経由して電力供給できる

・EV車:上限80万円
・軽電気自動車:上限50万円
・PHV車:上限50万円
・FCV車:上限250万円
・超小型モビリティ:一律30万円
補助金額
充電設備(商品)
・経路充電:一律
・目的地充電:定価の1/2
・基礎充電:定価の1/2
補助金額
充電設備(工事)
交付決定前の事前着手は無効
・一律

2021年の電気自動車とV2Hの補助金の詳細


2021年度(令和3年度)の電気自動車の補助金とV2Hの補助金の詳細を解説しますので、次回の補助金公募に向けてご参照ください。

電気自動車の補助金は経産省と環境省で補助金額と申請条件が異なり、環境省の方が補助金額が高額ですが、申請手続きが面倒です。
電気自動車の補助金額は「環境省の方が20万円も高額」なので、申請が若干面倒でも環境省の方がおすすめです。

環境省の補助金申請のポイントは「再エネ100%電力の調達」で、聞き慣れない言葉なので難しそうに感じますが、非常に簡単です。
「再エネ100%電力の調達」についても、手法と手順を細かく後述しておりますので、次回の補助金申請の際にお役立てください。

◆ 補助金の金額|2021年度(令和3年度)

経産省 環境省
予算総額 37億円 80億円
・EV車:上限60万円
・PHV車:上限30万円
・FCV車:上限250万円
・EV車:上限80万円
・PHV車:上限40万円
・FCV車:上限250万円
V2H(商品) ・ニチコン プレミアムPlus:75万円
・ニチコン プレミアム:39.9万円
・ニチコン スタンダード:19.9万円
・ニチコン トライブリッド:55万円
・ニチコン パワームーバー:21.6万円
V2H(工事) ・ニチコンV2H:20~30万円

◆ 補助金の申請期限|2021年度(令和3年度)

  申請期限
事前申請 車両登録から1ヶ月以内
(最終期限:12月28日まで)
実績報告
V2H設置後の報告
2022年1月31日

◆ 補助金の申請条件|2021年度(令和3年度)

申請条件
経産省・環境省
共通条件
・車は車両販売会社から直接購入
・2020年12月21日以降に新車新規登録
・定められた期間、保有すること
 (車:4年間、V2H:5年間)
「環境省のみ」
再エネ調達の
手法を選択
① 直接的に再エネ電力を調達
② 再エネ電力プランに変更
 ▶ 「再エネ電力プラン」の一覧
③ 再エネ電力証書の購入
 ▶ 「再エネ電力証書」の詳細

 再エネ調達の手法について  
電気自動車とV2Hの補助金において、環境省に申請する場合は「再エネ100%電力の調達」が申請条件となります。
以下①~③の3つの手法からご都合の良い手法でご申請ください。

 ① 直接的に再エネ電力を調達  
この手法は、電力を自給自足する必要があり非現実的なので、②③のいづれかの手法がおすすめです。

 ② 再エネ電力プランに変更  
現在の電力プランを再エネ電力プランに変更し、電力プランの変更がわかる契約書をご準備いただければ、準備完了です。
▶ 「再エネ電力プラン」の一覧はコチラ

 ③ 再エネ電力証書の購入  
特別に電気代が安い電力プランを利用されている方など、電力プランを変更したくない場合は、再エネ電力証書を購入しましょう。
内容は、ご自宅の消費電力量の4年分の再エネ電力証書を購入する必要があり、購入価格は概算で4~7万円程度です。
交付される補助金額と比較すると圧倒的に低価格なので、電力プランを変更したくない方にはおすすめです。
▶ 「再エネ電力証書」の詳細はコチラ

◆ 新築へ引越し予定の場合
新築に引越し予定で、現時点では「建築中」「着工前で更地」の場合は以下の内容で申請できます。
 事前申請時  
 ・車両登録は現住所(引越し前)
 ・V2Hの設置場所は新築住所

 引越し後  
 ・車両の住所変更
事前申請の時点では、車両登録住所とV2H設置場所の住所が異なっても問題ございません。
補助金のお問合せ、不明な点などお気軽にご相談ください。
▶ 補助金申請、絶賛受付中!今すぐ無料相談する!

◆ 電気自動車の補助金額の事例
 日産リーフe+の補助金は?  
電気自動車とV2Hの導入事例として「日産リーフe+」「V2HプレミアムPlus」を導入した場合の補助金額を試算します。
 ● 日産リーフe+:80万円
 ● V2H 本体:75万円
 ● V2H 工事:20~30万円

 ● 補助金総額:175~185万円
補助金を活用すればV2Hを実質無料で導入できます。

 日産アリアの補助金は?  
日産アリアの電気自動車の補助金について、非常に多くのお問合せをいただいておりますが、半導体不足の影響で「日産アリアは納車が2022年の夏頃の予定」となっております。
本年度の電気自動車の補助金の申請には間に合いませんが、おそらく来年度も電気自動車の補助金は設定される可能性が高いので、結果的には日産アリアも補助金を活用できそうです。

 テスラ モデル3の補助金は?  
テスラ モデル3の電気自動車の補助金について、非常に多くのお問合せをいただいております。
テスラ モデル3を筆頭にテスラ車は「環境省のみ補助金の対応車種」となっており、経産省の電気自動車の補助金は対象外です。
ちなみに、テスラ モデル3はV2Hの対応車種ではないので、ご注意ください。

V2Hは多数の自治体から高額の補助金が公募されております。
自治体の補助金を以下にまとめておりますので、ご参照ください。
▶ 補助金申請、絶賛受付中!今すぐ無料相談する!

 ソーラーカーポートのセットがお得  
電気自動車(EV車)とソーラーカーポート、V2Hをセットで導入される方が多くいらっしゃいますが、ソーラーカーポートの導入で発電量を倍増でき、連動して投資対効果も高まります。

ソーラーカーポートの価格相場

ソーラーカーポートやV2Hのお見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

お見積りフォーム
お見積りフォーム



ページ内ナビゲーション

2021年度の電気自動車(EV車)の補助金 車とV2Hの補助金額一覧 太陽光発電とV2Hで経済メリットUP! V2H対応の電気自動車(EV車)の対応車種

「再エネ電力プラン」の一覧


電気自動車(EV車)の補助金とV2Hの補助金の交付条件は、「再エネ100%電力の調達」です。

電力プランを再エネ電力プランに変更する方法を選択される場合は、以下の電力会社と再エネ電力プランをご参照ください。


電力会社 再エネ電力プラン
ミツウロコ
グリーンエネルギー
EVグリーンプラン
メニューA、D
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
出光興産 Sプラン グリーンプラス(CO2フリー)
オール電化プラン グリーンプラス(CO2フリー)
主契約+メニューA
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
SBパワー 自然でんき
 関東・中部・関西・九州
 中国・四国・東北・北海道
ENEOS CO2フリー電力メニュー
V・PHEV・FCV向けCO2フリー特約Ⅰ
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
ゼロワットパワー ゼロカーボン
ゼロカーボン(EV得割)
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸・沖縄
スマートテック そらエネforREエナジー
 関東・中部・関西・九州・中国・東北
大和ハウス工業 メニューA
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
コスモ石油マーケティング コスモでんきグリーン
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
アスエネ EARTH 100
 関東・中部・関西・九州
 中国・四国・東北・北陸
UPDATER CICフレンズプラン
みんな電力 エポスプラン
 関東・中部・関西・九州
 中国・四国・東北・北陸
afterFIT しろくま電力/さよならCO2 プラン
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
リミックスポイント ecoエネプラン
RE-MAXプラン
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
エコスタイル 再エネプレミアムプラン
 関東・中部・関西・九州
 中国・四国・東北
MCリテールエナジー CO2フリープラン
毎日充電無料CO2フリープラン
毎晩充電し放題!CO2フリープラン
 関東・中部・関西・四国・東北
藤田商店 CO2フリープラン for EV
再エネ100
 中部・関西・中国・四国
自然電力 メニューA(SE100)
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
ながの電力 メニューA(SE100)
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
ボーダレス・ジャパン スタンダードプラン・オール電化プラン
低圧電力プラン
市場連動プラン
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
再エネ思考電力 EV思考100プラン
 関東・中部・関西・九州
 中国・四国・東北
シナネン シナネン再エネ100メニュー
あかりの森でんき
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
アイ・グリッド
ソリューショ
スマ電CO2ゼロ
 関東・中部・関西・九州
 中国・四国・東北・北陸
エバーグリーン
マーケティング
エバーグリーンプラン
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
グリーナ RE100プラン
 関東・中部・関西・九州・中国・東北
岡山電力 ハレでんRe100プラン
ハレでんEVプラン
エネラボEVプラン
エネちゃんでんき
ラボちゃんでんき
 関東・中部・関西・九州
 中国・四国・北陸
サミットエナジー 再エネECOプラン
nanaco再エネECOプラン
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
サニックス プラスゼロ(RE100%)
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
Japan電力 れいわ(RE100)プラン
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
アストマックス
エネルギー
プラス・グリーン(+G)
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
Reivalue おーエネREV100
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸・沖縄
グローバルエンジニアリング 100RE電気
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸・沖縄
メディオテック ダイレクトエコ
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
全農エネルギー 再エネ特約
 関東・中部・関西・九州
 中国・四国・東北・北陸
サイサン カーボンニュートラルでんき
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北陸・沖縄
中央電力 実質再生可能エネルギーメニュー
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
エコログ Fuleco
 関東・中部・関西・九州・中国
 四国・東北・北海道・北陸
四国電力 再エネPlus+
 関東・関西・四国
横浜環境デザイン EV電気プラン
 関東
Looop 再エネメニュー
 関東
東京電力
エナジーパートナー
アクアエナジー100
アクアプレミアム
 関東
関西電力 再エネECOプラン
 関西
九州電力 まるごと再エネプラン
 九州
九州エナジー ゼロカーボンプラン
 九州
東北電力 ecoでんきプレミアム
いわて復興パワー水力プレミアム
あきたEネ!オプション水力100%
やまがた水力プレミアム
よりそう、再エネ電気
 東北
北海道電力 カーボンFプラン
カーボンFプランプレミアム
 北海道

V2Hのお見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

お見積りフォーム
お見積りフォーム



ページ内ナビゲーション

2021年度の電気自動車(EV車)の補助金 車とV2Hの補助金額一覧 太陽光発電とV2Hで経済メリットUP! V2H対応の電気自動車(EV車)の対応車種

「再エネ電力証書」の購入


「ご自宅の消費電力量の4年分の再エネ電力証書」を購入することで、電気自動車の補助金の申請条件をクリアできます。
電力プランを変更したくない方は、この手法一択です。


再エネ電力証書


「再エネ電力証書の購入」とは?


電気自動車(EV車)とV2Hの補助金を環境省が交付する条件は「再エネ100%電力」となっております。
要は「火力発電など、CO2を排出する電力を使用しないこと」が条件となっているのです。

再エネ電力証書の購入とは「企業が削減したCO2の排出枠」を購入することで「再エネ100%が実現した」とみなされます。


再エネ電力証書の仕組み

再エネ電力証書の購入方法は、以下2パターンです。
 ● グリーン電力証書
 ● Jクレジット


◆ グリーン電力証書
グリーン電力とは、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーにより発電した電力で、CO2を発生させません。
ご自宅の消費電力量分のグリーン電力を購入することで、CO2を排出しない再生可能エネルギーを利用しているとみなします。

◆ Jクレジット
CO2の排出枠を売り買いできるプラットフォームです。
Jクレジットが認証するプロバイダを通して、使用電力量分の排出枠を購入することで、CO2の排出を削減しているとみなします。
Jクレジットの主なプロバイダは以下です。
 ● 株式会社イトーキ(環境省推奨)
 ● カーボンフリーコンサルティング株式会社(環境省推奨)
 ● 株式会社ウェイストボックス
 ● ブルードットグリーン株式会社
 ● 一般社団法人more trees




再エネ電力証書の購入の価格


「グリーン電力証書」「Jクレジット」で電力証明書を購入する際の価格の算出方法を解説します。
試算方法はどちらも同様ですが、Jクレジットの方が低価格なので、Jクレジットのパターンで試算します。


再エネ電力証書の価格を試算


◆ 価格試算の考え方
「電力使用量(kWh)」「プロバイダの販売単価」を掛け合わせることで購入価格が試算できます。

◆ 前提条件
 ● 月間使用電力量:600kWh
 ● プロバイダの販売単価:2.4円/kWh
 ● プロバイダの販売手数料:15,000円

◆ 再エネ電力証書の購入価格を試算
 ● 年間使用電力量:7,200kWh(600kWh × 12ヶ月)
 ● 4年分の使用電力量:28,800kWh(7,200kWh × 4年)
 ● 電力証書の購入価格:84,120円
 (28,800 kWh × 2.4円/kWh + 15,000円)

まとめ、
月間の電力使用量が「600kWh」の場合、
再エネ電力証書の購入価格は「84,120円」です。

習得できる補助金額と比較して、圧倒的に低価格なのでお得です。

再エネ電力証書の購入価格の試算をご希望の場合は「月間使用電力量」をご共有いただければ当社にて試算いたしますので、お気軽にお申し付けください。
▶ 今すぐ「再エネ電力証書の購入価格」の試算を依頼する

V2Hのお見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

お見積りフォーム
お見積りフォーム



ページ内ナビゲーション

2021年度(令和3年度)の電気自動車(EV車)の補助金 車とV2Hの補助金額一覧 太陽光発電とV2Hで経済メリットUP! V2H対応の電気自動車(EV車)の対応車種

2022年の電気自動車とV2Hの補助金額


2022年度(令和4年度)の主要なCEVとV2Hの助成金を一覧で紹介します。
車種グレードにより補助金額が異なるので、ご注意ください。
V2Hの補助金は詳細が未定なので、2021年度の事例を掲載しております。
▶ 電気自動車(EV車)とV2H補助金申請依頼はコチラ!


電気自動車の補助金額


車種 補助金額
日産 アリアB6、B6リミテッド 80万
日産 リーフe+ X、e+ G、e+ アーバンクロム 80万
日産 リーフS、X、G 73.6万
日産 リーフAUTECH 68.2万
三菱 i-MiEV 39.3万
三菱 ミニキャブ 36万
レクサスVersion C、Version L 80万
ホンダ Honda e 66.1万
ホンダ Honda e Advance 50.5万
マツダ MX-30 EV、Basic Set、Highest Set 46.6万
テスラ モデル3 ロングレンジ、パフォーマンス
RWD スタンダード レンジプラス
60万
テスラ モデルS Model S-3D1-L1S-87
Model S-3D1-L2S-87
60万
テスラ モデルX Model X-3D1-L1S-87
Model X-3D1-L2S-87
60万

プラグインハイブリッドの補助金額


車種 補助金額
トヨタ プリウス PHV 50万
トヨタ RAV4 PHV G、BLACK TONE 50万
三菱 エクリプスクロス PHEV 50万
三菱 アウトランダー PHEV 50万

燃料電池自動車の補助金額


車種 補助金額
トヨタ MIRAI 227万
トヨタ MIRAI G、Z 140.3万
ホンダ CLARITY FUEL CELL 233万

超小型モビリティの補助金額


車種 補助金額
トヨタ C+pod 30万

V2H・外部充電器の補助金額|2021年度(令和3年度)


商品 補助金額
ニチコンV2Hプレミアム 39.9万
ニチコンV2Hスタンダード 7m 22.4万
ニチコンV2Hスタンダード 3m 19.9万
ニチコン トライブリッド 55万
ニチコン パワームーバー 21.6万

◆ V2Hの工事代に対する補助金
V2Hの補助金額は商品金額に対しての補助金額で、設置工事に対しての補助金は金額を確約できないので、記載しておりません。

V2Hの設置工事に対する助成金は最大40万円ですが、ニチコンV2Hであれば比較的工事が簡素なので「設置工事に対する補助金額は20~30万円程度」です。
▶ 補助金申請、絶賛受付中!今すぐ無料相談する!

◆ テスラ車の電気自動車の補助金
電気自動車の補助金の表にテスラの補助金額も記載しておりますが、テスラはV2Hの対応車種ではないのでご注意ください。
テスラの補助金額についてのお問合せが非常に多かったので、参考までにテスラの補助金額を記載した次第です。
因みに、テスラの電気自動車の補助金は環境省のみ対象で、経産省から補助金が出ませんのでご注意ください。

V2Hのお見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

お見積りフォーム
お見積りフォーム



ページ内ナビゲーション

2021年度(令和3年度)の電気自動車(EV車)の補助金 車とV2Hの補助金額一覧 太陽光発電とV2Hで経済メリットUP! V2H対応の電気自動車(EV車)の対応車種

太陽光発電とV2Hで経済メリットUP!


電気自動車(EV車)を導入される方は、太陽光発電システムやV2Hを設置されている方が非常に多く、節電や環境改善に対する意識が非常に高いです。

V2Hのメリットとデメリット

太陽光発電とV2Hを組み合せるメリット


◆ 節電による経済メリット
・太陽光発電の発電電力で電気自動車に充電することで、燃料代を節約できます。
・昼夜問わず電気自動車(EV車)のバッテリーからご自宅に給電することで、電気料金を節電できます。

◆ 非常用電源としての災害対策
・停電時に電気自動車(EV車)からご自宅に給電することで、停電時も電気を自由に使えます。
・停電時も太陽光発電の発電電力から電気自動車(EV車)に充電でき、移動手段を確保できます。
▶ 今すぐ、V2Hの見積りとカタログを依頼する!

電気自動車(EV車)のバッテリー容量は非常に大きく日産リーフは62kWhで、家庭用蓄電池の標準的な蓄電容量(10kWh程度)よりも圧倒的に大容量で、「節電」「非常用電源」の効果が高いです。

V2Hの「導入メリット・懸念点・基本動作」「商品による価格や性能の違い」など、動画で解説しております。
テキストや画像よりわかりやすいのでご参照ください。




V2H対応の電気自動車(EV車)の対応車種


V2Hは多くの電気自動車(EV車)に対応しておりますが、電気自動車(EV車)の車種によって、「充電・放電できる電力量」が異るので、事前にご確認ください。

日産リーフの場合は放電下限値は蓄電容量の10%に設定されており、ご自宅に放電してもリーフが電池切れにならないように残容量10%で放電を停止させます。

V2H|電気自動車(EV車)の対応車種

EV車種による仕様の違いは動画でもご確認いただけます。

V2Hのお見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

お見積りフォーム
お見積りフォーム



トライブリッド蓄電システムで、さらに便利


◆ V2Hの懸念点
「電気自動車(EV車)・太陽光発電・V2H」を併用することで、「電気料金の節約」「災害時の非常用電源」を実現できます。

V2Hの唯一の懸念点は、電気自動車の「バッテリーの劣化」です。
電気自動車(EV車)のバッテリーにはリチウムイオン電池が使用されていますが、リチウムイオン電池の寿命は、当然ですが使用した電池容量に連動して劣化します。

家庭用蓄電池の寿命は長くて12,000サイクルほどです。
1回の充放電セットで1サイクルとカウントしますが、1日に1サイクル使用すると33年くらいの寿命と推定できます。

電気自動車のバッテリーは、家庭用蓄電池よりも高性能・大容量で、劣化の懸念は微々たるものですが、唯一の懸念点です。


◆ ニチコンの「トライブリッド蓄電システム」で懸念を払拭

ニチコンのトライブリッド蓄電システム

電気自動車(EV車)のバッテリー劣化を懸念される場合は、ニチコンのトライブリッド蓄電システムがおすすめです。

トライブリッド蓄電システムは、「太陽光発電システム」「電気自動車(EV車)」「家庭用蓄電池」の3つの電力を最適に運転できる設備で、基本動作は家庭用蓄電池の電力を優先して使用するので、電気自動車(EV車)のバッテリーの劣化は最小限に抑えられます。


【 充電|トライブリッド蓄電システム基本動作 】

ニチコンのトライブリッド蓄電システムの充電

太陽光発電システムの発電電力を充電する際の基本動作です。
 ① 発電電力を電気自動車に充電
 ② 電気自動車が満充電になったら、蓄電池に充電



【 放電|トライブリッド蓄電システム基本動作 】

ニチコンのトライブリッド蓄電システムの放電

電気自動車や家庭用蓄電池から自宅に電力供給する際の動作です。
 ① 蓄電池の電力を自宅に供給
 ② 蓄電池の電力を使い切ったら、電気自動車から放電


上記のように、トライブリッド蓄電システムの考え方は、電気自動車(EV車)のバッテリーの「蓄電を優先すること」で、「移動手段の確保を重視」し、緊急事態に備えます。
災害時に、自宅で電気が使えることも重要ですが、何よりも避難手段の確保が最優先です。


【 その他の仕様|トライブリッド蓄電システム基本動作 】

ニチコンのトライブリッド蓄電システムの動作

上図のように、電気自動車(EV車)と家庭用蓄電池の間で直接電力を供給できます。
電気自動車(EV車)やご自宅での電気の使用状況に応じて、フレキシブルに運転できます。
▶ ニチコンのトライブリッド蓄電システムの詳細はコチラ

V2H・トライブリッドのお見積りは、即日送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

お見積りフォーム
お見積りフォーム



ページ内ナビゲーション

2021年度の電気自動車(EV車)の補助金 車とV2Hの補助金額一覧 太陽光発電とV2Hで経済メリットUP! V2H対応の電気自動車(EV車)の対応車種

日産リーフとV2Hのパフォーマンス


日産リーフはバッテリー容量が62kWhと、家庭用蓄電池と比較して圧倒的に大容量で、非常用電源としての有用性が極めて高いです。
太陽光発電システムやV2Hとの併用により、長期間停電が続いても安心してご自宅の電化製品をご利用いただけます。



V2Hの種類


◆ 定置型のV2H|ニチコンEVパワーステーション

V2HニチコンEVパワーステーション

ニチコンV2H EVパワーステーションの仕様ですが、停電時の「最大出力電力が6kW」と非常に大きく、200vも含めた全ての電化製品をご使用いただけます。
▶ ニチコンV2Hの商品詳細はコチラ


◆ 可搬式のV2H|ニチコン パワームーバー

V2Hニチコン パワームーバー

ニチコン パワームーバーの仕様ですが、「最大出力電力が4.5kW」と非常に大きく、多数の電化製品を同時に利用できます。
最近は、キャンプやバーベキューなどアウトドアの流行に連動して、需要が急増しております。
▶ ニチコンパワームーバーの商品詳細はコチラ



日産リーフとV2Hの非常時の活用


日産リーフのチャレンジ

◆ 日産リーフで何日暮らせるか?
日産リーフのCMでおなじみの「日産リーフで何日間暮らせるか」の企画です。
 ● リーフのバッテリー容量:62kWh
 ● 1日の使用電力量:12kWh
 ● 何日暮らせる?:約4日間


日産リーフの「放電下限は10%」で、バッテリー容量62kWhの90%の約55kWhを自宅に電力供給できるので、暮らせる日数は以下のように試算できます。
 55kWh ÷ 12kWh = 4.6日間


◆ 5kWの太陽光発電システムを設置する場合
日産リーフのチャレンジ企画の前提は、リーフのバッテリーから住宅に電力供給するのみで、太陽光発電システムからの充電は勘案されておりません。
太陽光発電システムを設置されている場合は、昼間に日産リーフに充電できるので、太陽光パネルの設置容量次第ですが、停電が長引いても半永久的に電力を自給自足できます。
 ● 太陽光パネルの設置容量:5kW
 ● 年間発電電力量:5,500kWh
 ● 1日の発電電力量:15kWh


1日の使用電力量よりも、充電する発電電力量の方が大きいので、天候が良ければ毎日フル充電でき、停電が長引いても自由に電力を使い続けることができます。

日産リーフとV2Hの基本動作

 ● 昼間は発電電力を自家消費と充電に使用
 ● 夜間帯は電気自動車から自宅に電力供給


日産リーフのようなバッテリー容量が大きい電気自動車(EV車)は、太陽光発電システムやV2Hとの相性が非常に良いです。
▶ V2Hの詳細はコチラ

V2Hのお見積りは、即日メールで送付いたします。
まずは、「業界最安価格」のお見積りをご参照ください!

お見積りフォーム
お見積りフォーム



ページ内ナビゲーション

2021年度(令和3年度)の電気自動車(EV車)の補助金 車とV2Hの補助金額一覧 太陽光発電とV2Hで経済メリットUP! V2H対応の電気自動車(EV車)の対応車種

電気自動車とV2Hの補助金の背景


環境汚染は世界共通の大きな課題で、先進国が率先して解決への取り組みを行う責任を担っています。
政府は2050年までに温室効果ガスの排出量をゼロにすることを目標にかかげ、1つの施策として「電気自動車(EV車)の普及」「ガソリン車の削減」を遂行します。

とはいえ、電気自動車(EV車)などcev(クリーンエネルギー車)は高価格で、中古車も市場に出回っていないのでお金に余裕がある人しか導入できないのが実情です。
そこで、高価格の補助金を給付することで、電気自動車(EV車)の導入価格を実質的に値下げし普及を促進します。
日本は2020年度の電気自動車(EV車)の導入に対する補助金の価格は40万円ですが、欧州の補助金の価格は100万円ほどと、2倍以上の高価格で再生エネルギーの普及に対する力の入れ方が違います。

日本も先進国として世界をリードするためにも、温室効果ガス削減を是が非でも達成する必要があります。
今後は電気自動車(EV車)だけではなく、V2Hや家庭用蓄電池の導入に対しても高価格の補助金を付与するかと思います。

V2Hの価格・メリット・デメリット
全国自治体の電気自動車(EV車)とV2Hの補助金
東京都のV2Hと蓄電池の補助金
家庭用蓄電池の補助金

V2Hのメリットとデメリット


無料見積・無料相談承りフォーム
0120-099-995 受付時間10:00~19:00(年中無休)
検討中の商品必須
      
お名前必須
例)太陽 光太郎
電話番号必須
例)03-5956-8107,0359568107
郵便番号任意

例)171-0021,1710021
ご住所必須

例)東京都豊島区西池袋5-13-12
検討中のメーカー任意
屋根の素材任意
ご要望など、
お気軽にご記載下さい任意

太陽光発電のことなら何でもご相談下さい

Page Top

太陽光発電と蓄電池の見積り依頼